• ベストアンサー
  • 困ってます

写真がボヤけているのは手ブレしているからでしょうか

CanonのKissX4を使用しています。レンズはシグマの35mm F1.4を使うことが多く、普段は人物を撮影することが多いです。 質問なのですが、写真を撮ったあと、カメラについているディスプレイで確認するとピントがあっていて写真全体がくっきりしているように見えるのですが、 家に帰ってPCで見てみるとなんだか写真がボヤけて(?)ピントがあってないように見えるのですが、それは手ブレしているからなのでしょうか? それともF値を開放しすぎて被写界深度が浅いということなのでしょうか? もしF値を開放しすぎだとしたら明るいレンズの意味ってなんでしょうか? 暗い室内でもシャッタースピードが稼げると言いますが、ボヤけた感じにみえるのだとしたらあまり意味がないように感じるのですが・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数442
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1595/3086)

>もしF値を開放しすぎだとしたら明るいレンズの意味ってなんでしょうか? その名の通り、明るいという意味です。 ただし、絞りを絞って暗くした時のように Pint の合う範囲が手前から奥まで伸びているわけではなく、絞りを開けるほど Pint の合う範囲が狭くなります。・・・Pint の合う範囲:A No.1 W-164 さんが仰る被写界深度 (Pint の合う範囲) は絞りの開き方で変わるのです。 >暗い室内でもシャッタースピードが稼げると言いますが、ボヤけた感じにみえるのだとしたらあまり意味がないように感じるのですが・・・。 「暗い室内でも Shutter Speed が稼げる」という説明は ISO 感度が使用する Film によって固定される Film Camera 時代に「被写界深度が浅くなるという使い辛さと引き替えに Shutter Speed を稼げる」という特性から生まれたもので、ISO 感度を自由に設定できる現代の Digi'Came' 時代に於いて「F 値の明るい Lens は暗い室内でも Shutter Speed が稼げる」という考え方は迷信と言うか妄信的な説明になります。 Shutter 速度を稼ぎたければ素直に ISO 感度を Noise を許容できるぎりぎりまで上げれば良いだけのことで、現在の Digi'Came' では Film 時代には考えられなかった ISO 1600 以上、ISO 3200 や ISO 6400 でも ISO 400 Film や ISO 800 Film 並の質感で撮影できます。 そのため「>暗い室内でもシャッタースピードが稼げる・・・は・・・あまり意味がないように感じるのですが・・・。」と仰る御質問者さんの考えは「あまり」どころか「正しく」その通りなのです。 解放 F 値の低い、いわゆる「明るい」Lens の Merit (御質問者さんの仰る「意味」) は被写界深度を浅くすることによって暈けを強くし、主体以外の撮像域を大きく暈かせることにあります。 なお、暈けは結像面積が大きいほど目に付くようになります。 同じ範囲 (画角) の像が結像する時、Four Thirds や APS-C (Advanced Photo Sensor - Compact) Image Sensor 機よりも 35mm Full Size Image Sensor 機や 645 Size Image Sensor 機の方が暈けが強くなり、逆に 2/3 inch や 1/2 inch といった小さな Image Sensor を用いる Compact Digi'Came'、更にはもっと小さな Image Sensor を用いる携帯電話の Camera 部では望遠側に Zoom するか Filter Lens を装着でもしない限りは先ず暈けを作ることができません。 同様に 3inch とか 4inch の小さな Size に画像を映し出す Camera 背面 LCD (Liquid Crystal Display) では暈けが殆ど感じられなくても 13inch とか 15inch 或いは 20inch といった大きな Size に画像を映し出す PC の LCD では簡単に暈けを感じ取ることができます。 私は敢えて暈けや収差或いは Halation などを撮し込む撮り方をすることがよくあるのですが、Camera の Finder は勿論、Camera の背面 LCD では PC の LCD で確認できるような暈けの強さを感じられませんので、Finder や Camera の背面 LCD で見る画像には頼らずに経験的に得た勘に頼っています。・・・幸い現代の Digital SLR (Single Lens Reflection) 機は撮った Data を Camera 背面 LCD で再生する際に一部分を拡大表示できるようになっていますので、撮った側から拡大表示して暈けの正確な強さを確認できるのですが(^_^;)・・・。 まあ、自分で現像できる暗室を持っている人でもなければ Trimming なんかできなかったことから Image Sesnor にぴったりと収まる画角に撮し込もうと遠近感の演出なんて 2 の次の画角優先で焦点の異なる Lens を交換したり Zoom を動かすとか、その目的に対しては不便な Finder 視野率が 100% でないものにケチを付けたがるとか、ISO 感度を Shutter 毎に自由に選択するなんてことができなかったことから暗い状況下でも Shutter 速度を稼ぐために敢えて被写界深度の浅い設定で写真を撮ろうとする風潮があった Film Camera 時代の常識の一部が Dgital Camera 時代になることにより根底から崩れ去ったというのに未だに Film Camera 時代の古い常識をそのまま Digital Camera に適用しようとする人もいるもので、そうした考え方をきちんと考察検証して実際に身に付ける理解をすることなく鵜呑みに信じてしまう迷信や妄信に振り回される人もいるというわけです(^_^;)。 再度言いますが「F 値が小さい、明るい設定は Pint が合う前後の範囲を縮めて Pint が合っていない領域での暈けを強くするためのもので、暗い状況下で Shutter 速度を稼ぐためのものではありません。暗い状況下で Shutter 速度を稼ぐのに F 値の小さい、明るい Lens を選択するのは大きな間違いであり、素直に ISO 感度を高く設定するのが正しい対処法」です。 素敵な Camera Life を(^_^)/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • デジタル一眼レフの手ブレ補正について

