• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:鬱病って?)

鬱病って?

このQ&Aのポイント
  • 鬱病について質問したい気持ちは理解できますが、センセーショナルなタイトルをつけることなく、理解を深めるための内容に焦点を当てましょう。
  • 鬱病になる人とならない人の違いは、持って産まれた性格や育ってきた環境による可能性があります。失敗に対する恐怖や自己効力感の違いが影響を与えるのかもしれません。
  • 鬱病の人に対して頑張れと言うのは禁句だとされていますが、頑張ること自体は大事です。ただし、頑張ることができない状況や限界を理解し、サポートすることが重要です。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • NicksBar
  • ベストアンサー率26% (176/673)
回答No.12

うつ病は、脳の病気です。 気の持ちようで発症するのではありません。 ただ、発症する原因となる脳内伝達物質の分泌異常が、日常のストレスや本人の性格などに由来することはあるようです。 だから、気質として発症するのだと誤解されているのが現状だと思います。「がんばれ」という言葉に対する反応、主にストレスが、うつ状態にあるときには、脳内物質の分泌異常につながるからだと思います。 同じ温度、同じ湿度、同じ照明の部屋にいても自律神経の働きが異なるため、大汗をかく人もいれば、そうでない人もいる、簡単に言えばそんな感じじゃないでしょうか。 だから、その脳内伝達物質の調整をしてあげれば、主に薬ですが、うつは治ります。 よく、薬をのんでいるあいだは治癒していない、薬を飲み続けると依存症になってしまうという話を耳にしますが、たとえば、酷い高血圧症の人が降圧剤を毎日飲んで平常な血圧を手に入れることを「薬に依存している」というでしょうか?なぜうつだけが薬を飲み続けると「薬漬けだ、薬依存だ」と言われるのでしょうか。答えは一番最初に書いた通りです。うつが「気の持ちよう」でかかる病気だと誤解されているからです。 うつの場合、頑張れと言われて頑張ろうとは思うが、それがストレスを増し、脳内伝達物質の分泌異常につながり変調をきたすことが多い、ということだと思います。 ご参考まで。

kotokaze
質問者

お礼

NicksBarさま、おはようございます。 非常にわかりやすい御説明、ありがとうございました。 スッと頭の中に入りました。 その脳内伝達物質の調整をしてあげれば、主に薬ですが、うつは治ります。 ->と言う事は、薬を飲み続けている間は通常の人と同じ生活が出来る、と言う事になりますよね? よく、薬をのんでいるあいだは治癒していない、薬を飲み続けると依存症になってしまうという話を耳にしますが、たとえば、酷い高血圧症の人が降圧剤を毎日飲んで平常な血圧を手に入れることを「薬に依存している」というでしょうか? ->仰っている事、最もだと思います。薬をある程度飲み続けて、通常通りの生活を行っている間に、ストレスの原因となる対象が無くなり、それにより、薬を飲むのを止める、と言う風には出来ないんですかね?? そんな単純な物ではないのかもしれませんが。。。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (12)

  • NicksBar
  • ベストアンサー率26% (176/673)
回答No.13

No.12です。 簡潔に。 1.薬を飲み続けている間は平常でいられる可能性が非常に高いと思います。 2.状態によっては減薬できるときもあります。 以上は自己体験からです。万人に当てはまるかどうかは別ですが。 ご参考まで。

kotokaze
質問者

お礼

NicksBarさま、こんにちは。 二度に渡る御回答、ありがとうございました。 こればかりは状況と人による、と言う感じの様ですね。。。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.11

