• ベストアンサー
  • 困ってます

なぜ大学を舞台にした学園ものは少ないの?

漫画やアニメ、ドラマや映画などで、高校を舞台にした学園ものは多いのに、なぜ大学を舞台にした学園ものは大人向けのジャンルでも少ないのでしょうか? 舞台を大学にすれば、 ・大人としてのクラスメートとの絆 ・大人の修学旅行や体育祭、文化祭といったイベント ・放課後はクラスメートと飲み会 ・クラスのみんなで合コン ・学生寮でクラスメートと共同生活 ・クラスメートの男子(女子)と結婚して同級生夫婦に などといったことが描けると思いますが、なぜそれを作ろうとしないのでしょうか? 僕は高卒で社会人になったので、大学のことは良くわかりませんが、高校の学園ものは正直後ろ向きに感じてしまいます。 ※補足 ここで言う「大学を舞台にした学園もの」とは、大学キャンパス内の描写や大学の講義をメインとしたものです。

noname#253211
noname#253211

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • kifimi
  • ベストアンサー率72% (425/586)

確かに大学には高校までのような「クラス」はほとんどなく、1,2年生の頃に受ける一般教養科目でも、クラス分けがあるのは英語・第二外国語・体育くらいで、後はバラバラです。また、時間割もさまざまで、授業のない時間を各自が自由に過ごしているので、学園モノならではの「同じクラスのメンバーと、登校時から下校時まで一緒にいるという関係」を描きにくい、という要素があります。 また、大学生は、大学の中だけの関係で生活しているわけではなく、高校生よりも一般社会との接点が多いです。 大学の部活やサークルは、その大学だけではなく、周辺の複数大学と合同でやっていることも珍しくありません。社会人となったOBが定期的に参加するようなところもあります。 学園祭も、主催が学生というだけで、動くお金や企画の規模は普通の企業イベントと同レベルだったりします。 普通、大学に修学委旅行はありません。ゼミで研修旅行があったりしますが、高校までの修学旅行のような観光旅行ではなく、専門に即した「研修」の要素が強いです。 学生寮は、大学ごとに個性が非常に強いです。面白い空間ではあるのですが、共感できる層も限られてくるでしょう(笑)。大学生でも、寮生活よりもアパートで一人暮らしをしている人のほうが多いですし、そうなると、社会人の一人暮らしと何も変わりません。 飲み会や合コンも、社会人の退社後の飲み会や合コンと何が違うの?となります。 同級生夫婦も、大学生は結婚できる年齢ですので、学生結婚は特別センセーショナルなことではありません。 もちろん、それぞれの要素を、大学生ならではの観点で深く掘り下げて描くことは可能ですが、いわゆる「学園モノ」かと言うと、微妙な印象になるでしょう。 つまり、大学生は「大人」で「半分社会人」で、高校までのような「学生・未成年ゆえの制約」は少なく、そういう「学校という空間だからこそ」=「学園モノの特性」の関係やイベントを描きにくいのではないでしょうか。 質問者さんの言う「クラス・クラスメート」に一番近いのは、大学では「ゼミ」でしょう。3年生以上の専門課程で、卒業論文の指導教員ごとに集まる学生の単位です。ゼミも、高校のクラスよりは出入り自由でフレキシブルな関係ですが、「研究」を軸にした濃密な人間関係が築かれる場所です。 このように、大学を舞台にした学園モノは、大学での専門性を無視しては描けません。その要素を薄めてしまうと、大学という舞台が非常に薄っぺらい、「ただの設定」だけの存在になってしまいます。 既に挙げられている「のだめカンタービレ」(音大)、「もやしもん」(農大、1年制ながら醸造ゼミに出入り)、古いものでは「動物のお医者さん」(獣医学部)など、大学が舞台でヒットしたものは、専門分野ネタのものばかりです。 「めぞん一刻」は、主人公は大学生でしたが、大学生活はあまり描かれていませんでした。あの作品を「大学が舞台の学園モノ」と思う人はほとんどいないでしょう。 逆に言えば、大学での専門を扱わないなら、何も大学じゃなくて高校でも良いし、大学じゃなくて会社勤めの社会人でも同じでは?大学である必要性って?となってしまうでしょう。 ただ、大学での「専門ネタ」というのは、マニアックになりがちで、広く一般にウケるかどうか、つまりヒットするかどうかは、未知数です。大学を舞台にしたマイナー作品も多いことでしょう。 また、中途半端な知ったかぶりで描ける世界でもありません。適当なイメージで大学のゼミを描くと、いくらフィクションでも、大学の教員や学生から「描写があまりにもヒドい」とツッコミが入りまくり、大学生にすら共感してもらえなくなるでしょう。 その点、高校までの生活は、ほとんど誰もが通った道ですし、現役の中高生にも共感してもらいやすい。全国的に「高校とはどういう場所か」というのは均質化されていますから、トンデモ設定でも、それは「学園モノのお約束」ということでスルーしやすい、むしろエンタメとして楽しめます。例えば、学園モノの高校の生徒会はやたら権力を持っていますが、高校生までならそういう「中二病的な設定」もフィクションのエンタメとして成立します。しかし大学でそんな「学園を牛耳る学生組織」の設定があったら、「お子様かよ!」「中二病かよ!」と爆笑モノです。 そうしたいろんな事情から、「学園モノ」である必然性を生かしやすいのが、高校までの学校が舞台のもの、ということなのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、そうですか。 やはりクラス関連は高校生でなければできないことなのですね。 そういえば大人向けの漫画やドラマ、映画などは会社ものが多いですよね。 つまり大人向けのジャンルは社会人が主人公の、会社ものにした方が、大学ものよりも共感できる範囲が広がるのですね。 これで高校と大学の違いがよくわかりました。ありがとうございました。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15358)

