• 締切済み

競馬予想業者はなぜ逮捕されない?

競馬予想業者はなぜ逮捕されない? お世話になります。 概要 新聞広告やネットのHPで虚偽の的中実績を表示して集客している競馬予想業者はなぜ詐欺罪や景品表示法違反で逮捕されないのか? 詳細 スポーツ新聞や競馬雑誌、男性雑誌を開くと、競馬予想業者の広告がわんさか載っています。 新聞広告については、 「必ず予想内容を事前に新聞社(あるいは新聞社の広告取扱部署、あるいは広告代理店)に届け出て、次回広告掲載する場合に”過去実績”を載せるならばその内容が事前に提出した予想内容と一致していることが条件。  お客様に提供していなかった買い目を、  ”先週の予想は見事当たりました!!”  と広告掲載することは新聞社の自主規制に反するので広告を受け付けてもらえない」 と聞きました。 まあ、理屈は分かります。 しかし、一方で 「次回の的中実績広告と、事前の買い目予想が完全に合致していなくとも、広告は載せてもらえる。  競馬予想業者は広告主なのだから、広告主のご機嫌を損ねるようなことはしない。  新聞社側は  ”予想的中の告知と、それが本当に客に予想提供した買い目なのか? ということは広告主の自主判断に任せている”  とさえ言っておけば対外的なメンツは守れるし、新聞社の広告部責任者が共犯者として警察に逮捕されることもない。」 とも聞きました。まあ、これももっともらしい理屈です。 ************************************************* しかし、競馬詐欺業者の手口はこのようなものです。 よくあるインチキ手口ですと、客になって有料情報を提供してもらったが、見事に外れた。 ところが週明けの新聞広告を見ると、自分が教えてもらった買い目とは全然違う買い目を提供したかのような広告が載っている。 業者に抗議電話を入れると 「あなたが入会したのは一般コースであり、安い料金で、信頼性の低い予想を教えた。だから外れた。  新聞に載っている的中実績は高級コースです。料金は倍だが、こっちなら100%当たる。コース変更しますか?」 という逃げ文句&勧誘文句となる。  つられてコース変更してみると、 「もっと確実なゴールドコースがある。これなら万馬券が当たるので、今までの負けが一気に取り戻せる」 などとまたまた勧誘される。まあ、この繰り返してプラチナコース、ダイヤモンドコース、などと適当な名称の上級コースへ何度も勧誘されるわけです。 しかし、新聞広告には、コースが複数あるとは載っていません。 的中実績として載せた買い目が、その広告で募集している金額では教えてもらえないことも載っていません。 先週の広告と今週の広告を並べて、客観的に眺めれば誰が見ても、先週加入したお客さんは広告通りの金額を払えば、 今週の広告の”先週の的中実績!”に書いてある買い目を教えてもらっているはず、と解釈できる内容です。 あるいは別の手口では、客が100人いれば、100通りの買い目情報を教え、どれかが必ず当たるようにしておく。 週明けの新聞広告には「今週も見事的中!!」との広告を載せる。 しかし広告内にはどこにも”客によって異なる情報を提供しています”という表示はない。 業者に抗議すると 「レース前に入ってくる情報によって、狙う買い目は刻々と変化している。  だからメールを送る時間や電話伝達をする時間帯によって異なる買い目を伝えている。  別に意図的に買い目をばらけさせて、どれかが必ず当たる、ということにしているわけではない。  今週的中した客はたった一人だが、確かに教えた通りの買い目が当たったのは事実だ。悪意はない」 などとはぐらかされます。 だから広告を見ただけの人は、たった一通りの予想によって毎週的中しているかのように錯覚します。 *************************************************************** これは客側の注意点が足りない、というよりも明らかに広告主側が 「客が錯誤することを狙っている」 「聞かれなかったから教えなかっただ」 「積極的に嘘は言わないが、本当の事も言わない」 「勘違いした客が悪い」 としか思えません。 そうすると、これは詐欺罪か、詐欺罪に問うのが難しければ、景品表示法違反となり、業者は警察に逮捕されてしかるべきと思うのですが、どの業者も何年も何年も営業を続けて一向に広告が止む気配がありません。 これは一体どういうカラクリなのでしょうか? パチンコ業界が警察の天下りを受け入れているように、競馬詐欺業者は警察の天下りを受け入れて摘発を逃れているのでしょうか?

