• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

福本清三さん、この出来事の辺り、どの作品に…?

「時代劇の斬られ役俳優として、有名である福本清三さんについて、福本さん自身が、聞き語り方式で書いた著書等、幾つかの関連本に載ってた逸話を、 プロフィールの視点から、質問したい 」と、思います。 「福本さんは、ある日所属してる東映で、京都市右京区にある、京都撮影所(以降、通称太秦撮影所)で、ヤクザ映画の名作、仁義なき戦い (昭和版)のシリーズで、1つの回の撮影に、臨んでいた。 すると、撮影所のスタッフから、電話が入ってると、聞いた福本さんは出た所、 その電話は、演歌歌手の美空ひばりさん(故人、以降ひばりさん)からで、「フク、今度私、アメリカで海外公演する事になって、その公演の中で、殺陣を取り入れる事にしたから、出演して貰うよ…!?」等、アメリカでの海外公演出演を依頼する、電話だった。 実を言えば、福本さんは、 ひばりさんが、映画出演メインの女優さんとしても、活躍してた時、東映の太秦撮影所で、撮影する作品が多くて、共演するのが、度々あった。 この為、ひばりさんから、普段会った時は、愛称として、「フク」で、呼ばれてたそうである。 福本さんは、ひばりさんから、問題の連絡が入った時。 「ひばり姉さんの頼みだから、仕方無いけど、出演してる作品、撮影に影響が出そうだなぁ…!?」と、心配した。 この為、撮影所での担当スタッフ経由で、シリーズを唯一、担当した監督の深作欣二さん(故人)に、相談したそうである。 すると、深作さんは、「ひばりさんの頼みじゃ、仕方無いからなぁ? よし、アメリカ公演の仕事、行ける様に、手配してやるわ…!?」として、急遽手配した、そうである。 その主な内容は、「撮影してた、仁義なき戦いの作品では、「最後迄、死なない設定による、ヤクザ役」で、出演してたのを、「途中で、殺される設定による、ヤクザ役」へ、変更して貰う様に、担当の脚本家に、脚本(台本)を、急遽訂正して貰う事により、早く作品での撮影の仕事を、終われる様にする事で、ひばりさんの海外公演出演の仕事へ、早く行ける様する手配」 だった、そうである。 結果、深作さんに担当監督として、手配して貰う事が出来た福本さんは、無事撮影の仕事を終えて、ひばりさんのアメリカでの海外公演出演の仕事へ、 無事向かう事が、出来たそうである…」的な内容による、1つの逸話が、あるそうです。 そこで、質問したいのは… 「福本さんが、ひばりさんから、「アメリカでの海外公演出演を、打診する」電話が、入った時は、仁義なき戦いのシリーズの作品への撮影の仕事と、重なってしまって困った。 結果、担当のスタッフ経由で、福本さんは、監督の深作さんに相談したら、その深作さんは、問題の状況により、「ひばりさんの海外公演での出演」を、手配してくれた、そうである。 この時、福本さんが出演していて、問題の逸話ある、仁義なき戦いシリーズの作品、昭和48年(1974年)前後封切りは分かるが、何回目に製作されて封切りされた、何と言う題名の作品か…?」に、なります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

シリーズ第3作、 『仁義なき戦い 代理戦争』 *1973年9月25日公開 美空ひばりさんのアメリカ公演は1973年8月25日_ロサンジェルス、 8月26日_サンフランシスコ、 9月1日_シアトル

