• 締切済み
  • 暇なときにでも

スピーカーユニットの選び方について

自作初心者です。 ショップオリジナルのエンクロージャー、Lo-D L-203とH54HD、オリジナルネットワークのスピーカーユニットを使用していますが、低音がかなり不足していると感じています。 この度Lo-D L-205を入手したので上記のL-203と換装してみようと思いました。 調べるとL-205の再生周波数帯域は「60Hz~1.1kHz -3dB」、H-54HDの再生周波数帯域は「2kHz~20kHz」となっています。 この組み合わせだと「1.1kHz~2khz」の再生周波数帯域がないことになるのでこの組み合わせはNGとなるのでしょうか? また、もしNGでなければクロスオーバー周波数は「1.1khz」とするべきか「2khz」とするべきかそれとも別の値が好ましいのでしょうか? 電気には詳しくないので出来るだけ平易にご教授いただきますようお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1119
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.8

再び iBook-2001 です♪ 基本に立ち返って、ワカル範囲でユニットの仕様を斜めに眺めてみましょうかねぇ。 http://audio-heritage.jp/LO-D/unit/l-203.html http://audio-heritage.jp/LO-D/unit/l-205.html http://audio-heritage.jp/LO-D/unit/h-54hd.html まず、御質問者様がH54HDの再生帯域が「2kHz~20kHz」となっているのに、クロスオーバー周波数4kHz以上と指定されている事に疑問を持っていると思われます。 これは、「定格入力8W(指定ネットワーク付)」と言う部分に関わっています。 周波数が低く成ると、同じ電力パワーでも振動板の振幅幅が大きく成って行きますので、周波数特性図の測定には1W程度しか入れていない、という状況を理解しておきましょう。 つまり、下限周波数を低くする事で、許容入力がky苦単に小さく成って行くのです。 生真面目な日立サンですから、ウーファー側の仕様にも、それぞれ定格入力の欄に周波数制限が書き込まれていますね。 ただし、この当時、コーン型ユニットを測定する場合は非常に大きな指定箱、JIS箱等とも呼びますが、この箱に収めての測定と想像します。 適度な容積による、空気バネの制動がほぼ無い状況に近いので、低い周波数で過大振幅と成り、耐入力数値が非常に低く成るのは目に見えています。 203と205で耐入力値の違いが、実は周波数制限の違いに依る影響?とも考えられます。 (あくまでも、想像です。) これらの事から憶測には成るのですが、H54HDを2kHzまで使おうとすれば、最大1W程度までの利用ならば、壊さずに使えるかもしれませんね。 さて、ウーファー側のハイカットについですが、203の仕様に周波数特性図が載っています。 200Hz付近と同レベルを維持出来るのは、仕様書に書かれている通り、3kHzチョイくらいまで。 30°の特性を見ても正面特性と非常に良く揃っていて、かなり優秀なユニットだと言う事が読み取れます。 60°の特性を見ますと1.5kHz付近で一旦レスポンスが下がり、2kHzを超えたアタリに山(ピーク)が存在します。このあたりのインピーダンス曲線を疑いの目で眺めると、少し盛り上がっている?ようにも感じられます。おそらく、このユニットの共振部分では無いかと想像されますが、一般的に多くのユニット群から眺めると、共振はよく押さえ込んでいて、この点でも非常に良く造られたユニットだと考えて良いでしょう。 ハイカット無しで、フルレンジ駆動とした場合は2kHz付近からの弱い共振という個性的な音は有ると思われますが、4~5kHzからの高域を追加、という形式も成り立たなくは無いと思われます。 205には、なぜか周波数特性図やインピーダンス特性図がありませんねぇ。 仕様書にはクロスオーバーを1.1kHz以下にしろと指定しています。 全くの憶測になるのですが、非常に固い金属振動板を採用したため、中域以上の共振が多く、特性的にも音としても扱いにくいのでは無いか?そのため非常に低い帯域から高域をカットするように指定したのでは無いか、と想像する事も可能でしょう。 ハイカットフィルターで信号が減衰したからと言って、音が無く成る訳では有りません。 ましてや、ユニット固有の共振等の影響は信号を減衰していても強く残ったりしがちです。 203をベースとして考えますと、2kHzチョイのアタリにピークが有るので、その1オクターブ下からハイカットを行ない、同程度の周波数で発生している強い共振を回避する、という方向なのでは無いかなぁ?と思います。 H54HDのような、小型ホーンツイターでは4~5kHz以上で使う事が多いものです。 もっと、低い周波数から実用に成るツイーターを組み合わせるか、仕様に合わせて1.1kHzから3.5kHzまでの間がレスポンス不足として利用するか、多少クセが出てしまうかもしれないが205の上限を高めて使うか、あるいは耐入力が極端に少なく成るがツイーター側に頑張ってもらうか、、、 と言う形に成るでしょう。 もちろん、高域側は低域ユニットに対して非常に高能率ですから、アッテネーとしてバランスを取れば、高域ユニットへの信号はかなり少なくて済む事に成ります。 とにかく、実際に聴いてみて、納得出来る音が得られれば良い訳ですから、あとはリスクをどの程度まで覚悟して、どのように構築して行くか、人それぞれの考えで良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • JBLの130Aに組み合わせるユニットとその注意点についてお教え下さい

