• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

CDの帯域とスピーカーの帯域

 CDの周波数特性は、人間の可聴周波数帯域に基づいて4Hz~20kHzに設定されていると聞いたことがあります。一方、スピーカーの周波数特性は、高周波側が40kHzのものも普通にあります。 1)しかし、CDを再生する場合は、いくら高周波が出せても無駄なのでしょうか。実際に、高周波側が、20kHzしか出せないものと40kHz出せるスピーカーに違いはありますでしょうか? 2)40kHz出せるスピーカーは、なぜ作られているのでしょうか?今なら、SONYのスーパーオーディオCDなどがあるので意味はあると思いますが。 4)最後ですが、DVDの周波数帯域について教えてください。また、CDに取って代わる次の音楽メディアは何だと思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1616
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • coco1
  • ベストアンサー率25% (323/1260)

全てのご質問にはお答えできませんが、CDの周波数特性は20Hz~20kHzですよね。しかし、これは理論上の限界?みたいなものであり、実際人間が聞き取れる高音は12~15kHz程度が限界です。FMとCDを聞き比べてあまり的確に違いを識別できないのはこのためです(ちなみにFM放送の上端は15k)。 で、耳に聞こえない高音や低音がなんの影響があるのかと言いますと、音そのものよりも、音にまつわる雰囲気(高調波やエコー成分等)の表現力に関係するからだ、と言われていました。が、私はこの説に疑問を持っています。 昔、CDが登場する前、オーディオ評論家は「可聴領域外の音があることで音に生々しさが増す」と言いつのっていました。 しかし、CDが登場してからは「可聴領域外の音を削除したところで何も影響はない」と発言が変わってきたのです。 ただ、良く録音されたアナログレコードの方が普通のCDよりも音が生々しいのは確かなんですけど...。これは周波数特性よりもサンプリングのせいですね。多分。 それでは、40Khzを出せるスピーカがなぜ必要かと言いますと、可聴帯域を余裕を持って再生するため、と思います。 スピーカの周波数特性を見ると、再生上下端では音圧レベルが下がっている、つまり再生しにくくなっているのです。スペック上は20kHzまで再生可となっていても、レベル自体は何dBも低い。しかし、その限界を拡げることで、必要な領域をよりフラットに再生することができるようになる事は考えられます。 あとは、スペック好きな日本人にとっては良いアピール材料になるから、と言うことでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 オーディオ評論家の話は面白いですね。 音圧説は説得力がありますね。ダイナミック・レンジが大きく取れれば、それだけノイズも減るでしょうし。 カセットテープでもダイナミック・レンジを大きくするノイズ・リダクション・システム(dbx)だと迫力が違うらしいですね。私のにはドルビーしか付いていませんが(汗)。

関連するQ&A

  • アンプを介した場合の周波数特性について

    アンプ自体に周波数特性があるのか知りたいです。 CDプレーヤー DCD-1500AE 周波数特性2hz~50khz ↓ アンプ YAMAHA TSS-15 ↓ ヘッドフォン オーディオテクニカ ATH-A900 周波数特性5hz~40khz こういう風に繋いだ場合 例えば、5hz~40khzの音が出るスーパーオーディオCDを再生した場合、 ヘッドフォンできちんと、5hz~40khz出るのでしょうか? 素人な質問ですみませんが、詳しい方教えて下さい。

  • ブックシェルフ型 スピーカーおすすめは?