質問拝読しました 文面に悪意は感じられなかったのでストレートに書きますね 当方、うつ歴15年の者です 幼少期より、友達と馴染めなかったり、寝起きが悪いと泣いたり...色々ありました もう30年も昔の話です その頃は「心療内科」や「スクールカウンセラー」なんてなかったです 今みたいな陰湿ないじめもありませんでした (ジャイアン・ジャイ子はいました) >うつ病になる人とならない人の違い これは多岐に渡ります 性格・家庭環境・家族構成・思考etc... 物事を判断する時にちょっとマイナスに考えてしまうんです、健康な人に比べたら でもこの判断基準が「ここ」って線引きされているわけじゃないからややこしいんです >これ以上、どうやって頑張れって言うの!? 確かにそうです うつは、わかりやすく言うといつでも5速150kmで走るんです 減速することを知らない&できないんです 常に120%完璧主義なんです だからよく「アホになれ」と言われ続けました その時はよくわからなかったのですが、今はよくわかります これで納得いただけましたか?

kotokaze
質問者

お礼

michiyo19750208さま、おはようございます。 御回答、ありがとうございます。 う~ん。。。難しいです。 昔は「うつ病」なんて言葉、なかった(一般人は聞かなかった)ですよね?ここ十年、せいぜい15年位?ですよね? うつ病が一般的に知られる様になったの。 以前は殆ど存在しなかった現代病なのか、それともそれ以前の、所謂「うつ病」になっていた人達は単なる怠け者の様に扱われてしまっており、病気として認知されていなかったのか。 どっちなんでしょうね。 常に120%完璧主義なんです ->これは何となく解る気がします。私も自他共に認める完璧主義者です。 (まぁ、完璧、とは非常に主観的な物で、私にとって完璧でも周りからみたら完璧でないのだと思いますが。) 私が今、完璧を求めて居ない物に対しても完璧を求めるようになったら、いつまでも絶対に完璧にならない事に対して絶望するだろうと思います。 もし私の考えている通りだったら、何となく理解出来ます。。。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • 23tomo-u
  • ベストアンサー率27% (433/1565)
回答No.10

難しく考えすぎですよ、 ガンに例えたらどうでしょう。 普段からキチンと生活していたらガンにはならないでしょうか、 または暴飲暴食(タバコもふまえ)してたら ガンに必ずなるでしょうか。 免疫力も関係あるでしょうし遺伝も関係あるかも知れない。 じゃあ身内にガンになった人がいれば必ず一族ろうとうガンになるのか。 どれも「絶対」と言えるものはないと思います。 なりやすい人はなりやすい、ならない人はならない、 というかそもそもガンってなんでなるの?なんで個人差があるの? という話ではないでしょうか。 ちなみに質問者様を含め、ここまで回答をくださった人たち、 みんなおなじ条件でなんにもせずボッーとしたら みんなおんなじ感覚なんですかね、 実際は他人の感覚はわからないんですけどね。 なので個人のセロトニン分泌量もストレスへの免疫力も 自分を基準に推測しがちですが、実際は「他人の感覚はわからない」 ということだと思います。

kotokaze
質問者

お礼

20tomo-uさま、おはようございます。 明快な御回答、ありがとうございます。 確かに仰っている通りだと思います。 目に見える病気ではないので、病気だと言われても病気なんだと考える事が出来ていないのがそもそもの問題なんだと思います。 何故頑張らないんだろうと無意識の内に考えているんだと思います。 どういった距離感でうつ病の方と付き合って行けば良いのか解らないです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#187873
noname#187873
回答No.9

健康な人は、がんばるときはがんばって力を抜くときは力を抜きます。リフレッシュとリラックスが上手でその場を楽しむのも上手です。自己主張も健康的にします。 うつ病の人は自分の精神と体が壊れるまで頑張ります。文句を言わないし休まないしリフレッシュもしません。相手が約束を破っても抗議しません。自分の腹に何でも詰め込みます。楽しむ時必要以上に人に気を使って楽しめません。カラオケや飲み会で楽しかったためしがありません。 新型うつ病については、仕事では鬱になってオフでは元気になるらしいので、私にもちょっとよくわかりません。