    JBLのウーハー130Aに合うエンクロージャーやツィーターについて以前、お聞きしましたがその続きについてアドバイスをお願いします。自分の技術の力量や予算面から、エンクロージャーはJBLの4530の中古を買いました。それに手持ちのLo-DのホーンツィーターH-54HDをセットにしました。この特性は、再生周波数が2k~20kHz、クロス周波数が4kHzです。途中、ツィータに4.7マイクロのコンデンサーを繋ぎました。音質的には中音が不足ですが自分では満足しています。(ドライバーが高価なのでこのようになりました)。この組み合わせの場合、各ユニットにダメージを与え、断線のおそれはありませんか。  一方、話は変わりまして、JBLのN1200というネットワークを手に入れる予定ですが、これに上記の2つのユニットをそのまま繋いでもよいのでしょうか。お教え下さい。

  • バスレフ型スピーカーボックスと再生周波数帯

    スピーカーを自作したいので教えて下さい。ある資料によるとバスレフ型のエンクロージャーは、密閉型と比較すると、最低再生周波数限度が約30%下げることが可能と書いてありました。例えば再生周波数帯域…… 70Hz~20kHzのフルレンジ型スピーカーを使用した場合、再生周波数帯は49Hz~20kHzになるという意味でしょうか?ちなみに自作パーツはfostexのスピーカーと既製品純正エンクロージャーを購入しようと思っております。

  • スピーカの”クロスオーバー周波数”の意味

    よく2WAY以上のスピーカのスペック表に  ・クロスオーバー周波数 ○○Hz と記載されていますがどういう意味でなんしょうか? ワタシは勝手に、ツイータやウーファーなど各ユニットの再生可能周波数が ダブる部分の周波数だと思っていたのですが、はっきり意味を知りたいので ご教授お願いします。 また、クロスオーバー周波数と音質の変化について具体的事例をあげて せつめいしてもらえると何よりです。