    先月生まれたBabyになるべくよい音でよい音楽を聴かせてあげたいと思っています。 (なにかと物入りで低予算で値ごろ感のあるものを探しています) 音楽の種類は 「クラッシック」モーツァルト・チャイコフスキーなど 「ピアノ」ラフマニノフなど 「童謡」お母さんといっしょなど CD音源です。 環境は 寝室8畳間のタンスの上に置こうと思います。 (大きな音では聴けないですが…) CDプレーヤーは SONYの「DAV-S800」 古い型ですが、SACDもDVDも再生ができて便利なのと 使い慣れていて愛着があるので。 システムのスピーカーは置き場所がなく、実家で保管です。 DAV-S800仕様です (当方詳しくないので、ご参考になればと思い記載しました) SACD再生時 再生周波数範囲2Hz~100kHz 音声周波数特性2Hz~44kHz 音声高周波歪み率0.03%以下 ワウ・フラッター測定限界以下(±0.001% WPEAK) DVD/CD再生時 音声周波数特性(2ch STEREOモード時) DVD(PCM再生時)2Hz~22kHz(±1.0dB) CD再生時2Hz~20kHz(±1.0dB) 音声高周波歪み率0.03%以下 ワウ・フラッター測定限界以下(±0.001% WPEAK) スピーカー・フロントL/R バスレフ型2ウェイ3スピーカー 公称インピーダンス6Ω 最大入力50W 実効周波数帯域150Hz~50kHz (実家に保管分です) となっています。 予算は1本1万円くらいで2本購入予定です。 某電気屋さんで問い合わせしたところ 「オンキョー」製品がおすすめです と言われたのですが展示品だったのでヤメようかと 思っています。 このOKwaveサイトの親切さと専門的なアドバイスが 得られると思い質問しました。 ご教示よろしくお願いします。

  • スピーカー比較

    フォステクスPM0.3とクリエイティブT12というスピーカーを持っているのですが 片方をCDプレーヤーでクラシック音楽を聴き、もう一方はパソコンとつないで映画を見るために使っているのですが、どちらのスピーカーの方がクラシック音楽を聴くのに向いていますか? PM0.3の再生周波数帯域が110Hz~20kHz±3.0dBとなっていてT12(20Hz~20kHz)より狭いので気になりました。 今はPM0.3の方をプレーヤーにつないでいます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • FOCA
  • ベストアンサー率20% (23/111)

20kHzの音を聞いたことがありますか? レコード会社各社からTEST CDというものが売られています。これには大抵20~20kHzのスイープ信号が入っています。 これを安い3Wayスピーカなどで再生してみると20kHz付近の音が(なにやらボソボソと)聞こえます。が、大抵の場合これはスピーカの歪が低い周波数に変化して聞こえているのです。これを高級なシステムで再生すると聞こえなくなります。 では20kHzを出せるスピーカは不要なのかというとそうでもありません。 ドラムを叩いていた友人は、自分の経験から最低限18kHzは必要であると言っていました。18kHzが直接聞こえるわけではないが、左右のマイクが拾った高周波をスピーカで再生すると高周波同士の干渉による「うねり」が聞こえる。これが臨場感に重要だというのです。 「うねり」ってわかりますよね。ブラスバンドなんかでみんなの音程が合っていないとワァンワァンと汚い音が出るあれです。 (警告!実験は自己責任でお願いします。私はTEST CDでツイータを壊しました。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 test CDは知りませんでした。ツイータが故障したのは残念でしたね。高域側のトゥイーターは、小さなワット数でも焼け焦げる可能性がると言うことですね。 test CDを試すときは、パワーの加減に注意したいと思います。マルチ・チャンネル・アンプにすれば最強ですけど、予算がね。test CDの話、参考になりました。

  • 回答No.2

こちらのHPが参考になると思います。 1)スピーカについては当然高い振動数を再生できる構造となっていますので違います。 2)アナログの時代でも(レコードなどでも)高周波数領域は記録できましたので意味はあったと思います。 3)DVD 4Hz~22kHz(48kHzサンプリング)、 4Hz~44kHz(96kHzサンプリング)、オーディオCD/VCD 4Hz~20kHz 取って代わるのは時代の流れがあります。音質だけで言えば今でもアナログの方が良かったと言う意見もあります。 しかし今の流れで行くと、将来は全てメモリー内に納められたチップ化していくのではないかと思います。個人的には寂しい限りですが・・・

参考URL:
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3972/sound_human.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 1),2)は、やはり余裕を持たせるためかもしれませんね。また、聞こえてなくても鼓膜の圧迫感はあるようですしね。3)DVDは、サンプリング周波数が二種類あると言うことですね。アナログ時代の技術的遺産がなくなるのは、確かに寂しいと言うかもったいない気がします。骨董的価値というよりも技術的価値が離散消滅してしまうのは物悲しいものです。

関連するQ&A

  • 再生周波数・周波数特性が低い機器はいまいち?

