• ベストアンサー
  • 困ってます

スピーカーのPC用とオーディオ用で音の違い。

  • 質問No.8350836
  • 閲覧数628
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 100% (670/670)

こんにちは。
ネットと音楽鑑賞のために、省スペースなサブのパソコンを用意するつもりです。
今予定しているのは以下の様なものです。

http://kakaku.com/item/K0000580094/
http://kakaku.com/item/K0000541593/

OSはUbuntu Studioを予定しています。

肝心のスピーカーについてですが、
http://kakaku.com/item/K0000111898/
こういったPC用のものと、

http://kakaku.com/item/K0000158980/
こういったオーディオ用のものでは、
同じ価格帯を比較した場合はやはりオーディオ用のもののほうが音質的にはいいのでしょうか?

オーディオ用をう買う場合ではこの格安アンプを組み合わせようと思っています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B007ZCE66K

あと上に挙げたZOTACのベアボーンだと、端子が緑のものしかないので、
実際には2chしか選択肢はないですか?
JBLのものは2.1chなので端子が足らなそうですが。

よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 51% (1486/2865)

「この価格帯」では PC 用と Audio 用とで Speaker System から出る音に大きな違いはなく、Design (見た目) の違いだけと言っても過言ではないでしょう。

Audio 用 Speaker System はこの価格帯に対して 2 桁以上も高額の Speaker System があり、そうした製品では Speaker Box は勿論のこと、Speaker Unit 自体にも多額の開発費がかけられているものなのですが、2 本で 1 万円前後の価格帯ともなると Speaker Box も Speaker Unit もその開発及び製造にかける Cost は PC 用のものと変わるものではありません。

Audio 用の Speaker System は古くから「部屋の Interior を損なわないよう目立たない Design」とするものが多く、Bookshelf 型 Speaker System というのはもともと Bookshelf (本棚) に押し込んだり乗せたりして用いることから付いた名ですので、殆どの製品が木目調か Mat Black のものになっています。

一方 PC はそれ自体が家具などとはそぐわない「機器」ですので PC と Design を統一する PC 用 Speaker System は Metallic な外観にしたり奇抜な Design にすることが多いものです。

Design 上の制約がなく、様々な形状の Speaker Box を開発できる PC 用 Speaker System は Speaker Box の形状を音質的に有利なものにできるという Merit があるのですが、販売価格の制約が大きければ Speaker Box の開発製造 Cost が多くを占めて Speaker Unit には廉価なものを採用せざるを得ないという Demerit も生じます。

一方 Audio 用 Speaker System というのは Mat Balck 塗装が施されていても Particle Board の木材で四角い箱にするといった、Speaker Box に関しては音質的に画期的なものを作りにくいという Demerit があるものの、Speaker Box の製造 Cost を抑えられれば Speaker Unit の選択肢が広がるという Merit があります。

でも 1 万円前後という価格制限下では両者の Merit と Demerit の総合値に大差は付かず、PC 用と Audio 用での違いは Design の違いだけと言っても過言ではないという結論になります。


御希望の System ですが、幾つか注意点があります。

先ず Sub PC ですが、両者共に Audio 出力は Stereo「Earphone」規格の出力しかありません。

一方 JBL CREATURE III も LEPAL LP-2020A Amplifier も Audio 入力は Stereo「Line」規格となっており、Earphone 規格の出力を Line 規格の入力に繋ぐことは御奨めできません。

http://www.fujiparts.co.jp/audio-visual/3.5_stereo.html#fvc-3251r

一応、上記 URL のような「抵抗入り Cable」というものを用いれば Earphone 規格の出力を Line 規格の入力に繋ぐことが可能なのですが、この手法では音質的に Demerit が大きなものですので、下記 URL のような安価なものでも良いので PC の USB 出力と繋いで Line 出力を出してくれる Audio Interface を用いることを御勧めします。

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EUCA202%5E%5E

上記製品は私も所有しているのですが、Radio などの音を PC で録音できる機能や Volume Controller 付 Strereo Earphone 出力も持っており、この価格でこの音とこの機能を有していることにまず不満は出ないものだろうと思います。・・・少なくとも PC に Earphone を直接繋いだ際に聴き取れるような Noise 感や歪感は皆無です。

上記製品は RCA Line 出力がありますので、¥100 Shop の RCA (赤白) Line Cable で LEPAL LP-2020A Amp' に、または「RCA→3.5mm Stereo Mini」Cable で JBL CREATURE III に繋ぐだけです。


