• ベストアンサー
  • 困ってます

ローパスフィルター ハイパスフィルターについて

スーパーツイーターやサブウーハーの仕様をみるとローパスフィルターとか、ハイパスフィルターとかクロスオーバーパスとかありますが、これはスピーカーのどの部分に作用することで、周波数帯域をカットしているのでしょうか? また、これは、設定した周波数までで、ぴたりと出なくなる値をしめしているのでしょうか? それとも、その値から減衰していくということなのでしょうか? 例えば、クロスオーバーパスが40Hz~140Hzのサブウーハーとハイパスフィルターが20kHzまでのスーパーツイーターを用いるときは、 メインスピーカーの周波数帯域が(1)40Hz~30kHzのものと、(2)34Hz~50kHzのものでは、 (1)のメインスピーカーでないとうまく設定することはできないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数8728
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>> スピーカーのどの部分に作用することで、周波数帯域をカットしているのでしょうか? // 一般論として、コイル(インダクタ)は高周波に対して抵抗値が増える、という性質があります。逆に、コンデンサ(キャパシタ)は低周波に対して抵抗値が増える、という性質があります。 従って、スピーカーと直列にインダクタを挿入すれば、高周波の音声はスピーカーまで到達しなくなります。また、スピーカーと並列にキャパシタを挿入すれば、低周波はスピーカーまで到達しますが、高周波はより抵抗値の低いキャパシタを通ってショートします(ハイカット=ローパス)。反対に、直列にキャパシタを挿入し、又は並列にインダクタを挿入すれば、低周波を遮断するように働きます(ローカット=ハイパス)。 以上が、パッシブ型の帯域分割回路です(電子回路でインダクタはL、キャパシタはCと表記するので、LC回路・LCネットワークなどと言います)。 これに対して、多くのサブウーファーはアンプ内蔵型です。そのアンプの前段階でハイパス、ローパスを決めます。この場合、キャパシタはそのままですが、コイルの代わりに純抵抗を使います(純抵抗はレジスタ、Rで表すので、CR回路・RC回路と言います)。 これらは、いずれも「共振作用」という電気回路の作用を利用しています。 >> その値から減衰していくということなのでしょうか? // おおむね、そういう認識で合っています。 遮断の急峻さを表すのが、減衰率です。たとえば、クロスオーバー周波数が100Hzのローパスフィルタで減衰率が「-6dB/oct.」とあれば、1オクターブ下すなわち50Hzで6dB減衰、2オクターブ下の25Hzで12dBの減衰、という意味です。 「-6dB/oct.」を「1次のフィルタ」、「-12dB/oct.」を2次、「-18dB/oct.」を3次、「-24dB/oct.」を4次と言います。 1次のフィルタは、Cが1個(ハイパス)又はLが1個(ローパス)です。2次はCとLが1個ずつ(ハイパスならC直列・L並列)、3次はC2個・L1個(ハイパス)又はL2個・C1個(ローパス)の組合わせ、4次はCとLが2個ずつ、です。 一般的には、共振周波数が重なるとピーク/ディップが生じるので、2次以上では共振周波数をずらします。どの程度ずらすかには何種類かの流儀があり、同じ「4次のフィルタ」でも実際の動作は若干異なります。 さらに急峻なフィルタが必要な場合、「楕円関数フィルタ」などと呼ばれる方法で設計され、-120dB/oct.のローパスフィルタを持ったスピーカーなどもありますが、あまり多くはありません。コンピュータを用いれば、文字通り「ぴたりと出なくする」ことも不可能ではありません。 フィルタが急峻であるほど「カブリ」が減るので、位相のズレを気にする必要が少なくなります。しかし、ある周波数を境に突然音質が変わることがあるので、どちらが良いかはケースバイケースです。業務用のRCフィルタ(アクティブクロスオーバー。チャンネルディバイダ)は、何種類かの特性を切り替えられる機種があります。 >> クロスオーバーパスが40Hz~140Hzのサブウーハーとハイパスフィルターが20kHzまでのスーパーツイーターを用いるとき // (1)(2)いずれのケースも、「実際の製品次第」です。なぜなら、カタログ上の「周波数特性」というのは非常に曖昧なので、目安にはなり得ないからです。 すなわち、周波数帯域が40Hz~30kHzでも、「-10dBポイントでの値」だと、40Hzの音はほとんど再生されていないに等しい音量だと言えます。そのようなスピーカーよりは、50Hz~20kHz (-3dB)のスピーカーの方が、よりフラットな特性だと言えます。 しかし、それでもなお、「表記外の帯域でどうなっているか」は全く不明です。50Hz~20kHz (-3dB)のスピーカーの場合、その先で急激に減衰していて40Hz(-10dB)かも知れないし、あるいは25Hz(-10dB)かも知れません。 また、一定「以上」の音量が得られることは分かっても、反対に「不必要に出過ぎることがない」という保証もありません。たとえば50Hz~20kHz (-3dB)でも、2kHzで+5dBのピークがあるかも知れない訳です。高級なスピーカーになると「プラスマイナス3dB」といった形で、ピークがないことも保証しています。 スーパーツイーターに関しては、高音の品質が良くない大口径フルレンジ以外では、使用する必要はないでしょう。人間にはコウモリの声は聞こえないからです。大口径のスピーカーは、一般に高音の指向性が良くないので、ツイーターを付加する意味があります。 それ以外の場合、クロスオーバー周波数が20kHzのスーパーツイーターは、上述のように、ハイパスフィルタの「効きの甘さ」によって、その1オクターブ下である10kHzの音も再生しています。スーパーツイーターによる音質の変化は、これによるところが大きいと考えられるので、メインスピーカーの品質が高ければスーパーツイーターは不要で、むしろ干渉による音質劣化のほうが問題でしょう(もっとも、客観的には歪みの多い音のほうが好みに合う、という人もいます)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 ド素人なので、とてもわかりやすかったです。あとは、実際に聞いてみて決めようと思います。