みんなの回答

  • chie65535
  • ベストアンサー率43% (8542/19421)
回答No.3

>充分、優良誤認、有利誤認に該当していると思えますが。 優良誤認 (1) 実際のものよりも著しく優良であると示すもの (2) 事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すもの 有利誤認 (1) 実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの (2) 競争事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利である一般消費者に誤認されるもの まず、どちらも(2)は、今回の広告の件とは関係ありません。同業他社との比較広告ではないですので。 「過去実績」は、あくまでも「過去、こうでした」ってのを書いてあるだけに過ぎません。 「過去実績の表示」が優良誤認の(1)、有利誤認の(1)に該当するか?と問われると、当方は「該当しないんじゃないかな」としか言えません。「過去は過去、今は今。過去と同じ質のサービスを現在も提供しているとは、どこにも書いてない」って言われたら、当方はそれに反論できませんから。

s_end
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 ちょっと言っていることの意味がわからないんですが。 例として、 業者は、 『春雷ステークスではエーシンホワイティが勝ちます。と会員に伝達し、その通りに優勝しました』 と、広告にはのせています。他に断り書きが無いので、当然、申込者は、すべての客に エーシンホワイティが勝つ、 と伝達しているものと信じて入会するわけです。 で、入会すると、 『皐月賞はグランデッツァが勝ちます』 と教えてもらったところ、外れてしまい、ゴールドシップが勝った。 すると週明けの広告には 『先週、皐月賞はグランデッツァが勝ちます。と会員に伝達し、その通りに優勝しました。』 と平気な顔をして掲載しているわけです。 どんな理屈(複数の別コースが存在し、コースごとに伝達内容は異なる。とか、時事刻々とレース予想は変化するので、買い目伝達内容はその都度異なる、とか、その他多数の言い訳、弁明、言い逃れ。。。)を着けようと、 『入会した客によほど落ち度がなければ、後に業者が述べる言い訳の可能性を広告面から読み取れないのであれば、客の過失ではなく、業者側が客の錯誤を狙っていたものである。』 事は明白である。これは裁判云々以前の常識問題である。 と、普通なら考えると思いますがね。 どうして貴殿が主張するような 『前言を翻しても、詐欺に成らない、優良誤認・有利誤認とは成らない』 という考えになれるんでしょうか? これって何かの前例、判決に基づいた発言ですか? それとも貴殿は競馬詐欺会社の身内の人ですか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • eroero1919
  • ベストアンサー率27% (3007/11114)
回答No.2

質問者さんはご存じないのでしょうが、投資信託の広告でも同じようなものはわんさとありますよ。例えば、「当社の投資信託は過去1年間の実績は142%です!」などと謳っています。しかし、過去2年まで遡るととんでもない大穴を空けていたりするのです。誰でもその名を知っているような大手証券会社でも針小棒大な違反ギリギリというか法の網の目をくぐった広告をうっているんですよ。 >これは客側の注意点が足りない、というよりも明らかに広告主側が >「客が錯誤することを狙っている」 >「聞かれなかったから教えなかっただ」 >「積極的に嘘は言わないが、本当の事も言わない」 >「勘違いした客が悪い」 >としか思えません。 実におっしゃるとおりです。世の中には、そういう奴が逮捕しても逮捕しても出てくるのです。かの石川五右衛門(本物)は「浜の真砂は尽くるとも、世の盗人の種は尽くまじ」といいました。騙す奴を捕まえるより、せめて自分が騙されないように気を付けるしかないのです。

s_end
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 >例えば、「当社の投資信託は過去1年間の実績は142%です!」などと謳っています。しかし、過去2年まで遡るととんでもない大穴を空けていたりするのです。 これは知りませんでしたが、この勧誘業者は当然2年以上前の投資成績のデータも持っていて客に開示するでしょ? そうしたらセールスマンの言う事は 「成績の良かった部分だけを抜き出して言っている」 ということはすぐにばれるじゃないですか。 そしたら客は契約しませんよ。 そうじゃなくて、競馬詐欺業者は実際の提供情報と全く別の成績を示すから、客側としては入会して実際に確かめる以外に方法を持たないので、性質が悪いのです。 それを役所が取り締まれないのが不思議です。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • chie65535
  • ベストアンサー率43% (8542/19421)
回答No.1