kotokaze
質問者

お礼

Sky_and_Birdさま、おはようございます。 御回答ありがとうございました。 限度なく自分の腹に何でも詰め込む、と言う感じなんでしょうね、きっと。 私もどちらかと言うと、自分の中に溜め込むタイプですが、溜めこみ過ぎると当たり前ですが爆発します。 うつ病の方が爆発する代わりにう発症する、と言う感覚でしょうか? 新型うつ病については、仕事では鬱になってオフでは元気になるらしいので、私にもちょっとよくわかりません ->これ、本当に病気なのか?と思うんです。私が主に理解できないのは、多分、こういった方なんだと思います。 病気なんでしょう。でもどうしても我侭、言い訳にしか私には見えないんです。 多分、私だけではなく、大勢の方が理解できないので、当人達は苦しい思いをしているんだろう、と思うのです。 理解をしてあげられたら、と思うのですがなかなか難しいです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#244462
noname#244462
回答No.8

No.3です。再度お邪魔します。お礼拝見しました。自閉症なら理解できるという事ですが、最近、うつ病の人のほとんどに何らかの発達障害があるという説があります 。 私自身、発達障害的な傾向は確かにあります。病前性格と発達障害の症状に被るものは多々あります。そういう意味でもやはり遺伝だと思います。 今後の研究を待たなければなりませんが、いずれ医学の進歩が結論を出してくれるでしょう。 元気な人が突然というのも外見であって、内面では色々な葛藤を抱えていたのかも知れません。心の中はわかりません。 例えば上司に叱られても感じ方は人それぞれです。自分のミスを謙虚に反省できる人、コノヤロウ!と思う人、コノヤロウ!と思って恨むだけの人、見返してやる!と頑張る人など。自分の身に起こった出来事をどう捉えるかが、性格であって、普通の人と違う捉え方(認知の歪みと言います。)をしてしまう性格を持って生まれてしまったとしか言いようがないのです。健常者の方が疑問を持つのは当然です。自分自身がそう思えない、感じられないのですから、「なぜ?」は当然ですよね。 だから、その歪みを直す為、認知行動療法というのが生まれて効果が出てる訳です。

kotokaze
質問者

お礼

rekatzさま 二度に渡る御回答、ありがとうございます。 本当に徐々に、ですが、少し理解出来てきた気がします。 うつ病の人の殆どに何らかの発達障害がると言う説、興味深く拝見させて頂きました。 私自身、ついつい理詰めで考えてしまうトコロがあり、何らか、自分が理解出来る理由、要因を見つけようと必死です。 普通の人と違う捉え方をしてしまう性格を持って生まれてしまった、と言うその違いを、違いとして私が許容できていないのだろうと思います。 違うものは違うのだから許容するしかないのですが、どう許容するか、が問題ですね。。。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#201242
noname#201242
回答No.7

#4です。 コメントありがとうございました。 >鬱病になる人とならない人の違いがある。根性、気合、頑張りが足りないだけなのではないか、と思ってしまうわけなんです。 (当然、そんな根性論ではない事も解っているんですけどね。。。) ええと、No.4にリンクした「強い脳、弱い脳」をお読みになってみていただけませんか? 酒に強いのは根性じゃありませんよね。 肝臓の機能が関係します。 ストレスにも強い体質と弱い体質があります。 脳も臓器なんですよ。 こころの病気ではありますが、「脳という体の一部」が関係しますから、そこの機能が悪くなると、気持ちの問題だけでコントロールできない場合が出てくるんです。 広く「心の病気」と考えたらそれだけじゃなくて個人の資質とかいろいろあるんだけど、まずは「刺激に対する反応には、体質も含めて個人差がある」ということはご理解ください。

