解決済み

アメリカの大学から中国の修士過程、日本の博士過程は

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9286660
  • 閲覧数413
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 77% (14/18)

娘がUCLA在学中です。今年は卒業予定ですが、今後の進路について親として心配です。
UCLAでは政治科学などを専攻しています。UCLA卒業後、中国の大学院で修士課程を取りたいとの事、大学はまだ決まりませんが、中国では五指に入るところが行けそうだとの事です。まずここで質問ですが、中国の大学院は学生数の急増で指導ができず放置状態になっていると聞きますが、実際のところどうでしょうか?次に中国で修士を取得したのち、日本の大学の博士課程に進学したいようです。これは可能でしょうか?日本の博士課程は私のイメージでは修士課程(博士課程前期)から続けて行くと思っていますが、学士がアメリカ、修士が中国で受け入れてくれるでしょうか?もちろん飛び抜けて優秀であれば可能でしょうが、そもそもそのようなルートの人がいるのでしょうか?話が前後しましたが、中国での修士課程ではでは現代中国文学を専攻したいようです。語学力については英語はもちろん問題ありませんが、中国語も旧HSK9級なので、何とかクリアできると思います。
 最後に最終的な目標は日本の大学の教授で、中国研究を専門にしたいとの事です。その点から考えてこのルートはありかどうかご意見を聞きたいです。目標から考えるとこのままアメリカで博士を取得もありかと思いますが、UCLAの博士課程(文系)は費用がかなり膨大になります。また修士から日本の大学院もありかと思いますが、どうでしょうか?
 さすがにあまり例のないコースなので類似のケースが見当たりません。色々なご意見を頂ければ嬉しいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8

ベストアンサー率 72% (391/542)

No.2&No.4です。
質問者さんが親の立場ではなく、お嬢さん本人の立場であれば、これまでの回答者たちの回答から、自分で考えるはずです。
親の立場として、お嬢さんの進路を心配する気持ちはわかります。が、質問者さんご自身がお嬢さんが進もうとしているアカデミックの世界とあまり縁がないのであれば、ここで聞いたことも「受け売り」にしかならず、お嬢さんにとってはマイナスのアドバイスになってしまうかもしれません。
いろいろ書いておいてこんなことを言うのもなんですが、これがもしお嬢さんご本人からの相談ならば、「いまの指導教員とよく相談してください、可能ならば、将来的に受け入れてもらいたい指導教員とのコンタクトを取ってみてください」というアドバイスに尽きます。
本人の能力や将来性、専攻分野の変更、UCLA→中国→日本、という進路が、最終的に希望する研究分野でどのように影響するのか(どのように評価されているのか)、という細かなことは、お嬢さんが指導を受けている専門分野の教員が一番詳しいはずです。もし指導教員があまり詳しくないということであれば、それは、お嬢さんが「今の専門とは接点のない分野に進もうとしている、いわば遠回りでアウェイの勝負に挑もうとしている」ということですから、指導教員のツテで、「その分野に詳しい、信頼できる人」を紹介してもらう、等を考える必要があるでしょう。
それをするかどうかも、お嬢さんが指導教員と相談して決めるべきです。狭い世界ですので、指導教員の頭越しで学生が勝手に動くことは、相手側から歓迎されません。

大学院に進学を考える子供に対して、親がきっちり決めておくことは、「どこまで・いつまで、援助するつもりなのか」ということだと思います。
お嬢さんはもう成人しているのですし、大学卒業後以上の進路については、金銭的なことも、進路選択も、本人の判断に委ねるべきです。
むしろ、お嬢さん自身がいろいろと自分でリサーチして、最終的に思い描いている道がどういったものなのか、親である質問者さんを納得させられるくらいにプレゼンするべきだと思いますよ。もしそれができないなら、その程度の覚悟に過ぎない、ということです。

中国のトップ大学の博士号が、日本でのアカデミック職就職の時にどのように評価されるかは、専門分野(それもかなり細分化された分野)によってだいぶ違うでしょうから、一般論は言えないと思いますよ。
優れた研究者を輩出している大学院で学位を取る方が良いに決まっていますが、学位だけで採用が決まるわけではないので。
研究内容そのものがどんなに優れていても、大学が求める人材像とうまくマッチしないと、採用してもらえませんしね。

