• ベストアンサー
  • 困ってます

65歳以上での障害厚生年金の受給について

障害厚生年金2級受給者です。現在まだ就業中のため、厚生年金(老齢基礎年金含む)を支払っています。 症状が重くなり通勤が厳しくなり退職を考えています。 ・老齢基礎年金は65歳まで支払う(収入により猶予・減免と思います)  そして65歳から老齢基礎年金として受給する ということは知っています。 そこでお教えいただきたいのは厚生年金部分についてです。 ・仕事を辞めた後、厚生年金を支払う事ができません。  通算300か月に達さない場合、65歳以上では厚生年金を  需給する事が出来なくなるのか と言うことです。 お教えの程よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数374
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

障害厚生年金は、被保険者期間(注:障害厚生年金だけに係る被保険者期間のことで、老齢厚生年金や老齢基礎年金に係る被保険者期間とは無関係)が300か月(25年)に満たないときには、被保険者期間を300月と見なして計算しています。 また、障害認定日が属する月からあとの被保険者期間については、障害年金の額を計算するときには算入されません。 したがって、いったん障害厚生年金の支給が決まったあとは、死亡などで失権しない限り、たとえ65歳以降であっても、ご質問のような保険料納付の有無が障害厚生年金に影響することはありません。 そのため、障害厚生年金に関しては、ご心配にはおよびません。 次に、老齢基礎年金です。 国民年金保険料の納付が強制的に求められるのは、60歳未満の国民年金第1号被保険者となります。 したがって、退職後にまだ60歳に達しないときは、国民年金第1号被保険者としての保険料の納付が求められますが、障害厚生年金2級受給者であるときは同時に障害基礎年金2級受給者でもあるので、そのままでは法定免除の定めにより、国民年金保険料の全額を納める必要はありません。 しかし、免除を受けた期間の分だけ老齢基礎年金が2分の1になってしまうので、もしそれを避けたいのであれば、「国民年金保険料免除期間納付申出書」というものを提出し、法定免除の対象であるにもかかわらず、通常の国民年金保険料を納付するようにして下さい。 ◯ 国民年金保険料免除期間納付申出書の様式例(PDF) https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/044/attached/attach_44243_1.pdf 老齢厚生年金の受給にあたっては、まずは、先に老齢基礎年金の受給資格期間を満たすことが要件になります。 その上で、厚生年金保険の被保険者期間が1か月以上あれば、老齢厚生年金を受給することができます。 老齢基礎年金の受給資格期間とは、「保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が300月(25年)以上」であることです。 この「300月」を満たさない場合は、老齢厚生年金や老齢基礎年金を受けるために、質問者さんのケースで言えば、まず「国民年金保険料免除期間納付申出書」を提出して国民年金保険料を納付できる(60歳未満で)ほか、「60歳に到達してもまだ300月を満たせないときに限って、70歳到達直前までの間、国民年金に特例高齢任意加入」することができます。 ◯ 高齢任意加入・特例高齢任意加入について http://okwave.jp/qa/q9165991.html 65歳以降の障害年金・老齢年金については、以下の組み合わせの中から、ご自分にとって最も有利なものをいずれか1つ選択します。 1 老齢基礎年金+老齢厚生年金 2 障害基礎年金+障害厚生年金 3 障害基礎年金+老齢厚生年金 既にお示ししたとおり、2(障害年金)については、ご心配におよびません。 1又は3を考える場合には、先に示したように、まずは、老齢基礎年金の受給資格期間である300月(25年)を最低限でも満たさないとならなくなりますので、もしこれが満たされていないのであれば、「障害年金1・2級による法定免除をそのまま受けることなしに、申出書によって通常どおり国民年金保険料を納付する」および「70歳到達までの間、特例高齢任意加入などによって国民年金保険料を納付する」ということになります。 いずれにしても、この「老齢基礎年金の受給資格期間である300月(25年)」を満たせば、老齢年金についてもご心配にはおよばなくなります。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。 あと1年で300か月に達するため、頑張って支払い 3 障害基礎年金+老齢厚生年金 を考えています。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 障害厚生年金+障害基礎年金のダブルは65歳~?

