• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

この監督さん、どのテレビの時代劇を、担当したか?

以前、「テレビ朝日制作による、刑事ドラマ「西部警察」シリーズ。 斬られ役俳優、福本清三さんが、悪役側でゲスト出演した、ロケ場所の1つは現在、神戸市須磨区にある、グリーンスタジアム神戸が、建ってる場所の回。 何と言う題名で、本放送日と担当の監督さんは、誰なのか?」的な内容で、私は質問しました。 (詳しくは、質問履歴から、ご覧になると分かると、思います。) すると、「題名なら、「激迫!!地を走る3億ドル」で、担当の監督さんは、小澤啓一さん」的な内容により、回答を頂きました。 この回答を見て、「小澤さんは、福本さんが、斬られ役で出演してるのは、確実である、東映がテレビ局との共同制作により、京都撮影所つまり、通称の太秦撮影所で撮影してる、連続ドラマとしての時代劇、シリーズ関係無く、結構担当してる回ある、監督さんじゃないか…?」 と、私は思いました。 そこで、質問したいのは… 「あれば、余りにも多いと思うので、2~3作品程度で、構わない。 東映が、テレビ局との共同制作により、太秦の撮影所で撮影した、連続ドラマとしての時代劇で、小澤さんが担当監督として、担当した回ある作品と言えば、何があるか…?」に、なります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数132
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • chiychiy
  • ベストアンサー率58% (12657/21624)

こんにちは 小沢さんは大学卒業後日活に入社したようです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%BE%A4%E5%95%93%E4%B8%80 1970年に日活退社以降 東映、太秦、連ドラ、時代劇のキーワードだと 結構絞られると思います。上の作品から見ると 「右門捕物帖」くらいです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B3%E9%96%80%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%96_(1982%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

しがない質問へ、回答して頂き、有難うございます。 又、質問した時は、よろしくお願い致します…。

質問者からの補足

回答、有難うございます。 私自身としては、東映制作による、連続ドラマとしての時代劇で、小澤さんが担当した回ある作品では、ユニオン映画(実質的には日本テレビ)と、共同制作した、「長七郎江戸日記」シリーズは、再放送ですが、何回かは見てます。 ですので、 「小澤さんは、長七郎江戸日記シリーズ以外にも、東映が太秦の撮影所で撮影した、別の連続ドラマとしての時代劇、担当した回ある作品、結構ある様な感じした」為、 確認する意味で、質問させて貰いました。 因みに、以前見る機会あった、刑事ドラマのある関連本には、「担当の監督さんによっては、京都の東映の太秦撮影所で、撮影する、連続ドラマとしてのテレビの時代劇で、担当する回あって、撮影してたら、福本さんの演技を見て、「刑事ドラマによる、悪役として、ゲスト出演して貰っても、問題無い」として、大変気に入った。 この為、後日ゲスト出演して貰ったのが、東宝と日本テレビ制作による、刑事ドラマ「大追跡」で、現金輸送車強奪事件をテーマに、浜田さんがボス役である、現金輸送車強奪事件の手下を勤めた…」と、言う事だそうです。

関連するQ&A

  • 船越英一郎さん、このドラマと時代劇、それぞれ…?