ご自身で最初の質問文に書いているように、日本の大学教員という最終目的に対しては「あまり例のないコース」です。中国か日本かというよりも、専門分野を途中で変えるということがネックです。
専門分野を変えながら異例のコースを進んできた人と、同じ分野で学部・修士からしっかり研究を積み上げてきた人とでは、その専門分野だけについて見た場合、同じ年数で出した研究業績(論文)の数も評価も違ってくるでしょう。
だから、他の方のアドバイスにもあるように、最終到達点に定めている専門分野には出来るだけ早くに入っておいて修行を積むのが良い、と考えるのが一般的でしょう。

ちなみに、理系と違って文系にはポスドク相当の職はほとんどありません。非常勤講師ですら、予算削減で減少傾向です。
ポスドクとかから……とおっしゃいますが、そのポスドク(有給)のポストそのものがほとんど存在しないのが日本の文系アカデミック職の現状です。

最後に、ここで質問者さんがお嬢さんの専門分野等をあまり詳しく書くことで、お嬢さんのことが特定されかねないことを心配します。研究者の世界は非常に狭いので、数年後、「もしかして、あれを書いていたのが君の親御さんだったのか」となりかねません。
かといって、フェイクを入れると、前提条件が違うのでとんでもなく的外れなアドバイスになってしまうことがあります。
それもあって、「お嬢さんが指導教員とよく相談する」のが一番なのです。
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

お礼が遅くなりました。状況は皆さんのおかげで、大分理解できました。文系は本当に厳しいですね。理系については、多少関係があるので、それでも博士は割に合わないと感じていたので、文系ではなおさらですね。
 やはりアドバイスどうり現在の学校の教官や進路指導とよく相談する事を勧めます。もっとも原則的でありながら、盲点でした。その点を教えた頂いた事に感謝します。本当に面倒な相談ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-01-31 19:00:48

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9
ご返事ありがとうございます。

>やはり修士、博士は一貫でやる前提で、就職先は、日本のアカデミアを想定した場合、日本→US→中国という事になりますか?

修士・博士課程は,所属もテーマもおなじがいいと思います。大学院や指導教員を変えるのは,そもそも受け入れられない危険が高く,受け入れてもらったとしても大きなストレスとなるでしょう。研究上では,博士論文を提出するためには「既発表論文が何本以上」という制限があり,博士課程に入ってから新たに勉強し始めたのではとても本数がそろいません※。自殺行為に近いでしょう。

※人文・社会系ではふつう単名で論文を書きますので,指導教員や研究室のみんなと共著にするという「ごまかし・水増し」もできません。

「日本→US→中国」の表現がよくわかりませんが,この順に条件がいいという意味なんでしょう。日本で就職するなら,日本の大学院がいいと思います。米国で学位をとれば,米国で就職することをまず考えるのが現実的だろうと思います。もちろん日本の教員公募でも通用します。中国は・・・ぼくが不案内なだけかもしれませんが,未知数ですね。

その前に,専門がふらふらするのを確定しないといけないでしょう。ぼく個人は,中国文学(ないし中国語学)は「職を得てからゆっくりやろう」くらいに,いまは脇へ置いておくほうがいいと思います。人生は長い。飯が食える保証があるからこそ「やばい仕事」に手を出さなければいけないとぼくは信じていますが(かつ,ぼくの師匠もそう諭しましたが),手慣れたテーマの焼き直しで小さくなってしまう人もいるのですね。

大学への就職をあきらめる場合にそなえて,外交官や国際公務員(国連職員)などの選択肢も考えておくほうがいいと思います。ぼくの指導学生のひとり(女性;文学修士)は,在外日本大使館などの非常勤職員を食いつないで,けっこう充実した人生を送っているようです。
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

お礼が遅くなってしましました。ありがとうございます。専門の問題は、良く考えるように伝えたいと思います。文系に比して、まだ社会科学の方が需要はあると思いますので、その点とアドバイスどうり職を得てから考えたらと伝えてみたいと思います。
 またご指摘のとうり日本の文系アカデミアが、大変狭い門であり、コスパの悪い職場だというのはよく解りましたので、もう少し広く視点を持って、職探しを勧めてみたいと思います。
投稿日時 - 2017-01-31 19:12:42
  • 回答No.7

ベストアンサー率 19% (1705/8606)

n1i2s3h4i5 さん、こんばんは。

アメリカへ留学して大学を卒業。そのあと中国へ行って大学院の修士課程、日本の大学院で博士課程?不思議なことがあります。一体あなたのお嬢さんはどんな学問をして、どんな人間になりたいんでしょうか?そういう変にお金ややたら使い、そして規則の難しそうなところばかりを渡り歩いている感じがします。もっと簡単な考えを持つと思います。日本の大学の教授で、中国研究というけど、それなら、中国の大学院で博士課程を修得したほうがいいと思います。それから、こんなに外国暮らしばかりさせておいてあなた自身心配になりませんかね。
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