もう 1 つの注意点は御質問者さんも御気付きの端子問題なのですが・・・

>ZOTACのベアボーンだと、端子が緑のもの・・・JBLは端子が足らなそうですが。

先ず JBL の入力端子は 3.5mm Stereo Mini Jack (端子) 1 つだけです。

内部で Sub Woofer と Satellite に出力を分岐していますので User が Cable を分岐する必要はありません。

しかし、前述のように緑の端子は Stereo Earphone 出力、JBL の 3.5mm Stereo Mini Jack は Stereo Line 入力ですので、音質的には不利となる下記 URL のような「抵抗入り」Cable で繋ぐことになります。

http://www.yamada-denkiweb.com/item/detail.php/272630011


Amp' ですが、御質問者さんの希望する LEPAL 社のものとは違うものの、私も S.M.S.L 社製の TA-2020 IC Chip Amp' を所有しています。・・・普段は Sub Woofer 駆動用にしていますが、たまに Main Speaker 駆動用にも使います。

見た目は Cheap で、実際にも Cheap な(笑) 製品ですが (1970 年代からの Audio Mania で、実際に TA-2020 IC Chip Amp' を使用している者として断言しますが) 決して安かろう悪かろうの音ではなく、1 桁上の価格がする日本の Audio Maker 製 Amp' に勝るとも劣らぬ音質を持っています。

1 年余り使用して未だに Trouble はないのですが、如何にも安価な部品構成に「3 年持たないかも(^_^;)」という一抹の不安はあるものの(汗)、この値段ですものね(笑)。・・・10 回購入し直してもまだ日本製 Amp' よりも安価だし(笑)。


結論(^_^;)

どれを選択しても問題ありませんので御質問者さんの琴線に触れる Design と音色のものを御選びください。

ただし「抵抗入り Cable」で繋ぐぐらいならば上述の BEHRINGER UCA202 U-CONTROL を介して繋ぐことを御勧めします。

勿論、1 桁以上高額の、USB 接続 DAC 内蔵 Headphone Amp' と呼ばれる Audio Interface に勝る音とは行かないのですが、1 桁ぐらいしか違わない価格の製品相手ならば引けを取りませんよ(^_^;)。

素敵な Audio Life を(^_^)/
お礼コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

デザインで選ぶと間違いなくPC用になります。
もうちょっと高めのクラゲみたいなスピーカーも気に入っています。
オーディオ用のSPはデザインは面白いのがないので、そのへんが難点だと感じております。

どちらのスピーカーを使うにしても
UCA202 U-CONTROL
のようなものが必要となってくるみたいですね。
接続のこともよくわかっていなかったので助かります。
これはUSBDACと呼ばれるやつですね。
DACも高音質再生のために用意したいなと思っていましたが、
どれも高いのばっかりだったので、安いのを紹介してもらえて嬉しいです。
評判めちゃくちゃいいようですねこれ。

格安アンプについては、これを使いたかったからオーディオ用SPも検討した感じです。
このチープさは夢がありますね。
昔、タバコの箱に入ったギターアンプがありましたが、あれと同じロマンを感じます。

とにかく助かりました。
回答どうもありがとうございました。
投稿日時:2013/11/18 14:33

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7
JBLのスピーカーは、
高音用のスピーカーとウーハーのつながりを良くすれば、
非常にワイドレンジで厚みのある音がでます。

価格を考えたら、とても音がいいほうだと思います。

低音の量が調節できるので、バランスをとれば非常にいい音です。

実際に使っている喫茶店もあります。
広い空間でならしていますが、のびのびとしていい音です。

病院でもBGM用に使用しているところもありますよ。

デザインが非常に個性的ですので、インテリアとしてもいいと思いますし、
そのインテリアからさりげなく音楽を流れてくる。っというのもとてもいい感じです。

高音用のスピーカーが非常に小さいので、ウーハーを見えないところにおけば、
こんな小さなスピーカーからこんな音が!?っと錯覚する人もいると思います。
部屋の中に音が溶け込みやすいです。
音量も出そうと思えば結構大きな音がでます。

使い道はたくさんあると思います。
お礼コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

調べてみると、テレビと接続して映画鑑賞なんかに使っている方もいらっしゃるようですね。
私はなんでもデザインを重要視するのですが、
これは素晴らしいですね。
回答どうもありがとうございます。
投稿日時:2013/11/18 23:33
  • 回答No.6
比較方法が不公平です。
同じ価格帯といっても、片方はアンプ内蔵ですよね。

例に挙げられた、サブウーファ付きのPC用スピーカーについては、多分、高音と低音が強調されすぎて、中音域が不明瞭だと思います。
例えば、安いスピーカーでは、音量を上げても台詞が聞き取りにくいことが良くあります。
この価格帯のスピーカーでは似たり寄ったりかもしれませんが、同じコストをどう配分するかによっても変わってくるでしょう。
補足コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

回答有難うございました。
投稿日時:2013/11/18 14:11
お礼コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

値段から言えばだいたい公平ですよ。
オーディオ用の方は2500円のアンプを足せばだいたい同じ値段です。
ただし、ウーファーの取り扱いが難しいですね。
オーディオ用の方は結構サイズが有りますので、
ウーファー不要かと思っていましたが、そうでもないようですね。