    canon EOS kiss を使用しています。 本日、シグマの広角レンズを予約してきました。 この組み合わせの場合、本体にもレンズにも手ブレ補正がついていません。 店員さんには夜じゃなきゃ、手ブレはほぼ大丈夫でしょうと言われました。 そのほかに、デメリットはありますか。 それと、この組み合わせの場合、三脚を使用せず、手ブレを極力なくす工夫、方法等教えていただきたいです。 撮りたい写真は風景です。サンセット、夕焼けを撮る場合は三脚無しじゃ厳しいでしょうか。 初心者のため、専門用語はあまりわかりません(>_<) 優しく教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • micro-NIKKOR Auto 1:3.5

    micro-NIKKOR Auto 1:3.5 f=55mmをEOSKISSDX3に付けて撮影しているのですが 開放f値が3.5なのに開放で撮った場合物凄いボケます。(ピントの合う範囲が狭い) 何故でしょうか?そういうものなのでしょうか? もちろん絞り込めばきっちり隅々までクリアにシャープに写ります。(ちなみに開放でとった場合ピントの合った部分はきっちりシャープに写ります。) レンズの知識が乏しいため私の感覚だと開放f値が1.4とか1.8のレンズで開放で撮るとすごいボケるという印象です。もちろん望遠側で撮るとボケるということくらいは分かります。 ただこのレンズの場合たかだか55mmでf値3.5なのにこれだけボケるのにちょっと驚きました。他に比べるレンズがあればいいのですが手持ちのキットレンズは55mm部分のf値が5.6で比較できず、EF50mmf1.8 IIは5mm短いとは言えf値3.5で撮ってもここまではボケなかったと思います。 なので不思議に思いました。 添付の画像はキャノンのカタログを斜め45度から撮影しました。(この表現でつたわりますでしょうか?) EF85mm F1.8USMの’F’にピントを合わせたつもりです。(手持ちなので曖昧な例ですみません。) 今回の質問は漠然とした疑問なのですが まとめますと ●このニコンのレンズは何故すごいボケるのでしょうか? 他のレンズ、例えばsigmaの18-50mm F2.8 EX DC MACROなどは5mm短いですがF2.8ということは同等もしくはそれ以上にボケるのでしょうか? それともう一つ別の質問なのですが ●ボケた部分の文字ですがなんとなく二重になっているように見えます。シャッタースピードは1/200だと思うので手ブレは多分ないと思うのですが こういうのを二線ボケというのでしょうか? よろしくお願い申し上げます。

  • カメラのレンズ

     私の知人に変わった?人がいます。 その人は風景などを撮影していて開放近くの 写真を全く撮らないのに、35mmf1.4のレンズを使っています。 これはなんかメリットがあるのでしょうか?  明るいレンズを使うのは開放~f4ぐらいで使用しなければ意味がないと思うのですが・・・・・ 絞るのなら35mmf2で十分だと思うのですが ピントも手動で合わさず AFで合わしてるし、自慢してるようにしか 思えません。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

一般的な話ですが、レンズの解像性能について、開放から2絞り絞った辺りから本来の性能が出てくるといわれています。F2.8に絞ったあたりから解像感が増すと思います。 大口径レンズの場合、開放で使用するとそのレンズがもっている最高性能は出ません。やはり、レンズの大口径化には、性能維持の難しさがあり、だからこそ大口径レンズの価格は高くなるということです。最近のレンズでこそ、開放から使えるといわれるものが増えましたが、少し絞ったところで光学性能が良くなることは、今も昔も変わりません。開放だと、ハロが出て、輪郭のぼやけは出やすいものです。その辺も理解したうえで使いこなすレンズだと思います。 添付の写真を撮影する場合、私ならば、F8まで絞ります。まさか、開放で撮影することはしません。このような光線の場合、F1.4だとカメラのシャッター速度は、1/8000を示すか、それでも露出オーバーということで、シャッター速度が点滅していたのではないでしょうか?明らかに露出オーバーの写りで、ハロもよりでやすい撮影だったと思われます。 明るいレンズの意味ですが、それは、すばりその被写界深度の薄さです。これは、暗いレンズでは成し得ない表現で、これを得たいがために開放値の低い明るいレンズを使います。よく誤解している初心者の方が、「写真が明るくなるレンズ」と勘違いしていますが、そういう意図で使うのではありません。明るいレンズを用いても、絞りを開けばその分シャッターが早くなり、写真の明るさは変わりません。(海外では、明るいレンズではなく、ハイスピードレンズと言います。この言い方のほうが誤解が無く、適切な表現と私は常々思っていますが、如何でしょうか・・・) 添付のような被写体の場合は、ある程度絞って使うのが通常です。この光線であれば、ISO100、F8でも1/500~1/250のシャッター速度は得られたと思われ、手振れ補正が無くても十分手振れしないシャッター速度で撮影できたと思います。 明るいレンズを試したい気持ちはわかりますが、「ものは使いよう。」絞りによる光学性能の変化も知識として身に付け、「少し絞る」、表現意図に照らして、「適正な絞り値を選択する」ことを学んでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この時はF8の1/640で撮影しました。 ということは手ブレの可能性はないですよね・・・。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.9
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1595/3086)