ありがとうございます。親としてはご指摘の点まったくそのとうりだと思います。本当に心配です。その上で、日本で大学教員になるには、中国の大学院で博士までやるほうが良いとのことですが、中国の学位で日本の大学教員(研究者)の道は大丈夫なんでしょうか?
投稿日時 - 2017-01-29 23:06:23
  • 回答No.6
補足。

>専門は,職に就いてからさらに変わることもおおい・・・外的要因

「アジア研究センター」みたいな付置研究所の所属でもないかぎり,教養科目「アジアと日本」とか専門基礎科目「国際関係学概論」のような包括的な科目も担当するでしょう。これらは狭い専門(=自分に論文が書ける)だけでは背負えませんので,もういちど総復習することになります。卒論・修論指導学生がもってきたテーマが,文系では狭い専門からそれることもふつうにあり,演習が自分の勉強にもなったりします。

知らず知らずのうちに,かなりの物知りになるのですね。やっとこさ博論を仕上げたていどの浅学なぼくの娘が,どこまで達するかは今後の長期課題。大看板でないと教授にはなれないのが,あるべき人事です。ま,不勉強な輩は,なんでもかんでも「日清戦争」で押し通しちゃったりしますけどね 笑。
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

娘さん、助教になられたとのことで、とても素晴らしい娘さんをお持ちで、また親として道を示せる立場で、うらやましい限りです。私はごく普通の庶民ですので、アカデミアの世界は、よくわかりません。従って、ほぼほぼ本人が決めてくる感じになってしまいますが、とりあえず状況だけは理解しておきたいと考える次第です。私も表題のようなルートは相当な能力と運が必要な気がしていましたので、お知恵をお貸しいただきたいと考えました。
 やはり修士、博士は一貫でやる前提で、就職先は、日本のアカデミアを想定した場合、日本→US→中国という事になりますか?
投稿日時 - 2017-01-29 20:58:21
  • 回答No.5
落語の「三題噺」(客から任意のキーワードを3つもらい,それらをすべて織り込み即興で1席の落語に仕上げる)みたいな質問内容なので,100人にひとりという能力と運に恵まれないと無理だろうと思います。

じつは,うちの娘は国立大学で博士号をとり幸運にも助教になれましたが,ぼくは学資いがいのなにも援助や口出しはしていません。彼女が自己責任で勝手にやったことです。その例でいうと,専門を変えるなら近傍(社会科学の範囲内)で早いうち(4年次の卒論テーマ)がいい。おなじ大学に博士課程まで在学し,最短距離で学位をとるほうがいい。助教でも非常勤講師の経験は必須(その大学の同窓系列で呼ばれることが多い)。彼女に言うと怒るでしょうが,女性教員の比率を高めたいという意向も追い風になったろうと,ぼくは想像しています。また,彼女が認めたくはなくても,彼女にぼくの能力・性格が遺伝していることや,ぼくというロールモデルがあったことも確かです。

お嬢さんの場合,修士課程で旧帝大か有力私大の社会科学系をねらうのが順当かと思います。そのなかで,中国に興味があるなら中国外交などをテーマにする。国際状況によって順風になるか,あるいは逆風になるかはわかりません。操縦能力があれば,逆風でも帆船は進みます。

専門は,職に就いてからさらに変わることもおおいです。なかには大学院のテーマがライフワークなんていう,ぼくに言わせれば「能なし」もいますが。自分の関心がだんだん広がっていくという内発的な場合もありますが,頭数を満たすために研究プロジェクトや新設学部に無理矢理に引っ張り込まれたりという外的要因もあります。そんななかで中国現代文学(政治がらみなら文革時代とか開放路線あたり?)にも副業で手を出すという方法もあろうかと思います。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 72% (391/542)