 連載している雑誌とかで少年誌あたりは中学生とか高校生が多く青年誌になると大学を舞台とした話しが多かったように感じました。  大学を舞台とすると、サークルとか一部分を取り出したような話しが多いかなと。メインより補足的な位置づけもあるのかな。  読者層が中高年が多ければ、その辺りの話しが多いかもしれませんね。社会人とか大学生になると大学より会社を中心とした話しが憧れなのかもしれませんね。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。比較的専門要素の少ないオフィスものが多いですよね。

  • 回答No.9
noname#232424
noname#232424

ついでに。 古い話になります。1960年代~70年代前半の「高校を舞台とした青春シリーズ」,たとえば『飛び出せ青春』は,漢(おとこ)の汗臭さが充満していますが,前向きの名作が多かったと思います。ぼくもよく観ていました。しかし,いまの時代では受け入れられないかもしれません。質問者さんは,これらを知っていますか? 中学校では何といっても『3年B組金八先生』でしょう。たしか福岡教育大学中退の学歴をもつ武田鉄矢が,フォーク歌手から転身して,あまりにも熱演したので,ほかがかすんでしまいました。 最近の作品では,アニメ『Aチャンネル』(黒田bb原作)が,女子高生4人グループの「ゆるい日常」をよく描いていると思います。それぞれのキャラクタや行動様式もよく計算されて組立てられていて,挿入歌もきちんと入れられており,完成度が高いです。体育ではブルマ着用という視聴者サービスもある 笑。学園ものも,むかしとはずいぶん様変わりしてきたと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
noname#232424
noname#232424

ぼくは衛星放送のアニメ・チャネルを有料契約しており,学園ものもけっこう見ています。しかし,「高校の授業風景」を描写したものは,少ないと思います。主人公が多感な(もしかすると霊力で結界をはれるような・笑)年代,前途がよくわからない(もしかするとプロとしてステージに立てるかもしれない・笑)年代とすれば,高校生あたりになるというだけであり,むしろ「放課後もの」と呼ぶべきかもしれませんね。高校生活を比較的正確に描写した作品は,ジブリ若手集団が制作した『海がきこえる』だろうと思います。ほかには『のうりん』ですか。 大学を舞台とした日本映画は,検索をすればないわけではありません。公益財団法人ユニジャパンのウェブサイト http://jfdb.jp/ で「大学」をキーワードにして検索し,それぞれ作品紹介を読めばいいです。大学生活を描写したものは少ないです。 世界的に有名な作品は,『いちご白書 The Strawberry Statement 』(1970)でしょうか。コロンビア大学の学園紛争を描いた作品ですが,いわゆる紛争世代(団塊の世代)でないと共感は得られない 笑。 古い日本映画で比較的に大学生活を描いたと思うのは,加山雄三主演の『大学の若大将』(1961)。ひとことでいえば私大法学部(早慶を想定?)のボンボン学生が遊ぶ映画。ぼくが社会階級に目ざめ,国立大学を志望した契機ともなった。1971年『青春の蹉跌』は犯罪ものでもあり,こちらも法学部学生。「法学部はひまだ」という世間の認識なのかな? 笑。 個々人がばらばらの文系では,大学生活が描きにくいきらいはあるかもしれません。むしろ実験室にしばられるほうが,きっちり描ける。『ヤング・ブラック・ジャック』は天才外科医の学生時代のはなしですね。ぼくは理学系だけれども,そちらではドラマになるような艶っぽい出来事はなかったなあ。キジルシがおおいから,コメディにはなるかも 笑。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