A No.4 HALTWO です。 A No.4 の回答は添付写真をろくに見ずに回答したのですが、投稿した後に添付写真を改めて拝見してみると A No.3 kuma-gorou 先輩の考察は達見かと思います(^_^;)。 何か随分と High Key な画像ですよね(^_^;)。 ブレていると言うよりも光が強く反射している部分の Data が軒並み飽和しているような感じで、Shutter 速度限界を超えて画像 Engine が処理し切れていないような気がします。・・・空の色も本当にこんな色の快晴だったのかどうか・・・ほぼ完全なベタ塗り状態の水色で、画像 Engine の補正処理が滅茶苦茶強くかかっていますよね。 Color Data の飽和現象は私の場合 PENTAX K100D 時代に赤い被写体を撮ると緑の Data が 0 となって対象物の色が青に偏るという癖に悩まされ、特定の被写体に対しては Warm Filter Glass を付けて緑の Data を意図的に作り出しておいてから現像時に Color Balance を調整するという手法を採っていました。・・・その点 CANON の画像 Engine は低価格機で紅色の彼岸花などを撮っても青 (赤紫) に偏る事が殆どなく、羨ましく思ったものです。 Data が多少なりとも残っていれば Color Balance を調整できるものの Data 値が 0 のものは何をどうやっても補正できませんので、露出 Over で感光値が飽和して他の Color Data 値が 0 になってしまうことだけは避けるべきで、露出 Under の方が RAW 現像時に JPEG Data では切り捨てられてしまう Data を持ち上げて露出補正できる点で扱い易い感があります。 SIGMA f35mm F1.4 DC は私の PENTAX K100D/Kr では使ったことがないのですが、私が常用 Lens に用いている SIGMA f17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO で風景を撮影する際は特に背景を暈かす意図がない限りは F8 または F9.5 に絞り込んでしまいます。 SIGMA f17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO 購入直後にいろいろ試し撮りして較べてみた結果、被写界深度とはは別に最も Sharp な画像を得られる絞り位置が F8 か F9.5 の辺りだったので以後は自然とその絞り位置にしてしまう癖が付いてしまったのですが、Lens によってはここまで絞らなくても解放絞り値が F2.8 ならば F5.6 ぐらいで最も Sharp になる Lens も少なくありません。・・・所有している Carl Zeiss Jena TESSAR f50mm F2.8 なども F5.6 か F8 が最も Sharp です。 そのため SIGMA f35mm F1.4 DC がどの程度まで絞れば良好な画質が得られるかは使ってみないことには何とも言えないのですが、解放 F1.4 では Lens 中心部の解像度はずば抜けていても周辺部に向かっての解像度低下は著しく、全体的に Sharp な画像は望めないだろうと思います。・・・勿論 F1.4 なんかで使うのは周辺部に暈けを生じさせるのが目的であることが殆どの筈ですので周辺部にまで高い解像度を求めることはないだろうと思いますが・・・。 CANON EOS Kiss X4 は所有したことがないので Noise Reduction 効果も含めて ISO 1600 ぐらいが実用限界とは知りませんでした。・・・ちょっと過激な思いを吐露してしまい(^_^;)、失礼しました m(_ _)m。 御質問者さんの写真を見る限りは F 値は最も Sharp な画像を得られる値に固定して ISO 400 を基準に ± 2 段階 (ISO100~1600) を切り替え、手ぶれを起こさない Shutter 速度にして撮るのが一番でしょうね。 恐らく絞りを動かすことなど殆どせずに F1.4 のまま用い、露出補正は勿論、ISO 設定や露出設定格子/Pint 検出格子選択もせず、Dial は AV (Aparture Value) や TV (Time Value) などにはせずに絵柄が表記された Preset 位置にして Pint も Auto Focus にお任せで撮られることが多いのではないかと思いますが、せっかくの Digital SLR (Single Lens Reflection) 機に SIGMA f35mm F1.4 DC などという高性能な Lens を付けていらっしゃるのですから Camera と Lens の性能を活かす設定を研究なさるべきだと思いますよ。 Digital SLR 機が Full Auto 機に勝る点は User がその時その時の状況に応じて最適な Lens を選択して最適亜設定を施すことができるところにあり、Full Auto のお任せに頼ってしまっては Full Auto 機以上のものではないとも言えるのですから(^_^;)・・・。 素敵な Camera Life を(^_^)/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • bardfish
  • ベストアンサー率28% (4537/15982)