kotokaze
質問者

お礼

chateraさま 数度に渡る御回答、ありがとうございます。 すみません、貼っていただいたリンクですが、今こっそり会社のパソコンからこの投稿をしており、会社のサーバーでブロックされていた様で確認できておりません。 今日、帰宅したら確認させて頂きます。 ->まだ何となく、ですが少しは「何故鬱病になる人とならない人がいるのか」は解ってきた気がします。 上の例、解り易かったです。ありがとうございます。 たまたた肝臓の例を挙げられただけなのかもしれませんが、お酒に対する耐性は強くなって行く事もありますよね? 私は昔、本当にお酒が飲めなかったんですが、毎日少しずつ飲み続ける内に、昔は缶ビール350ml一本も飲めなかったのに、今では350カン2本とワインボトル3分の2を飲む様になってしまいました(汗) 一緒にしては不謹慎かもしれませんが、この様に、少しずつのストレスによりストレスの許容量が増えて行く事はありますか? それとも一滴もアルコールを受け付けない人が、一生受け付けないのと同様、同じレベルのストレスなどがかかると、やはりまた、鬱病を発症するのでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#201242
noname#201242
回答No.6

#4です。 ごめんなさい、ちょっと訂正。 >健康的で重大なストレスがなくても鬱病になる場合があります。 内因性でもストレスが引き金になる(うつになりやすい要因になる)ことはあると言われています。

参考URL:
http://hisoka4.net/utsu-info/2010/08/post_1.html
kotokaze
質問者

お礼

ありがとうございます。 #4回答欄の所に御礼のコメントをさせて頂きました。 御確認頂ければ幸いです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#186495
noname#186495
回答No.5

こんにちは ファクターは多数あります。 「遺伝」「冬生まれの人はなりやすい説」等 同じ事象が起こったとしても 体質等により医学的「うつ病」になる人とならない人がいます。 またこの病気は短期で治る人と長年に渡る人にわかれます。 短期で「死にたい」などと言う人は数えきれないほどいますが この方々も医学的「うつ」に入ります。

kotokaze
質問者

お礼

psfx10さま、こんにちは。 二度に渡る御回答、ありがとうございます。 体質等により医学的「うつ病」にならない人が居るんですね。。。 心の面だけではなく、体質的な物があるとは知りませんでした。 御身体、御自愛下さい。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#201242
noname#201242
回答No.4