    俳優さんの船越英一郎さんが、自分を取り上げた、ちょっとした京都観光のガイドも兼ねた、自記伝的な本で、載せた内容を元に、質問します。 問題の本で、載ってた問題の内容は… 「若い頃、所属事務所で、マネージャーから、「京都で、撮影するドラマの仕事が、入ったから、台本を渡すので、直ちに荷物を用意して、新幹線で、京都へ向かえ」と、言われて、京都に向かったんですが、監督や先輩方に指導して貰う等により、撮影は上手く行きました。 その甲斐あって、ドラマの後ですが、ある時代劇番組に数年、レギュラー出演する事が、出来ました」的な内容に、なります。 ただ、私も分かる範囲で調べた限りでは、「船越さんが言う、京都と言うのは恐らく、京都市右京区の東映京都撮影所(以降、通称の太秦撮影所)の事と思う。 その太秦撮影所で、撮影する番組なら、時代劇番組であれば、番組名は分からないが、里見浩太朗さんが、主人公役で主演した、日本テレビ系列の連続ドラマとしての番組辺りなら、主人公の部下役で、レギュラー出演してた辺りなら、心当たりあるが、問題のドラマと合わせて、2つの番組辺りが、問題の若い頃だったのでは…?」 と、思います。 そこで、プロフィールの視点から、質問したいのは… 「船越さんが、所属事務所で、「台本を渡すから、直ちに荷物を用意して、新幹線で京都へ向かえ」と、担当マネージャーから言われて、京都に向かって、太秦撮影所で撮影したドラマ。 並びに、その後でレギュラー出演した、連続ドラマとしての時代劇番組。 時代劇番組は、日本テレビ系列辺りの番組と思うが、それぞれの番組は、どのテレビ局系列で、昭和何年の何月頃に、本放送された何と言う番組か? 又、何れも分かる範囲で、2~3人ずつで構わないが、里見さん以外の主人公役等、共演してた主な俳優さんや女優さんは、 誰が居るか…?」に、なります。

  • 桃太郎侍、この監督さんは?

    大阪府で、私が住む地域も、放送エリアに入ってますが、兵庫県メインのサンテレビで、毎週金曜日午前5時50分から、「朝の時代劇」として、高橋英樹さん主演による、連続ドラマとしての時代劇「桃太郎侍(日本テレビ・東映制作)」が、再放送されてます。 番組自体は、第100話前後の回を、再放送日で言えば、8月7日時点で、再放送してます。 この内、3ヶ月前の6月5日再放送分の第87話から、一番最近の8月7日再放送分の第95話迄、担当の監督さんが、山下耕作さんとなる回が、最低で3回程ありました。 残りの5回程は、田中徳三さん(故人)が担当した回と、名前は不明だが、別の監督さんが、担当した回だった様に、記憶あります。 私は、自宅のテレビで、問題の回を見た時。 「スタート時に、出演者の名前の後に出て来る、原作者・担当脚本家・音楽担当の作曲家・主題歌の作詞・作曲・唄う歌手の名前の後、最後に出て来る、担当の監督さんとして、山下さんの名前」を見て… 「確か、山下さんは、東映では、京都撮影所つまり太秦撮影所で、昭和40年(1965年)代前後に制作した、ヤクザ映画が、比較的強い監督さんと、聞いた様に思う。 又、名前が似た、他の監督さんと、間違ってるかも知れないが、平成時代に入って、ヒットした、ヤクザ映画「極道の女たち」シリーズ辺りも、担当した回が、あった様な気がするが…?」と、思いました。 そこで、 質問したいのは… 「問題の山下耕作さん、東映の太秦撮影所制作による、ヤクザ映画も、比較的強かった監督さんで、間違い無いか?」に、なります。

  • この監督さん、どのテレビドラマ番組が、比較的強いか

    大阪だが、私が住む市は、放送エリアに入ってる、KBS京都テレビと、サンテレビ(兵庫県がメイン)で、「曜日や時間帯は、多少異なるが、夜であれば、午後7時か8時前後から、早朝なら午前6時前後から、再放送 してるか、再放送してた、連続ドラマとしての時代劇番組」として、この約3年位に見た番組に、なります。 フジテレビと東映が、共同制作してる、「北大路欣也さんが、主人公の銭形平次役による、銭形平次」シリーズ。 そして、日本テレビ(日テレ)と共同制作してる、 「桃太郎侍」シリーズ。 この2番組で、私が見た回の場合。 銭形平次は、「担当の監督さんが、斎藤(斉藤)光正さんとなる」回が、結構良くありました。 10月10日現在は、「サンテレビで、毎週木曜日で、午後6時半から」ですが、桃太郎侍シリーズが、再放送されてます。 一方、桃太郎侍シリーズは、去年平成27年(2015年)の6月前後から、「毎週金曜日、午前5時50分からの再放送」でしたが、番組編成の事情からなのか、この10月に、「再放送する、曜日と時間帯を変更」として、変更されてる模様です。 この桃太郎侍で、再放送が7月以降の回で、「担当してる監督さんが、斉藤(斎藤)武市さん」と言う回を、数回見てます。 元より、今回質問したのは…。 「比較的最近、どちらの斉藤(斎藤)さんか分からないが、亡くなったと言う訃報のニュースを、以前何かで知った記憶あるので、確認したいから」に、なります。 そこで、質問したいのは…。 「2人の斉藤(斎藤)さん、主な共通点は、「連続ドラマとしての時代劇番組メインと思うが、テレビドラマが、比較的強い監督さん」と、思うが、それぞれの斉藤(斎藤)さん、2~3番組程度で構わないが、連続ドラマとしての時代劇含めて、どのテレビドラマ番組が、 比較的強い監督さんだったのか?」に、なります。