  • 回答No.7

質問に対する直接の解答はNo.1に書いたとおりです。 質問に至る経過といいますか背景を考えてみました。 低音が不足しているのでウーハーを別品種に交換したいのですよね? 先の回答にも書いたようにL-203は低音の出るユニットのはずです。 カタログデータ上での比較でもL-205より豊かな低音が持ち味のはずなんです。 これは一体どうしたことか? 気になったのは「ショップオリジナルのエンクロージャー」です。 このエンクロージャーの素性がわかりません。 L-203の特性に合わせて調整されたものなのでしょうか? それとも規定の(適当な)箱なのでしょうか? 仮にL-203の特性に合わせて調整された箱であったとしても、 そこから出る低音があなたの嗜好に合っていないのではないか? そのあたりにカギがあるのではないかと思い蛇足的回答をしました。 「低音がかなり不足」がどうにも解せません。 なお前回の回答、および今回の回答はご使用中のユニットが完全動作品であることを前提にしています。 40年も前のユニットですのでどこかしら不具合が出てやしないか、と一抹の不安。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございます。 まずユニットですがL-203もL-205もエンクロージャーに納めて音だししましたが不具合はありませんでした。 エンクロージャーですが、H-54HDとL-203に合わせて作られたバスレフ型となっています。 フィンランドバーチを使った非常にしっかりとした箱鳴りの少なそうな作りです。 またネットワークもこれに合わせたものとなっています。 低音は少ないのですが女性ボーカルはスッキリしつつも前に出てくる聞こえ方で、アナログレコードを聴いた入りしています。 この傾向はアンプを変えても変わりません。 考えてみるとLo-DがHS-340やHS-350で発売した時に低音がこれほど少なかったのだろうかと疑問がわきました。 (実際に上記の機種を聞いたことがないのですが) No.7さんの回答に書いたのですがもしかして低音が少ないのではなく、高音が多いのではないかと言うことです。 高音が多いのはネットワークに起因するのではないかと。 抵抗を使って高音のボリュームを下げてみようと思います。 ちなみにL-205に換装してみましたが、L-203と劇的に変わった印象はありませんでした。

  • 回答No.6
noname#189119

すばらしいユニットをお持ちですね。 ツィーターは、4kHz以上でつなげることが推奨されていますので、 それ以下から使ったり、大きな音を出したり、 低音が沢山入っているソフトを再生すると壊れてしまう可能性があります。 Lー203のほうがスムーズにつながることになると思います。 L-205を使用するのであれば、1.2kHzあたりから使える、 ツィーターが必要かと思います。 今のままでは、ウーハーを乗せ変えても あまり結果は変わらないのではないでしょうか? ツィーターの能率が高すぎる気がします。 ツィーターの音量を下げてみてはどうでしょうか。 私も能率が103dBのウーハーに110dBのツィーターをつなげていますが、 ツィーター側に抵抗を直列と並列につなげて、バランスをとっています。 最初、ツィーターにボリュームをつなげていたのですが、すぐに音量が大きくなりますし、 高音がキツイ感じだったので、結果的に抵抗のほうが聴き易い音だとおもいました。 私は電気的知識が全くないですが、ネットワークは自作してます。 ネットワークの自作は、ある意味ではとても細かいことまで調整できます。 基準は、全部FOSTEXのカタログの数値をそのまま利用しています。 とりあえず、ツィーターに直列と並列に「抵抗」をつけてみてはどうでしょうか。 アッテネーターよりも安いですし、非常に簡単です。 抵抗を直列に「4.7Ω」、「並列に「3.3Ω」を入れてみてはいかがでしょうか。 そうすれば、高音がとてもおとなしくなると思います。 それか直列も並列も「4.7Ω」とか。 直列に「4.7Ω」、並列に「3.3Ω+3.3Ω」をつなぐ。 この3パターンでいい結果がでるのではないでしょうか。 つなげ方は、ツィーターの+端子とスピーカーケーブルの間に直列に4.7Ωをつなげて、 +端子と-端子に「3.3Ω」、「4.7Ω」、「3.3Ω×2」の抵抗を順番につなげていけば、 ちょうど良い低音と高音のバランスの組み合わせがあると思います。 ダメならはずせばいいだけですので非常に簡単だと思います。 私の回答があまりに乱暴なのはわかりますが、私が実験した結果の抵抗の組み合わせを 書かせてもらいました。 数値は本当は計算しなければならないですが、私自身計算の仕方がわかりません。 でも書いたほうがわかりやすいかと思い、あえて書かせていただきました。 これが絶対的な数値ではありませんし、全く意味のないことになるかもしれません。 私は、セメント抵抗をしようしており、2.2Ω、3.3Ω、4.7Ω、10Ωまで、 4個づつ購入し、いろんな組み合わせをしてみて、自分の耳でツィーターの音量をきめました。 抵抗は1個82円でした。 質問の趣旨と違う回答をしてすいません。 お使いのネットワークに、ツィーターに抵抗が入っているのであれば、 私の回答はまったく無意味なので忘れてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 「ツィーターの能率が高すぎる気がします。」このご指摘でもう一度考えてみました。 低音が不足していると感じるのは、もしかして実は高音が強すぎるのではないかと。 L-203はそれほど低音が出ないスピーカーではないはずですし、音量を上げると低音は出ます(高音は更に大きくなりますが) 聞きやすい音量にすると低音が不足すると感じるのは高音が出すぎなのではないのかと思った次第です。 現在のネットワークを調べてから「ツィーターの音量を下げてみる」これをやってみようと思います。 抵抗のつなぎ方まで教えていただき大変参考になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.5