>それは手ブレしているからなのでしょうか? >それともF値を開放しすぎて被写界深度が浅いということなのでしょうか? その写真を見てみないとはっきりとした理由はわかりません。 ピントがあっていないような写りの原因はたくさんあります。 レンズの個体差だったり、ボディとレンズの組み合わせによる個体差だったり、AFセンサーの特性だったり…シャープネスの設定をいじったことを忘れているというのもありますね。 パソコンモニターの物理解像度が1280*800しかないのに1920*1080の設定(もしくは逆)で表示しても同様の現象になります。 確か30Dの時だと思いましたが、AFセンサーの特性として、光源の色によってピント位置がずれるという現象があったはずです。それ以降の機種では解消されているはずですが…以前の機種についてはそういう話は聞いたことありませんが可能性としてはなくはない(^^; >もしF値を開放しすぎだとしたら明るいレンズの意味ってなんでしょうか? そういうことはピントがあっていない理由を可能な限り追求してから考えてください。 明るいレンズにはそれなりのメリットも有ります。 一例)http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20131025_619654.html レンズとボディの組み合わせによってはピント位置がずれる現象は以前からあります。 そのためキャノンやシグマでは調整を行うサービスをおこなっています。 機種によってはカメラ側に微調整を行う機能が備わっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

光源の色によってピント位置がずれるということがあるのですね・・・! 明るいレンズのメリットについてのURLありがとうございます。参考になりました。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.7

貼付の写真を見ると、晴天で光量が十分にあり、しかも被写体は遠景で、ピント位置は無限遠付近と思われます。 この状況で、仮に絞り開放かそれに近い絞り値で撮影されたのだとしたら、それは無意味なことです。理由は後述します。 また、この明るさではシャッタースピードは十分速いはずで、手ブレは考えにくいと思います。 ちなみに貼付の写真のf値とシャッタースピードは、いくつでしたか? 仮にf1.4で撮影したのだとしたら、Kiss X4のシャッタースピードの最速値1/4000秒目いっぱいで、露出オーバーになっているように見えます。 まず、一般的なレンズの特性として、絞り開放ほど解像度が落ちる傾向にあります。 特に開放f値がf1.4のような大口径レンズでは、絞り開放ではコントラストの低下、解像度の低下が発生するレンズは多いです。 SIGMAの35mm f/1.4は、開放でも比較的解像感が高いレンズですが、それでもある程度絞ったf8やf11よりは解像感は落ちるでしょう。特に画像周辺ほど、解像度が落ちていませんか? まず、このように十分明るい晴天の状況下で遠景の撮影をされる場合は、絞りは開放ではなく、ある程度絞ることをオススメします。この状況であれば、私ならf8かf11程度に絞ります。 あまり絞りすぎると、今度は回折の影響で解像度が低下します。 そのほうがレンズの解像感も出ますし、絞り開放付近ではシャッタースピードの上限に達してしまう可能性があります。 フィルム機とは違い、デジタル一眼レフであれば、せいぜいf11程度までにしておくほうが、回折の影響を受けないです。 >もしF値を開放しすぎだとしたら明るいレンズの意味ってなんでしょうか? フィルム時代は、最近のデジタルよりはフィルムの感度が低かったので、暗い場所でシャッタースピードを稼ぐという面も大きかったと思います。 しかし、感度を自由に変更でき、フィルムより圧倒的に高感度耐性が高いデジタル一眼レフにおいては、むしろf値を変えることによる被写界深度の変化をつけるという面のほうが大きいと思います。 背景をぼかしたい、と考える一眼レフ初心者は多いですし、位よりは明るいレンズのほうが、被写界深度の選択幅が広いわけで、今でも開放f値の小さいレンズは人気です。 >暗い室内でもシャッタースピードが稼げると言いますが、ボヤけた感じにみえるのだとしたらあまり意味がないように感じるのですが・・・。 まあそうなりますね、とは言え、三脚がなくブレてしまいやすい状況で、ブレるよりはf値を下げてでもシャッタースピードを稼ぎたい、というのは、高感度耐性が上がった今でもあります。 それを無意味と感じるようなら、もう少し開放f値が暗いレンズにすれば、レンズ自体がコンパクトになります。 とにかく、開放f値が低いレンズだからといって、何でもかんでも絞り開放気味で撮影するのではなく、状況に応じて絞ってください。 添付写真の状況では、開放f値で撮るのは意味がなく、もう少し絞って撮影してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 この時はF8の1/640で撮影しました。 1/640だと手ブレは考えにくいですよね・・・F値も8まで絞っていますし・・・。 このくっきりしないということはどういうことでしょうか・・・?