    オーディオの知識がないのでアレなんですがふと疑問に思ったことがあります。 例えばスピーカーやアンプなどで再生周波数・周波数特性が~20kHzと記載されている機器だと 20kHz以上の音は扱えないということでしょうか? 安価なものでも~150kHzであったり、高価なものでも~35kHZがあったりと周波数で値段が決まるわけではないと思いつつも不思議に思ってしまいます。 SACDやDVD-Audioなどが世に出てきても再生周波数範囲が狭い機器では無意味なのでしょうか?

  • スピーカーの再生周波数帯域

    スピーカーの再生周波数帯域 1. 39Hz~34000Hz 2. 40Hz~70000Hz 3. 44Hz~51000Hz この中でどれが良質な音をだすのか、ある程度の理由を添えてお願いします!

  • バスレフ型スピーカーボックスと再生周波数帯

    スピーカーを自作したいので教えて下さい。ある資料によるとバスレフ型のエンクロージャーは、密閉型と比較すると、最低再生周波数限度が約30%下げることが可能と書いてありました。例えば再生周波数帯域…… 70Hz~20kHzのフルレンジ型スピーカーを使用した場合、再生周波数帯は49Hz~20kHzになるという意味でしょうか?ちなみに自作パーツはfostexのスピーカーと既製品純正エンクロージャーを購入しようと思っております。

  • スピーカーの周波数帯域について

     最近PCオーディオにハマっています。ジャンルに関係なく色々聞くのですが、「クラシック・ジャズ系ピアノ」となると音色は別として、小型スピーカーの制限された限界スペックに大きく左右されることに今更ながらに気が付かされました。  私の試聴環境ですが、 アンプはTEAC AI301DAです。専用PCソフト(ASIO USB 排他モード出力)デジタルアンプで音楽ファイルのDACアンプ出力変換ですので再生機器による色はほとんどないと思われます。20~30w程度で1m位のニアフィールド試聴です。  卓上設置のため、スピーカーは「小型サテライトスピーカー YAMAHA NS-10MMを当初使用しておりましたが、キラキラした感じの高温と音像感は凄く良いのですが、低音域が弱くものたりないのでスペックを調べたところ、周波数帯域100Hz~20kHz、89dBでした。 試しにONKYO 108M 60Hz~80kHz81dBと交換したところ、中低音域は大分良くなりましたが、フラットな感じです。そこで更に別のSP(DITONE D900EX 35Hz~35kHz 91dB)で試聴したところ、ピアノの低温の弦?の「ビ~ン、ビ~ン」と言う音までもが一番鮮明に聞こえるようになりました。  このことから、「周波数帯域による差」がなんとなく実感出来ました。  また、ピアノの周波数帯域について調べてみたのですが、一般的なモデルでケンバンの最も左の最低音「ラ」が約27Hzで、最高音が約4kHzとありました。  そこで質問なのですが、 、 (質問1)  メーカーカタログ値の「周波数帯域」の「周波数帯域外」の特に「低音」の人の可聴帯域部分の20Hz~99Hzにあたる音域の表現は「NS-10MM(100kHz~)」ではどのように考えれば良いのでしょうか? おおむね次のどちらかと思われますが? (1)周波数帯域以下の音も出ているが弱い。 (2)周波数帯域以下の音は出ていない。スピーカーから聞こえているのは100Hz以上の音だけ。 (質問2)  卓上使用ですのでサブウーファーは不可で手頃なものを探していたのですが、やや大きいですが小型SPのケンウッド Kseries LS-K901 40Hz~100kHz 4ω 84dB 実売2万円代を見つけました。クロスオーバーなど音色はさておき、小型SPで40Hz~は他にはありません、コスパ的にはかなりハイスペックと思われます。 周波数帯域のみで比較するとハイエンドクラスなのですが? スペックだけでは読み取れないものは何でしょうか? メーカーのスペック表示基準の差によるものでしょうか?  地方在住のため、試聴はできませんので、スペックを信じて買ってみようか迷っております。(^_^;)  色々なご回答のほか、おすすめなどありましたら宜しくお願いいたします。