昔ラジオ技術という雑誌で面白い実験をしたことがあります。 それは30cmのウーファーにグラフィックイコライザーをつないで無理矢理に高音を延ばしたらどこまで聞こえるかという実験でした。 結論は正面では広域を上げれば10kHzでも音は聞こえるということでした。 したがってウーファーは高音が出ていないのではなく、レベルが低下するので聞こえないというものでした。 ただし口径が大きくなると指向性が鋭くなり正面から外れると急速に高音は低下するということもその通りに解りました。 ということで、ネットワークなどを調整すれば使えるかもしれないということです。 ただツィーターは大入力で簡単に破壊しますから、指定よりも低い音域は入れてはいけません。 ウーファーの高域をどこまで使うかは実験次第と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

10kHzとは再生可能帯域を超えた音まで出力したということですね。 ではウーハーをスルーで接続した状態から徐々に上限を下げてみて聞こえ方を試してみようと思います。 興味深い実体験を教えていただきありがとうございました。

  • 回答No.4

はじめまして♪ 高域用ユニットには、大振幅の低域信号を入れてはイケマセン。 ユニットの再生可能帯域では無く、実用上の下限を守りませんと、耐入力数値が激減します。 (数分の一、あるいは数十分の一になる。 つまり通常使用で破壊し易い。) 低域用ユニットは、周波数レスポンスのアバレや、歪み感の増加等で、上限を決めています。 フィルター無しでフルレンジ駆動しても、物理的なダメージは存在しませんので、実際に聞いてみるのが良いと思いますよ。 本当に、低域ユニットが対応周波数以外の音が出なくて、それで問題無い場合は、あえて高域側をカットする必用は有りません。(実際に、そのような構成の有名スピーカーも存在します。) ハイカットをするのは、上の帯域で担当するユニットに任せた方がより音質的に好ましいという場合に行なう物です。 高域側のユニット破壊危険性を受け入れてクロス周波数を低くするか、低域側ユニットの理想範囲を少し(1オクターブ)越して多少クセが有る音の可能性を受け入れてクロス周波数を高くするか。 と云う判断です。 私自身はスピーカー工作が趣味の一つでもあるのですが、フルレンジユニットもウーファーも、基本的にはフィルター無しで、とりあえず鳴らしてみます。 その後、手持ちのコイルでハイカットを緩やかにして行きながら、色々試してみながら「まぁ、こんな感じかな?」と云う妥協点を。 ウーファー側のハイカットと、ツイーター側のローカット、計算上では大きく離れている場合でも、ユニットの個性やフィルターの特性等で中抜けに成らない、計算上の設定ではクロス範囲が強く感じられる、なんていう場合も有ったりしますので、カットアンドトライでウーファー側のハイカットは大胆に変えてみたりする実験も有効な事が少なく無い(あくまでも、私個人の経験と感じ方、個人の感想にすぎません。) 『電気には詳しくないので出来るだけ平易に』との事ですが、どうしても難しいのです。 電気回路的な計算としてダケでは無く、どうしても実際に使うユニット、そして最終的な聞こえ方というバランスで考えませんと、結果的な「音」が良い感じに聞こえてくれなかったりユニットを壊してしまったりするのですからね。 カット&トライ、トライ&エラーを繰り返すという、私の方向は、結果的に「壊さない範囲で、好みの音が自分の環境で得られるように」と云う目的のためです。 低域ユニットのクセを減らそうとクロス周波数やカット特性を強くしてくと、クセは少なく成るが音の鮮度?元気?という部分も減ってしまう感じに成りがち。