  • 回答No.6

>ISO 感度を自由に設定できる現代の Digi'Came' 時代に於いて「F 値の明るい Lens は暗い室内でも Shutter Speed が稼げる」という考え方は迷信と言うか妄信的な説明になります。 ISO感度が自由になるとは言え、Kiss X4 の許容上限感度は、ISO1600。(個人差あり) 感度が上がるに比例し、ノイズリダクションも強く掛かリます。 すると、その代償として、暗部のディテールが潰れ解像感が低下します。 また、暗いところで、動きものを写し止めるには、動きを止められるSSが必要ですし、三脚が使えないケースもある訳で、明るいレンズの方がシャッタースピードを稼ぐには有利で、決して盲信的な説明では有りません。これは、実践を踏まえた経験です。 ちなみに、大口径レンズは、状況が許せば、開放から2段ぐらい絞ってと説明しましたが、ブレブレやノイズ乗りまくりより、開放による解像感低下は有っても、写る事優先の場合もある。 そう言う意味において、明るいレンズは、撮影できる条件の幅が広がります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかにブレブレやノイズ乗りまくりは嫌ですね・・・。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.5

添付の画像ではよく解りませんが、写真の何処にもピントが合ったところが無いならば手ブレかもしれません。 何処かにピントが合っているならば被写界深度が浅いのでしょう。 カメラのディスプレーで画面が小さく確認出来ないのかもしれませんね。 添付の写真に限らず総ての写真がPCで見てぼやけて見えるならレンズの汚れ、故障も考えられます。 レンズが正常で手ブレもしていないなら F値を小さくすると被写界深度は浅くなります。 http://www.antaresdigicame.org/photo_gallery/camera/camera3.html 人物や被写体を強調したい場合、被写界深度を浅くして撮影しても良いと思いますが 添付写真のような風景や記念写真の場合は被写界深度の深い写真全体にピントが合った写真の 方が無難かもしれません。 明るいレンズを買う目的は確かに暗い条件でシャッタースピードが稼げることもありますが KissX4で35mm F1.4なら多くの人は背景をぼかした写真を撮れるという目的で購入されるような気がします。 特にモデルなどのポートレート写真の場合、背景をボカスようです。 http://www.dphoto.jp/archives/51681043.html 明るいレンズでも被写界深度を深くしたければ絞り込めばよいわけで、 一般的な明るさのレンズより表現の範囲が広いとも言えます。 シグマの35mm F1.4  撮影した風景写真がありました。 F8.0 http://photohito.com/photo/2857794/ http://photohito.com/photo/2736094/ F9.0で http://photohito.com/photo/2757804/ F6/3で http://photohito.com/photo/2502134/ F5.0で http://photohito.com/photo/2833560/ F3.2で http://photohito.com/photo/2671505/ F2.0で http://photohito.com/photo/2765584/ F1.8で http://photohito.com/photo/2846191/ F1.4で http://photohito.com/photo/2846190/ http://photohito.com/photo/2811583/ http://photohito.com/photo/2783456/ 同じ構図で絞り値を変えてテストしている人がいました。 F2.8 http://photohito.com/photo/2530840/ F11 http://photohito.com/photo/2530846/ ご自分でも同じ構図で絞りを変えて何ショットか撮り確認されてはいかがでしょう。 お節介ついでに 焦点距離を変えることで画角、距離感が変化し背景の雰囲気が変わります。 http://photozou.jp/photo/list/138850/367874

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 これはF8の1/640で撮ったのですがhayasi456さんが載せてくれた写真を拝見したところ同じF8でもとってもくっきりしているように感じました。 この違いはなんなのでしょうか・・・。

  • 回答No.3

添付画像を見るに、明らかに2EV以上の露出オーバー。 これが、ボヤけて見える要因の一つ。 もう一つは、開放で使う場合のレンズ収差。これも、シャープ感を損ないます。 晴天下だと、ISO100でEV15~16(EV15は、SS=1/125s・f11)。f1.4設定だと、制御上限の1/4000sを遥かに超えてしまっているので、露出オーバーになって当然です。 この時、ファインダーのSSかF値表示のどちらか、或いは、両方が点滅し露出オーバーの警告があります。 ※SS=シャッタースピード ちなみに、KissX4・35mmf1.4だと、撮影距離が30mなら、凡そ18~100mが被写体深度の範囲に入るし、SSは上限の1/4000sになっているので手振れも考えられません。 明るいレンズのメリットは、被写界深度のコントロール以外にも、暗いところで、ISO感度の上昇を極力抑えたり、シャッタースピードを稼ぎたい時に役立ちます。 だだ、大口径レンズは、状況が許せば、開放から2段ぐらいは絞って使う。そうしないと、シャープ感は得られません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 F8の1/640で撮ったのですがもっとSS早くして露出を下げ?た方がくっきり見えるということでしょうか?