「うつ病」と言っても、健康なレベルを逸脱した「うつ状態」(症状)があることを広くカバーして呼んでいる場合と、純粋な、っていうか内因性というんでしょうかね、「大うつ病」という典型的なうつ病だけを指す場合と、両方あるような気がします。 また、原因というか、引き金によっても変わってきます。 内因性だと性格とかは関係なくて、体質だったり原因不明だったりします。 冬季うつ病ってお聞きになったことはあるでしょうか。日照時間が短くなる北国に多いそうで、これは脳内物質のアンバランスで起こります。太陽の光と肉体的な変化が影響していますので、原因は「職場のストレス」とか「家庭の悩み」とかではありません。 (それで悪化することはあるかもしれませんが) 胃腸や心臓その他の病気も、必ずしも性格や生活習慣に関係なく病気になる(健康的に暮らしていても検診を受けていても)ことがあるように、健康的で重大なストレスがなくても鬱病になる場合があります。 薬で脳の働きを調節して治療したり、冬季うつ病の場合は光を浴びる療法があります。 悩みや性格などは「心因性」で、「広い意味のうつ病」だと、病名も性格タイプも実はいろいろです。社会生活への適応度も個人差があります。 心の問題と言っても、それが影響してやっぱり脳内物質がアンバランスになっている場合もあるので、そういう場合は内因性同様に薬が効果あります。 薬の効果が少ない場合もあるようですが。 いずれの場合もカウンセリングやその他の心理療法など併用すると効果が高まる場合が多いです。 生活習慣病にたとえると、「血圧の薬を飲みながら生活を改善する」というような感じでしょうか。 >じゃあ、どうして鬱病になる人とならない人の違いがあるんでしょう? 体質や性格の影響があるのではないかと言われています。 同じ環境で暮らしても病気になる人もいればならない人もいます。それは他の病気と同じです。同じ食事を食べていても病気になる人とならない人といますよね。 強い脳と弱い脳について http://www.f5.dion.ne.jp/~with/no.htm ※これは「臓器としての強さ弱さ」であって、良し悪しや人間性の成熟度合いとは関係ない話です。 刺激を強く感じやすい性質だと、外部の影響を強く受けやすい、という可能性もあります。 http://homepage3.nifty.com/hspjapanese-k/ >でも、やっぱり自分で頑張るしか無いですよね。 >それって鬱病の方にも同じ事が言えるのではないかと思うんです。 もちろんです。 ただ、心因性の場合で言うと、葛藤が強くてエネルギーが枯渇してしまうことがあります。 頭が混乱して死にたくなる場合もあります。動物だってストレスが溜まると行動がおかしくなることがありますよね?しっぽを噛み切るとか。人間も生き物ですから。 >私も、私の家族も、みんな必死に頑張って生きているのに、まだ追い打ちをかける様に頑張れって言われると、「もう十分に頑張ってるよ!これ以上、どうやって頑張れって言うの!?」と言いたくなります。 そうやって憤ったり、言葉にして反発できればいいですよ。 でもマイナス思考のスパイラルに入ってしまっている病気の状態の人に「がんばれ」を言うと、耐えられなくて死んじゃう場合もあるんです。発作的に電車に飛び込んだりして。 憂鬱だったり落ち込んだり不安だったりetc. それは健康な人でも普通にあるのですが、レベルが重くなってしまうと、自力だけでは這い上がれないぐらい落ちちゃうことがあるんですよ。 重さの程度の問題です。 この「意志でコントロールできない落ち込み方」「マイナス思考がぐるぐる回ること」「生きてるだけで辛い」は、申し訳ないけど、やったことのある人間にしか分からないと思います。 <最悪の気持ちを煮詰めたものが毎日のように続いて、気力だけでははねのけられない状態>と申し上げたらよろしいでしょうか。 そういう時に、医師(薬)やカウンセラー、心理療法士などの「サポート」を受けて、段階を踏んで立ち上がるわけです。 転んで「あいたたたた」で済めばすぐ立ち上がって歩けるけれど、骨折した人に「さっさと立ち上がって歩きなさい!」とは言わないですよね。 転んだだけ 擦り傷 軽い捻挫 肉離れ 骨折 みたいな段階がメンタルにもある、と考えてみたらいかがでしょうか。 目に見えないから分かりにくいんですよね。 また、うつ経験者でも人によって違いますので、他人を見ると「もっとこうすればいいのにな」とかもどかしくなることはあります。経験のない方だったら尚更そう思うだろうと思いますよ。

kotokaze
質問者

お礼

chateraさま、こんにちは。 御回答ありがとうございます。 詳しい御説明を頂き、ありがとうございました。 転んだだけ、擦り傷、軽い捻挫、肉離れ、骨折などの段階がメンタルでもある、と言う御説明、なるほど、と思いました。 >レベルが重くなってしまうと、自力だけでは這い上がれないぐらい落ちちゃうことがあるんですよ。 >重さの程度の問題です。 >「意志でコントロールできない落ち込み方」「マイナス思考がぐるぐる回ること」「生きてるだけで辛い」 ->私が理解出来ていないのは、正にここだと思います。その様な感情は私も(恐らく大多数の社会人の方々も)寸分違わず持ち合わせている感情なのに、鬱病になる人とならない人の違いがある。根性、気合、頑張りが足りないだけなのではないか、と思ってしまうわけなんです。 (当然、そんな根性論ではない事も解っているんですけどね。。。) 何故鬱病になるのかを分析して理解しようと思っても無理かもしれませんね。。。頭でっかちになるばっかりな気がしてきました。 分析するよりも、私達はせいぜいひどい捻挫、鬱病の方は骨折、と割り切ってしまうのが一番良いのかな、と思い始めました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#244462
noname#244462
回答No.3