野放図なフルレンジ駆動の音を聞いてみたり、極端に低い周波数でハイカットをしてみたり、両極端も聞いてみるのは、妥協ポイントを見つけ易く妥協するの為には案外良い試聴だと思いますが、、、私だけでしょうかねぇ(苦笑) *高域ユニットの実用最低周波数以下まで使う場合は、本当に壊れ易く成るので、壊れたらどうするか、と言う次善策を考慮した上無い限りは、行なってはイケナイ、NG行為です。壊しても良いなら、どうぞ。私もいろんなツイーターは焼損しています(爆笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 破損のリスクに注意してウーハーやフルレンジは実際に試して聴感上の好みを探すのですか。 確かに部屋の環境や好みで計算通りに聞こえないこともありそうですね。 自作の楽しみは完成品では味わえない失敗か成功かのドキドキ感も楽しみの一つと思います。 iBook-2001さんのように色々試されると「経験値」も蓄積され羨ましい限りです。 現在はH-54HDとL-203ですのでクロスオーバーは3.5khz~4khzあたりかと思っています。ここは制作元に確認してみます。 H-54HDの再生周波数帯域は2khz~20khzとなっていますが、クロスオーバー周波数は4khz以上となっています。 4khz以下にクロスオーバー周波数を設定しても2khz以上であれば破損はしないでしょうか? また2khzまで際しえ出来るのにクロスオーバー周波数が4khz以上となっているのは何故なのでしょうか? もしH-54HDとL-205を組み合わせた場合、 H-54HDを2khzでカットしてウーハーをハイカットしないでスルーすると1.1khz~2khzの帯域が再生されないという理解で良いのでしょうか? 再度の質問ですみません。

  • 回答No.3
  • C-bias
  • ベストアンサー率20% (3/15)

No2です。解答後にNo1を拝見してH-54HDの特性を調べました。-3dBの数値じゃないですね。これはNo1が正解です。L-205では高域が足りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりウーハーとトゥイーターの再生周波数帯域はクロスしている必要があるのですね。 ご教示ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • C-bias
  • ベストアンサー率20% (3/15)

-3dBでその値でしたらごく普通の組み合わせですね。-6dB辺りでクロスするような特性となり不自然館はないと思います。まあ実際f特性はLCネットワーク込みでの値となりますので、スピーカ単体で論じてもあまり意味はないです。というよりスピーカに合わせてLCの値を設定していますので、スピーカを変更した時点で当初の特性ではなくなると考えて下さい。 まあ趣味の世界ですから、あまり数値データにこだわることはないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

一言でいえば「NG]です。 H54HDの再生周波数帯域が2kHz~、クロスオーバー周波数4kHz以上となっています。 4kHz以下のクロスは音質的にも耐久性の面でも良くありません。 当然ながら1.1kHzクロスでは壊れる危険性が大きくなります。 他のユニットを見てみましょう。 Lo-D L-203 クロスオーバー周波数~3.5kHz。 周波数特性図をみてもぎりぎりで繋がっているようです。 最低共振周波数27ヘルツのハイコンプライアンスウーハーを3キロヘルツまで使うのはベストとは思えません。 L-205 クロスオーバー周波数~1.1kHz。 これでは繋ぎようがありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

トゥイーターのクロスオーバー周波数以下でクロスさせるとトゥイーターが破損の可能性があるのですね。 現在のネットワークがどの位でクロスしているか不明なので制作元に確認してみます。 ご教示ありがとうございました。