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

証拠的な内容込みで、回答して頂き、有難うございます。 又、質問した時は、よろしくお願い致します…。

関連するQ&A

  • 福本清三さん、それぞれの出来事で、出演した時の映画

    今回も、「プロフィールから見た、時代劇の斬られ役俳優、福本清三さん(以降、福本さん)について、タイトルの通り」で、質問します。 私が以前、何れも詳しくでは無いが、「聞き語り方式で、福本さんが、著者となる本」含めて、福本さんを取り上げた、時代劇関係か、映画関係による幾つかの本を、見た所…。 「連続ドラマとしての時代劇、「子連れ狼」で、主人公役を演じた、萬屋錦之助さん(故人、以降錦之助さん)が、映画俳優メインで、活躍してた時に、京都市右京区にある、東映の京都撮影所(以降、通称の太秦の撮影所)で、撮影する作品あった場合、福本さんも共演する作品が、度々あったそうである。 その内、ある作品で、福本さんの演技から、福本さん自身を気に行った錦之助さんは、太秦の撮影所で撮影する作品あれば、福本さんには必ず、出演して貰ったそうである。 福本さんは、同じ頃一応スタントマン的な仕事も、千葉真一(現在のサニー千葉)さんが主宰する、ジャパンアクションクラブへ、所属先の太秦の撮影所から出向して、研修を受けいて、簡単なシーンであれば、対応可能だった。 実際、錦之助さんは、「主人公役として、ある山道で、悪役的な人物と対決したら、山道の底へ、転落する」シーンを、撮影する映画あって、 この際、主人公役の代わりのスタントマンとして、丁度体格が自分と比較的似てた、福本さんを指名して、演じて貰ったそうである。 更に、別の作品だが、「宮本武蔵と、佐々木小次郎の決闘を、活用した」内田吐夢監督(故人、以降内田監督)による作品。 こちらでは、「決闘に破れた、師匠が主宰する、道場での門弟として、錦之助さん扮する、師匠を破った主人公を、現在の京都市左京区にある、一乗寺と言う地域に呼び出して、報復の為、襲撃しようとする門弟」役の1人として、福本さんが出演した際。 内田監督から、「お前達は、師匠を破った主人公に対して、余りにも憎んでるハズや…!? それなのに、役柄になりきってないのは、どう言う事やねん…!?」的な内容で、他の門弟役の俳優さん達と共に、厳しく注意されてしまった、そうである。 しかし、「どうすれば、主人公に対して、余りにも憎い門弟として、役柄になりきって、演じれば良いか?」が、分からなかった福本さん達は、内田監督に質問した所…。 その内田監督から、「顔での表現が、イメージ的に合わないので、もっと怖い顔になるなら、役柄になりきれるわ…!?」的な内容で、回答を受けたとかで、その後は何とか、役柄になりきって、演じるのが出来たと言う…」逸話も、あるそうです。 因みに、「宮本武蔵と、佐々木小次郎の決闘を、活用した」映画の作品で、登場した問題の報復シーンには…? 「内田監督等、スタッフサイドは、「朝日が上がる、晴れた日の朝一番に、撮影するなら、イメージ的に合うシーンが、撮影出来る場所」として、撮影場所として借りた、当時の滋賀県高島郡今津町(現在の滋賀県高島市)にある、陸上自衛隊の今津の駐屯地の一角での撮影時。 撮影前のリハーサルは、天候を見ながら、数日を掛けて、晴れた日の朝一番だけ実施した為、このリハーサルが終わってからか、雨等の天候不良時で、中止となった時は、終日暇になる俳優さんや、スタッフが結構多く出たとかで、中には東映で借り上げた、近くの旅館で待機する時、麻雀等により遊ぶ、俳優さんやスタッフも、結構居たそうである…」逸話も、 あるそうです。 そこで、質問したいのは、1つは、「福本さんが、錦之助さん扮する主人公が、山道から転落するシーンを、スタントマンとして、代わりに演じた映画。 昭和何年(西暦何年)の何月頃に、封切りになった、何と言う題名による作品で、担当の監督さんは誰であるのか? 又、分かる範囲で構わないが、主な出演者2~3人は、それぞれ誰か…?」 もう1つは、「宮本武蔵と、佐々木小次郎の決闘を活用した映画で、師匠を破った主人公への報復として、現在の京都市左京区の一乗寺に、主人公を呼び出して、襲撃する問題のシーンを、イメージ的に合って借りた、当時の滋賀県高島郡の今津町にある、陸上自衛隊の今津の駐屯地の一角で、撮影した、内田監督による作品は、昭和何年(西暦何年)の何月頃に封切りとなった、何と言う題名の作品か? 又、こちらも分かる範囲で構わないが、 主な出演者2~3人は、それぞれ誰か?」 以上、2つの項目でと、なります。

