• ベストアンサー
  • 困ってます

助けて!isoイメージをDVDに焼けません

  • 質問No.7374555
  • 閲覧数2818
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/6)

Linux初心者です。よろしくお願いします。
問題は、4つ。

1.OSに限らず、あらゆるisoイメージ一般をDVDにうまく焼く方法。
2.同じisoファイルでも、” boot.iso” と“disc.iso”や “dvd.iso”はどうちがうのか?
3. ”6.2”には” boot.iso”があるのに、なぜ”5” や“4”に ” boot.iso”がないのか?
4.最新バージョン”6.2”のisoイメージはすんなりDVDに焼けたのに、どうして既にRed Hat社やベンダーらが実証済みのバージョン”5”のisoイメージが焼けないのか?

Red Hat Enterprise Linuxを導入運用したいと思います。まずは試用版を試験運用して、本格購入を検討したいと思います。30日間評価版 サブスクリプションを取得し、RHELバージョン”6.2”のisoイメージ(rhel-server-6.2-i386-boot.iso)はすんなりダウンロードできて、簡単にDVDに焼けました。

https://www.redhat.com/products/enterprise-linux/server/download.html

ところが、私のサーバーマシンが”6.2”に対応しておらず、バージョン”5”ならRHEL実証済みとベンダーのデータに書かれてありました。そこで、バージョン”5”のDVDのisoイメージをダウンロードしようとしたのですが、なぜかうまくいきません。そこでDVDからCDに切り替え、やっとCDのisoイメージをダウンロードできたと思ったら、今度はそのバージョン”5.8” のisoイメージが、なぜかCDに書き込めません。iso対応のCD/DVDライティングソフト2種類で10回以上試行したのですが2週間以上たっても、DVDにもCDにも焼けないで、たいへん困っています。

RHELでなくてもかまいません。一般論として、isoイメージをダウンロードして、CD/DVDのメディアにうまく焼く方法でもかまいません。

ただ、今回は、RHELの新規OSインストールDVDを作って、それで新規にPCにOSをインストールして、RHELをサーバーとして運用したいです。なので、FedoraやCentOS、Slackware系やUbuntu系でもよいので、できればLinuxのisoファイルをダウンロードしてインストールしたご経験のある方々のアドバイスを賜りたいと思います。

たいへん困っています。なにとぞ、至急、よろしくお願いもうしあげます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 50% (273/538)

>2.WindowsでもLinuxでもOSインストールが不可だったというケース
>4.

件の機械のwindows server 2003は、ユーティリティ”ServerStart”を使ってインストールを行う様になっていて、インストール途中でドライバを組み込む設定になっているのでしょう。
ServerStartのバージョンや、その起動モードについて尋ねられています。

ServerStartで検索すると、「解り辛い、素直にMSのインストーラ使っとけ!」と、毒を吐いたサービス担当も居た様子です。

一般的なデスクトップディストリビューションの場合、インストーラは、備え付けの仮想環境の下で実行され、基本的な最低限のドライバは、既にそれに組み込まれています。

(最近はGUI環境下でのインストールさえ可能になっています。)

バグが在れば、フォーラムや、メーリングリスト等で開発チームに報告され、次々フィードバックされて行きますので、世代を重ねる毎に、そうしたOS内蔵ドライバも熟成が進んでいきますし、対応ハードも追加されていきます。
(インストーラに、特定環境下で実行停止を伴うような重大なバグが在れば、インストールイメージも、随時改訂されます。)

>3.isoイメージの問題

http://docs.redhat.com/docs/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Installation_Guide/sn-making-media.html

上記のURLは、RHELのドキュメント集のものですが、こちらを読んでいただくと、boot.isoの意味がお解りいただけると思います。
これは、最低限のブートイメージであり、インストールを行うには、インストールイメージをマウントする必要が有る様です。

左のメニューのRHEL6の部分にのみ、インストールガイドが在りますが、このページの表中・文中の”rhel-variant-version-”の部分は、利用しようとする物のそれと、適宜読み替えて考えて下さい。
おそらくは基本的に変化の無い部分なのでしょう、重複部分としてカットしたのかも知れません。
差異については、それぞれのリリースノートで確認し、それを踏まえた上で、導入して欲しいのでしょうね。

インストールは、HDD上の.isoイメージや、WEB経由でも可能な様子なので、ダウンロードやディスク作成が上手く行かない様でしたら、画像からブートイメージは動いたようですので、試されてはいかがでしょう?