関連するQ&A

  • CDの帯域とスピーカーの帯域

     CDの周波数特性は、人間の可聴周波数帯域に基づいて4Hz~20kHzに設定されていると聞いたことがあります。一方、スピーカーの周波数特性は、高周波側が40kHzのものも普通にあります。 1)しかし、CDを再生する場合は、いくら高周波が出せても無駄なのでしょうか。実際に、高周波側が、20kHzしか出せないものと40kHz出せるスピーカーに違いはありますでしょうか? 2)40kHz出せるスピーカーは、なぜ作られているのでしょうか?今なら、SONYのスーパーオーディオCDなどがあるので意味はあると思いますが。 4)最後ですが、DVDの周波数帯域について教えてください。また、CDに取って代わる次の音楽メディアは何だと思いますか?

  • ローパスフィルター ハイパスフィルターについて

    スーパーツイーターやサブウーハーの仕様をみるとローパスフィルターとか、ハイパスフィルターとかクロスオーバーパスとかありますが、これはスピーカーのどの部分に作用することで、周波数帯域をカットしているのでしょうか? また、これは、設定した周波数までで、ぴたりと出なくなる値をしめしているのでしょうか? それとも、その値から減衰していくということなのでしょうか? 例えば、クロスオーバーパスが40Hz~140Hzのサブウーハーとハイパスフィルターが20kHzまでのスーパーツイーターを用いるときは、 メインスピーカーの周波数帯域が(1)40Hz~30kHzのものと、(2)34Hz~50kHzのものでは、 (1)のメインスピーカーでないとうまく設定することはできないでしょうか?

  • スピーカー比較

    フォステクスPM0.3とクリエイティブT12というスピーカーを持っているのですが 片方をCDプレーヤーでクラシック音楽を聴き、もう一方はパソコンとつないで映画を見るために使っているのですが、どちらのスピーカーの方がクラシック音楽を聴くのに向いていますか? PM0.3の再生周波数帯域が110Hz~20kHz±3.0dBとなっていてT12(20Hz~20kHz)より狭いので気になりました。 今はPM0.3の方をプレーヤーにつないでいます。

  • スピーカーの周波数帯域について

     最近PCオーディオにハマっています。ジャンルに関係なく色々聞くのですが、「クラシック・ジャズ系ピアノ」となると音色は別として、小型スピーカーの制限された限界スペックに大きく左右されることに今更ながらに気が付かされました。  私の試聴環境ですが、 アンプはTEAC AI301DAです。専用PCソフト(ASIO USB 排他モード出力)デジタルアンプで音楽ファイルのDACアンプ出力変換ですので再生機器による色はほとんどないと思われます。20~30w程度で1m位のニアフィールド試聴です。  卓上設置のため、スピーカーは「小型サテライトスピーカー YAMAHA NS-10MMを当初使用しておりましたが、キラキラした感じの高温と音像感は凄く良いのですが、低音域が弱くものたりないのでスペックを調べたところ、周波数帯域100Hz~20kHz、89dBでした。 試しにONKYO 108M 60Hz~80kHz81dBと交換したところ、中低音域は大分良くなりましたが、フラットな感じです。そこで更に別のSP(DITONE D900EX 35Hz~35kHz 91dB)で試聴したところ、ピアノの低温の弦?の「ビ~ン、ビ~ン」と言う音までもが一番鮮明に聞こえるようになりました。  このことから、「周波数帯域による差」がなんとなく実感出来ました。  また、ピアノの周波数帯域について調べてみたのですが、一般的なモデルでケンバンの最も左の最低音「ラ」が約27Hzで、最高音が約4kHzとありました。  そこで質問なのですが、 、 (質問1)  メーカーカタログ値の「周波数帯域」の「周波数帯域外」の特に「低音」の人の可聴帯域部分の20Hz~99Hzにあたる音域の表現は「NS-10MM(100kHz~)」ではどのように考えれば良いのでしょうか? おおむね次のどちらかと思われますが? (1)周波数帯域以下の音も出ているが弱い。 (2)周波数帯域以下の音は出ていない。スピーカーから聞こえているのは100Hz以上の音だけ。 (質問2)  卓上使用ですのでサブウーファーは不可で手頃なものを探していたのですが、やや大きいですが小型SPのケンウッド Kseries LS-K901 40Hz~100kHz 4ω 84dB 実売2万円代を見つけました。クロスオーバーなど音色はさておき、小型SPで40Hz~は他にはありません、コスパ的にはかなりハイスペックと思われます。 周波数帯域のみで比較するとハイエンドクラスなのですが? スペックだけでは読み取れないものは何でしょうか? メーカーのスペック表示基準の差によるものでしょうか?  地方在住のため、試聴はできませんので、スペックを信じて買ってみようか迷っております。(^_^;)  色々なご回答のほか、おすすめなどありましたら宜しくお願いいたします。

