-PR-
解決
済み

液晶モニターについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.93783
  • 閲覧数414
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 51% (42/82)

友達と議論になったのですが、液晶モニターは”画面焼け”が発生するのでしょうか?
友達曰く”ブラウン管は電子ビームで表示しているから、焼けになるが、液晶はならない、だからスクリーンセーバーは必要ない”と言っています。本当でしょうか。教えてください。よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

 液晶というのは、点1つ1つが極小の「窓」のようなものです。電圧の変化で粒子の向きが90度反転しているわけですから、文字通り本当に「窓」なんです。
 窓が開いているところは白く見え、閉まっていると黒く見えます。

 ところが、窓を開きっぱなしか閉じっぱなしにしていると、癖がついて動かなくなってしまいます。
 ちょうどさび付いてしまうようなものです。だいたい10年くらいでこれが起こり始めると言われています。

 これが、液晶でいうところの「焼け」です。ですので、ブラウン管が電子ビームで焦げてしまうのとはちょっと違います。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

「液晶は原理的に焼け付きは起こらない」という事は、半分は合ってますが、半分は間違いなのです。 液晶モニタの内、幾つかの機種では、焼き付きを起こします。  ただし、CRTの様に、永久的に焼き付いてしまう訳ではありません。 そういう意味では、発光素子が劣化するという意味での「焼き付く」とは違いますので、「焼き付きが起こらない」とは言えます。 焼き付いてしまう条件は、静止画を長時間画面に出しておく事 ...続きを読む
「液晶は原理的に焼け付きは起こらない」という事は、半分は合ってますが、半分は間違いなのです。
液晶モニタの内、幾つかの機種では、焼き付きを起こします。
 ただし、CRTの様に、永久的に焼き付いてしまう訳ではありません。
そういう意味では、発光素子が劣化するという意味での「焼き付く」とは違いますので、「焼き付きが起こらない」とは言えます。

焼き付いてしまう条件は、静止画を長時間画面に出しておく事です。
これによって液晶の動きが鈍くなって、正確に画像を表示できなくなる
という状態になります。
 実際に焼き付きを確認する状態としては、真っ白または真っ黒、あるいはそれに近い色を表示させます。そうすると、ぼんやりと元々あった画像が見えるようになります。数十分の焼き付きは、その跡がうっすら
と見える感じになり、10日前後放置すると、元の画像の色までなんとなく分かるようになってしまいます。

それを防ぐには、静止画を表示させたままにするのではなく、画像を動かしておくというのは、CRTと同様です。
ただし、LCDの場合は、焼き付いてしまった後でも、しばらく画像を動かしていれば直ります。

何故この様になるのかといいますと、液晶はシャッター(あるいはブラインドカーテン)として働いてますが、焼き付きとは、そのシャッターが閉じ切らなかったり、開き切らなかったりすると考えていただくと、分かりやすいのではないかと思います。
 そうなった場合には、油を注したり、ゴミを取り除いたりすれば、壊れていない限り、元に戻ると思います。
液晶の場合は、画面が動かない事によって溜まってしまった電荷が、ゴミに相当します。そして、画像を動かす事により、余計な電荷が移動し、「ゴミが取り除かれた」という状態になります。
こうして、液晶は元の状態に回復します。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