3.5. インストール方法の選択
http://docs.redhat.com/docs/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Installation_Guide/s1-installmethod-x86.html

isoイメージは、遠いサーバからそのままダウンロードすると、結構な頻度でダウンロード中に壊れていたりしますので(壊れると、ハッシュ値・ファイルサイズ・チェックサム等が一致しなくなります。)、比較的低速環境に有る自分の場合、OpenSuseや、DebianをWEB経由でインストールするのが常だったりします。
(主流になっているパッケージマネージャは、ダウンロードの完了したパッケージ毎に、チェックを入れます。)

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (273/538)

利用者の常道として、「オープンソースのOSを安定利用する時には、最新の「安定版」で、エラッタ・バグ情報を漁った後、「枯れた」(問題を出し切った)ハードを使え。」と、云う指針が有ったりします。

これは、新規発表されるハードウェアのドライバ開発が、権利・特許・機密事項等の諸般の事情で、情報が完全に公開されない中での開発になり易いため、開発元以外の集団が製作に当たる事が多いオープンソースドライバが、試験段階から安定的に利用出来るレベルに達するには、結構、時間を要するために云われる事なのです。

探すことが困難な程古くなった技術か、特殊なハードウェア仕様になっていない限りは、新しいリリースのOSの方が、使えるハードウェアが多くなっていく事が普通です。(外部ドライバ・カーネルモジュール共。)

検索の結果、”Fujitsu Technology Solutions”のフォーラム上で、Suseの旧リリース(9.3)でもって、「インストール出来無いのだけれども、どうしたら良いだろう?」と、相談を持ちかけていた、あなたのご利用の物から1つ後の機種(s6)のオーナーが、次のリリース(10.3)を試したところ、「なんの事は無い、インストールしようとしたSuseのバージョンが古くて、SAS(Serial Attached SCSI)に対応出来ていなかっただけだったんで、問題なくインストール出来てしまったので終了&ありがとさん。」と、自己解決したやりとりも見られました。

http://forum.ts.fujitsu.com/forum/viewtopic.php?f=102&t=29619

最後の書き込みより。

Re: [TX150 S6] Installation of an OS impossible

Postby *** on Fri Mar 21, 2008 9:44

The problem is resolved. Apparently the distribution wasn't recent enough and so doesn't support SAS. I have tried with Suse 10.3 and it is working.
Thanks for your help

これが、最初の質問の理由です。

メーカ・ベンダが、旧世代ハードで新規リリースのディストロの検証をしないのは、次世代製品への更新を促す狙いが在ります。(サポート対応に当たらせるための、人的リソースの限界も在るのでしょう。)

CD/DVDを灼く環境・これは、書き込みを行うドライブの仕様、もしくは、型番も含めて下さい。

CD-RWで経験したことですが、ドライブの書き込み速度と、メディアの書き込み速度にミスマッチが在った場合、たとえ最低速で書き込もうとしても、正しく書き込むことが出来ない事が有るためです。(規格違いなのでしょう、普通に終了しますが、読み出せません。)

「DVD-RAM搭載」これでは、過去に存在した専用ドライブなのか、「DVD-RAMも利用できる」ドライブなのか、見当が付きません。(RAM専用ドライブの場合、専用メディアが必要になります。)
補足コメント
Amethyst_18

お礼率 0% (0/6)

ご回答、ありがとうございます!
貴重な情報をありがとうございます。とても参考になりました。ただ、よく読みますと、いくつかの疑問点が……

1.2008年のケース
2012年の今より古いケース。

2.WindowsでもLinuxでもOSインストールが不可だったというケース

この質問者は、Linux でもWindowsでも、HDDやDVDドライブを認識しなかったという症状を訴えていますが、私の場合は、Linux でもWindowsでもHDDやDVDドライブを認識していたのです。少なくとも、”Windows Server 2003 R2”や”CentOS 5.6”などは、問題なくHDDやDVDドライブを認識し、初めから最近の再インストールに至るまで、ドライバもOS本体もすんなりインストールできていたのです。

ただ、最新バージョンである”Red Hat Enterprise Linux 6.2”だけが、CD(DVD)-ROMドライバを認識しなかったのです。そこで、ベンダーの富士通の公式サイトを見ると “REEL5”なら動作確認が取れているという情報が上がっていたので、1つバージョンを落として“REEL5”をインストールしようとしたのです。

ところが、 “REEL6.2”はすんなりダウンロードできてインストールDVDが作成できたのに、なぜか、“REEL5”はすんなりダウンロードもインストールDVDも作成できない、という症状なのです。

3.isoイメージの問題

なぜ、RHELバージョン”6.2”のisoイメージ(rhel-server-6.2-i386-boot.iso)はすんなりダウンロードできて、バージョン”5.8”のisoイメージがすんなりダウンロードできないのでしょうか? なぜ、”6.2”のisoイメージは”rhel-server-6.2-i386-boot.iso”と、はっきり” boot.iso”になっているのに、”6.2”以外のisoイメージは”rhel-server-5.8-i386-disc1.iso”や” rhel-server-5.8-i386-dvd.iso”と、はっきり” boot.iso”になっていないのでしょうか?

