-PR-
締切済み

新株引受権の行使期限延長

  • すぐに回答を!
  • 質問No.86067
  • 閲覧数1241
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 34% (22/63)

質問です。
弊社では新株引受権付社債を発行(100M)しており、行使期限が来月末に迫っております(社債は分割償還で残高30Mあります)。しかしながら、諸般の事情により行使期限を延長する予定です。
このようなケースの場合、事務手続きは具体的にどのような手続きをするのでしょうか?考慮する点も教えて下さい。また、このようなケースにに対処するための事務手続きの書籍あれば教えて下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 この方面に詳しくないのですが、社債権者に一方的に利益を与える「行使期限を延長する」ことができるのでしょうか。株主からみたら、会社に対する背信行為と映りますので、株主代表訴訟の目的となるのではないでしょうか。この方面に詳しい弁護士の相談をお奨めします。  間違っていたら、ごめんなさい。
 この方面に詳しくないのですが、社債権者に一方的に利益を与える「行使期限を延長する」ことができるのでしょうか。株主からみたら、会社に対する背信行為と映りますので、株主代表訴訟の目的となるのではないでしょうか。この方面に詳しい弁護士の相談をお奨めします。
 間違っていたら、ごめんなさい。
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 66% (39/59)

過去にこのケースを行ったことがあります。 行使期間の延長に限らず、新株引受権(ワラント)の要項の内容を変更する場合には、 1.株主の権利 2.ワラント取得者の権利 が保護される必要があると思います。 よって、この2つを満たすためには、全員出席(委任状でも可能)の株主総会で全会一致で要項の変更が認められ、かつ、ワラント取得者全員の同意(同意書を作成)をもって変更が認められたと記憶しています。 ...続きを読む
過去にこのケースを行ったことがあります。
行使期間の延長に限らず、新株引受権(ワラント)の要項の内容を変更する場合には、
1.株主の権利
2.ワラント取得者の権利
が保護される必要があると思います。

よって、この2つを満たすためには、全員出席(委任状でも可能)の株主総会で全会一致で要項の変更が認められ、かつ、ワラント取得者全員の同意(同意書を作成)をもって変更が認められたと記憶しています。

行使期間は登記事項だと思いますので、変更登記に関しては所轄の法務局に問い合わせるのが一番かと。多分、株主総会の議事録と、ワラント取得者の同意書が添付書類として必要になると思います。

以上でいかがでしょうか?手続きはこれでよいと思いますが、一応弁護士の確認だけはお勧めします。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