• 締切済み
  • 暇なときにでも

村上春樹の「羊をめぐる冒険」について

村上春樹の「羊をめぐる冒険」について (ネタバレとも言える内容を含んでいますので、未読の方はご注意ください。) 村上春樹氏の「羊をめぐる冒険」を読みましたが、わからないことが多く、意味不明の作品でした。羊が人に入り込む、既に死んだ人物と再会するなど、作品自体に非現実的な設定が盛り込まれており、ファンタジー小説、メルヘン小説であって、ストーリーの運びに辻褄が合わない点があっても気にせずに、ある意味、主人公(僕)が都合良く事件に巻き込まれていく中で、作者の描きたいものを表現しようとした作品なのでしょうか。下記に疑問に思った事項を挙げましたので、一部分でも結構ですので、ご教示願えたらと思います。 ・ 黒服の男(先生の秘書)が主人公に対して、羊を探すように依頼した理由がよくわかりません。作品中では、当初は、先生の中に入り込んだ羊の秘密を探りたい旨のことを語っており、最後の方では「彼を穴倉からひっぱりだしてほしかったんだ」と語っています。「彼」とは鼠のことのようですが、黒服の男はもともと鼠の居場所を知っていたわけで、わざわざ主人公の力を借りなくても力付くで引っ張り出すことが出来たのではないかと思います。また、なぜ、主人公なら、鼠を引っ張り出すことができると思ったのでしょうか。さらに、当初、主人公に対して、鼠を引っ張り出してほしいと具体的に依頼をせずに、羊を探してほしいなどともってまわった依頼をしたのはなぜでしょうか。一応、作品中では「彼に君を信用させるためには、君が白紙でなくてはならなかった」と書いてありますが、全く意味不明です。 ・ 羊男とは一体何者なのでしょうか。個人的には、十二滝町の開拓に関わったアイヌ青年の子孫のように思いましたが。作品中では、鼠が羊男の体を借りて、主人公に会いにきたことになっています。なぜ、鼠は羊男の体を借りる必要があったのでしょうか(なぜ、わざわざ羊男を登場させる必要があったのでしょうか)。 ・ 鼠が死んだのは、主人公が鼠に再会した1週間前で、先生が亡くなった時と一致しています。この一致には何か意味があるのでしょうか。 ・ そもそも、この作品で作者が描きたかったことは何だったのでしょうか。また、主人公にとって、この冒険はどのような意味を持っているのでしょうか。読み終えても、全くわかりませんでした。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1522
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1

>全くわかりませんでした。 それが普通じゃないでしょうか。 「読んだ。なんか良くわからないけど、そこはかとなくイイ。こういう世界が好きだ」 というところから先を探求したって無意味です。 思うに、「君(読者)がどう解釈しようと(解釈できまいと)ぼくには関係ないからね」というのが村上氏のスタンスなんじゃないでしょうか。あなたのように頭の中に「??」がたくさん浮かんでいるのをみてほくそ笑んでいるのではないかと。 私も30年近く3部作を何度か読みなおしてますけど、「解決しよう」とか「理解しよう」なんて思ったことは無いです。というか、あきらめてます。 読む側がいつもポツンと放り出され、取り残されるのが村上ワールドだと思ってますから。 さて、秘書は本当に主人公の力を借りなくても力づくで鼠を引っ張り出すことができたか? Noでしょうね。だってこの世の存在じゃないですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。 村上作品について、登場人物の行動やストーリーの妥当性、必然性を問題にすること自体、ナンセンスなのかもしれません。 個人的には、村上作品は「全体」よりも「部分」が面白いと感じています。 登場人物の造型、洒落た会話、主人公の物の見方や表現の仕方などの「部分」が面白くて、読んでいる最中は確かに楽しめます。 一方、読み終えて、「全体」を見た場合には、主題や作者の主張などは曖昧模糊としていて掴みどころがなく、わけが分からないといった感じです。

関連するQ&A

  • 村上春樹の「羊をめぐる冒険」について質問です。

    村上春樹の「羊をめぐる冒険」について質問です。 村上春樹さんの作品「羊をめぐる冒険(下)」にある、『そうなればあの黒服の男は彼のいわゆる「神々の黄昏」の中に確実に引きずりこんでいくだろう。』の「神々の黄昏」とはどういう意味なのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • 村上春樹の小説

    私は村上春樹の小説が大好きです。 村上春樹の小説を何冊か読んだことのある方に質問したいのですが、あなたの好きな作品はどれですか? 長編でも短編でも構いません。 私は、ノルウェイの森・羊をめぐる冒険・世界の終わりとハードボイルドワンダーランドが好きです。

  • 村上春樹「羊」三部作について

    最近、村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」(上)(下)を読み終えました。 とても面白かったので、他の作品も読みたいと思い、書籍のHPを見ていると ”羊三部作”という表現があり、今回読んだ「ダンス・ダンス・ダンス」も含まれて いるのですが、あとの2作品はどれでしょうか? ひとつは「羊をめぐる冒険」かな?と思っていますが。 まだ「ダンス~」しか読んでいないので、その辺の流れがわかりません。 村上春樹の作品を読んだ方、教えてください。 あと個人的におすすめな本も是非聞いてみたいです。

