• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「若草物語」に出てくる「ライムの塩漬け」について

  • 質問No.93254
  • 閲覧数2267
  • ありがとう数5
  • 回答数1

お礼率 57% (27/47)

カテ違いだったらごめんなさい。

かねて知りたかったのですが、オルコット作「若草物語」で、末っ子のエイミーが学校に持っていく「ライムの塩漬け」ってどんなものなのでしょう。「お教室でしゃぶったり、とりかえっこしたり…」とあるので、私たちにとってのチューインガムみたいなもの?

酸っぱいライムを塩漬けにしたものがおいしいのでしょうか。訳者によっては「ライムの漬け物」とも…。

ご存じの方、よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
まったく自信なし!
ですが、漬け物といえばピクルスかしらと思って「ライム」「ピクルス」で検索してみたら、なんと、ライムピクルスなるものが実在するようです。でも、なんだか辛そう……。
原書にあたって「ライムの塩漬け」がどんな単語であらわされているかが判れば、もう少し手がかりになりそうですが。

回答になっていなくて、すみません。
お礼コメント
narunia

お礼率 57% (27/47)

即回答いただきましたのに、お礼が遅れ申し訳ございません。私も検索してみて、日本人にとっての梅干しか梅干し飴みたいな感覚のおやつかなあ、と思いました。原書を暇なときに探しに行こうと思いつつ、日が経ってしまいました…。もう少し締め切らずにおきますので、また、なにかわかったら教えて下さいね!
投稿日時:2001/08/20 01:48
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