    障害厚生年金の人は障害基礎年金とダブル受給出来るという事なのですが、これはすぐに受給出来るわけではなく、65歳以上になってからダブル受給という認識でよいのでしょうか? もしすぐにできるのあれば、明らかに障害基礎年金と差がありすぎですよね・・・。障害基礎年金も厚生年金に加入していれば、65歳になったら老齢障害厚生年金のダブル受給資格があったと思いますので、やっと平等といったところでしょうか。

  • 障害厚生年金3級の65歳以降の年金選択について

    お世話になります。 56歳の会社員で障害厚生年金3級受給者です。 65歳以降も働き、繰下げ加算(42.0%増)し70歳から年金受給したいと思います。 基礎年金は40年の加入限度がありますが厚生年金は加入可能かと思います。 65歳以降の年金受給方法は以下の(1)(2)からの選択しかない事を確認しました。 (1)「障害厚生年金3級」 (2)「基礎年金+厚生年金」 繰下げで69歳11ヵ月まで(1)を選択、70歳0ヵ月以降(2)を選択したいです。 障害厚生年金3級は69歳11ヵ月まで受け取れますか? お手数ですがご教示をよろしくお願い致します。

  • 障害基礎年金受給者が障害厚生年金を受給できますか?

    現在、障害基礎年金を受給しています。 今後働いて一定期間厚生年金を収めた場合、新たに障害厚生年金を受給することはできるのでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

>・老齢基礎年金は65歳まで支払う(収入により猶予・減免と思います)  そして65歳から老齢基礎年金として受給する ということは知っています。 障害基礎年金との選択です。障害等級が軽くなるのですか? 老齢基礎年金が障害基礎年金より多くなることはないのでは? >そこでお教えいただきたいのは厚生年金部分についてです。 ・仕事を辞めた後、厚生年金を支払う事ができません。  通算300か月に達さない場合、65歳以上では厚生年金を  需給する事が出来なくなるのか 老齢厚生年金と障害厚生年金との選択になります。 障害厚生年金は300月みなしで計算されているということですか? 厚生年金の期間が300月未満であれが金額の多い障害厚生年金を選択します。 65歳からは 1:障害基礎年金・障害厚生年金 2:障害基礎年金・老齢厚生年金 3:老齢基礎年金・老齢厚生年金 4:老齢基礎年金・障害厚生年金 の組み合わせで有利なものを選択します。(障害が2級以上の前提です)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 障害基礎年金と老齢基礎年金のの違いは知っていましたが 質問方法が悪くて申し訳ございません。 厚生年金部分についてわかりやすい回答をしていただき感謝しております。

  • 回答No.2

障害厚生年金2級をもらってるんですよね? 制度をよく理解していないみたいなのでアドバイスを・・・。 障害厚生年金2級を受けているので法定免除を申請すれば良いです。記録上は1/2納付になります。 http://www.nenkin.go.jp/yougo/hagyo/hoteimenjo.html 年金支給年齢になったとき、障害厚生年金か厚生年金をもらうかは選択になります。 厚生年金と国民年金の通算300ヶ月超えていたら支給されます。 どちらか多い方を選べばよろしいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 老齢基礎年金は満額まで支払うつもりでいますので、厚生年金部分についてはその時に選択することとします。 詳しいご説明ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#242475
noname#242475

私の知人でその様な人が居て、年金がもらえる年になったとして退職しましたが、受け取れる金額は厚生年金支払い満了月に満たなかった為、支給額は軽アルバイト程度だったとか聞いております。その後、その人は再び元の会社で派遣として働くことになったとかです。  結論は、支払った月数で支給額が決まるので、現状の記載範囲では病院費と生活費を賄えるかは不明です。 詳細は、ここで聞くのではなく地域の社会保険事務局まで行き、年金手帳などを提示して確認をしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございました。