  • 「仁義なき戦い」の広能省三

    「仁義なき戦い」の広能省三 深作欣二監督作品の映画「仁義なき戦い」シリーズに登場する、 菅原文太さん扮する「広能省三」は、 「ひろの」でしょうか、「ひろのう」でしょうか。 ナレーションでは「ひろの」と言っているように聞こえ、 主人公は「ひろのう」と名乗っているように聞こえます。 おわかりの方、いらっしゃれば、教えていただけたら助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 仁義なき戦いの洋題

    海外で公開された時はなんと言う題名で公開されたのでしょう。。 深作欣二監督の作品で「仁義なき戦い」クラスの作品であれば海外の公開もされてますよね。 jingi naki tatakai でしょうかねぇ。。

  • 福本清三さん、必殺シリーズで出演した時。

    時代劇の斬られ役としては、有名である福本清三さん。 「約8年前には、個人として長年夢だった、「朝日放送と、テレビ朝日に松竹が、合同で制作した、連続ドラマとしての時代劇番組「必殺仕事人2009」で、津田寛治さん扮する、悪の米問屋に雇われて、津田さん扮する主人に歯向かった、渡辺いっけいさん扮する地方の藩の侍を斬り殺したが、藤田まことさん(故人)扮する中村主水に、仕事人として始末される、凄腕の用心棒の浪人役でのゲスト出演」が、 達成出来た」と言うのは、ご存じと、思います。 ただ、「必殺仕事人シリーズで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役でのゲスト出演」自体は、昭和時代に検討されてたそうで、実際昭和60年(1985年)前後に、本放送された、「必殺仕事人V」で、ある回では…。 「撮影前、朝日放送と松竹並びに、松竹の制作子会社京都映画(当時)、それぞれの担当スタッフは、福本さんの所属事務所としての東映に、「ゲスト出演の許可」を、求めた。 すると、東映側の担当スタッフからは、「自分達が、制作してる時代劇番組も、必殺シリーズのスタッフで、フリーで仕事してる人も、担当スタッフとして加入してる番組ある のと、福本さんは殺陣師的な経験や知識も豊富で、松竹(京都映画)さんや朝日放送さん、両社の担当スタッフや出演者にも、指導や助言が出来るので、ゲスト出演させるのは認めます」的な内容で、快諾されたので、必要な台本を仕上げて、撮影をスタートしようとした。 すると、松竹側の担当スタッフ中心に、「福本さんは、斬られ役だから、藤田さん扮する中村主水に、始末される悪の一味役でのゲスト出演は、未だ早いわ」と、言い出すスタッフが出て来たと言う…。 その上、福本さんと藤田さん、それぞれの撮影期間の予定を、松竹と朝日放送が調べたら、「予定が合わない」と、判明した。 この為、台本を急遽訂正して、福本さんについては、藤田さん以外に、レギュラー出演してる仕事人役の俳優さんの予定を、改めて撮影期間の予定で、松竹と朝日放送が調べたら、花屋の政役の村上弘明さんとなら、予定が合うのが判明した。 この為、福本さんについては、「浪人である、悪の一味のまま、村上さん扮する、花屋の政に、バラか椿の花付きの枝で始末される」設定で、台本を訂正する事により、何とか撮影は出来た。 なお、藤田さん自身は、福本さんと同じ東映所属の白井滋郎さんとなら、撮影期間の予定と合ったので、こちらも松竹と朝日放送は、東映から許可を貰ってだが、白井さんには、「福本さん扮する、悪の一味の浪人と常に行動したチンピラで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役」で、ゲスト出演 して貰った事で、こちらも撮影自体は、予定通り済ませる事が、出来たと言う…」逸話が、あるそうです。 問題の逸話ある回、題名としては、「加代ゴリムリンを売る」で、担当の監督さんは、田中徳三さん(故人)。 大阪住まいだが、私が住む市は放送エリアであるKBS京都テレビ で、「毎週火曜日、午後8時からの再放送番組」として、8月30日午後8時から、再放送されてました。 そこで、プロフィールの視点から、質問したいのは…。 「昭和時代に、本放送された必殺仕事人シリーズ(必殺シリーズ)では、問題の逸話ある回以外では、福本さんは更に1回。 「仕事人に始末される、悪の一味」 役で、 ゲスト出演した回が、ある模様である。 被害者役は誰かは、今回は回答を求めない。 その回、本放送日と担当の監督さんは、分かればで構わないが、どの必殺仕事人シリーズの何回目として本放送された、何と言う題名の回か? 又、「浪人」的な言い方で言えば、福本さんは、どう言う悪の一味役で、ゲスト出演してたか? そして、他にゲスト出演した俳優さん扮する、他の悪の一味も含めてだが、どの仕事人が、どの悪の一味を始末してたか? 」に、なります。

  • 福本清三さん、この刑事ドラマでは…?