関連するQ&A

  • ハイパスフィルターとローパスフィルターについて

    車のオーディオですが、純正スピーカーとウーハーを設置していますが、この度純正スピーカーを外付けツィーターつきのスピーカーに取替え予定です。 ウーハーを購入したときにローパスフィルターという単語に出会い、ネットで調べた結果、80Hz以下がいいと言うのでウーハーをローパスフィルター80Hzにしています。 そこで疑問なのですが、外付けツィーターつきのスピーカーの設定はどうすればいいのでしょうか? ウーハーがローパスフィルター80Hzなら、メインスピーカーの外付けツィーターつきのスピーカーはハイパスフィルター80にするのでしょうか?もしくは100Hzでしょうか? ローパス80でハイパス100なら、その中間の音は聞こえないってことですよね?そういうものなんでしょうか? それともローパス80ハイパス80にして、中間の無音をなくすのが普通のやり方でしょうか?

  • ハイパスフィルターの特性曲線の関数形

    ローパスフィルターの周波数依存性を示す特性曲線の関数形は A=1/√(1+ω^2 C^2 R^2)と学びました ハイパスフィルターの周波数依存性を示す特性曲線の関数形は A=ωCR/√(1+ω^2 C^2 R^2)と学びました。 ローパスの方は使っている教科書に解説が載ってましたが ハイパスの方は載っていませんでした ローパスについて解説している教科書を載せます この説明のどこをどう変えたらハイパスの証明になるか教えてください

  • スピーカーユニットの選び方について

    自作初心者です。 ショップオリジナルのエンクロージャー、Lo-D L-203とH54HD、オリジナルネットワークのスピーカーユニットを使用していますが、低音がかなり不足していると感じています。 この度Lo-D L-205を入手したので上記のL-203と換装してみようと思いました。 調べるとL-205の再生周波数帯域は「60Hz~1.1kHz -3dB」、H-54HDの再生周波数帯域は「2kHz~20kHz」となっています。 この組み合わせだと「1.1kHz~2khz」の再生周波数帯域がないことになるのでこの組み合わせはNGとなるのでしょうか? また、もしNGでなければクロスオーバー周波数は「1.1khz」とするべきか「2khz」とするべきかそれとも別の値が好ましいのでしょうか? 電気には詳しくないので出来るだけ平易にご教授いただきますようお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