  • 自作スピーカーユニットとエンクロージャ容量の相関

    フルレンジ一発、もしくはツイーターを追加しての2wayでのスピーカー自作を考えてます。 (自作をするのは初めてです) 当方オーディオマニアではなく、メインのシステムもJBLの4312m2でそこそこ満足している程度なのでその辺り割り引いて頂ければ幸いです。 今回自作を考えてるスピーカーの用途は寝室で小音量で聴くため専門で、音源はブルーズや古めのロックがほとんどです。エンクロージャの方式はオーソドックスなバスレフ型を想定しています。なおアンプについてはフォステクスのAPシリーズにでもしようかと思ってる程度です。 尚、エンクロージャ工作に関しては自作ギターを何本か作る程度に道具も経験もあるのでそちらについては特に心配はしておりません。 この程度の目的なのでいわゆるハイファイな再生だの豊かな低音だのは求めていませんし、自作も初めてなので想定通りのものがいきなり作れるとも考えていない上での質問となります。 一般的にユニットが大きくなれば低音再生には有利になる、エンクロージャが大きければその分低域の増幅についても有利になるという話ですが(もちろんダクトの断面積や長さetc色々ありますけど)、「大きな箱に小さなユニット」とした場合と「小さな箱に大きなユニット」とした場合、音の傾向は一般論としてどのようになるのでしょうか? ユニットに対して適切なサイズの箱というものがあって大きすぎても小さすぎてもダメということみたいですが、例えばフォステクスの8cmフルレンジユニットFF85WKのスペックを見ると最低共振周波数が115Hzであるのに対しFF165WKは50Hzとなっており、小音量再生と割り切って低域の量感を最初っから無視してしまえば小さな箱に大きめのユニットを無理やりとりつけるってのは実はアリなんじゃないかなんてことを素人考えで思いついた次第です。また、その逆に8cmユニットに本来であれば16cmユニット用の容量の箱をあてがった場合どうなるのか・・・この場合無理にエンクロージャでユニットの実力を遥かに超えて低域増幅させることになるので相当無茶な話のような気もしますが。 自作スピーカーの経験者から見れば「何を馬鹿なことを」と思われるかもしれませんが、何卒よろしくお願い致しますm(_ _;)m

  • スピーカーの疑問

    スピーカーの疑問 スピーカーを見ていたのですが・・・ アンプによくついてくる、ボックスのようなスピーカーと背の高いトール型?のスピーカーがありますよね? あの2つはどこか違いがあるんですかね?? 全く違いのないならトール型?を買ってみたいと思うのですが・・・ それとインピーダンス?はアンプと合わせたほうがいいんですよね? それからそれから再生周波数帯域は広いほうが低音、高音がはっきりするということなんでしょうか? 再びいろいろとすみません。 よろしくお願いします。

  • ウーファーの選び方

    ウーファーの選び方について教えて下さい。 広い部屋でヒップホップをガンガンに聞きたいため、低音を重視したいのですが 箱の大きさと周波数帯域の低さはどちらが重要なのでしょうか。