  • 若林豪さん、京都で制作した、ドラマと時代劇で…?

    徒歩圏内だが、現在の自宅に引越する、約10年前の年末から、その翌月となる、1月の正月明け。 当時、近くの病院に入院してた、 お袋(母親で73歳)の事情から、2月に、徒歩圏内だが、現在の自宅に引越する事になった為、その準備を兼ねた掃除をしてた所…。 「お袋が、東映の太秦映画村(京都市右京区)に、自分の実家付近メインだが、数人の知合いと一緒に行った時、サイン会兼撮影会的な催し物があったかして、俳優の若林豪さんと、一緒に撮影した」写真が、出て来ました。 大阪在住なので、お袋は入院する前迄、半年に1回程度、太秦映画村に遊びに行くのがありましたが、最後に行ったのは、最低で平成10年(1998年)前後で、その時の催し物で撮影した様に、記憶あります。 因みに、問題の写真ですが、若林さんは、「東映制作なら、TBSテレビ系列による、刑事ドラマの名作、Gメン75シリーズで、立花警部役で、レギュラー出演した際、基本的に着た衣装と言う、揃いの色のネクタイ付きによる、青色か紺色系の色の背広」姿で、お袋の右隣に居ました。 因みに、制作会社を、関係無しにすればなら、「太秦撮影所から、比較的近くに撮影所あった、大映が親会社である、大映ドラマ制作による、ジテレビ系列の2時間ドラマ、「山村美紗サスペンス・赤い霊柩車」シリーズによる、片平なぎささん扮する、主人公 の知合いである、京都府警捜査一課の狩屋警部役で、レギュラー出演する際の衣装」姿と、なります。 そこで、気付いたので、プロフィールの視点から、質問したいのは… 「番組は、分かればで2~3番組程度で構わないが、若林さんが、東映の太秦映画村の隣にある、京都撮影所つまり、太秦の撮影所で撮影した、連続ドラマとしての時代劇番組なり、連続ドラマとしてか、赤い霊柩車シリーズの様に、2時間の単発ドラマ番組は、それぞれ昭和(平成)何年頃に本放送された、何と言う番組と、思われるか?」に、なります。

  • 時代劇による、歴史監修その2

    私は、先日、近くの本屋さんによる、DVDのレンタルコーナーで、ソフトとして、借りた、朝日放送・テレビ朝日・松竹(松竹撮影所)が、合同で制作した、連続ドラマとしての時代劇「必殺仕事人2009」を、自宅のテレビで、見た回に、なります。 私が見た、問題の回は… 「東山紀之さんが、扮する、主人公の渡辺小五郎から見れば、剣の師匠だった、勝野洋さん扮する、御家人。 幕府であった、ある出来事から、切腹せざるを、得なくなり、どこかの屋敷の庭に、作られた、場所で、切腹した。 この御家人の介錯を、東山さん扮する、小五郎が、行った。 だが、この切腹は、悪の一味が、仕向けた…」最終回より、1~2回、手前の回に、なります。 質問したいのは、問題の回で… 「勝野さん扮する、御家人が、切腹する、どこかの屋敷の庭に、白い布で、被せた畳が、敷いていて、同じ様に、白い布で、被せた屏風が、立てていた」シーンに、なります。 ただ、他にも、登場した、「敷いた紙に、切腹用の刀を、置いた三宝が、置いてたのと、勝野さんが、扮する御家人は、切腹する時の白い着物を、着てた」シーンは、時代劇の切腹シーンとしては、良く見るシーンなので、すぐに、分かります。 そこで、質問したいのは… 「必殺仕事人2009で、問題の回に、登場した、問題のシーン。 歴史監修の点から見れば、どうなのか?」に、なります。