2wayを構築する時はLCネットワークと、マルチチャンネルデバイダーを使うことになりますが、音質面、スピーカーの能率を合わせる等LCでは問題も多いため低域分割にはchデバイダーを使った方が簡単かつ高性能のものが出来ます。 >設定した周波数までで、ぴたりと出なくなる値をしめしているのでしょうか? それとも、その値から減衰していくということなのでしょうか? 周波数を繋げるのですからぴたりと付くわけではありません。 -3dbを重ねると1になるというのは分かると思いますが、急峻な減衰カーブを得るために-24db/oct、-18db/oct、-12db/oct 、6db/oct のデバイダがあります。 マルチアンプはそれぞれスピーカーの得意帯域だけを再生させるので、低域再生はfoの低いほうが有利です。 >(1)のメインスピーカーでないとうまく設定することはできないでしょうか? したがってサブウーハーは高域再生を気にすることはありません。 人間の可聴帯域は40hz~20khzと言われているため、高域50khzというのは無意味?だと思います。 参考までに減衰カーブ表を載せておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 chデバイダーですか…。良く分からないのですが、検討してみます。しかし、知らなかった情報を有難うございます。 マルチアンプはかなり上級者のような気がするのですが…。いつかはやってみるかな?

  • 回答No.1
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1614/3116)

(2) のスピーカーでも (1) と同様に設定できます。 サブ・ウーファーの方は 40Hz から 140Hz までの任意の設定値から下の帯域をメイン・スピーカーに重ねますが、サブ・ウーファーのクロスオーバー・ネットワークは通常 24dB/oct などといった急峻なロー・パス・フィルターを構成しているので設定値から上の帯域は殆ど重なりません。 一方スーパー・ツィーター用ハイ・パス・フィルターは 6dB/oct や 12dB/oct などの比較的減衰率の浅いハイ・パス・フィルターを用いますので、例えば 12kHz 6dB/oct のハイ・パス・フィルターを用いた場合、6kHz で 1/4、3kHz で 1/16 の電力がスーパー・ツィーターに供給されてスーパー・ツィーターからそれらの音が出ています。 つまりメイン・スピーカーとスーパー・ツィーターの音は (1) でも (2) でもハイ・パス・フィルター設定周波数の 1 オクターブ、2 オクターブ下の領域から音が重なっています。 スーパー・ツィーターが受け持つ帯域は本来「音色を判断できない」超高域なのですが、実際にはスーパー・ツィーターを加えることによって「高域の音色が変化する」場合が多く、その理由は大抵「音色を判断できる領域までスーパー・ツィーターからの音がメインス・ピーカーの音に被っている」のが原因です。 被っていてもその方が心地好い音がするのであれば、その方が正解であり、クロスオーバー周波数を 1 オクターブ以内で厳密に調整しようと考えたりする必要はありません。 参考に CR ロー・パス・フィルターの自動計算ページを記しておきます。 四角に適当な数値を入れて計算させると周波数特性グラフも表示されますので、御覧ください。

参考URL:
http://sim.okawa-denshi.jp/CRlowkeisan.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 スーパーツイーターの追加についてどうしようか迷っていたので、有難うございます。 周波数特性グラフも利用させてもらいます。 後は、やはり試聴して決めようと思います。

関連するQ&A

  • バンドパスフィルタ

    よろしくお願いします!^^ 周波数帯域が300khzから30MHzのバンドパスフィルタを設計しようとしているものです。広い周波数帯域のバンドパスフィルタは、ハイパスフィルタとローパスフィルタをカスケードして作るのが一般的なのでしょうか? フィルタ回路についてこれから勉強しようとしているものです。何かアドバイスを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。ちなみにオペアンプを使って設計したいと考えています。