追加で。 わたしの沖田くん げんしけん は、部活やサークルを舞台にした話。 数学女子 は、講義を中心とした話です。 めぞん一刻 は、いうまでもないですよね。 浪人生が大学に進学する様子を、下宿先を舞台に描いた話です。 あと、いう必要はないかもですが、 タッチの世代がメゾンいつ国にあがり、東京ラブストーリーに進んでいきます。 その後も漫画やドラマのターゲットにされつづけます。 それ以降の世代は、メディア入門の15歳(それより若いと自分のお金で買わない)をターゲットに作品が作られますが、世代アップに失敗し続けてる形です。 大学生の読書数をネットで調べてみるといいかも。たぶんその辺が原因。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

高校までの授業は「科目」で履修しますが、大学では「単位」です。 なので、一般教養の履修期間の1~2年生では同じ授業はありますが、それ以降はバラバラの授業になり一緒に受ける機会が減ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、参考になりました。 このような環境面から、大学生活で共感できるものは少ないというわけなのですね。

  • 回答No.4

確かに「大学生」物のドラマなどは少ないかもしれないですね。 パッと思い浮かんだのは妻夫木聡と柴咲コウ主演の「オレンジデイズ」ですね。 大学はクラスメートはいる事はいますが、高校生時代のように一日中一緒ってわけでもないですし、誰もが共感する時間でもないですよね、大学に進学しない人いるし。 それに高校生は「大人でもない、子供でもない」と言う絶妙な年頃で、制約がありながらもそれに反発し受け入れ生活する姿に魅力があるのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

では、なぜ大学には、クラスがないのでしょうか?

  • 回答No.3

やはり、中高生は子供から大人になっていく中に不器用ながらに初恋とかそう言うものが描きやすいからじゃないでしょうか。 そして中学は義務教育なので、全員が通る道ですよね。共感する人数が多い。そして高校は義務教育ではないけれど行く人が多いから共感しやすい。 だから高校生の映画やドラマなどすれば中高生に共感して見てもらえる ところが大学は行く人と行かない人といるし、行ったとしてもクラスとかないし一人で行動してる人とかも多くて人間関係も描きづらい。 しかも夏休みとなるとものすごく長くてキャンパスライフなんてほとんど無いし... 大学生の映画やドラマは、高校生にはヒットしにくそうだし大学生も勉強、バイト、就活などで忙しく見てもらえないですよね 上記のことが全てでは無いけれど、こう言うことが関係してくるんじゃ無いですかね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ということは、クラスメートは小中高生でなければできないことなのでしょうか?

  • 回答No.2

サボテンキャンパス わたしの沖田くん キャンパスクロッキー など、少年誌が流行ったあとに出てきた青年誌には、大学のキャンパスを舞台にした漫画がいろいろとありました。 めぞん一刻 も、いちおう、その年代を相手にした作品でしたが、これと同時代に多かったと思います。 いまでも、げんしけん や もやしもん ようのように、無いわけではないと思います。 で、ご質問者さんは、大学生活を少し勘違いしているように思うので、わたしの沖田くんあたりを読んでみることをオススメします。私の知っている範囲で、ご質問者さんの想像に一番近い作品だと思うので。 ちなみに、ピンと来ないかもしれませんが、 のだめカンタービレ も、大学キャンパスを舞台とした作品ですよ。 私がもっとも詳細に大学の講義や生活を描いていると思う作品は、数学女子 です。鹿児島大学理学部数学科が舞台のようですよ。 わたしの沖田くん とちがって、ご質問者さんの夢を砕く、現実を割と忠実に描いた漫画です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

大学だともう大人なので恋愛事情は18禁じゃないと辻褄が合わなくなる。 大学行ってない人には思い入れのない世界なので売れない。 女子高生はオッサンにも憧れ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • こんな学園ドラマどうでしょうか?