  • 【時代劇ファン限定】どんな時代劇が見たいですか?

    テレビの時代劇といえば江戸時代の町人と正義を題材にしたものが圧倒的に多いですが、みなさんはいつの時代のどんな時代劇が見たいですか? NHKでは有名な武将を取り上げた連ドラや、歴史的人物の半生みたいなのをよくやりますが、民放では太秦撮影所のセットの都合と、勧善懲悪の分かり易いストーリーが庶民に受け入れられやすいためか、あたかも伝統芸能のごとく同じような時代劇ばかりです。 例えば、平安時代の雅なのほほんとしたホームドラマ、明治~大正時代の政治を題材にした社会派ドラマ(あったかな?)、弥生時代の農民と支配者の間にひっそりと花咲いた男女の恋愛悲話など、いろんなタイプの時代劇があればいいなあと常々思います。 皆さんはどうですか? 主人公やヒロインなどのキャスティングの希望もあれば合わせてお願いします。

  • 福本清三さん、この刑事ドラマでは…?

    私は、つい最近、近くの本屋さんで、ある刑事ドラマ関係の本を、見た所… 「時代劇で、斬られ役俳優として、有名である、福本清三さんは、刑事ドラマにも、悪役でのゲスト出演も、結構多くある。 中でも、東宝が、日本テレビ(日テレ)と、昭和53年(1978年)に、共同制作した、神奈川県の横浜市を、舞台にした、「大追跡」では、現金輸送車強奪事件の回で、犯人一味の手下役で、ゲスト出演した際は、ボス役で、ゲスト出演した、浜田晃さんが、東宝側と、日本テレビ側、それぞれの担当スタッフから、所属事務所経由で、出演の打診を、受けた際。 「京都で、時代劇の仕事の時、共演してる、彼(福本さん)なら、悪役としての経験や知識が、豊富なので、刑事ドラマでも、生かせるハズだから、彼を、出演させては…?」と、推薦したら、認められた為、浜田さんと、共演したと言う…」逸話が、載ってるのを、見ました。 そこで、質問したいのは… 「所属会社である、東映と、所属先の京都撮影所(太秦撮影所)の近くに、子会社による、撮影所がある、松竹以外の制作会社による、刑事ドラマとしては、福本さんは、テレビ朝日と、石原プロモーション(石原プロ)による、西部警察シリーズにも、悪役として、ゲスト出演した回、結構多いと思う。 この内、西部警察シリーズでは、名物だった、地方ロケシリーズで、「京都・大阪・神戸」を、メインの舞台にした回で、ゲスト出演した回の内。 「神戸市須磨区で、作られた、造成地の内、現在、プロ野球のオリックスバッファローズの球場として、使用してる、グリーンスタジアム神戸が、建ってる場所付近で、カーチェイスシーンを、撮影した」回にも、福本さんが、悪役で、ゲスト出演してた様に思うが、何と言う、題名か? 又、担当の監督さんは、「京都方面なら、何回か、ドラマ方式の時代劇で、担当した回あるが、東京方面なら、「太陽にほえろ」等、刑事ドラマで、担当した回が、豊富にある」監督さんと、思うが、何と言う、名前の人か? 更に、問題の回で、被害者的な役か、犯人的な役にせよ、ゲスト出演した、主な俳優さんや、女優さんは、それぞれ誰か? それと、分かればで、構わないが、本放送したのは、昭和何年の何月何日頃か?」に、なります。

  • 時代劇で登場する、剣道のシーン、歴史的には…?