関連するQ&A

  • 障害厚生年金について

    みなさんこんにちは。 今回質問させていただきましたのは、6月15日の中日新聞の朝刊にて障害厚生年金について初めて知りました。私は聴覚障害者で現在、障害基礎年金1級および子の加算1名を受給しております。この障害基礎年金の他にこの障害厚生年金を受ける事が可能なのでしょうか? 現況ですが私は現在39歳で既婚・子供が2人(10歳と7歳)います。障害基礎年金の事も平成5年頃まで知らず平成6年5月に受給権を取得しました。身体障害者として認定されたのは昭和44年12月ですが当時の障害の程度がだんだん重くなり現在に至っております。 家内(39歳)も聴覚障害者であり障害基礎年金1級を受けております。家内はパート(年収100万未満)ですが家内も障害厚生年金を受給する事が可能なのでしょうか? 障害厚生年金についていろいろネットでも調べているのですがいまいち(^^;)よくわからないのでご教授頂きたくお願い致します。 追伸 もし受給できる事であれば60歳以降の老齢年金について何か変化(今もらうと60歳以降の老齢年金支給額が減らされる?)があるのかも知りたいです。もしかして老齢年金か障害厚生年金のどちらかの選択??

  • 障害厚生年金から老齢厚生年金への切り替え

    私は54歳です。障害厚生年金の受給が決まりました。 61歳から特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分が受給が可能となります。障害厚生年金から特別支給の老齢厚生年金に切り替える時、特別支給の老齢厚生年金の定額部分も同時に受給可能でしょうか。通常ですと65歳から受給可能となります。

  • 障害基礎年金と障害厚生年金の併用について

    18歳より現在の2*歳まで厚生年金を支払ってまして、 障害年金2級に認められている場合で質問があります。 現在受給資格がある障害厚生年金だけではなく 障害基礎年金の方も申請すれば受給資格が得られるのでしょうか? それとも現在は障害厚生年金のみで65歳から申請すれば、 障害基礎年金の受給資格が得られるという認識でよろしいでしょうか? その場合には何か特別な条件などありますでしょうか? 最後に質問です。 障害厚生年金をもらっている状況でも、 会社で厚生年金をずっと支払い続けてた方が良いのでしょうか? その場合のメリットも教えて頂けると助かります よろしくおねがいいたします

  • 障害基礎年金+障害厚生年金

    現在1級を受給中です。もうすぐ60歳定年です。 現在障害枠で勤務し約9年厚生年金支払い中の(嘱託社員)です。 1.60歳で退職した場合このまま障害基礎年金+障害厚生年金を受給  継続がいいのでしょうか。また老齢厚生年金の選択もあるのでしょう  か?又、退職の場合国民年金支払いはどうなりますか。 2.60歳からもう一年厚生年金を払い嘱託社員として勤務して今まで通 り障害基礎年金+障害厚生年金を継続受給したほうがベストなので  しょうか。  よろしく願いします。

  • 現在障害基礎年金2級。障害厚生年金3級に変更?

     よろしくお願いします。  現在障害基礎年金2級を受給させて頂いております。  先日、医師に今後とも年金を継続受給できますか?と御伺いしたところ、「できますよ」との回答でした。  ただ、「2級から3級に落ちることはあるかも」ともいわれました。  3級と言うのは、障害厚生年金にしかないのではないでしょうか。基礎年金にはないはずでは。  落ちるということは、基礎年金2級から、厚生年金の3級に変更になるということでしょうか?    そもそも、障害認定日の20歳のときは、親の厚生年金の扶養に入っていたはずですから、障害厚生年金がもらえるはずですが、何故私は基礎年金を受給しているかわかりません????