簡単に言えば遺伝です。うつ病が遺伝する訳ではありません。うつ病を含めた精神疾患になりやすい病前性格が遺伝するという事です。 ストレス耐性が弱いといってもいいでしょう。それに条件が揃えば発病するだけです。 譬えとして適切かどうかわかりませんが、赤貧だからと言って、すべての人が泥棒になる訳ではありません。冷たいものを飲んだからと言って、すべての人が下痢をする訳ではありません。 冷たいものを飲んでも下痢をしない人が「なんでお前は下痢をするんだ?」と下痢をする人に言ったところで意味はありません。

kotokaze
質問者

お礼

rekatzさま、こんにちは。 御回答ありがとうございます。 ストレス耐性が弱い、ですか。。。 う~ん。解るような、解らない様な、と言う感じです。 自閉症、アスペルガーなどは私個人としては比較的にわかりやすい(?)のですが、鬱病となると、今まで元気に暮らしていた人がプレッシャー、ストレスなどにより鬱病と言う精神疾患にかかる、と言うのが解らないのです。 頑張る、と言う選択肢を選べなかったのだろうかと。 頑張る、と言う選択肢が存在しなかったのかもしれませんが。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • うつ病が少し長引くとき

     かなり長い間、うつ病を患っているものですが、ある人から、名著「軽症うつ病」(講談社現代新書、笠原嘉著)を紹介され、目からうろこが落ちる思いをいたしました。  家庭医学コーナーにある、うつ病関連の本は、ほとんど読んでいるのですが、こんなにわかりやすい本は初めてでした。患者さんだけではなく、治療家の方たちにも是非読んで欲しいし、家族の方、職場の方にも読んで欲しいものです。  さて、質問ですが、うつ病が慢性化し、少し長引いている患者さんに対する誤解、偏見を同氏も指摘されていますが、私も感じていますので、皆さんはどう思われているか知りたく書き込みました。  「慢性うつ病は神経症か性格障害である」  (神経症という分類は国際基準からなくなりましたが、日本ではまだあります。)  このような考え方は、うつ病の治療を妨げる誤解であり、偏見であると思うのです。きちんと、うつ病を理解することが、治療の第一歩だと思うのです。  タイトルは「軽症うつ病」から引用しました。

  • うつ病療養者に励ましは禁物?

     抑うつ神経症(神経性うつ病)で療養中の者です。最初は疲労から来る疲弊性うつ病と診断されました。    ところで、うつ病療養者には、絶対に、励ましは禁物なのでしょうか?    というのは、先日、病気のコーナーで「うつ病は本当に治るのか」という質問をされた方に「お互いにがんばりましょう」とエールを送りました。すると、「症状が重いか軽いかどうか文面ではわからないうつ病療養者には励ましは控えた方がいい」という回答を読み、確かに、そうだと思ったのです。  しかし私の場合は、励まされてうれしかったことがありましたので、同病者として、エールを送るのはいけないことなのだろうかと悩んでしまいます。    うつ病の人は、よくパンクした自転車のたとえられますでしょう。いくら走ろうとしても走れない状態です。本人が何とかしなければと焦っているのに、励ますのは、確かにパンクした人に早く走れと追い打ちをかけているようなものでいけないことだと思います。ですから、回答を書かれた方のお気持ちは大変よく理解できます。  しかし、私もそうでしたが、うつ病療養者は、なかなか周囲の者の理解が得られず、孤独です。そんな中で、「お互いに頑張りましょう」というエールは、私は嬉しかったものですから。どう思われますか、みなさんは。

  • うつ病やその他精神系の病気の方への回答

    メンタルヘルスや人間関係のカテゴリで、うつ病などの病気の方や、あるいはうつ病っぽい方が質問されているところにつけられる回答をみていると、とても腹立たしいものがあります。 「もうちょっと他人のことを考えろ」 →今まで他人のことを考えすぎたからうつ病になってるんだろ? 「親はあなたの生活の面倒を見てるんだから、納得できなくても親の気持ちを考えろ」 →これも同じですけど、そういうプレッシャーからうつ病になってるんですよ? 「皆多かれ少なかれ周りに合わせて生きてるんだ。お前だけが特別じゃない。」 →その限度が過ぎたからうつ病になったんでしょ。 そういう人は、何でうつ病の人に「頑張って」が禁句だか知ってるんですか?それまで頑張りすぎてきたからですよ。 彼らは決して、甘やかされて育てられ、そして社会の現実にぶつかってうつ病になるわけじゃありません。むしろ逆で、それまで親や周囲の期待などに対して頑張りすぎたからうつ病になってるんです。 うつ病ってものをちゃんと理解してから回答してください。非常に腹立たしいです。 非常に腹立たしいから規約違反承知で意見だけ言って、運営に消されるの待ちにしようかと思ったんですけど、一応少しでも多くの人に見てもらいたいのでアンケート形式にしておきます。 「うつ病などの方への回答についてどのように回答すべきだと思いますか?」

