-PR-
締切済み

アイシング

  • すぐに回答を!
  • 質問No.90146
  • 閲覧数365
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 72% (62/86)

アイシングについて筋肉に詳しい方にお聞きしたいのですが、野球の投手の投球後にアイシングをする事には未だに賛否両論ありますよね。
全然筋肉の事について詳しくない僕の個人的な意見としては、投球によって傷ついた筋肉が回復した時に超回復をして元より強い筋肉が出来上がるはずなのに、アイシングをして筋肉の損傷を抑えると超回復しないのでは?という浅はかな考えを持っているのですが実際はどうなのでしょうか?
アイシングの目的とはそもそも何なのでしょうか?

野球をやっている方の感覚的な意見ではなく筋肉について科学的に詳しい方のご意見をお聞きしたかったため「野球」のカテゴリではなく「フィットネス」のカテゴリに質問させていただきました事をお許しください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 29% (114/390)

参考URLに、アイシングの目的と効能について書いてあります。
お礼コメント
aprm

お礼率 72% (62/86)

なるほど。やはりアイシングによって鈍った血流がアイシングを解く事により一気に流れ、疲労物質、乳酸を流出させる「リバウンド効果」というのは本当だったのですね。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-06-18 00:32:02


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。私の記憶が確かなら~

筋肉が熱を持っている場合は少し冷やした方が楽になる事は確かです。

最近、マラソン選手などが、ドリンクの水を足にかけたりするあれと一緒ですね。

ただし、冷やしすぎは痙攣の元になるのでいけないと思います。

あと超回復に必要な筋肉の損傷は、冷やそうと冷やすまいと起こるからあまり関係ないでしょう。

アイシングの本来の目的は疼痛除去です。冷やして感覚を鈍くする事と、炎症による発熱を押さえて、血の巡りをよくする事です。

例えば捻挫したり打撲したりして激痛がある時、まず痛いところを思い切り冷やして痛みを楽にしてそれから次の処置に移ります。

最近のスポーツ生理学では、筋肉自体が熱を持っている場合、熱によって筋肉が疲労してしまうのと、温度が高くなると筋肉が力を出せなくなるので、ある程度冷却する方が疲労を押さえられ、力が出しやすいと言われているようです。だから、この事を言っているのなら、理にかなっていると思います。
筋肉が働く仕組みは酵素反応というもので、至適温度というのがあり、37度より高くなってくるとだんだん鈍くなってきます。風邪などで熱を出すと身体中がだるくなるでしょ。スポーツで温度が上がっても同じ現象が、上がった部分で起こるわけです。
お礼コメント
aprm

お礼率 72% (62/86)

なるほど~。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-06-18 00:34:41
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