  • 回答No.2
  • demio
  • ベストアンサー率13% (199/1471)

写真が小さいのでなんともいえませんが、ミニチュアの模型ではなく、本物の撮影であれば35mmでF1.4開放で撮影してもこれだけの距離があればピント範囲は充分あります たとえシグマであっても開放で景色を撮ってもぼやけるようなレンズは無いと思いますし、シャッタースピードが125分の1以上であればきちんと持てば手ぶれするようなことは少ないですが念のため三脚を使ってもボヤければピントが合っていないのでしょう いつもでどでもぼやけるならレンズかカメラの不具合でしょうから、一枚の写真で何が原因かは特定できないでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • W-164
  • ベストアンサー率29% (285/957)

> ディスプレイで確認するとピントがあっていて写真全体がくっきりしているように見えるのですが 小さなディスプレイで見ると、多少ピントが合っていなくても気付きにくいですよね。 最近のカメラは、ほとんどオートフォーカスですからそれほど問題にならないでしょうけど、正確にピントを合わせようとするのは難しいんじゃ無いでしょうか。 > それともF値を開放しすぎて被写界深度が浅いということなのでしょうか? そういう事は有ると思います。 > もしF値を開放しすぎだとしたら明るいレンズの意味ってなんでしょうか? 被写界深度が浅いと言う事は、ピントが合う範囲が狭いと言う事です。 例えば、絞りを絞り込んでいくと、レンズ前1メートルぐらいから無限大まで、全てにピントが合うような状況を『被写界深度が深い』などと言いますね。 逆に『被写界深度が浅い』状況とは、例えば極端な話レンズ前2メートルから3メートルの間だけピントが合うというような状況です。この場合2メートルより手前と、3メートルより先はピンぼけの状態になります。 こういう状態をわざと利用して、目的の物だけにピントを合わせ、それ以外をピンぼけにするような使い方をする場合も有りますね。 つまり、『被写界深度が浅い』状態で写真を撮る場合は、ピントを合わせたい物を明確にして、それに正確にピントを合わせる必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかにポートレートなど特定のものを浮かび上がらせたいときにはF値の小さいレンズはいいかもしれませんね。 ご回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 単焦点レンズで迷っています。

    以前、デジタル一眼レフを購入する際、皆様にご意見いただいたものです。 結局、EOS Kiss デジタル Xを購入しました! 今は、自分の手になじんでとっても愛着がわいて来ています。 その際はどうもありがとうございました! 今回は、それにあった単焦点レンズを購入しようとおもっていますが CanonのEF28mm F1.8 USMかシグマの30mm F1.4 EX DC HSM で迷っています>< 被写体としては、人物、風景が主ですが、とろとろとしたぼけ写真もダイスキです。 シグマのほうがより標準に近いし、F値も1.4なのでいいかなとおもうのですが、レンズが大きくてkissデジにはあわないかな。。とも思っています。 やはりUSMのレンズのほうが性能がいいかな(?)とも思います。 色々考えていたらどちらがいいかわからなくなってしまいました。。 皆様のアドバイスを頂けたらと思います。 ちなみに写真はまだまだ初心者です。 よろしくお願いします。

  • デジタル一眼レフカメラの撮像素子が小さいと被写界深度は深くなる?

    キーマンズネットの「被写界深度」の記事で下記の表記を見つけました。 > デジタルカメラでは撮像素子(CCDなど)のサイズが大きいほど、被写界深度は浅くなる。 http://www.keyman.or.jp/search/tango/4566.html?vos=nkeyadww20004566 ここで疑問なのですが、Nikon FマウントやCanon EFマウントなどのレンズは35mmフィルムカメラとデジタル一眼レフで共用できます(デジタル専用のレンズもありますが)。 そこで同じレンズ(例として、50mm/f1.4を挙げます)を35mmフィルムとAPS-Cサイズのデジタル一眼で使用して撮影した、とします。 撮像素子が135のサイズより小さいのですから、焦点距離が75mm相当に長くなる(≒トリミングされる)というのは分かるですが、被写界深度についてはどうなるのでしょうか? 同じF値(ここでは開放のF=1.4としましょう)で撮影した場合、冒頭の記述のとおりだと、デジタル一眼で撮影したものの方が被写界深度が深くなる(F1.4よりも暗くなる)ということなのでしょうか? またOlympusのフォーサーズ用ズームレンズにf/2.0通しのものがあり、その明るさから魅力を感じていたのですが、35mmフィルム換算だと実質はf/4.0(焦点距離が2倍になるため)という話も聞きました。 ここで質問です。 Q1. フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で、同じ焦点距離(35mm相当換算後)で同じF値で撮影した場合、ボケはデジタル一眼の方が少なくなるのでしょうか? Q2. 上記のフォーサーズ用レンズの様に、フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で使用する場合、開放F値も焦点距離同様換算する必要があるのでしょうか?あるのならその計算方法は? 以上、疑問に思っています。 お知恵を拝借できると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  •  50mmF1.4と35mmF1.4