  • 専門的な質問ですが、下記のサイト通りにハイパスフィルター、ローパスフィ

    専門的な質問ですが、下記のサイト通りにハイパスフィルター、ローパスフィルターを作ったのですが思うように動作しません。 http://sim.okawa-denshi.jp/Fkeisan.htm ハイパスの方はカットオフ周波数を2kHzに指定し計算させたら 0.1μFのセラミックコンデンサーと820Ωの抵抗器を使うらしく実際に回路を組んだのですが、抵抗器を図と同じように繋ぐと音が極端に小さくなってしまいました。 ローパスの方はカットオフ周波数を100Hzに指定したら10μFのセラコンと160Ωの抵抗器を使うとの事で 図と同じ回路を組みましたがいまいち効果が出てません。 目標としては、右チャンネルの音声がフィルターに入力して、ボーカル帯域の周波数(100Hz~2kHz)を低減させてからエミッタフォロア回路に送り、 そして左チャンネルの音声をバンドパスフィルターで100Hz~2kHz以外の周波数を低減させエミッタフォロア回路に入力させて、2つのエミッタフォロア回路のトランジスタのコレクタ同士を接続して、完全には無理ですがボーカルだけを出力させてからOPアンプに出力させたいと考えています。 この質問で一番知りたいのは Q、どのような回路図を組めばハイパス、バンドパス、ローパスフィルターが正しく動作するのかが知りたいです。 長文で失礼しました。回答をお待ちしております。

  • 矩形波に関する疑問

    矩形波は基音と奇数倍音の重ね合わせにより人工的に作られた波ということですが、周波数10kHzの矩形波は周波数10khzの正弦波のように聞こえるのですか。10kHzの矩形波は10kHz、30kHz、50kHz、・・・の重ね合わせであるけれども、人間の可聴周波数は20Hz~20kHz。ならば30kHz以上は聞こえない→10kHzの正弦波と同じということにはならないのですか。説明お願いします。

  • CDの帯域とスピーカーの帯域

     CDの周波数特性は、人間の可聴周波数帯域に基づいて4Hz~20kHzに設定されていると聞いたことがあります。一方、スピーカーの周波数特性は、高周波側が40kHzのものも普通にあります。 1)しかし、CDを再生する場合は、いくら高周波が出せても無駄なのでしょうか。実際に、高周波側が、20kHzしか出せないものと40kHz出せるスピーカーに違いはありますでしょうか? 2)40kHz出せるスピーカーは、なぜ作られているのでしょうか?今なら、SONYのスーパーオーディオCDなどがあるので意味はあると思いますが。 4)最後ですが、DVDの周波数帯域について教えてください。また、CDに取って代わる次の音楽メディアは何だと思いますか?

  • サブウーファーの設定について

    先日FOSTEXのサブウーファーCW200Aを購入してマランツのAVアンプSR6004とRCAケーブルで繋いで5.1Chでシステムを組んでおり、オート設定致しました。しかし、取説や口コミ情報等を色々拝見しているうちに頭がこんがらがって来ました(汗)ウーファーの背面にある(1)位相切り替えスイッチ(2)ローパスフィルターのクロスオーバーのつまみ(3)AVアンプの設定。スピーカーのカットオフ周波数の設定はどれで調整するのでしょうか?クロスオーバー周波数選択はフロントスピーカーのスペックを参考に調整するのでしょうか?ちなみにフロントはB&W686です。スペックは再生周波数帯域 45Hz~50KHzとなっております。実際やってみて自分の好みという事は承知しておりますが、専門用語もロクに解らないので取説をみてもピンと来ません^_^;AVアンプでの設定はLPF/HPFという項目があり60HZ~180HZの切り替えがあります。現在は一応60HZに設定しております。極力ベストな状態に持って行きたいと思いますので申し訳ありませんがアドバイス頂けると幸いです!長文すみません。

  • スピーカー探しで疑問。「周波数特性」って何ですか?