    私は、つい最近、近くの本屋さんで、ある刑事ドラマ関係の本を、見た所… 「時代劇で、斬られ役俳優として、有名である、福本清三さんは、刑事ドラマにも、悪役でのゲスト出演も、結構多くある。 中でも、東宝が、日本テレビ(日テレ)と、昭和53年(1978年)に、共同制作した、神奈川県の横浜市を、舞台にした、「大追跡」では、現金輸送車強奪事件の回で、犯人一味の手下役で、ゲスト出演した際は、ボス役で、ゲスト出演した、浜田晃さんが、東宝側と、日本テレビ側、それぞれの担当スタッフから、所属事務所経由で、出演の打診を、受けた際。 「京都で、時代劇の仕事の時、共演してる、彼(福本さん)なら、悪役としての経験や知識が、豊富なので、刑事ドラマでも、生かせるハズだから、彼を、出演させては…?」と、推薦したら、認められた為、浜田さんと、共演したと言う…」逸話が、載ってるのを、見ました。 そこで、質問したいのは… 「所属会社である、東映と、所属先の京都撮影所(太秦撮影所)の近くに、子会社による、撮影所がある、松竹以外の制作会社による、刑事ドラマとしては、福本さんは、テレビ朝日と、石原プロモーション(石原プロ)による、西部警察シリーズにも、悪役として、ゲスト出演した回、結構多いと思う。 この内、西部警察シリーズでは、名物だった、地方ロケシリーズで、「京都・大阪・神戸」を、メインの舞台にした回で、ゲスト出演した回の内。 「神戸市須磨区で、作られた、造成地の内、現在、プロ野球のオリックスバッファローズの球場として、使用してる、グリーンスタジアム神戸が、建ってる場所付近で、カーチェイスシーンを、撮影した」回にも、福本さんが、悪役で、ゲスト出演してた様に思うが、何と言う、題名か? 又、担当の監督さんは、「京都方面なら、何回か、ドラマ方式の時代劇で、担当した回あるが、東京方面なら、「太陽にほえろ」等、刑事ドラマで、担当した回が、豊富にある」監督さんと、思うが、何と言う、名前の人か? 更に、問題の回で、被害者的な役か、犯人的な役にせよ、ゲスト出演した、主な俳優さんや、女優さんは、それぞれ誰か? それと、分かればで、構わないが、本放送したのは、昭和何年の何月何日頃か?」に、なります。

  • 藤岡弘さん、この出来事の辺り…?