  • うつ病は避けられるのですか

    うつ病やパニック障害になったことがある人間は 結婚相手にそれを言うと結婚取り止めになるもんですか。 以前 このサイトの相談である奥さんがうつで苦しんでてその相談をしていて 離婚もしそうだという相談でした。その回答を50代のおばさんがしていてその内容が 旦那には妻のうつ病の世話をする権利はありません、と答えていてなんてひどい人なんだろうと思いました。 あとうつ病で自殺をした女性の相手からの相談で その男性は彼女に何もできなかったんじゃないかと後悔で辛いのを相談しているのに 回答を読むと うつ病の人と関わる方がいけないんだ といった回答をみました。 結構世の中冷たい人がたくさんいるということでしょうか。 そんな答えが信じられません。 うつ病には近づきたくない人多いんですか?

  • うつ病と向けて

    二年前からうつ病になりました。 その間に一年間会社を休みました。 休んだ原因は睡眠障害で精神はみんなから様子が変だと言われるほどです。 会社から復帰して一年経ちます。 自分の中に変わった所は性格です。 普段で静かだったのに盛り上がりが激しいでまた変だと言われました。それって名前は忘れたけど落ち込んだり盛り上がったりしてしまううつ病の一部かもしれません。 それをなんとかしてほしいです。元々は周りを盛り上がるのは下手です。 盛り上がる内容は仕事中で○○ちゃん遊ぼとか人の後ろを付いてくるとか私がボケたりするとかです。 うつ病の原因は両親からの教育。 書くのはゆっくりしろとか人の事を考えてはならないとか。 会社は両親と全く逆です。物詰めを速くしても私はこれ以上スピードを上がらないし助け合いも出来ない。 両親なんか関係ないと思っても出来ないです。 このままと会社休むのが二の舞になってしまいます。 それを避けるためにはどうすればいいですか?

  • 鬱病って一体なんなんだ?

    私も以前はどちらかというと排他的、悲観的な側面も多く、細かいことでくよくよし、人とうまく接することができないする性格でした。 しかし仕事を通し色んな人と接するようになり以前より前向きに、建設的に考え、即行動できるようになったと思っています。 もちろん今でも仕事などで失敗した時もう立ち直れないほどめちゃめちゃ落ち込んで物事全て後ろ向きに考えてしまうほどふさぎ込むことは時折あります。 『がんばって!』なんて言われるといっそうどん底に落ちていくのを感じたこともあります。 そういう時は現実的に考えられるあらゆる手を尽くして考え行動し結果をそれなりに出してきたし、そうできなかった時は自分の努力、精神力のいたらなさを反省してきたつもりです。 皆だれでも落ち込むしそういう時は自分の力で考え切り開いていきますよね。 それを全部病気のせいにしてたらきりがないと思うのですが・・ あまりにも鬱病と言われる方が多くて疑問に思いました。 常識的に考えて、その人が『鬱病』だと聞かされていなければ「そりゃ、君の考えは甘いよ」と言いたくなるような意見もあります。 それとも鬱病に関する私の認識不足なのでしょうか? いったい「鬱病」と「単なる精神力の弱さ」の境界線はどこなのでしょう。 今後私の前にあらわれるかも知れない鬱病の方との接しかたも含めてお聞きしたいのです。 たいへんデリケートな話題なので勝手ですがちゃんとした知識を持つ専門家または経験者の『医学的見地からの意見のみ』お聞きしたいと思います。 一般論や感情論、説教は御遠慮下さい ちなみに鬱病とはドーパミンの減少やA10神経のはたらきを押さえるなんとか言う物質の過剰分泌からおこると言うことを何かテレビで聞いたことがあるります。 P.S. 鬱病で通院などしていらっしゃる方気を悪くしたらすみません、誰か特定の人のことではないです。

  • うつ病とセロトニンの関係?