  • 続 再生帯域のはかり方

    パソコンを使って自作スピーカーの再生帯域(周波数?)を知りたいのですがフリーソフトで再生帯域をはかるソフトはあるのでしょうか?

  • Vraison Timedomain 再生周波数帯域について

    こんにちは。 VraisonのMP3を48kHz復元するものを、競り落としたのですが、それを、帯域幅18kHzぐらいのTime domainのスピーカーで聴くのには、意味があるでしょうか? また、通常のスピーカーや、ヘッドホンで、お高いものですと、再生可能な周波数が40kHzのものがありますが、それは、通常のCD(~20kHz)で再生するのに、意味があるのでしょうか? また、おすすめのプレイヤー、およびヘッドホン、スピーカーがあれば、教えてください。(ご予算、2万円以内で) よろしくお願いします。

  • スピーカーユニットの選び方について

    自作初心者です。 ショップオリジナルのエンクロージャー、Lo-D L-203とH54HD、オリジナルネットワークのスピーカーユニットを使用していますが、低音がかなり不足していると感じています。 この度Lo-D L-205を入手したので上記のL-203と換装してみようと思いました。 調べるとL-205の再生周波数帯域は「60Hz~1.1kHz -3dB」、H-54HDの再生周波数帯域は「2kHz~20kHz」となっています。 この組み合わせだと「1.1kHz~2khz」の再生周波数帯域がないことになるのでこの組み合わせはNGとなるのでしょうか? また、もしNGでなければクロスオーバー周波数は「1.1khz」とするべきか「2khz」とするべきかそれとも別の値が好ましいのでしょうか? 電気には詳しくないので出来るだけ平易にご教授いただきますようお願いします。

  • マイクの周波数を測定するスピーカーをご存知ですか?

    マイクの周波数特性を計測するのは無響室でスピーカーから信号を出して、測定するマイクで受けたものをそのマイクの周波数特性図とするだろうと思っています。 使っているスピーカーは20~20kHzまでフラットな優秀なスピーカーだろうか?と疑問になっています。 優秀なスピーカーなら音質の違いで悩むことがなくなるはずなので市販して欲しいのですが、 測定に使っているスピーカーの仕様はどうなっているのでしょうか?

  • 超音波スピーカー

    超音波スピーカーを二個使って 40khzと38khzの波をぶつけたら 差音周波数の2khzが聞き取れると思うのですが 理論上合ってますか? また40khzは固定でもう一方の周波数変化させることで 周波 数特性を調べたら 何かの役に立ちますか? なんでも良いので何か意見があれば下さい。よろしくお願いします。

  • スピーカーの選択

    スピーカーの選択 30年位コンデンサーヘッドホンを使っていたのですが、スピーカーとアンプを置けるようになり、設置しました。アンプは300Aの7WX2で10Hz~70kHzという特性、スピーカーはブックシェルフ型13cmの同軸2ウェイで70Hzから20KHzというものです。最近のスピーカーは高域特性の良い物が安く買えるのでどうしようかと考えているのですが、スピーカーは周波数特性で選ぶべきでしょうか、価格相応なんでしょうか。コンデンサーヘッドホンでは低域が出にくいため、スピーカーも低域特性は重要視しないものとします。 CDプレーヤーが不足していてDVDプレーヤーで聞いていますが、CDプレーヤーとDVDプレーヤーの音は同じなのでしょうか。音楽DVDも聞けて便利ですが。