    今回、「テレビ朝日系列による、刑事ドラマの名作、「西部警察」に、最後は殉職した刑事役で、レギュラー出演してた、俳優としての師匠は、フジテレビ系列で、超ロングラン放送してた、連続ドラマとしての時代劇、「銭形平次」で、長年主人公の銭形平次役を、演じてた大川橋蔵さん(故人)である、俳優の五代高之さんが、ある刑事ドラマ関係の本による、インタビュー取材に対して回答した、ある逸話」から、質問します。 五代さんは、「西部警察シリーズに、私がレギュラー出演が決定した時に、捜査課長役でレギュラー出演してた、石原裕次郎さん(故人)に挨拶した時、その石原さんから、石原さん自身が時々、個人として動く時に使ってる名前を、私の芸名として、名付けて貰ったんです…」と言う、俳優として、本格的にデビューした時、石原裕次郎さんが、俳優としての芸名の名付け親である、逸話。 これ と合わせて、「同じテレビ朝日系列で、西部警察シリーズと共に、制作して放送してた、特捜最前線シリーズに、準レギュラー扱いの刑事役で、出演した」逸話として、出版社側の担当記者から、受けた取材に対して、五代さんは… 「特捜最前線で、準レギュラー扱いの刑事役で、出演したのは、「桜井刑事役で、レギュラー出演してる、藤岡弘さん(当時の芸名)が、アメリカ映画に、現地へ出張して撮影する仕事により、特捜最前線での出演の仕事を、暫く休む事になって、レギュラー出演者が少し足りなくなったので、ピンチヒッターによる、準レギュラーの刑事役として、 藤岡さんの休みの間、出演して貰えないか?」と言う、出演の打診が、制作したテレビ朝日と東映、それぞれの担当スタッフから、所属事務所経由で、私へあったんです。 それで私は、藤岡さんのアメリカでの仕事の期間中、私の仕事の予定を、所属事務所に調べて貰ったら、幸いにも開いてたので、結局出演の打診は承諾して、撮影に臨みました。 このピンチヒッターでの出演の打診を、 テレビ朝日と東映、それぞれの担当スタッフから受けた時。 私は、どう言う設定の刑事として、演じれば良いかを、逆に質問したんです…。 すると、「桜井刑事は、「FBIでの研修の為、警視庁からの派遣により、アメリカに滞在してるが、研修報告の電話を、特命捜査課に入れる等により、一応毎回は登場してる」設定で、演じてる藤岡さんが休みの間でも、撮影が続けられる様に、必要な脚本は、仕上げてます。 五代さんについては、「桜井刑事が、FBIへ研修に行ってる間だけ、警視庁での勤務先からの出向により、特命捜査課で研修する」設定による、刑事役として、出演して貰う内容で、脚本は仕上げてます」って言う、 回答を受けました…」的な内容により、回答してました。 そこで、プロフィールの視点から、タイトルの通り、質問したいのは… 「特捜最前線で、「藤岡さん扮する、桜井刑事のピンチヒッターの刑事役として、準レギュラー扱いにより、五代さんが出演したのは、昭和何年の何月何日頃に放送された、何と言う題名の回から、約何回程か?」迄は、分かる範囲で且つ、参考程度で、構わない。 藤岡さんが、特捜最前線の仕事を休んで、撮影場所へ出張し撮影に臨んだ、問題のアメリカ映画は、昭和何年の何月頃に封切りされた、何と言う題名の映画で、こちらも分かる範囲で構わないが、主な共演者である、俳優さんや女優さんは、それぞれ誰だったか?」に、なります。

  • この監督さん、どのテレビの時代劇を、担当したか?

    以前、「テレビ朝日制作による、刑事ドラマ「西部警察」シリーズ。 斬られ役俳優、福本清三さんが、悪役側でゲスト出演した、ロケ場所の1つは現在、神戸市須磨区にある、グリーンスタジアム神戸が、建ってる場所の回。 何と言う題名で、本放送日と担当の監督さんは、誰なのか?」的な内容で、私は質問しました。 (詳しくは、質問履歴から、ご覧になると分かると、思います。) すると、「題名なら、「激迫!!地を走る3億ドル」で、担当の監督さんは、小澤啓一さん」的な内容により、回答を頂きました。 この回答を見て、「小澤さんは、福本さんが、斬られ役で出演してるのは、確実である、東映がテレビ局との共同制作により、京都撮影所つまり、通称の太秦撮影所で撮影してる、連続ドラマとしての時代劇、シリーズ関係無く、結構担当してる回ある、監督さんじゃないか…?」 と、私は思いました。 そこで、質問したいのは… 「あれば、余りにも多いと思うので、2~3作品程度で、構わない。 東映が、テレビ局との共同制作により、太秦の撮影所で撮影した、連続ドラマとしての時代劇で、小澤さんが担当監督として、担当した回ある作品と言えば、何があるか…?」に、なります。

  • 仁義なき戦い、川谷拓三さん出演した、このシーン…?

