• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

調査嘱託

民事訴訟で、第1回の口頭弁論期日前に、主張立証に必要な調査嘱託を申立てて おりました。それで第1回の口頭弁論期日に、その調査嘱託を採用しない旨告知され、 理由を尋ねたのですが、「裁判所として必要ないと判断したからです。」と言われ、 弁論を終結して判決を数日後に言い渡す旨、裁判官から伝えられました。 その調査嘱託は、採用されなければ敗訴するものでしたので、可能であれば抗告を して、やるだけのことはやろうと思うのですが、 (1) 通常抗告、即時抗告等のうち、通常抗告であっていますか? (2) 抗告を申立てると、原裁判は止まるのですか? (3) 調査嘱託の却下に対する抗告は、上級裁判所が審理するのですか? (4) もう弁論が終結していることになり、抗告そのものができないですか? よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 裁判
  • 回答数1
  • 閲覧数1122
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kgei
  • ベストアンサー率61% (230/376)

 調査嘱託を採用しない裁判に対しては、そもそも抗告することはできません。  根拠は民事訴訟法328条1項です。 民事訴訟法 (抗告をすることができる裁判) 第三百二十八条  口頭弁論を経ないで訴訟手続に関する申立てを却下した決定又は命令に対しては、抗告をすることができる。  調査嘱託しないことに不満があるならば、当事者は上訴(今回の質問では控訴)すれば良いため、抗告を認める必要はないとして法律は規定されています。  したがって、質問者さんは、敗訴の判決が出てから「控訴」してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 よく分かりました。

関連するQ&A

  • 口頭弁論の併合に対する不服申し立て

    口頭弁論の併合に対する不服申し立て 民事訴訟法で、口頭弁論の併合(152条)というのがありますが、これに対する不服申し立てはどういった形になるのでしょうか? 調べたところ、口頭弁論の併合は裁判所の「決定」という裁判で行われるので、不服は抗告になりそうです。 しかし、即時抗告ができるとは書いてありません。 また、通常抗告は「却下した決定・命令」に対してできる(328条)ので、そもそも申立て自体がない弁論の併合には適用がないようです。 可能性としては150条の訴訟指揮に対する異議もありそうですが、「裁判長の命令」でもありません。 さらに、「不服を申し立てることができない」とも書いてありません。 一体どういうことなのですか?

  • 即時抗告及び特別抗告の費用と判決後の支払方法について

    お世話になります。 いろいろと調べても出てこなかったのでこちらで質問いたします。 民事事件で被告の住民票(A県)と現住所(B県)が違うことから問題が発生いたしました。 原告の私は被告の現住所(B県)の地裁に訴訟を起こし受理され、第一回の口頭弁論の最終期日が決まりました。 その中で被告側が、住民票がA県にあるためA県の地裁で裁判をするべきだと「移送」を申し立てました。 地裁は移送の申し立てを却下。 被告は不服として高等裁判所に即時抗告してこれも却下。 更に被告は最高裁判所に特別抗告してこれも棄却となりました。 費用は全て抗告人である被告が支払う判決になりました。 ここで質問なのですが、 (1)「即時抗告」と「特別抗告」すれば費用がだんだんかかるということは知っておりますが、どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。 (2)代理人である弁護士にも別途お金がかかるのでしょうか。 (3)抗告費用は裁判所に払うものだと思うのですが、いつ支払うのでしょうか。抗告する段階で裁判所に払っているものか、判決後に支払うものか。 以上3つの質問になりますが、お分かりになる方どうぞよろしくお願いいたします。

  • 民事訴訟の準備書面の提出が間に合いませんどうすれば

    東京地裁で訴額100万程度の 民事訴訟中で当方原告です。 前回 第2回口頭弁論が10月3日で被告側が調査嘱託申立を裁判所にして 裁判所がOKを出して嘱託の結果が出て、その結果を裁判所で謄写して受け取ったのが 10月21日でした。 次回 第3回口頭弁論が11月24日です。 準備書面提出は当然間に合いません。 風邪をこじらせて2週間寝込んだり、歯痛で1週間台無しにしたり(共に大学病院に入院はしませんが通いました) また、被告からもらっている準備書面では求釈明項目が25個あり、調査するのに時間がいります、準備書面を作成していますが調査することが多く、まだしばらく準備書面が完成せず まだ1ヶ月くらい時間が欲しいです。 前回の第2回口頭弁論時には裁判官から特に次回期日までに提出するよう指示は受けていません、被告の求釈明に対する準備書面を出してください、との一言だけでした。 この場合の対処としては (1)「調査が多く準備書面作成にまだ時間を要するので提出は今しばらく時間を頂きたい」との答弁を口頭弁論時に裁判長に言えば大丈夫でしょうか?  その場合どのような内容を発言すれば宜しいでしょうか?  上記のような ・病気だった ・求釈明項目が25個あるから時間がかかる ・嘱託調査結果を受け取ったのが10月21日だった との内容で宜しいでしょうか?   その他、よく使う手法はありますでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 口頭弁論とは?

    口頭弁論について質問です。 裁判において、口頭弁論とは具体的に何を指すのでしょうか? 例えば、訴訟中に、審尋等が行われた場合、これも口頭弁論に含まれるのでしょうか? 口頭審理が一体どこまで含むものなのかがいまいち分かりません。 初心者なもので、できるだけ初歩から説明していただけると助かります。 宜しくお願いします。

  • 小額訴訟で、判決後異議が出た場合

    小額訴訟で、判決後異議が出た場合には、裁判は通常の裁判に移行するんですか? 控訴以外は、通常裁判とまったく同じですか? 特に、異義後は、一日で口頭弁論を終結するという縛りはなくなるんですか?