No.2です。お礼コメントありがとうございました。

アカデミック職への就職については、まず考えている分野でどの程度の求人があるのか、現実を見てみると良いかと思います。
日本のアカデミック職の求人(公募のもの)は、JREC-IN Portalというサイトに情報が集められています。
https://jrecin.jst.go.jp
この検索フォームに適当な検索キーワードを入れて、求人とその条件を見てみてください。お嬢さんの場合は「中国語」「中国」「漢文」(漢文関係の学科に中国語関係が含まれていることも多いです)等のいくつかのキーワードで検索して、さらに理系を取り除くなどして絞り込んでいってください。今の時期は来年度採用の求人はもう一段落している頃かと思いますが、新しく求人情報が掲載されたばかりのものもあります。
とりあえず「求人の少なさ」「応募に求められる学位学歴、経験等の条件」「研究業績以外に提出を求められる書類(研究計画の他に教育計画など)」を確認して、それを乗り越える方法を考えるのをお薦めします。
これらの「少ない求人」1件あたりに、何十人もの人が応募するのです。博士余りですから、無職の博士号持ちから、期限付き採用(ポスドク相当)の職にある人、専任の職にあるけどよりよい条件を求めて転職しようという人まで、多くのライバルが殺到します。
一般の就職だと、年を取りすぎると採用が難しくなると言う年齢制限がありますが、日本の文系アカデミック職の場合は「経験豊富で即戦力が欲しい」という、逆年齢制限があったりします。公募書類には年齢制限は書いていない(書けない)のですが、募集している職位で見当を付けてください。博士号を取ってすぐならば、助教か専任講師です。文系は助教ポストがほとんど残っていなくて、最近は1~3年の年限付きの「特任」という非正規雇用のポストで人材を確保する大学が増えてきています。
また、どの大学も即戦力を必要としていますので、研究業績があっても、大学での非常勤講師などの教育経験がなければ、なかなか採用してもらえません。

No.2を書いた後、どうしてUCLA→日本→中国留学、ではなくUCLA→中国、日本、の順番を考えているのかな、と考えたのですが、
・専門分野を現在の政治科学から中国文学に変更するため
・ギャップ・イヤーの関係
などでしょうか。
お嬢さんの現状と最終目標を考えると、やはり現在の政治科学から、どのタイミングで「日本の博士後期課程で専攻する学問分野」に切り替えるか、という問題が大きいと思います。
No.2にも書いたように、お嬢さんが日本の博士課程で専攻したい分野がはっきりしないので、何とも言えない部分があるのですが、現在の「政治科学」から「中国研究」への切替をするならば、早いほうが良いです。それを中国で行うか、日本で行うか、という判断が難しいですね。そういう意味では、間に中国の大学院(学部が政治科学出身でも、中国文学を専攻させてくれる、というのなら)を挟む、というのもアリなのかもしれません。
いまUCLAから日本の大学院に進学しようとしても、学部時代に政治科学をやっていて、院からいきなり中国文学に変えたい、と言っても、その能力を証明するもの(卒業論文)がないので、受け入れを渋られる可能性が高いように思います。院試では、ペーパーテストは基礎学力の確認程度で、一番重視されるのは進学後の研究計画と、提出した論文(卒業論文)の内容です。それによって、将来、研究に広がりが見込めそうかどうかを判断されますので。
ただ、専門分野を変えるということはその分野に対する基礎知識が少ないということですから、きちんと指導してくれるところでないと、何も身につかずに終わってしまう、ということも起こりえます。中国の院では、その点が不安ですね。UCLAから、生活も専門も大きく環境が変わりますから、負担は非常に大きいと思います。
あと、修士からにしろ博士からにしろ、日本の大学院に行こうとした場合、ギャップ・イヤーの問題もありますよね。ギャップ・イヤーを利用して、半年間、日本の大学院で研究生をして、院試の準備をする、というのが穏当かなと思います。
いずれにせよ、「政治科学」から「中国現代文学」という分野の変更が大きな転換のように思いますので、どこかで足踏みをすることになる可能性が高いように思います。日本の大学院で、政治科学と中国の現代文学を「中国の現代」として広く包括するようなところがあれば良いのですが、どうなんでしょう。社会学ならば文学に隣接したところにあることも多いですが、政治と文学は、日本ではたいてい、別専攻になっていると思いますよ。
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

追加のアドバイス頂きまして、ありがとうございます。専攻の問題ですが、ダブルメジャーでもう一つ国際学だったような気がします。(記憶が不確か)UCLAから中国へのルートを考えたのは、推測ですが、今の指導教官が中国の大学の教官に推薦してくれるからではないかと思います。またUCLA内では中国語ネイティブ以外ではかなり中国語ができると思われたようです。またUCLAのサマーセッションで上海で1か月過ごして、あっていると考えたのかもしれません。もちろんギャップイヤーの問題もあると思います。
 最終的に日本の博士課程後期を希望しているのは、他国で博士取得の場合日本で教鞭をとるためのスキルが不足すると考えたようです。
 日本でアカデミックは極めて狭き門だというのは解りました。また日本の有名大学の院への修士入学も博士課程後期への入学も難しいであろうことは想像していましたので、皆さんの知恵をお借りしたいと考えました。そこでこのまま中国に行って博士まで取得して日本に戻るという道はどうでしょうか?もちろんいきなり教員は難しいでしょうからポスドクとかからにはなると思うのですが、、、日本のアカデミアではUSのPhd.の人は結構いるようですが、中国の学位では通用しませんか?
 