    ヤクザ映画の名作、仁義なき戦い(昭和版)。 今回は、「主人公役か、準主人公役に、幹部役以外では、シリーズで唯一、殆どの回に出演していて、シリーズでは、松村役と山中役で2回、出演した北大路欣也さんも、絶賛したと言う、川谷拓三さん(故人)が登場したシーンから、質問したい」と、思います。 確か、「頂上作戦」編辺りと、思います。 「川谷さんは、別の映画や、テレビの時代劇番組のロケ等のスケジュールの関係から、本来なら出演しない、予定だった。 所が、他の仕事が予定より進み、スケジュールを調整したら、出演が可能になったので、所属する京都撮影所(以降、通称の太秦撮影所)の担当スタッフ経由で、監督の深作欣二さん(故人)等、仁義なき戦いの担当スタッフに、出演出来る様にして欲しいと、打診したそうである。 これに対して、深作さん等、仁義なき戦いの担当スタッフは、川谷さんの熱意を買って、担当の脚本家に急遽、台本を訂正して貰う事により、「菅原文太さん(故人)扮する、広能組々長広能昌三が、対立組織の組員を、小突いた事件により、自分の組事務所兼自宅前で、広島県警の担当刑事に、逮捕された際、警備に当たった制服の警官隊の中に居た、1人の警官」役として、急遽出演して貰った、そうである…」と言う、逸話があるのは、ご存じの人はご存じと、思います。 ただ、幾つかの関連本には… 「川谷さんは、問題の1人の警官役等、殺されない役でも、意外に結構、多く出演してると言う…」的な内容でも、載ってました。 その殺されない役として、同じ「頂上作戦」編か、前後の回と思いますが… 「加藤武さん(故人)扮する、打本会々長打本昇は、本妻か内縁の妻かは分からないが、付き合ってる着物姿の女の人と、広島市内の喫茶店に入って、ある位置のテーブル席に座った。 所が、その周囲は、不審な男達数人が居る前で、加藤さん扮する打本は、その女の人と、イチャイチャし始めた。 そこへ、注文 を取りに来た男の店員が、お水入りのコップを置いて、注文を聞いたが、その場を離れなかった。 千葉さん扮する打本は、「しつこいのう、コーヒーと言うたら、コーヒーやろう…!?」的な内容で、キツく注文した。 すると、問題の男の店員は、お盆で上手く隠しながら、ピストルを、連れの女の人と、イチャイチャしてた、加藤さん扮する打本に対して、「お客さん、大人しくしてたら、殺さないからのう…!?」的な内容で、脅して来た。 これを見た、問題の男達数人が、動き始めて、加藤さん扮する打本と、連れの女の人を拉致して、外へ連れ出した。 問題の男達数人の内、学ランと言えば良いが、帽子込みによる、学生服姿の一人の男役が、川谷さんだった」と、思います…。 他にも、同じシーンでは… 「同じ、帽子込みの学生服姿かは分からないが、同じ様な男役として、福本清三さんも、出演してた。 因みに、周囲に居た、問題の数人の男達は、対立組織の幹部が送り込んだ、手下の組員達」と、思います。 そこで、 質問したいのは… 「打本個人と言うか、打本会が対立してるのは、当時広島のヤクザ界のまとめ役の組織で、最低でも、金子信雄さん(故人)扮する人物が組長である、山守組となる。 山守組等、打本会の対立組織が、加藤さん扮する打本を、拉致したのは、主にどう言う事をしたい為、 だったのか?」に、なります。

  • 「仁義なき戦い」での菅原文太さん(広能)

    菅原文太さんが、お亡くなりになり、 今朝は、菅原さんの映像がテレビでたくさん流れていました。 「仁義なき戦い」でのシーンも、いくつか取り上げられていました。 幼い頃にテレビ放送で見て、このシリーズが好きになり、 中でもやはり、菅原文太さん演じる広能昌三さんが大好きでした。 仁義なき戦いをご覧になられた方へのアンケートです。 仁義なき戦い  仁義なき戦い 広島死闘篇 仁義なき戦い 代理戦争 仁義なき戦い 頂上作戦 仁義なき戦い 完結篇 上記5作品の中で、菅原さん演じる「広能」の印象深いワンシーン。 または、お好きな台詞は有りますか? 私は、代理戦争のワンシーンで、 広能が武田と電話で話すシーンです。 手元の照明を点けたり消したりして、 広能の野心に満ちた表情が、見え隠れするのが、なんとも好きです。 お礼が遅くなるかもしれませんが、必ず致しますので、 宜しくお願い致します。

  • 貴方の好きな新旧やくざ映画で。

    古い作品では実録やくざ路線の「仁義なき戦いシリーズ」「山口組外伝九州侵攻作戦」 新しい作品では「アウトレイジビヨンドです」 あくまで好みで構わないです。