  • 第1回口頭弁論期日の延期された・・嫌がらせ?

    本人訴訟(簡易裁判所交通事故損害賠償訴訟)で第1回口頭弁論期日を約1週間後に控えていました。ところが裁判所から、「相手方の申し出により期日を7週間後にする」と電話がありました。理由を聞くと、被告は弁護士の委任状を含めた答弁書の準備ができないとのことでした。 私は「そんな怠慢を理由とした期日の変更が認められるのか?」「嫌がらせではないのか?」と書記官に問いましたが、「裁判官の判断です」「このままだと第1回は被告の擬制陳述となるので審理が不十分なものになる。後日被告代理人を出廷させて審理を十分にしたい」というような返事をしました。 私は予定期日にあわせスケジュールを調整済みでしたので、今回の決定は非常に迷惑です。期日直前になって通知してきたことは相手方弁護士の嫌がらせではないか、裁判所も楽をしたいからそれに乗っかっているのではと勘ぐっています。裁判官の心証を悪くするかと思い、口頭で了解する旨伝えてしまいましたが、こういうことはよくあることなのでしょうか。私が逆の立場で「答弁書ができないから待って」と言っても通用するのですか。あるいは「弁護士に依頼することに急遽決定して~」と言ったらどうなのでしょうか。

  • 民事訴訟の答弁書の提出が間に合いません、どうすれば

    民事訴訟中で当方原告です。 次回 第3回口頭弁論が11月20日です。 答弁書を作成していますが調査することが多く、まだしばらく答弁書が完成しません。 前回の第2回口頭弁論時には裁判官から特に次回期日までに提出するよう指示は受けていません。 この場合の対処としては (1)「調査が多く答弁書作成にまだ時間を要するので提出は今しばらく時間を頂きたい」との答弁書を提出するべきでしょうか?  その場合どのような内容を記載すれば宜しいでしょうか?上記のような内容で宜しいでしょうか?  上記のような簡単な1文でよいでしょうか?  参考の文章やURLがありましたら、ご教示頂けますでしょうか? (2)書記官に答弁書が未完成で次回口頭弁論までに提出出来ない旨、電話連絡で宜しいでしょうか? (3)何も事前に伝えず、次回口頭弁論時に「まだ答弁書が出来ていないので、もう1ヶ月位時間が欲しい旨、裁判官に伝えれば問題無いででしょうか?(多少怒られますか?) (4)その他、よく使う手法はありますでしょうか? (5)このような事は珍しくないケースでしょうか? (6)もし裁判官に答弁書の提出期日が指定されていた場合に提出しないと、どうなりますでしょうか? (7)また、別件ですが正式名称は裁判官でしょうか裁判長でしょうか?(判事は1人で書記官1人です) その他、何でもご教示お願い致します。 宜しくお願い致します。

  • 時機に遅れた(最終口頭弁論前日)攻撃に

    時機に遅れた(最終口頭弁論前日)攻撃に 多少だが新たなる事実が含まれていた場合。 裁判長は僅少と判断し却下せず口頭弁論を終結してしまう。 相手方当事者は、反論の機会(審級の利益)を失ったわけですが それに対する不服申し立て手段は控訴しかないのでしょうか? 訴訟指揮権に対する不服申し立て手段ということで 却下された場合のその当事者であれば、抗告とかありそうですが。

  • 高裁の口頭弁論について

    高裁の口頭弁論について教えて下さい。 私は控訴人(原告)です。 控訴後の被控訴人(被告)からの反論書面を、第一回口頭弁論の一週間~4日前に受け取りました。 このため、口頭弁論時には被告反論を十分に吟味できず出席しています。 口頭弁論時に、裁判長から裁判の終結を言い渡されそうになったため、 ・原告は被告からの書面を受領後日数がないため十分に内容を評価していない。 ・一部見ただけでも事実誤認の主張があると思われ反論したい と主張しました。これに対して裁判長からは ・これは高裁である ・口頭弁論までに、相手方主張のどの部分に対して反論したいかも確認できていないのか と申し渡され、強引に ・高裁の裁判を終結する ・原告で主張したいことは判決日までに書面で提出すれば参考にする。 と申し渡されました。 確認させていただきたい点は以下のものです。 1. 上記の高裁の進め方は法的に妥当か  →原告の「裁判を受ける権利」等を制限していないか 2. 上記の口頭弁論後、被告主張に明らかに事実誤認(ないし違法?)なものがある(と   原告は判断した)場合、裁判の終結を取り下げ、口頭弁論の再開を   裁判所に要請できるのか よろしくお願いします。

  • 即時抗告について

    判決が届き、それに対して即時抗告をする必要性があるとき、 どのような書面を裁判所に提出したら良いのでしょうか? 自分で調べてみたところ、原判決を不服とする記載が必要とのこと。 私としては、最初に出した申立書の説明が貧弱であったので、 その内容を十分に補足した上で、 さらに判決の内容に不服である旨を伝えようと思っています。 ただ,そうなると、内容を十分補足するための時間が足りない気がします。 時間を引き延ばしてもらう等の方法は取れないのでしょうか? あと、即時抗告は1週間以内であると聞いてますが、 1週間後必着なのでしょうか? よろしくおねがいします。