    最近レンズに興味がわいてきた者です。 焦点距離と解放f値による被写界深度はだいぶわかるようになりました。 ところで 50mmF1.4と35mmF1.4のレンズでは画角は異なりますが、明るさは同じと考えていいのでしょうか? ちょっと考えると焦点距離が短い方が単位面積あたりにたくさんの光量を集めることができるから明るいと思うのですが・・・・

  • ★開放F値とAFの関係

    ・お世話になります。  開放F値とAFの関係について、ご質問させて頂きます。  昨今レンズメーカーからは、18-200mm、28-300mmと、押さえの1本、初めの1本という感じで、焦点距離に大変融通の効くレンズが有りますね。  しかし望遠側の開放F値は6.3です。  古い話で恐縮ですが、開放F値が5.6を超えるAFレンズは当初無かったと記憶しております。  現在僕が主に使うのが、   本体 KISSデジタルX   レンズ シグマ17-70mmF2.8-4.5       キャノン 50mmF1.8       キャノン 75-300ISmmF4-5.6       タムロン 90mmF2.8マクロ  奥様が主に使うのが、   本体 PENTAX K10D   レンズ PENTAX 10-17mm魚眼       PENTAX 50mmF2.8マクロ       シグマ 28-300mmF3.5-6.3  AF機能はキャノンが秀でているとはいえ、PENTAXも技術を充分蓄積していると思います。  しかし、シグマ28-300mmの300mmではピントを頻繁にはずします。  そこで、質問です。 (1)同様な仕様にレンズで、やはり似た傾向を体験された方は、いらっしゃいますでしょうか? (2)同一本体で、レンズの開放F値によりAFの合焦速度や精度に差を感じた経験の有る方は、いらっしゃいますでしょうか?  是非、ご意見をお聞かせ願います。

  • kiss-x5で背景ボケした写真を撮りたいのですが

    kiss-x5で背景ボケした写真を撮りたいです。 kiss-x5はまだ買ってませんが、ボディだけ買う予定です。 困ってるのはレンズです。 これまで、キットしか使ったことないため、 どのレンズを買えばよいかわかりません。 用途としては、 外で風景の写真を、背景ボカして、撮りたいです。 室内も撮れるにこしたことはありませんが、別に撮れなくても構いません。 また、望遠もあった方がいいですが、別になくても構いません。 対象を手前にして、背景を遠ざければ、ボケるかと思いますが、 そういう特殊な状況ではなくて、 普通に風景を撮って、なるべく背景をボカしたい、っていうのが、したいです。 色々調べた結果、予算的に、下記3つが候補になったのですが、 違いが分かりません。 ・EF50mm F1.8 II ・EF35mm F2 ・シグマ30mm F1.4 EX DC HSM (キヤノン AF) ネットで見た限りは、EF50mm F1.8よりは、EF35mm F2の方がいい、みたいな書き込みも見たのですが、そんな感じなのでしょうか?(1.8より2なのに? 焦点距離の違いでしょうか? そもそも、この二つの値段の違いはなぜでしょうか?) 後、シグマ30mm F1.4は、1.4って値が低いので、こちらの方がボケやすいということなのでしょうか? ネットには、癖がある、て書いてあるのを見かけるのですが、 具体的にはどういうことなのでしょうか? よくボケる分、なかなかうまく撮れないことも多い、という意味でしょうか? 後、よくネットで、寄れない、って書き込みを見るのですが、 これはどういう意味なのでしょうか? 接写できない、という意味なのでしょうか? 接写しなければ、気にしなくて良い、という理解でよいでしょうか? 大体、接写ってのは、大体何メートルくらいのことなのでしょうか? 後、EF85mm F1.2L II USMとか、その他にも色々レンズがあるみたいですが、 値段が全然違うのはなぜでしょうか? 予算的に、今回購入する予定はないのですが、 高いレンズは、安いレンズと何が違うのでしょうか、とっても疑問です…。 カメラ、選択肢がいっぱいあって、難しいですね…

  • LUMIX DMC-GF1のパンケーキレンズは、20mm /F1.7と

    LUMIX DMC-GF1のパンケーキレンズは、20mm /F1.7とありますが、撮影時、F値は1.7から変更することはできないのでしょうか?このパンケーキレンズでも、画面全体にピントの合った被写界深度の深い写真を撮ることは可能ですか?