    今回の質問は、「スポーツとして、武道の剣道を、段位取得にせよヤっていて、歴史的にも分かる人なら、多少は分かる」と、思います。 再放送番組ですが、日本テレビ系列による、「桃太郎侍」や、テレビ朝日系列による、「暴れん坊将軍・吉宗評判記暴れん坊将軍」シリーズと、朝日放送制作による、「必殺仕事人」シリーズ等、民放テレビ局と、東映か松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作してる、連続ドラマとしての時代劇番組で、剣道の流派が、関係する回が、放送される場合。 関係するシーンとして、「被害者側か、悪の一味側かや、クライマックスシーンで等、どの辺りで登場かは別でだが、剣道の流派の道場が、登場する」シーンが、入った 回が、大抵は放送されてます。 大阪で、私が住む地域含めて、兵庫県がメインのサンテレビで、 毎週金曜日、午前5時50分から、「朝の時代劇」として、「桃太郎侍」が、再放送されてます。 一番最近となる、4月8日再放送分では、第53話「じゃじゃ馬剣法」と言う回が、再放送されました。 この「じゃじゃ馬剣法」と言う回、主なストーリーは… 「高橋英樹さん扮する、主人公の桃太郎の知合い、有川博さん(故人)扮する、師範代が所属する、ある被害者側の剣道の流派で、有川さん扮する、門下生でもある師範代の師匠である師範が、 幕府内での剣道の師範つまり、先生になる事が、幕府からの任命により、決まった。 これに対して、「自分達の流派から、師範を出す事で、小遣い稼ぎする」等の悪事を、企んでた、江見俊太郎さん(故人)扮する、対立してる流派の師範や、西山嘉孝さん扮する、「剣道の師範を、誰にするか決める立場の役所に、勤務してる」幕府での知合い等、悪の一味達は、反感を持った。 この為、被害者側の流派で、小遣いに困ってた、宮城幸生さん扮する門下生を、裏切らせて、流派の極意、つまり決まりを書いた巻物を、盗み出させた。 これを知った、問題の被害者側の流派の師範が、自分達のアジトである、悪の流派の道場兼師範の自宅に乗り込んだ所を、悪の一味達は、門下生等の手下達に、斬り殺させる事で、「被害者が、自分達の流派を、道場破りする為、乗り込む不法侵入された事により、無礼射ち的に斬り殺したが、不法侵入による刑罰として、被害者の遺体を獄門にする様に仕向ける」等により、道場破りを悪用した。 クライマックスシーンとして、「江見さん扮する、悪の流派の師範が、候補者が死んだ事による、後任の師範になるのが、ほぼ決まった」等、ほぼ悪事が達成と言う事で、悪の一味達は喜んでから、今後の方針について、江見さん扮する師範の自宅でもある、悪の流派の道場の練習場的な場所で、会議してた。 これを、三つ葉葵の門が入った、着流しに翁の面姿による、お決まりの姿に扮した、高橋さん扮する桃太郎に、乗り込まれて、鬼退治として、全員が斬り殺される事で、成敗された…」的な内容に、なります。 この問題の回では、被害者側の流派と、悪の一味の流派の道場共に… 「師範か、師範代の自宅でもある道場にある、練習場的な場所の真正面に、「香取大明神」と、「鹿島大明神(鹿嶋大明神)」と、書いた2枚の掛け軸を、真後ろにした神棚が、設置してる」シーンが、登場してました。 同じ様なシーンは、他の時代劇番組でも、先に出した様に、剣道の流派が関係する回であれば、結構多く登場してる様に、思います。 この為、「歴史的に見れば、時代劇番組で、剣道の流派の道場が、関係するシーンが登場すれば、半分は架空だが、もう半分は、歴史的にも一応、実在してる」と、思います。 そこで、「段位取得済にせよ、スポーツとしての剣道と、歴史面から見た剣道、両方が分かる」人に、質問したいのは… 「時代劇番組で、剣道が関係する回あれば、被害者側か悪の一味側は別にせよ、1つの流派の道場にある練習場的な場所で、真正面に向かって、「香取大明神」と、「鹿島大明神(鹿嶋大明神)」を、書いた2枚の掛け軸が、神棚の真後ろに、飾られてるが、時代劇番組の歴史監修の点から見たら、どうなのか? 又、現在実在する剣道の流派の道場でも、時代劇番組で登場した、問題のシーンの様に、飾ってるのか?」に、なります。 そこで、「時代劇の歴史監修と、スポーツとしての剣道」