投稿日時 - 2017-01-29 19:52:41
  • 回答No.3

ベストアンサー率 27% (3390/12148)

他カテゴリのカテゴリマスター
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2010/08/03/1295700_1_2.pdf

とりあえず、これを読んでおくことをオススメします。
人文系の博士課程自体が少ないですし、大学に残れる人の数もほんの一握りです。
社会学系や工学系の博士と同等に考えるとひどい目に合いそうです。
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

資料ありがとうございました。確かにかなり険しい道ですね。
親としては、本人が、挑戦してみたいと考えているようなので、アカデミアが無理なら、語学学校の先生でも良いと考えて、応援したいと思っています。
 
投稿日時 - 2017-01-28 22:38:52
  • 回答No.2

ベストアンサー率 72% (391/542)

>中国での修士課程ではでは現代中国文学を専攻したいようです。
>最後に最終的な目標は日本の大学の教授で、中国研究を専門にしたいとの事です。

最終目標は、日本の大学で、中国研究の教員として働きたい、ということですね。
学部:UCLAで政治科学→修士:中国で現代中国文学→博士:日本で「?」→就職:日本の大学で「中国研究」
という計画のようですが、日本の大学院博士課程では、中国語学・中国文学、それとも中国の政治科学の、どの分野を想定しているのでしょうか?
ざっくり「中国研究」と言っても、分野が違えば、指導教員も「うちでは指導できません」「分野違いです」と門前払いされてしまいますよ。広い意味では同じ研究分野に見えても、博士課程レベルだとかなり細分化されていますし、また同じ分野でも大学によって学問の系統の違いがあります。
お嬢さんが(客観的に見て)どんなに優秀でも、指導教員とこの「学問の系統」が違う(と指導教員に判断された)場合、受け入れてもらえない=不合格になる可能性が高いと思います。

現在の政治科学→現代中国文学→?と、学ぶ分野が変わると、研究の手法なども結構違ってくると思います。
また、同じ研究分野でも、アメリカでの研究の潮流と、中国での研究の潮流と、日本での研究の潮流は、少しずつ違うでしょう。それぞれの国での研究の流行の違いもあったりします。
そのあたりのギャップが、博士課程進学時の壁になる可能性もあります。

また、現在の日本の大学で、特に文系の大学教員ポストが急速に縮小傾向にある(凍結状態)というのはご存じでしょうか。これは少子化とも連動していますので、将来、良くなる見通しはないと思います。
博士余りの現在、日本でアカデミック職にありつくためには、文系でも、少なくとも旧帝大クラスかそれと同レベルの有名私大(中文で有名なところ)の博士号が必須と言えます。
そのレベルの大学院に、修士からではなく博士後期課程から入るのは、だいぶ狭き門になると思います。修士課程では学生をたくさん取るところでも、博士課程への進学でギュッと絞ります。
もちろん、大学院にもよるでしょうし、定員割れギリギリのようなところならば入るのも楽でしょうが、そういうレベルの大学院の博士号では、将来の大学教員の就職にはあまり役に立たない可能性が高いです。今は、同じ博士号でも「どこの大学院の博士号か」を見られる時代です。

最終的に中国研究を専門にしたいから、中国の大学に行く、というのは、要するに留学だと考えれば普通の話だと思いますが、どの国の大学に行くにしろ、結局は「どの先生に師事するか」「指導教員に受け入れてもらえるか、指導してもらえるか」でしょう。
(日本の)文系では、修士課程以上になれば、指導教員への「弟子入り」の要素が強くなります。
最終的に日本の大学院で指導して欲しい「将来の師匠」は、ある程度想定しているのでしょうか。学部から博士課程までの内部進学の場合、学部時代の指導教員がそのまま…という感じですから、「なぜこの先生を選んだのか」という問いは生じません。ですが、外部からの場合は「なぜ、今の指導教員のもとを離れて、他大学を選ぶのか」「なぜ、修士課程から指導を受けようと思わなかったのか」という問いが生じます。
中国研究を専門とするために、中国以外の国の大学・大学院→本場である中国の大学院へ、という順番ならば説明もいらないのですが、「日本で就職するために」最終的には日本の大学院へ、というのを、師匠選びの流れとしてどう考えるか、ですね。