    工業高校を舞台にした、ものづくりに奮闘して壁にあたりながらもあきらめない生徒達を描くドラマもあっていいと思いませんか? 機械の名前を紹介したり、技術の知識を教える場面もあっていいと思います。 さらには科学技術と人間がどうあるべきか?と言う要素もいれると面白いと思うのですが? 工業高校が舞台の話と言うとヤンキー校とか荒れていると言う設定が多いです。 まるで工業高校への偏見を社会に与えているとしかいいようがありません。 ドラマ「アスコーマーチ」も工業高校が舞台で「工業高校への偏見はいけない」的部分もありましたが 最後まで見ないとわからない仕組みでした。 ですから、荒れていたりとかそういう描写はなくして ものづくりで壁に当たりながらもあきらめずに頑張る描写を重視した プロジェクトXや映画「遠い空の向こうに」みたいな感じの学園ドラマもいいと思うのですが?

  • 大学を舞台にしたアニメ、ドラマについて

    この内容の質問は何度かしていますが、やはり大学の学園生活を舞台にしたアニメ、ドラマは少なく 少ないからゆえに自分の気に入る内容のアニメ、ドラマがあまりないことに少し困っています。 まぁ高校を舞台にしたアニメやドラマは当たり前に多いのですがやはり小中学校を舞台にしたアニメやドラマもそんなに多くはないと思いますましてや大学を舞台にしたアニメやドラマなども少ないと思います。 まぁそれでも自分的に「いいな~」と思ったアニメは(もやしもん、ゴールデンタイム、げんしけん(まだ視聴中)エルフェリート)等々です。 もしよければえのタッチがそこそこで内容のいいおすすめのアニメ、ドラマを教えて下さるとうれしいです。

  • 高1で行くならオープンキャンパス?学園祭? オープンキャンパスではどういう着眼点で大学を見ると良い?

    高1の息子がいます。この夏休みに 高校から大学という物を知るためにも(希望大学でなくてもいいから)オープンキャンパスへ行くように、勧められました。これは良いと思いますが、学園祭もいいかな。と思います。(確かに模擬講義など受講できませんし)は見られませんし、いつもとは違うお祭り騒ぎ状態なので、これを 大学!と勘違いされては困るのですが、) Q1*7月には慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス / 七夕祭 もありますよね。これって どうでしょう?他県から行っても それなりに楽しいですかね? まだ今年のオープンキャンパスの詳細をアップしてない大学も多く、なんともいえませんが、 Q2*在学中 または卒業生の方で 個々の大学のオープンキャンパスの見所があったら教えてください。また、どういう着眼点で見たらよいのでしょう。ただ、施設だけをみるのでは無く、ポイントを教えていただけるとうれしいです。 いまのところ 8月6 7日いずれかで、東大には行く予定です。(本人の希望。) 理数系が希望ですが特に まだ 学部は決めていません。おそらく高二の年にはもっと具体的な面を見るためにオープンキャンパスなりにはいく予定です。宜しくお願いいたします。

  • 舞台スタッフになりたい。大学へ行くべき?

    高2の女です。今大学へ行くべきか迷っています。 というのも、私が将来やりたいことは舞台の裏方で働くスタッフ(照明)なんです。こういう舞台関係の仕事って手に職というか、現場で覚えて吸収するのが一番だと聞きました。 で、大学へ行く意味があるのかどうかよくわかんなくなってきてしまいました。うちの高校は進学校だから大学いくのが当たり前みたいな環境にはいるんですが・・・。大学で本当に勉強をしたいかと問われればイエスといえません。キャンパスライフを楽しむために4年間に時間とお金をつぎ込むほど、うちには金銭的余裕もありません。いくなら、明確な理由が必要だとおもうのですが・・・ とはいっても、女の身である以上、結婚はしたいし将来家庭を築きたいので子供を生んでまでできる仕事かどうかすごく不安なのです。(舞台スタッフが。)でもずっと仕事はしていたいので子供が手が離れるようになったらまた仕事するとおもうんですね。そのときに舞台スタッフ以外の仕事に再就職?するなら、高卒じゃだめかなって思って、子供生んだ後のための対処?として大学でといたほうがいいのかなって思うんですね。 というのも今お付き合いしてる人がいて、たぶん将来結婚するんですよ。で25歳なんで、早く子供ほしいというか、私の大学卒業までは待ってくれますけどそのあと就職したら子供うむまでのスパンが短くて舞台スタッフの仕事なんか満足できないまま子供がほしいとしになっちゃうのかなって。だったら大学いかずに4年間を仕事に当てたほうが、やりたいことやれるのかなとか思うと・・・。照明スタッフとかまともになるまで何年もかかるって聞いたし。どうしたらいいか正直わかんないです。どういう道をたどるのがいいのでしょうか。回答お願いします。