>「客が錯誤することを狙っている」 >「聞かれなかったから教えなかっただ」 >「積極的に嘘は言わないが、本当の事も言わない」 >「勘違いした客が悪い」 これらの行為を規制する法律は存在しないと思います。 >欺罪か、詐欺罪に問うのが難しければ、景品表示法違反となり、業者は警察に逮捕されてしかるべき 虚偽広告、誇大広告として、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を適用するとしたら「優良誤認(4条1項1号)」か「有利誤認(4条1項2号)」に該当していないと、違法性が認められません。 >これは一体どういうカラクリなのでしょうか? 「規制する法律が存在しないだけ」の話です。 言い換えれば「法律の不備を突いて、法の網の目をかい潜っているだけ」の話です。 カラクリなんかありません。

s_end
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 充分、優良誤認、有利誤認に該当していると思えますが。 詐欺業者は、なにかこれらに該当しないような抜け道でも持っているのでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 虚偽の宣伝広告は違法行為ではないのか?

    概要 競馬予想業者が掲げる『先週の的中実績』が虚偽の場合は、違法行為ではないのか? 詳細 競馬予想業者が新聞広告、雑誌広告、ネット画面などに 『先週の的中実績』 として多数の実績を掲げているのをよく見ます。 それらの広告文面には ●すべての客に同じ予想を伝えているわけではありません。広告に掲示した予想とは異なる予想を伝えたお客様もいます。 ●この広告に掲示した加入募集コース以外にも加入募集コースが何通りもあります。的中実績として掲示した実績は必ずしもあなたが加入希望しているコースの結果とは限りません。 ●すべてのお客様がこれらの的中馬券を購入した訳ではありません。 と言った注意書きは有りません。 普通の日本語の読解をすれば、 『お客になればすべてのお客に同一内容の予想が伝えられ、それが見事的中した。』 と理解するのが当然であるかのような記載がなされています。 しかし加入して予想を教えてもらっても、外れます。 翌週、同じ業者の広告を見ると、自分が教えてもらった予想とは全く別の的中実績を堂々と載せて、さもその予想をお客様に伝達したかのような広告となっています。 抗議すると、 ●あなたが加入したのは下級コース。広告の的中実績は上級コース。嘘の的中実績を載せているわけではない。 ●たくさんの関係者、内通者、予想担当者から送られてくる情報によって、予想は時時刻々と変わる。その時その時のベストの予想を伝えている。広告に載せた予想を教えてあげたお客さんも実在する。 などなど言い訳をたくさんの並べてきます。 しかし広告文面や、入会時の約款などに、後に業者が言い訳として並べるような ●別コースの存在 ●予想内容は画一ではなく、客や伝達のタイミングによって異なる予想を伝えることもある ●広告に掲示した以外にも何通りかの予想がある ●広告に載せたのは何通りかの予想のうちの一つに過ぎない ということは何ひとつ読み取れません。 客側に余程の落ち度があれば別ですが、そうでなければ 『お客になればすべてのお客に同一内容の予想が伝えられ、広告に載るのは唯一無二の予想と、その的中実績である』 と読解できる契約内容です。 これらに騙されて契約した客は当然被害者であり、業者の広告は景品表示法違反、業者の営業行為は詐欺行為だと思います。 しかし、実態は同じ業者がいつまでも何年も広告を載せています。 (他の悪徳商法業界にように逮捕、残党が同業を開業、また逮捕、また残党が同業を開業、といういたちごっこならわかるのですが) 逮捕者が出るたびに社長の首をすげ替えて、会社としては生き残っているのかな?と思い、先日、業界の中でも老舗と呼ばれる業者の登記簿を確認しましたがそうではないようです。 どうしてこれ等の競馬詐欺業者は警察に逮捕、廃業とならないのでしょうか。?

  • 【スポーツ新聞の競馬予想会社の広告について】スポー

    【スポーツ新聞の競馬予想会社の広告について】スポーツ新聞の競馬予想会社の広告について質問です。 競馬予想会社は情報料無料で、的中保証でどうやって儲けているのでしょうか? 的中保証とは4レースで1レースでも的中しなかった場合に登録料金の200円全額をクオカードにて返金+1年間の競馬予想情報提供料無料だそうです。

