-PR-
解決済み

ホームページのドメイン料って、誰がうけとるんですか。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.68298
  • 閲覧数139
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 73% (157/213)

ホームページのドメイン料って、誰がうけとるんですか。国だと思うのですが何のためにとるのでしょう。また、ドメインによって高いのもあると聞きましたがそれはなぜですか。買占めという仕組みについても教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 57% (232/402)

ドメインの管理組織はドメインの種別によって異なりますが、必ずしも国が受け取るわけではありません。
例えば「.jp」ドメインだと、ドメインの維持管理料は最終的にJPNIC(社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター)に収められるわけですが、ここでは納められた費用を

○ドメインデータベースの管理
○DNSルートサーバの管理
○ドメイン登録に付随する事務手続に必要な事務所・人手の確保
○次世代ドメイン(日本語ドメイン、汎用jpドメインなど)に対応する技術の開発や標準化作業に対する支援
○IPアドレス・ドメインに関する各種広報作業

などに使っています。(詳しくは下記URLを参照)
他のドメインでも状況は基本的に同じですが、ドメインから得られる収入を国庫収入として使うことをもくろむ国もあり(「.tv」を持つツバルなどが代表例)、そういう場合にはドメインの登録・維持管理料を高く設定する場合もあります。

またドメインの買い占め(一般に「Cyber Squatting」と呼ばれる)は、今やドメイン名自体が一種の商標としての価値を持つようになってきたのに対し各国の法制度の整備が遅れていることにつけこみ、有名な商品や人名などの意味を持つドメインを関係ない人間が取得し、商品の発売元などにドメインを高く売りつけようとしたのが発端です。
最近はようやく各国の法制度の整備が追いついてきたため、ドメイン名も事実上商標法の保護対象となるようになり、既存の商標に一致もしくは非常に近いドメインについては強制的に移転命令が出るなど、こういったドメインの買い占めは徐々に通用しなくなってきていますが、それでも商標法の保護が及ばない場合もあるため(会社の合併等に伴い社名が変更された際に、新社名と同じドメインを他者が先に取得済みだった場合、そもそもドメイン名が商標として認められない一般的な名詞の場合など)、このあたりは依然として法的にも処理が難しいところです。
お礼コメント
good777

お礼率 73% (157/213)

知りたいことに対することに対し十二分のお答えありがとうございました。今後とも何かありましたらよろしくお願いいたします。
投稿日時 - 2001-04-26 08:57:57
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