  • 村上春樹「羊をめぐる冒険」

    村上春樹「羊をめぐる冒険」 について教えていただきたいのですが。 結局、羊とは(論理的に説明すると)何だったのでしょうか? 文学を(とりわけ村上ワールドを)論理で読んでは仕方ないのかもしれませんが、 それにしても「どういう話なのか」すら分からないのでは、2度も読んだのに切ないです。 「人に強大な能力を与える変わりに、自分らしさを奪う思想」みたいなものでしょうか? ぜんぜん違うでしょうか? それを主人公が(正体も分からず)探しに行くというのは、いったい、どういう?? 理屈で読めるものではないと、お叱りを受けるかもしれませんが、 作品の基本的な設定というか、仕組みというか、その部分も分かってないと自覚しているので、 なんとか「論理的なヒント」をいただけると助かります。

  • 村上春樹さんの三部作って??

    村上春樹さんの三部作と言ったら 風の歌を聴け 羊をめぐる冒険 ダンスダンスダンス の事でしょうか?それとも 風の歌を聴け 1973年のピンボール 羊の冒険 この三作のことでしょうか?教えてください。

  • 村上春樹さん的小説

    こんにちは。 私は村上春樹さんの『羊をめぐる冒険』などが好きなのですが、 こういった傾向のお話で、おすすめな本(村上春樹さん以外で)があれば教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 村上春樹の作品について

    こんばんは。僕は今19歳の大学生です。 村上春樹の作品を初めて読んだのは去年の夏でした。そのとき読んだのは『海辺のカフカ』です。すごい衝撃を受けました。おもしろ過ぎて。でも難解すぎて言いたいことがうまく掴めませんでした・・・(自分の中で作者の言いたいことをつかんで自分なりに解釈できなければ、その本を読んだということにならないのかもしれませんが・・・)それから村上春樹の『ノルウェイの森』『中国行きのスロウボート』『風の歌を聴け』を順に読みました。でもやはり言いたいことがうまく掴めません(><) そこで皆さんは村上春樹の作品についてどう思われますか?作品の根底には何が流れていると思いますか?また、村上春樹の作品を読むに当たっての心構えなどありますか?本は自分で読み解かなければ意味が無いというのは重々わかっているのですが、参考にさせてください。よろしくお願いします。

  • 村上春樹 「羊」と「羊男」の違いとは?

    現在村上春樹についてレポート作成なのですが、 「羊をめぐる冒険」に登場する 「羊」と「羊男」は、名前は似ていますが全く別物なのでしょうか?

  • 村上春樹さんのよさはどこでしょう?

    村上春樹さんのノルウェイの森を読みました。 村上春樹さんは非常に有名で、このカテゴリーでもファンの方は多いようですが、 彼の小説のどのようなところが好きなのでしょうか? 非難するつもりではなく、単純にその魅力を具体的な言葉で知りたいのです。 ノルウェイの森しか読んでませんが、 私の感想では、、。 まず、主人公の人格ですが、あまり魅力が無いように思います。 実際にいても、友達が出来ず、人望も無いのでは? と思ってしまうほどに感じます。 また、相手の女性方も、全員とは言いませんが、魅力に欠けます。 無くてもいいのでは?と思えるようなエピソードもたくさん出てきます。 冒頭の、多少苦しみながらの回想シーン、 これは小説の終わりに、冒頭の部分につながるはっきりとした何かが来るのかなと思えば、何もありません。 冒頭の部分がなぜ必要なのかもわかりません。 最後、年上の女性と肉体関係を持ってしまうのも いったいこの本で何を表現したいのかと思ってしまいます。 他の作品もたくさん読んでみたいとも思うのですが、 迷っています。 村上春樹さんの作品を好きな方の魅了されている点を具体的に教えて頂けないでしょうか?

  • ポスト村上春樹といえば?

    村上春樹さんはノーベル賞受賞間近と言われ、 日本で広く親しまれるだけでなく、様々な国に熱心な読者がいます。 2、30年前の作品が、今なお映画化されたりして愛され、読まれ続けています。 村上春樹さん以降の作家で、 これから、村上春樹さんのように、愛され続けると思われる 日本人作家と、そのお薦め作品を教えてください。 (別に文体や作品が村上春樹さんに似ている必要はないです。) 海外文学ばかり読んできて、 日本の現代小説、特に21世紀以降の作品は詳しくありません。 でも、古川日出男さんのベルカとアラビアの~を読んで面白いなあと思い、 今の日本文学で、とびきり生きの良い&すばらしい作品を知りたいと思うようになりました。 なお、個人的な好みとして、 海外文学は、岸本佐知子さん、柴田元幸さん、村上春樹さんの翻訳したものは大体チェックしています。 池澤夏樹さん監修の世界文学全集は、わりと好きな作品/作家が多かったです。 他にチェーホフ、夏目漱石も好き。ナボコフも好きです。 そういう作品/作者と、並んで読めるような作品を是非是非教えてください。