  • 競馬予想会社

    あの情報は本当なんですか?もし本当だとしたら大多数のところで一週間で100万円以上稼げますけど?カラクリも多いと聞きます。実際信頼できる予想会社はありますか?また、その会社の回収率はどれぐらいですか?今週の報知新聞に優駿競馬の予想情報が通常15万円が1000円にて聞ける特別期間ですけど信頼しても良いのでしょうか?その新聞には一週間で100万増やせるとか当社は全戦全勝を目指していますとか書いてました。あと、競馬予想会社って大概広告に中山何日何R何賞的中・・・とか書いてますよね?あれは本当なんですか?私は聞いたことないんでわからないですけどあれが本当なら競馬だけで何億も稼げるのでしょうか。そんなに甘くないですよね、見ず知らずの他人に広告費まで出して儲け話を教える会社なんてあるわけないし。私が思ってるのは、そういう的中しましたっていう広告は、会員によってそのレースの予想結果を千差万別で教えてるから当たるんじゃないか?ということです。例えばレース開始前の3時間ぐらいは10分おきに馬の状態を見て予想がころころ変わり、電話で予想を聞いたタイミングによって会員に教える情報が違うとか、そういうからくりがあるのかな?と勝手に予想してましたがどうなんでしょうか?あと、競馬予想本とはもどうなんですか?広告には軸馬連帯率90パーセント、的中率70パーセントとかありますけど、あれも買ったことがないんですけど、予想を割り出す数式に、「状態がいい馬」とかそういうかんじのとり方によっては何でもいいような要素があるのかな?と思ってるんですけど実際どうなんでしょうか?すべて私の思い込みなのかどうか・・・誰か教えてください

  • 競馬予想会社について

    競馬雑誌や新聞を見ていると様々な予想会社が錚錚たる的中結果を紹介して自社をアピールしていますが、あれは全て鵜呑みにしていいものなのでしょうか?堂々と誇大広告を載せるとも思えないのですが、純利益200万とか言われても本当にその通りとはとても信じられないですし・・・。数字のマジックなのでしょうか?宜しくお願いします。

  • 競馬予想の精度

    競馬新聞やスポーツ新聞で様々な人が無数の予想を掲載していますが、みなそれぞれ違っています。 それに実際にどれだけ的中したかという検証がされるわけでもなく、次の週にはまた次の予想が掲載されます。 はたして統計などで的中率や回収率が明確に優れている記者や新聞ってあるのでしょうか?

  • 競馬予想会社

    競馬予想の「ピンポイント」という会社を知っている方いますか? 広告ではものすごい的中率を謳っていますが、本当に当たるのでしょうか?

  • 競馬予想について

    新聞・雑誌・インターネットなどに競馬予想の広告がたくさん載っていますね! 私は、もう3度もこの競馬予想にだまされました。 本当に当たる(儲かる)競馬予想ってあるのでしょうか? もし儲かっている方がおりましたら教えていただきたいと思います。 そんなおいしい話は、教えられないな~って言うかもしれませんが・・・ きっと私のように損をしている方の方が多いと思います。 そんな人のためにも教えていただきたいと思います。 都合のよいことばかり書いて申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

  • 的中率が高い競馬予想家について

    競馬初心者です。スポーツ新聞、夕刊紙、競馬専門新聞等で馬柱で◎○▲△マークを付けて予想されている予想家で高い的中率の方を教えて下さい。参考にしたいです。

  • 競馬予想

    昔いた知り合いで、競馬でかなり稼いでいる方がいました。 予想新聞は買わずに、オッズだけで決めて馬券を購入していました。 もちろん調教や距離適正やコース適正や体重などを無視して、単純にオッズだけで馬券を購入していました。 賭ける金額もハンパじゃないほど、高額に賭けて的中させまくっていました。 その当時は自分は競馬に興味がなく、パチンコばかりしていました。 しかし現在は競馬をするようになり、7年ぐらいですが、年間収支が少し稼げるようになりましたが、去年から初めてのマイナス収支です。 全く勝てなくなり、競馬の難しさを実感しました。 その時に、昔いた知り合いを思い出しました。 オッズだけで、毎週のように稼ぎまくっていた知り合いを思い出し、オッズだけで、どのように予想していたのかが気になっています。 馬連と3連復をメインに買っていたと思います。 オッズで、どのように馬券を組み立てていたと考えられますか?

  • 本当にためになる競馬予想サイトはどこでしょうか?

    自分は競馬歴4年半ですが、最近になって、競馬予想サイトの買い目を参考にし始めました。 今は、競馬予想サイトといっても、結構な数ありますよね。 そこで、本当に為になる(的中率・回収率等)競馬予想サイトは、 何があるでしょうか??