    うつ病とセロトニンの関係? こんにちは。 最近うつ病について少し勉強している者です(まったくの素人レベルです) うつ病の原因の一つにセロトニン不足があるようです。 なので決してうつ病は怠け病のようなものではない…等書かれていました。 セロトニンのような脳内物質が影響を与えるという事は、原因はメンタル的なものではないのかな?と思いました。 でも、「うつ病になりやすい人」は真面目な人、完璧主義な人等、性格的な事が結構書かれていますよね。 その性格的な事と、セロトニンうんぬん…がどうしても結びつかないのですが。 真面目な人はセロトニンがあまり分泌されないという事なのでしょうか? ストレスはセロトニン分泌を抑える? そのあたりの関係性が分からないので、ご存じの方、教えていただけましたら嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 鬱病患者の就職

    現在鬱病で悩んでいる友人がいます。 彼女はアルバイトをしていて、私個人としては将来の事を考え正社員で働く事を薦めましたが、 「正社員は精神的プレッシャーがきつそうで絶対に耐えられない」 と言っています。 アルバイトでも働ければまだいいのでしょうが、バイトを始めてもすぐに精神的に耐えられなくなり 「もう限界。辞めたい…」 と言います。 7月頃から症状が悪化し、現在までに2度程アルバイトをしましたが、1月と続かないようです。 そんな彼女に本心は「頑張って続けようよ」と言いたいのですが、鬱病患者に頑張っては禁句と聞き何と言えばいいのかわかりません。 辞めたいと言い出した場合には辞めて他を探すように薦めた方が良いのでしょうか?それとも残ってもう少し頑張るよう言った方が良いのでしょうか?また人に接する仕事が嫌だと言ってるのですが、何か客に接しない鬱病患者がやりやすい仕事等はありますでしょうか? 素人なので友人にどう対処、アドバイスしていけばいいのかわからず悩んでいます。良い意見がありましたらお教えください。よろしくお願いします。

  • うつ病について

    過去うつ病の経験がある方、もしくは周りにうつ病だった人がいた方に質問です。 うつ病の症状がましになったり治った後、 連絡が億劫だった相手に対して返事をするようになったり、好意が戻ったことはありますか?

  • 鬱病になる人とならない人の違い。

    生きている限りみんな同じように 苦しくて耐えがたい目にあうのに、 どうして鬱病になる人とならない人がいるのでしょうか? 鬱病になる人は、 心の整理が下手なのか。 嫌なコトを忘れることがで下手なのか。 ただ弱いだけなのか。 苦労をせず生きてきたから、心の筋肉がついていないのか。 やさしい性格の持ち主なのか。 鬱病にならない人は、 気持ちの切り替えがうまいのか。 生まれ持った心の強さを持っているのか。 揺るぎ無い自信が備わっているのか。 器が大きいから小さいことにこだわらないのか。 傲慢な性格の持ち主なのか。 ただ鈍感なのか。 みなさんは、どう考えますか? もちろん鬱は10人10色だから ひとつだけの確固たる正解はないのだろうけど、 鬱の人も、鬱だった人も、 周りに鬱の方がいる人も、 まったく無縁な人も、 それぞれ個人的な意見を書いていただければ幸いです。

このQ&Aのポイント
  • インクを無駄にせずに使い切る方法を教えてください。
  • もったいなく感じるインクの使い方について、無駄にしない方法を教えてください。
  • インクを完全に使い切るためのヒントやテクニックを教えてください。
回答を見る