-PR-
締切済み

子供の塾代

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9294973
  • 閲覧数154
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (4/4)

子供の塾代どれくらいかけていますか?家は中2の息子に月1万五千円程度です。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 38% (89/230)

こんばんは。
我が家は2万円程度です。
個別指導の塾なので、こんなものかと。
お礼コメント
horic2007

お礼率 100% (4/4)

ありがとうございます
投稿日時 - 2017-03-01 17:52:30

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 33% (518/1529)

息子は去年大学を出たので過去形になりますが、塾・家庭教師は一切お世話になりませんでした。なので塾代は0円です。
それでも全国模試では常にTOP10を維持していましたから問題ありませんでした。

よくメディアでは親の収入と子どもの学力の関係を取りざたされていますが、経験的には、あれは嘘だと思います。
高収入の親だから高い塾代も負担出来て子どもの学力が伸びるのだという論調ですが、実際にはそんなことはありません。
子育てを終了して、周辺家庭もそういう意味での結果が出そろっていますが、私の周辺で高い学力の子の親は塾など行かせていない人が多数派でした。サンプル数100以上を見てきた末の結論です。

なぜ高収入の親の子が高学歴になりやすいかというと、高収入の親は高学歴である確率が高いからです。
高学歴の親は勉強、あるいは学ぶということの本質を理解しているから、子の学力向上に必要なことを体感的にわかっている、ということが最も重要なことだと思います。

テレビで有名な林講師が勉強出来る子に育てる方法論を開陳していますが、彼の論は、実際に勉強出来る子の親はどれも普通に実践していることばかりです。まあ、逆に経験則として普遍性がある話である故に林講師もああやって述べるということなのでしょう。

ハッキリ言って、体感的には塾に行って高学歴を獲得する子より、塾に行かずに東大や早慶に進む子の方が多いと感じます。私の周りには塾に数百万、中には千万オーダーの金を投じたご家庭が多数ありますが、それらの投資はことごとく失敗していると思います。小学生のうちから塾に通ってトータル500万以上。結果は誰でも入れる専門学校にしか入れず、卒業後は飲食店員という子が大勢います。文字通り、大金をどぶに捨てただけ。費用対効果という言葉を持ち出すのも憚られる様子を幾人も見ました。小さいころから知っている子もいるので気の毒でなりませんが、親のスタンスを見る限り、むべなるかなという感想しか浮かびません。

子どもの教育は親にしかできません。他人任せにしたって、金に物を言わせたってどうにもなりません。
人を育てているのですから。
金を掛ければ人間が出来上がるならこんなにお安い話はありません。
ですが現実はシビアです。
努力した者だけが成果を得るのです。
それは何事によらず、ましてや人を育てるというミッションにおいても普遍的な原則でしょう。

塾代なんぞは怠け者の親の自己満足に過ぎません。
努力して稼いだ金を塾に回したのだからそれも努力の内、なんてことは自己欺瞞以外の何物でもない。
出来合いのキャンプ場でバーベキューやってアウトドアでございとやるのと、本当に誰もいない場所で火おこしから始めるのとを経験値で比較すれば雲泥の差となるのは想像に難くないでしょう。本物と偽物とでは天と地ほどの差があるのです。
塾行って高下駄はいて高学歴を獲得したって、ナチュラルに高い能力を持つ人間には勝てっこないのです。
親の役割は、易きに流れるのではなく、困難を如何に乗り越えるかということ、もっと言えば何事も楽しむ姿勢というものを生活実感として子に伝えていくことだと思いますよ。

親になるというのは一個の独立した人間を作り上げるチャンスを与えられたということです。
それを他人任せにするなど勿体ないとしか言いようがない。
それは親自身の人間的成長機会を放棄することに他なりません。
自分の成長を放棄した親が子の成長に寄与できるわけないじゃありませんか。
お礼コメント
horic2007

お礼率 100% (4/4)

「経験的」「体感的」等とても抽象的な表現ですが・・・。あなたの周りがどうだかは知りませんが、親の収入・学校外教育費支出と子供の学力にははっきりとした相関関係が認められることは、専門家の学者が100程度のサンプルではなく何万というサンプルを元に調査・研究して明らかにしていますから疑いようのない事実でしょう。
何にだって例外はあります。金をかけなくても伸びる子供もいればかけても伸びない子供もいるでしょうが、統計的には投資する教育費が高くなるほど学力も高くなる傾向にあるのは間違いないでしょう。
学校外教育費を一切かけずに東大や早慶に入る子供などというのは、全体からすれば当然少数派でしょう。珍しいケースだから目立つというだけだと思います。割合で言ったら高い教育費がかかっている子供の方が多いのは間違いないと思います。
塾に行かせない場合にはその代わりに親が面倒みてやらなければなりませんが、それができるだけの能力と時間があるなら塾は不要かもしれませんが、不可能であれば塾を活用するのは有用でしょう。
勉強や受験というのはがむしゃらに努力というのではなくテクニックの要素も強いですから、そういうのは中々自分一人で身に着けられるものではないのでそれを熟知している塾の知恵を借りるのは良いことだと思います。
また環境の効果というのも大きいです。自宅で一人で勉強するより、塾で高い学力を獲得しよう、良い学校に入ろうと頑張っている集団の中にいるのが良い刺激になるのです。周りに触発され、自分も頑張らなくてはという気持ちにさせてくれる効果があるのです。
投稿日時 - 2017-03-01 17:55:31
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

カテゴリ

一覧 ]
-PR-
ページ先頭へ