  • 繰上支給の老齢基礎年金と障害厚生年金について教えてください。

    繰上支給の老齢基礎年金の受給権者は障害厚生年金を支給することはできない→ (×)という問題について。 解説では、事後重症や基準障害等についての障害厚生年金は支給できないが、通常の障害厚生年金は支給できるのですべての障害厚生年金が支給できない訳ではないと書いてありました。 これは、繰上支給の老齢基礎年金を支給している時に、厚生年金の受給権が発生したら選択して受給できるということでしょうか。

  • 障害厚生年金の受給について

     障害厚生年金の受給について質問いたします。    私は32歳頃より糖尿病に罹患しましたが最近、合併症である糖尿病性腎症を発症し将来的には人工透析療法が必要になる事が考えられ、その場合、障害年金を受給できるとの事ですが、転職による無職期間(国民年金の保険料は納付済)や転勤による転院や途中の治療中断もあり、障害厚生年金を受給できるのか、障害基礎年金しか受給できないのかよく分かりません。    (受診歴と年金加入歴の流れ)  22歳  就職    厚生年金加入   ↓  32歳                      糖尿病の診断   A病院   ↓                                                          34歳 (転勤)                            B病院に転院(紹介状なし)   ↓                                  C医院に転院(紹介状あり)  38歳 (元の勤務地に転勤)                            治療中断?   ↓  40歳 (退職)   ↓         ( 国民年金のみ)              A病院に再受診  41歳 (再就職)  厚生年金に再加入   ↓  48歳 (現在)                             糖尿病性腎症発症     というような流れです。    このような場合、  (1)厚生障害年金を受給できるのか、障害基礎年金のみなのかは「障害の原因となる疾患」の   「初診日」に加入していた年金によるとの事ですが、どちらが受給できるのでしょうか?  (2)もし、障害基礎年金しか受給できない場合でも65歳からは厚生年金が受給できるのでしょうか?   (厚生年金加入歴は現在でも25年に達しています。)  どなたかご存知の方、ご回答宜しくお願い致します。        

  • 年金受給の繰下げ

    もうすぐ65歳になり、老齢厚生年金・老齢基礎年金を受給するようになります。 現在働いていて、64歳から加給年金ももらっています。 老齢厚生年金を繰下げ受給すると加給年金は受給出来ないそうですけど、老齢厚生年金齢を繰下げずに、基礎年金のみ繰下げた場合は加給年金はもらえますか?

  • 60歳以降の障害厚生年金

    少し前に似たような質問を投稿させていただいたのですが、こちらの記憶誤りで事実と違うところがありましたので、再度質問させてください。 父は障害者で、現在障害基礎年金を受給しています。現在58歳です。 あと数年すると一般的には老齢厚生年金を受け取れる年齢になるかと思うのですが、父の場合は若い頃は働いて厚生年金を掛けていたものの、30代から具合が悪くなり、働けないため障害厚生年金をもらって生活しています。 この場合、60歳を超えても現在もらっている障害厚生年金を生涯もらい続けることになるのでしょうか? それとも、老齢年金に切り替えたり、額が多少なりとも増えたりするのでしょうか。 現在の金額のまま生活するにはあまりに苦しく、貯金を食いつぶしているような状況です。 私自身も父を養えるほど収入があるわけでもありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、一般論で結構ですのでお教えいただけると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 障害厚生年金の受給金額

    障害厚生年金の受給金額について質問します。 かなり前のお話しになりますが 遡及など考慮せず、当時どれ位の受給金額だったのか知りたいです。 当時17歳で就職 平成6年2月~平成7年2月まで 毎月の給料 約16万 ボーナスは無し 扶養者無し 厚生年金加入中の平成7年2月に交通事故で 障害基礎年金2級に相当する障害を負う。 上記の内容で2級を受給できた場合 基礎年金+厚生年金の金額はどの位になりますか? 基礎年金の改定などあると思いますが 大まかな計算でも結構ですので 詳しい方ご教授願います。 色々なサイトを検索して調べてみたのですが みなし計算や報酬比例などなど私には難しく… やはり厚生年金加入期間が1年くらいだと 受給金額はかなり少ないものなのでしょうか?