  • 秋葉原でお勧めのスピーカーユニットの購入場所、教えて下さい

    最近ONKYOのD-77XXというスピーカーを中古で購入したのですが、中音域のユニット(MID-RANGE)から音がでません。 一応、乾電池を直接ユニット部分に接続してみたところ何の反応も無かったので、ユニットが死んでいるのだと思われます。 1・そこで、ユニットの交換を行おうと思うのですが、秋葉原でその様な部品を取り扱っているお店で、おすすめの場所があれば教えて頂けないでしょうか?当方、スピーカーについてあまり詳しい方ではないので、できればスピーカー専門店であったり、専門フロアなどがあると嬉しいです。 2・また、ユニットを探す際はそのスピーカーの正規部品の方がよいのでしょうか、というより、そんなモノ見つかるのでしょうか?それともサイズさえ合えばある程度のモノは繋がるのでしょうか?もしそうならば、どの程度のレベルを探せばよいでしょうか? もし情報をお持ちの方いらっしゃいましたら、是非々々教えて下さい、よろしくお願いします! <仕様> ○方式 3ウェイ・3スピーカー・エアーサスペンション方式・ブックシェルフ型 ○使用ユニット 低域用:31cmピュア・クロスカーボン・コーン型 中域用:12cmピュア・クロスカーボン・コーン型 高域用:2.5cmプラズマ・カーボナイトチタン・ドーム型 ○再生周波数帯域 28Hz~45000Hz ○クロスオーバー周波数 450Hz、3000Hz ○最大入力 230W(EIAJ) ○インピーダンス 6Ω ○出力音圧 91dB/W/m <スピーカー仕様参考サイト> http://www11.plala.or.jp/se_ke5583/ONKYO/speaker/d-77xx.html

  • 自作スピーカについて

    こんばんは。今回初めてスピーカを自作します。 初めてなので自分の中の基準を作るつもりで気軽にやる予定です。 とりあえず自己紹介します。 オーディオ機器の電気設計に携わっていることもあり、電気的な理論 はわかっております。 家で使っているコンポの音を何とかしたいと思いまずはSPからと思い ました。 気長に始めて、そのうちアンプやプレーヤにも手をつけようと考えて います。 よく聴く音楽はジャズやクラシックPOPもROCK等々あまりジャンルには こだわっていません。 好みの音質はキツイ低域よりは澄み切った中高音の伸びが好きです。 特定の周波数が耳につくよりはフラットな特性が好みです。 それではいくつか質問がありますが、よろしくお願いいたします。 (1)ユニットについて 周波数特性がフラットなフォステクスのFE-167E(AV対応)を 使用するつもりですが、FE-166Eも気になります。基本的には 1ユニットのフルレンジで可聴帯域をカバーしたいのですが 2つのユニットの特徴の違いはいかがなものでしょうか? Qが166の方が低いためレスポンスは良さそうですが、バスレフ でエンクロージャを組むことを考えると、特定の周波数が耳に つきやすいような気がします。 (2)グラスウールについて エンクロージャ内部に敷き詰めるグラスウールですが、健康上 の影響はないのでしょうか?家内やペット(犬)あとはこれから 子供もできるかもと考えると、他のたとえばフェルトなんかで 代用できないかと考えてしまいます。 (3)エンクロージャ内部の塗装について エンクロージャ内部は木の粗を残している方が、音圧の反射を分散 できるような気がしますが、経験者のHPを拝見すると塗装されている 方が大半です。内部の塗装による音の影響はどのようなものなの でしょうか? 申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • スピーカーの仕様の見方

    PCスピーカーの買い替えを検討中なんですが、 各社のスピーカーの仕様を比べても、どれが良いのか 分かりません。 入力インピーダンス 再生周波数範囲 クロスオーバー周波数 最大出力  数字が高い方が単純にいい音出すんでしょうか?