中音域が不明瞭ですか・・・
オーディオ用だとあとから足すこともできますが、PCようだとそうもいきませんよね。。
投稿日時:2013/11/18 14:10
  • 回答No.5
省スペースで使用するなら、むしろPC用やモバイルスピーカーのほうが性能を発揮することができるはずです。

私は、質問者さまのあげているJBLのスピーカーを使用してました。
正直、小さな部屋ではあれで十分だと思えるほどの音質です。
音楽はあるていど低音がなければ楽しくない。っと私は思っております。
そのてん、PC用は低音をサブウーハーに任せているのがとても多いです。
これは正解だと思います。

通常のリスニングルームで使用するなら、オーディオ専用のスピーカーのほうが
音楽を聴くのには適していると思いますが、机にすわり、机の上において使用するとしたら、
アンプ内臓でしかも低音も出る、2.1chのスピーカーは向いてます。

このJBLのスピーカーのような低音は、サブウーハーでなければでません。
一体型のスピーカーには小音量でこの低音は無理だと思います。
お礼コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

実際に使用されている方の意見が聞けて嬉しいです。
防音なんかも実際には難しいですから、
JBLのものぐらいのパワーでも十分かとも思います。
高級なものをかってもパワー生かせないから意味ないかな、とか考えたりします。
オーディオ用のスピーカープラスサブウーファーなんかもいいかもしれませんが、ちょっと大掛かりになりそうですね。
かいとうどうもありがとうございました。
投稿日時:2013/11/18 14:16
  • 回答No.4

ベストアンサー率 45% (630/1384)

車用でもなければ、値段と構成が同じならスピーカーだけ言えばPC用とホームオーディオ用の差はありません。

質問の内容だと、PC用は、アンプ+スピーカー+サブウーハーですが、オーディオ用はスピーカーだけの値段です。アンプとサブウーハーはついてません。PC用と同じ構成にする場合、PC用よりもかなり高くなります(スピーカーが\8000、激安アンプが\4000、中古サブウーハー\5000でも2万円を超え、PC用の2倍になりますよ?)。

もちろん、質問に上げたオーディオ用スピーカーの方が断然音質は上です(PC用よりも超低域が不足するとは思いますが)。

すでにアンプがあるというならば、配置の自由度(PC用はスピーカー・アンプのケーブルが決まった長さのものが多く、机の両脇程度に置く長さしかないものが多いです)が聞くオーディオ用のスピーカーを使ったほうが音質も、配置の自由度も高いです。

2chにするか2.1chにするかは接続するアンプによって使えたりつかえなかったりしますし、オーディオ用のサブウーハーは入力を中継して接続することもできる(アンプ→サブウーハー→スピーカーという接続)ので気にする必要はないかと。
お礼コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

確かに後からケーブルを足して使えるオーディオ用のほうが配置は自由ですね。
その点を考えていませんでした。
パソコンからかなり距離を開けてスピーカーを配置する計画もありますので、意外と重要な点ですね。
ノートPCなら音楽聞くときだけ、PCをスピーカーのそばに持っていくなんてこともできますが。
回答どうもありがとうございました。
投稿日時:2013/11/18 14:18
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (739/3450)

PCは磁気に弱いので防磁処理されてるのがPC用として売られています。

音質がどうとかは内部部品や構造によるので一概には言えませんが、基本的にオーディオ用スピーカーの方が高価なので結果的に音質は良くなると思います。
補足コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

回答どうもありがとうございました。
投稿日時:2013/11/18 14:20
お礼コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

磁気のことは全く頭にありませんでした。
PCのそばに置くならPCようにしておくべきですね。

オーディオ用の値段はまさに青天井ですね。
投稿日時:2013/11/18 14:19
  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (3929/14515)

JBL CREATURE IIIの2.1chはステレオで入力された信号をJBL CREATURE III内のアンプ回路で2.1chにしています。
そのため入力は普通にステレオです。
この手のタイプのもの足らない低音をスーパーウーハーを使うことで出させようと言うタイプです。
.1chとなっているのはウーハーがモノラルだからです。

一般的なスピーカーと違う点は.1chがモノラルと言う事で当然左右のスピーカーから出ていない低音はモノラルになってしまいます。

どちらの音が良いかも大事かもしれませんが、好みの音が出るかどうか?も大事です。
どんなに良い音が出ても自身がいいと思う音が出なければ意味がありません。

車やゲームでもそうだと思います。
どんなにすごい車でも、どんなに評価の高いゲームでも自分の好みのものでなければ買う気にはなれないでしょう?
お礼コメント
matho

お礼率 100% (670/670)

必要な端子はひとつだということですね。
音の好みに関しては正直あまり良くわかりません。
今まで使っていたのは結構高級な自然な音が出るやつのようですが、イヤフォンのEP630が結構好みだったりしますので、俗にいう不自然な音が好きなのかもしれませんね。
回答どうもありがとうございました。
投稿日時:2013/11/18 14:09
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