-PR-
解決済み

肉厚チューブ

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9374562
  • 閲覧数71
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 57% (19/33)

マイパラスパンクしにくい自転車(シティーサイクル)
普通のチューブより肉厚で2.5mmくらい厚みがあるのでパンクしにくいとありますが、乗り心地、重たいとかどうなんでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 45% (118/260)

自転車・マウンテンバイク カテゴリマスター
もちろん、走りの軽快感は大幅に失われる。速度の乗りが相当に鈍る。
物凄く重いんだから、当たり前。

しかし、現在ではこの分厚いチューブが最初から付いてる事が多い。

パンクについては、空気圧をちゃんと管理出来るならば、分厚くないチューブと殆ど同じ。

実用車でも快走したいならば、使うのはやめましょう。

走れば何でも良いならば、それなりに意味は有ります。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 22% (975/4423)

シティーサイクルなら気にしないでいいです。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 15% (1299/8554)

ママチャリの場合は大抵20キロくらいはあります。それを考えればチューブの重さの違いなど些細なもので、ほとんど気付くことはありません。パンクしにくい利点を取りたいのなら、こちらを選ぶという手もあります。

なお、全くパンクしないということではないので、通勤通学に使うなどする場合は瞬間パンク修理剤を持ち歩くのも一つの考えです。チューブにパッチを貼る修理はできなくなるので、否定的な方もいますが、パンクした自転車を引きずって歩くよりはましだと思います。私はこれで修理したタイヤチューブを3年以上その後パンクすることなく使っています。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 29% (1084/3636)

パンクしにくい自転車とか言って、肉厚タイヤ、肉厚チューブを使うと確実に走りが重くなる。
だから、スポーツバイクはタイヤ、チューブはできるだけ薄くなっている。
パンクし難い言うのは空気圧が足りなかったり大きい段差でパンクし難いと言うだけで、何か刺されば確実にパンクする。
きちんと空気圧を管理して段差では立ちこぎで自転車に衝撃を加えないようにすれば良いだけです。
タイヤやチューブを厚くしてパンクし難くしようなんて考え方は、自転車の本質を無視した素人の発想です。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