  • 「学校」という舞台の利点・欠点について

     小説や漫画には、よく学園が舞台の作品が多数ありますよね?  そこで疑問に思ったのですが、小説や漫画で物語を描くにあたって、小学校、中学校、高校、大学それぞれで、舞台にする利点・欠点はどんなものがあげられると思いますか?  できるだけ詳しい回答お待ちしてます。

  • 大学選びについて

    閲覧ありがとうございます。 私は共愛学園前橋国際大学が気になっています。 気になっている理由としては、 1.県内であること 2.心理学が学べる 3.他のコースの講義も受けられる 4.オープンキャンパスに行き、先輩方の様子を見たり、話を聞いて良いと思った →先輩方がとてもしっかりしていて自分もあのようになりたいと思った。自分のやりたいこと、なりたい職業が分からないまま入学したという話を聞いて今の自分に似ていると思った。 からです。 高校選びで失敗してしまったので大学選びでは失敗したくありません。 他にも何個か志望校を見つけなきゃいけないと思っているのですが、中々見つかりません。 そこで、共愛学園前橋国際大学の良いところ、悪いところなどを教えていただきたいです。 また、大学選びのアドバイスをしていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 舞台の仕事に興味がある高校三年生です

    高校三年生の大学受験生です。 美術系の大学に行きたくて予備校に通っているのですが、 いままでは漠然と美術がやりたい、といいますか、 関われたらいいなぁ、と思っていただけだったのですが、 一年前くらいに、演劇に興味を持って、舞台関連の仕事に 興味を持つようになり、将来そういうことに少しでも関われるような 職業に就きたいなあと思っています。 そこで、今は一応第一志望を某大学の空間デザイン系の学科にしているのですが、 舞台芸術の学科のある別の大学のデザイン科を受けるかどうか迷っています。 そのいまの第一志望の大学は、大学内に絵画系の学科のない デザイン系(プロダクト、建築、空間など)しかない大学で、 キャンパス内に美術の学科が総合的にあるような大学ならば、 あるていどはほかの専攻の方とも交流がもてていいのかもしれないと 考えたのですが、今年は忙しくオープンキャンパスに行けなかったので 大学の方に質問をする機会がなく、よくわかっていません。 なぜ志望を舞台芸術学科にしないのかというと、 ほかの学科でも舞台芸術の方向にすすめる可能性があるのならば、 大学のうちから方向を絞ってしまうよりも、ほかの学科で いろいろなことを学んでからでもいいのではないのかなあと思ったのです。 それが甘い考えだと言われるかもしれません。 舞台関係の仕事は厳しいことはなんとなくわかっています。 そこで質問です。 舞台芸術学科出身でなく、舞台美術の仕事に就くのは やはり難しいでしょうか。 あと、舞台芸術学科を出ることで、舞台関係の 仕事に就くのはだいぶ有利になるのでしょうか。 結局は努力次第だと思うのですが・・・。 回答お願いします。

  • 東放学園&日本工学院

    私はテレビが好きでテレビ業界に入りたいと思っています。今高校3年生で東放学園ならば放送芸術科でディレクター、プロデューサー、またはタレントマネージャーがあるのでそれになるか、日本工学院ではディレクター、プロデューサー、カメラマンになりたいです。でも実際就職となると大学がいいと聞きます、大学だと東海なんですけどどれがいいのか全くわからないです。(いちようオープンキャンパスは行ってます)テレビ業界で働いてる方か卒業せいでアドバイスが欲しいです。お願いします。

  • 大学中退 就職 

    私は今大学に通っています。 大学はオープンキャンパスにも行き自分で良いなと思い選び、入学しましたが、今考えると自分には合っていないことを強く感じます。 ということで大学を中退して就職しようかと考えたので質問させていただきました。 私は高校時代演劇部に所属し大道具方を勤めていました。なので舞台関係の大道具方に就職しようと考えています。 舞台のバイトもしていました。 高校時代やっていた~バイトをしていた~だけでの中途採用というのは現実的に可能なのでしょうか

  • 今年の春、大学に入学しキャンパスライフをとても楽し

    今年の春、大学に入学しキャンパスライフをとても楽しみにしていたのに講義中、隣の男子がずっと話してかけてきます。講義に集中したいのもあるんですけど、私は高校時代、女子高だったのですごく男子が怖くて話しかけられるのが嫌です。こういうときどうしたらいいですか?こういうのはカウンセリング室で相談してもいいですか?くだらないと思うかもしれませんが、本当に悩んでいます。宜しくお願いします。