    これって、幅広い方が「高音質」と言う事なんでしょうか? 調べてみると、人間の可聴域はよくて20KHzが限界みたいに書いてあったんですが スピーカーの中には30KHzとか50KHzまで設定してあるものもありますよね。 人間の可聴域を遥かに超えるような周波数なんて意味あるんですか? それとは逆に、私が候補にしているスピーカーの低い方は42Hzとか45Hzが多いです。 42Hzと45Hzでは、違いあるんでしょうか? 簡単に説明して頂けるとありがたいです。

  • バスレフ型スピーカーボックスと再生周波数帯

    スピーカーを自作したいので教えて下さい。ある資料によるとバスレフ型のエンクロージャーは、密閉型と比較すると、最低再生周波数限度が約30%下げることが可能と書いてありました。例えば再生周波数帯域…… 70Hz~20kHzのフルレンジ型スピーカーを使用した場合、再生周波数帯は49Hz~20kHzになるという意味でしょうか?ちなみに自作パーツはfostexのスピーカーと既製品純正エンクロージャーを購入しようと思っております。

  • 外乱オブザーバのローパスフィルタの時定数

    外乱オブザーバの設計について質問です。 ローパスフィルタの時定数の値は、通常どのようにして決めるのでしょうか? 基本的にはセンサなどのノイズを遮断できる周波数に設定でいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • クロスオーバーについて

    こんにちは。実は車用のスピーカーの話なのですが・・・よろしくお願いします。2WAYスピーカを付属のパッシブクロスオーバーで鳴らしていました。パッシブは3kHz:24dB/Octでカットしているようです。今回2WAYクロスオーバーが手に入ることになり、初めてクロスオーバーをいじるのですが、ハイパスとローパスは基本的に同じ周波数にあわせるのでしょうか?例えばハイパスを3kHzにするとローパスも3kHzにあわせて使用するのですか?今までさわったことがないのでここがまったくわかりません。よろしくお願いいたします。 車版よりも詳しい方がいらっしゃると思い、質問をさせていただきましたがもし、車用での質問が妥当であればおっしゃっていただければ移動いたします。 スピーカーの性能です。focal ユートピア165W ●スピーカータイプ:Separate 2Way ●再生周波数帯域:50Hz~22kHz ●定格入力:100W ●入力インピーダンス:4Ω ●出力音圧レベル:92.5dB(2.8V/1m) ●ツイーターTN51 再生周波数帯域 : 2,000~20,000Hz 定格入力 : 15w 最大入力 : 150w 出力音圧レベル : 94dB クロスオーバーはオーディソンのLXR2FTで18db/oct 2WAYクロスオーバー ハイパス・ローパスともに1.5kHz、2kHz、3kHz、4kHz、5kHzで調整が出来るようです。

  • ローパスフィルターの作り方

    カーオーディオのシステム変更で、ローパスフィルターの自作を考えています。 カーオーディオでは、スピーカーが低い位置にあるため、タイムアライメントや取り付けを工夫したりして音場を上げようとしますが、無理をした音になりがちです。 それを改善するために、ダッシュボード上に設置できるミドルレンジ以上をカバーする小径ユニットが、3機種だけですが市販されています。ケンウッドKSC-TX5、富士通テンのSGX-TD5、エーモンのATW-2752Wです。 このようなユニットを利用したいと思っているのですが、これ以下をカバーするウーハーが必要です。これにはいわゆるドアスピーカーを当てるつもりですが、通常のドアスピーカー、13cm~16cmのものは、周波数特性を見ると2khzほどまでカバーしています。 そこで、ドアスピーカーに500hzくらいから上をカットするローパスフィルターを付けようと考えたのですが、そのような周波数をカットするフィルターというものが存在しません。 以前、フィルターの自作を何かの本で読んだ気がするのですが、簡単に作る方法があれば教えていただきたいと思い投稿しました。 どうぞよろしくお願いします。