  • 福本清三さん、必殺シリーズで出演した時。

    時代劇の斬られ役としては、有名である福本清三さん。 「約8年前には、個人として長年夢だった、「朝日放送と、テレビ朝日に松竹が、合同で制作した、連続ドラマとしての時代劇番組「必殺仕事人2009」で、津田寛治さん扮する、悪の米問屋に雇われて、津田さん扮する主人に歯向かった、渡辺いっけいさん扮する地方の藩の侍を斬り殺したが、藤田まことさん(故人)扮する中村主水に、仕事人として始末される、凄腕の用心棒の浪人役でのゲスト出演」が、 達成出来た」と言うのは、ご存じと、思います。 ただ、「必殺仕事人シリーズで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役でのゲスト出演」自体は、昭和時代に検討されてたそうで、実際昭和60年(1985年)前後に、本放送された、「必殺仕事人V」で、ある回では…。 「撮影前、朝日放送と松竹並びに、松竹の制作子会社京都映画(当時)、それぞれの担当スタッフは、福本さんの所属事務所としての東映に、「ゲスト出演の許可」を、求めた。 すると、東映側の担当スタッフからは、「自分達が、制作してる時代劇番組も、必殺シリーズのスタッフで、フリーで仕事してる人も、担当スタッフとして加入してる番組ある のと、福本さんは殺陣師的な経験や知識も豊富で、松竹(京都映画)さんや朝日放送さん、両社の担当スタッフや出演者にも、指導や助言が出来るので、ゲスト出演させるのは認めます」的な内容で、快諾されたので、必要な台本を仕上げて、撮影をスタートしようとした。 すると、松竹側の担当スタッフ中心に、「福本さんは、斬られ役だから、藤田さん扮する中村主水に、始末される悪の一味役でのゲスト出演は、未だ早いわ」と、言い出すスタッフが出て来たと言う…。 その上、福本さんと藤田さん、それぞれの撮影期間の予定を、松竹と朝日放送が調べたら、「予定が合わない」と、判明した。 この為、台本を急遽訂正して、福本さんについては、藤田さん以外に、レギュラー出演してる仕事人役の俳優さんの予定を、改めて撮影期間の予定で、松竹と朝日放送が調べたら、花屋の政役の村上弘明さんとなら、予定が合うのが判明した。 この為、福本さんについては、「浪人である、悪の一味のまま、村上さん扮する、花屋の政に、バラか椿の花付きの枝で始末される」設定で、台本を訂正する事により、何とか撮影は出来た。 なお、藤田さん自身は、福本さんと同じ東映所属の白井滋郎さんとなら、撮影期間の予定と合ったので、こちらも松竹と朝日放送は、東映から許可を貰ってだが、白井さんには、「福本さん扮する、悪の一味の浪人と常に行動したチンピラで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役」で、ゲスト出演 して貰った事で、こちらも撮影自体は、予定通り済ませる事が、出来たと言う…」逸話が、あるそうです。 問題の逸話ある回、題名としては、「加代ゴリムリンを売る」で、担当の監督さんは、田中徳三さん(故人)。 大阪住まいだが、私が住む市は放送エリアであるKBS京都テレビ で、「毎週火曜日、午後8時からの再放送番組」として、8月30日午後8時から、再放送されてました。 そこで、プロフィールの視点から、質問したいのは…。 「昭和時代に、本放送された必殺仕事人シリーズ(必殺シリーズ)では、問題の逸話ある回以外では、福本さんは更に1回。 「仕事人に始末される、悪の一味」 役で、 ゲスト出演した回が、ある模様である。 被害者役は誰かは、今回は回答を求めない。 その回、本放送日と担当の監督さんは、分かればで構わないが、どの必殺仕事人シリーズの何回目として本放送された、何と言う題名の回か? 又、「浪人」的な言い方で言えば、福本さんは、どう言う悪の一味役で、ゲスト出演してたか? そして、他にゲスト出演した俳優さん扮する、他の悪の一味も含めてだが、どの仕事人が、どの悪の一味を始末してたか? 」に、なります。