4.Linux用新規ドライバをOSインストール前にどうやってインストールするのか?

”Fujitsu Technology Solutions”のフォーラム上で、Suseの旧リリース(9.3)でもって、「インストール出来無いのだけれども、どうしたら良いだろう?」と、相談を持ちかけていた、あなたのご利用の物から1つ後の機種(s6)のオーナーが、次のリリース(10.3)を試したところ……”とありますね。
でも、恥ずかしながら、いったいどうやってSASドライバを、Suseの旧リリース(9.3)から次のリリース(10.3)へバージョンアップするのか、という単純なことさえわからない私です。

”PRIMERGY” TX150 S5でデフォルトの”Windows Server 2003 R2”の場合は、先にSASドライバを購入時の”アレイコントローラドキュメント&ツールCD(SAS 300-8E BOMB; SAS 8900XLP等)”からインストールしたように思います。でも、これはあくまでもWindows用のSASドライバで、Linux用ではないでしょう。Linux用のSASドライバを、しかもOS(Linux)のインストールの前に、いったいどうやってバージョンアップしてインストールすればいいのでしょうか?
投稿日時:2012/03/21 22:17
  • 回答No.1

ベストアンサー率 50% (273/538)

調べる上で肝心な情報が抜けています。

>ところが、私のサーバーマシンが”6.2”に対応しておらず
件の機械の詳細をお教え願います。

>CD/DVDライティングソフト2種類
こちらのソフトについても情報を下さい。
CD/DVDを灼く環境・利用するメディア(特に書き込み速度面)に付いてもお願いします。

エンタープライズ版は良く判らないのですが、一般的なディストロの場合、インストール用に用意されたイメージを、ダウンロード後にMD5等のチェックサムで検証するか、もしくはインストールメディアに組み込まれた検証プログラムで、正しくダウンロード/ディスク作成されているのか検証する必要が有ります。


boot.iso:
古い機械やOSの場合、インストールCDからの直接ブートが出来ない事が有り、FDでCDドライバを読み込み、その上でブートローダを起動させ、インストーラを読み込ませたりする事も過去には有りました。
SATAドライバが組み込まれる以前のOSで、BIOS上のエミュレーションによる、SATAドライブへのインストールが対応していなかった頃にも似たような事象(別に用意したドライバを組み込んでインストーラ起動)が有ったように思います。

添付画像は、「ブート出来ているのに、インストールCDを見つけられない。」状態なので、この事象を想起させます。(インストールイメージは別に必要)
補足コメント
Amethyst_18

お礼率 0% (0/6)

A1200hd40さん、さっそくのご回答、ありがとうございます!

「>CD/DVDライティングソフト2種類
こちらのソフトについて情報を下さい。
CD/DVDを灼く環境・利用するメディア(特に書き込み速度面)に付いてもお願いします」

CD/DVDライティングソフト
ソニック社のROXO DigitalMedia SE(2005年製の旧バージョン)
ソースネクスト社のB's Recorder V10.08(2012年3月バージョンアップ)

CD/DVDメディア
Maxell社のデータ用CD-R 型番CDR700S.ST.PW50SP 48倍速対応
TDK社のLife on Record DVD-R 4.7GB 16X 1‐2倍速対応(主としてこちらを使用)

今回の場合、DVDメディアは後者しか持ち合わせていないので、主として後者のほうを使っていますが、どうもこれが書き込み速度が遅く、かつisoイメージの作成にも適していないような気がします。

「件の機械の詳細をお教え願います」

機種:富士通”PRIMERGY” TX150 S5
CPU:インテルPentium®Dプロセッサー925(3GHz)。
DVD-RAM搭載。
デフォルトOS: Windows Server 2003 R2
希望インストールOS:Linux (Red Hat Enterprise Linux 5.8)

この機種は、富士通がLinux対応状況を確認・公表しています。
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/software/linux/technical/support/pdf/rhkerhke.pdf#page=66

米国Red Hat公式サイトでも、この機種はRed Hat Enterprise Linux Version4の動作保証に関して”Certified (Supported)”と折り紙がつけられています。

Red Hat Enterprise Linux
Version:RHEL4-QU4
Category :Server
Status :Certified (Supported)
Vendor :Fujitsu Siemens Computers
Platforms :i386 x86_64
Make :PRIMERGY
Model:TX150 S5

以上。よろしくお願いいたします
投稿日時:2012/03/21 13:09
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