もし「中国のトップレベルの大学で学位を取る」という目的が優先されるならば、修士にしろ博士にしろ、中国に行くことになるでしょう。その後に日本で院にいくつもりなら、「どの研究室に行くか」を考えておかなければなりません。大学院同士に学術交流協定があるとか(交流協定がある大学間は、相互にカリキュラムと単位を認め合っているので、協定がない大学からよりも受験時に有利になりやすいです)、中国での指導教員と交流のある日本の先生ならば、受け入れてもらいやすいかもしれません(保証はしません。まずは1年間、研究生をしてから、となるかもしれません)。
もし、「日本の大学院で○○先生の指導を受ける」という目的が優先されるならば、日本の大学院で博士課程の3年間だけではなく、修士課程から(最低)5年間、その先生の許で指導を受けた方が良いでしょう。研究の基礎は修士時代にたたき込まれるものです。日本の大学院在学中に交換留学などで1年程度、中国に留学するという方法もあるかと思います。

お嬢さんの場合、学歴の最終地点として想定している「日本の大学院の博士後期課程」の専門分野と指導教員をどのように考えているのか、まずそこが問題かなと思います。

なお、日本の大学で中国文学等の「外国語関係」の教員となる場合、専門分野の授業よりも、一般教養や専門課程での「語学の授業」の受け持ちが多くなる可能性が高いです。そして、語学の授業のコマ数は一般的に、多いです。「中国研究」の専門でも、それだけをやっていれば良い、というようにはならないと思います。
そういうことはもちろん理解されているとは思いますが、念のため。
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

丁寧で解りやすいご意見ありがとうございます。
文系の大学教官職は本当に狭い門だというのは、感覚的に分かっていました。何とかたどり着けるとよいのですが、、、
 やはりアメリカ→中国→日本のルートはあまり賢明な方法でないようですね。ただ娘の想定している中国の大学は日本の旧帝の多くと学術交流協定はあるようです。アドバイスのように日本の大学院についてもう少し調べるようにアドバイスしてみます。
 ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-01-28 22:30:44
  • 回答No.1

ベストアンサー率 39% (1909/4812)

他カテゴリのカテゴリマスター
優秀な娘さんですね。
大学の教員ですが,専門は理系ですので分野毎の考え方があると思いますのでご参考程度に聞いてください。
一般に修士過程は短いために教員や研究者としての指導は十分にはトレーニングできません。その一番走り始めの時期をなれない環境で始めるのに,そこまでの魅力があるのか疑問です。日本にそれだけの魅力的な研究室が無いのであれば,そもそも学位をとってそのまま就職なんて道もなかなか見つからないと思いますので,まず第1候補の日本の大学院のせっていされてはいかがですか。語学を本場で学びたいというのであれば,学位をとってから,留学を3年ほど行い業績をあげて日本に戻ってくるのがいいと思います。
日本では学位はまだまだ公務員試験よりも扱いは低いですが,世界ではかなりの評価をしてもらえます。学生という状態で中国に行くよりも,日本で学位をとった研究員としていったほうがより高いレベルの教育を受けることが可能になりますし,より適切で興味のある大学に行くこともできるでしょう。
大学側からみると修士の学生は小学生のようなもので,学問について1から教えるという感じです。日本でその後生活し,社会人として生きていくのであれば日本の状況を理解する為にも修士で慣らした方がご本人にもいいと私は感じます。
でなければ,そのままアメリカの大学で興味のある勉強を続け学位を採られた方が将来的に道が狭くならずに済むと思います。
ご参考までに
お礼コメント
n1i2s3h4i5

お礼率 77% (14/18)

ありがとうございます。高校は日本の公立高校なので、日本人のままですが、アカデミアは違うと思うので、やはり日本の大学院で始めるか、このままアメリカでの進学を考えるほうが得策ですか。なんとなくそんな感じがしていたので、納得です。親としては費用を考えなければ、アメリカで学位をとったほうが良いような気がしますが、UCLAの院は学費だけで相当な金額で、留学生向けのエイドもあまりないようなので悩みます。
 ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-01-28 22:21:06
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