  • 福本清三さん、この出来事の辺り、どの作品に…?

    「時代劇の斬られ役俳優として、有名である福本清三さんについて、福本さん自身が、聞き語り方式で書いた著書等、幾つかの関連本に載ってた逸話を、 プロフィールの視点から、質問したい 」と、思います。 「福本さんは、ある日所属してる東映で、京都市右京区にある、京都撮影所(以降、通称太秦撮影所)で、ヤクザ映画の名作、仁義なき戦い (昭和版)のシリーズで、1つの回の撮影に、臨んでいた。 すると、撮影所のスタッフから、電話が入ってると、聞いた福本さんは出た所、 その電話は、演歌歌手の美空ひばりさん(故人、以降ひばりさん)からで、「フク、今度私、アメリカで海外公演する事になって、その公演の中で、殺陣を取り入れる事にしたから、出演して貰うよ…!?」等、アメリカでの海外公演出演を依頼する、電話だった。 実を言えば、福本さんは、 ひばりさんが、映画出演メインの女優さんとしても、活躍してた時、東映の太秦撮影所で、撮影する作品が多くて、共演するのが、度々あった。 この為、ひばりさんから、普段会った時は、愛称として、「フク」で、呼ばれてたそうである。 福本さんは、ひばりさんから、問題の連絡が入った時。 「ひばり姉さんの頼みだから、仕方無いけど、出演してる作品、撮影に影響が出そうだなぁ…!?」と、心配した。 この為、撮影所での担当スタッフ経由で、シリーズを唯一、担当した監督の深作欣二さん(故人)に、相談したそうである。 すると、深作さんは、「ひばりさんの頼みじゃ、仕方無いからなぁ? よし、アメリカ公演の仕事、行ける様に、手配してやるわ…!?」として、急遽手配した、そうである。 その主な内容は、「撮影してた、仁義なき戦いの作品では、「最後迄、死なない設定による、ヤクザ役」で、出演してたのを、「途中で、殺される設定による、ヤクザ役」へ、変更して貰う様に、担当の脚本家に、脚本(台本)を、急遽訂正して貰う事により、早く作品での撮影の仕事を、終われる様にする事で、ひばりさんの海外公演出演の仕事へ、早く行ける様する手配」 だった、そうである。 結果、深作さんに担当監督として、手配して貰う事が出来た福本さんは、無事撮影の仕事を終えて、ひばりさんのアメリカでの海外公演出演の仕事へ、 無事向かう事が、出来たそうである…」的な内容による、1つの逸話が、あるそうです。 そこで、質問したいのは… 「福本さんが、ひばりさんから、「アメリカでの海外公演出演を、打診する」電話が、入った時は、仁義なき戦いのシリーズの作品への撮影の仕事と、重なってしまって困った。 結果、担当のスタッフ経由で、福本さんは、監督の深作さんに相談したら、その深作さんは、問題の状況により、「ひばりさんの海外公演での出演」を、手配してくれた、そうである。 この時、福本さんが出演していて、問題の逸話ある、仁義なき戦いシリーズの作品、昭和48年(1974年)前後封切りは分かるが、何回目に製作されて封切りされた、何と言う題名の作品か…?」に、なります。