• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

押川春波の海底軍艦の小説ですが、肩章に浪を打たせる

私は何氣なく倚子より離れて、檣樓に、露砲塔に、戰鬪樓に、士官水兵の活動目醒ましき甲板を眺めたが、忽電氣に打れし如くをどりあがつたよ。今しも、後部甲板昇降口より現 はれて、一群の肩章に波を打たせたる年少士官等と語りながら、徐に此方に來かゝる二個の人――—— 肩章に浪を打たせるとは何の意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数195
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15266/32936)

 肩章に浪を打たせるとは何の意味ですか、  肩章を付けた若い士官が多数いたので、その人たちが動くとまるで肩章が波を打っているように見えた、という比喩でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか。どうもありがとうございます!

関連するQ&A

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、吾等のために

    「このとき、電光艇は遙かの沖から海岸に近づき來たり、櫻木海軍大佐は、無事に一隊の水兵と共に上陸して來たので、陸上の一同は直ちに其處に驅付けた。吾等のためには、海底戰鬪艇が無事であつた事が何よりうれしい。」 吾等のためには、海底戦闘艇が無事であったことがなにより嬉しいとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、それをもって

    「此方電光艇は、約束の日に本島を發つし、橄欖島に赴いて、數日待つても、來可き船 の來ぬ塲合には、それをもつて輕氣球の運命をぼくし、自らも亦天運の盡きと諦めて、其時は最後の手段、すなはち海賊船とかそのた強暴なる外國の軍艦等に、海底戰鬪艇の秘密を覺られぬがために、自ら爆發藥をもつて艇體を破壞して、潔よく千尋の海底に沈まんとの覺悟。」 それをもって軽気球の運命をぼくしとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、釣れるかとか

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「天涯てんがい渺茫べうぼうたる絶海ぜつかいの魚 族ぎよぞくは、漁夫ぎよふの影かげなどは見みた事こともないから、釣つれるとか釣つれ ぬとかの心配しんぱいは入いらぬ」釣れるかとか釣れぬかの心配は入らぬとはどう言う意味でしょうか。どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、どうして放はなた

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「あやま[#「過」の「咼」に代えて「咼の左右対称」、126-10]てば端艇たんてい諸共もろとも海底かいていに引込ひきこまれんず有樣ありさま、けれど此時このとき此この鐵鎖くさりが如何どうして放はなたれやうぞ」このくさりが如何どうして放はなたれやうぞとはどういう意味ですか。どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、変わったこと

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「たゞしき鯨くぢらの群むれを遙はるかの海上かいじやうに眺ながめた事ことの他ほかは、何なにの變かはつた事こともない。」何の変わったこともないとは何も起こったことはないという意味ですか、どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、だから堪たまらない

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「私わたくしはふとそれと氣付きづいた。然しかし今いまの塲合ばあひ何なにも言いはずに辛抱しんばうして喰くつたが、印度洋インドやうの炎熱えんねつが、始終しじう其上そのうへを燒やく樣やうに照てらして居をるのだから堪たまらない、」印度洋の炎熱が始終その上を焼くように照らしておるのだから堪らないとはどういう意味ですか、どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、叫んだのは

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「一口ひとくち口くちにした無邪氣むじやきの少年せうねんは、忽たちまち其その肉にくを海上かいじやうに吐はき出だして、『おや/\、どうしたんでせう、此この魚さかなは變へんな味あぢになつてよ。』と叫さけんだのは、實じつに心細こゝろぼそい次第しだいであつた。」と叫んだのは、実に心細い次第であったとはどういう意味ですか、どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、四五日前

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「なるべく艇ていの隅すみの方ほうへ押遣おしやつて、またもや四五日にち前まへのあはれな有樣ありさまを繰返くりかへして一夜いちやを明あかしたが、」またもや四五日前のあわれありさまを繰り返してとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、動くか動かぬか

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「艇中ていちうからは日出雄少年ひでをせうねん、楓かへでのやうな手てで頻しきりに波なみを掻分かきわけて居をる、此樣こんな事ことで、舟ふねは動うごくか動うごかぬか、其その遲緩まぬるさ。」船は動くか動かぬか、その遅緩さとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、食った食わぬ

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「二人ふたりは宙ちう飛とぶ如ごとく驅付かけつけて、喰くふた喰くはぬは言いふ丈だけ無益むえき、頓やがて腹はらも充分じゆうぶんになると、」食った食わぬは言うだけ無益とはどういう意味ですか、どうぞ教えてください。