  • 一眼レフ 単焦点レンズ Nikon

    一眼レフを初めて半年足らずの超初心者です。 機種はNikon D5100です。レンズはダブルズームキット購入。 (ちなみに望遠の方は未だまともに使っていません。) 本題ですが、単焦点のレンズを買おうと思っています。予算は3万円程度です。 主に撮るのは花・空・風景・人(早い動きはない)です。 購入にあたりいろいろと不明な点がありますので教えて頂けますでしょうか。 いままで、なんとな~く撮っていたところがあり、「頭でも理解せにゃならん?いや、したい!」と思い、本を読んだり調べたり自分で撮ったりして確認しているのですが、理解が及びません… (1)35mm換算について たとえば50mm/f1.4のレンズは35mm換算にすると、75mmと書いてあったります。 D5100はAPSサイズなのでフルサイズに比べてセンサーが半分ほど?小さい。よって同じ焦点距離のレンズをつけても1.5倍ほど焦点距離が長くなり、画角が狭くなる、ということはわかります。当方フィルム一眼をほんの少しだけ使ったことがあるのですが、焦点距離75mmというのがよくわかりませんみなさんはレンズの○○mmというものをこれぐらいの画角のものが撮れるレンズだなーという感覚がおありなのでしょうか?不思議です。 換算する前のmm数としたあとのmm数がごっちゃになって混乱したりします。 (2)焦点距離について 焦点距離というのは、ピント面からレンズまでの距離ですよね。例えば単焦点レンズでは35mm、50mm、85mmなどなどありますが、どのように違いますか? 数字が小さいほど描写力が高いと思っていいんでしょうか? 例えば同じものを撮るのに、85mmで撮ったのと35mmで近寄って撮って同じ大きさで撮ったものは何が違いますか? (3)ボケについて 単焦点がほしい理由のひとつにボケがあります。ボケ写真を撮りたいと思っています。 一般的にF値が小さいほど(開放)ピントの範囲が浅くなり、いわゆるボケ写真になりますよね。 例えばF2.8からF1.4に絞りを1段変えると光の量が倍になりますよね。 すると倍シャッター速度を早くすれば同じ明るさの写真になりますか? (4)単焦点レンズについて 単焦点初心者には50mm/f1.4がおすすめだと聞きました?なぜでしょうか? 30mm F1.4 EX DC HSM、 EF50mm F1.8 IIはどうですか?候補の一つです。D5100につけれますか?さすがにCanonは無理ですか。 やはり同じメーカーのNikonで選ぶのがいいのでしょうか? レンズの見極めというか、名前も英数字の羅列でどのように選べばいいのかわかりません。 (5)ピントについて 単焦点であることと、オートフォーカスは別の機能ですよね? (標準ズームレンズをつけている今、ズームができないこと、被写界深度を浅くできるということが、どういう風なのか感覚がイマイチわかりません。) 間違っているところもあるかもしれません。ご指摘ください。 初歩的すぎるのか本などでも理解できないことがよくあります…(笑) どうぞよろしくお願いします。

  • シャッタースピードとフイルムの関係は?

    ISO100のフイルムはISO400のフイルムに比べて4倍速いシャッタースピードになると聞いたのですが、たとえば開放F値5.6のレンズとISO400のフイルムを使うとシャッタースピードが1/120になるなら、開放F値8のレンズを使って1/120のシャッタースピードを確保しようと思えばISO500のフイルム(こんなフイルムは市販されていませんが)を使えば良いということになるのでしょうか?

  • EOS kiss Digital Nで入学式の写真を綺麗にとるには!

    こんにちは、よろしくお願いいたします。 現在、デジタル一眼レフを勉強しております。質問タイトルの通り、EOS kiss Digital Nを使用し入学式の写真を綺麗にとりたいと考えていますが、どのような所に気をつければよいでしょうか? 場所は、体育館で行われるため、当日の設定は、 ・絞り優先で、F値開放 ・シャッタースピードを1/60か、できれば1/125を確保できるようにISO感度設定(ISO1600での撮影で、画質が多少荒くなるのは承知してます) ・望遠レンズを使用したいと考えています。 ・三脚などは使用しません。 を考えていますが、他に何かあれば教えてください。 その他・・・ ・仮にF値を開放した場合、被写界深度が浅くなるとのことですが、開放で撮影した場合、撮りたい人物の周辺はボケてしまうのでしょうか? 体育館のように暗い所での撮影の場合、どうしても絞りを出来るだけ開けて光量を確保し、シャッタースピードを上げたいと思うと思うのですが、その結果、すべて被写体の周辺がボケてしまうものでしょうか? 仮に同じ「F値4」で撮った写真を見ても、周辺がかなりボケているものもあれば、そんなにボケていないものもあるので、どのような違いでそうなるのか? ・AFモードは、入場シーンは「ALサーボAF]で、全体写真などは「ワンショットAF」でよろしいでしょうか? ご教授よろしくお願いいたします。

  • どちらのレンズがおすすめですか?

    どちらのレンズがおすすめですか? Canon EOS Kiss X2 を持っています。 標準レンズはあるのですが、単焦点レンズで撮った子どものスナップ写真を見て、こんな写真が撮りたい!と思いました。 そこで、わからないながらも調べたところ、EF50mm F1.4 USMとEF35mm F2のどちらかがいいなと思っているのですがどちらがオススメですか? Kissとの相性とかもあるのでしょうか?(EF50mm F1.4はUSMがついていて良いとか…???) 主に子どもの写真、料理の写真を撮ろうと思っています。