• 締切済み
  • 暇なときにでも

ローパスフィルターの作り方

カーオーディオのシステム変更で、ローパスフィルターの自作を考えています。 カーオーディオでは、スピーカーが低い位置にあるため、タイムアライメントや取り付けを工夫したりして音場を上げようとしますが、無理をした音になりがちです。 それを改善するために、ダッシュボード上に設置できるミドルレンジ以上をカバーする小径ユニットが、3機種だけですが市販されています。ケンウッドKSC-TX5、富士通テンのSGX-TD5、エーモンのATW-2752Wです。 このようなユニットを利用したいと思っているのですが、これ以下をカバーするウーハーが必要です。これにはいわゆるドアスピーカーを当てるつもりですが、通常のドアスピーカー、13cm~16cmのものは、周波数特性を見ると2khzほどまでカバーしています。 そこで、ドアスピーカーに500hzくらいから上をカットするローパスフィルターを付けようと考えたのですが、そのような周波数をカットするフィルターというものが存在しません。 以前、フィルターの自作を何かの本で読んだ気がするのですが、簡単に作る方法があれば教えていただきたいと思い投稿しました。 どうぞよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4014
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.2
  • veer
  • ベストアンサー率48% (197/410)

大体のカーオーディオのウーファーやツイーターはインピーダンスが4Ωだと思いますが、その上で計算します。 またミドルレンジとウーファーの音量が別で調整できるという前提です。 6dB/octでよければ1.3mHのコイルを+側に通せばOKです。 もっと強烈にハイカットしたいのでしたら 12dB/octで2.2mHのコイルと68uFのコンデンサを使用します。 接続方法はウーファーに並列にコンデンサを繋ぎ、それよりも手前の+側にコイルを接続します。 わかり辛いかもしれませんので言い方を変えますと、+側からコイルを通って、その先にウーファーとコンデンサが並列で繋がっている状態になります。 ただそうなるとミドルレンジもローカットしないと音量が出せませんので、これも参考までに。 6dB/octなら82uFのコンデンサを。 12dB/octなら1.5mHのコイルと43uFのコンデンサを使用します。 こちらはハイカットとはコンデンサとコイルの位置が逆になります。 オーディオ用のコイルやコンデンサは1個1500円くらいですので、結構お金が掛かりますね(^ ^; ご参考までに。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 -6dbというのは、500hz以上を-6db下げるという意味でしょうか。 そうすると、カットする周波数を変えるには、1.3mhのコイルではなく1.5mhとか1.0mhのコイルを入れればいいと言うことでしょうか。 どうも予備知識が足りないようで、十分理解できていません。 ともあれ、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • ローパスフィルター ハイパスフィルターについて

    スーパーツイーターやサブウーハーの仕様をみるとローパスフィルターとか、ハイパスフィルターとかクロスオーバーパスとかありますが、これはスピーカーのどの部分に作用することで、周波数帯域をカットしているのでしょうか? また、これは、設定した周波数までで、ぴたりと出なくなる値をしめしているのでしょうか? それとも、その値から減衰していくということなのでしょうか? 例えば、クロスオーバーパスが40Hz~140Hzのサブウーハーとハイパスフィルターが20kHzまでのスーパーツイーターを用いるときは、 メインスピーカーの周波数帯域が(1)40Hz~30kHzのものと、(2)34Hz~50kHzのものでは、 (1)のメインスピーカーでないとうまく設定することはできないでしょうか?

  • コンデンサーマイクのローパスフィルタ設計

    先日、自作カプセルマイクを使いライブ録音しました。 バスドラの低音ばかり気にしてローカットフィルター(ベースロールオフアンプ)は購入し低音は800Hz辺りで切ったのですが高音があまりにも効き過ぎていてキンキンで録音されてました。 そこでハイパスフィルターも使いたいなと思い探していたのですが良いものが無いのでスピーカーのネットワーク設計と同じ要領ならば自作出来るのではないかと思い質問です。 使用しているカプセルマイクはPanasonicWA-61Aと言う物です。 周波数特性は上が16Kなのでこれを10K~12Kに抑えたいと思います。 入力は純粋にこのマイクをステレオだけです。 アンプ機能などは要りません。 コンデンサーと抵抗で出来ると思いますが詳しく設計など書かれているサイトなどあれば教えて下さい。

  • ノイズ周波数を測定したいのですが・・・

     前回質問したスピーカーユニットについてなのですが、  自作のスピーカーを作るつもりで、スピーカーユニットを買ったのですが、高音域がノイズ(ひずみ)となって出力されてしまいます。そこで、フィルタを通して高音域のノイズを取り除こうと思うんですが。肝心のどのくらいの周波数から上が、ノイズとなってしまっているのか分かりません。そこで、そのノイズとなっている周波数を測りたいのですが、測り方が分かりません。 機器としては、オシロスコープで測定することになります。  またそのとき、入力インピーダンスを75Ωにしなければならないとなっているのですが、何が75Ωなのか、また、どのようにして75Ωにするのか分かりません。 スピーカー作りは、はじめてなので、分からないことがたくさんです。宜しくお願いします。

  • 回答No.1

一次のRCフィルタでしたら参考URLで計算できます。

参考URL:
http://www.michinoku.ne.jp/~tsasaki8/CQ3/fillpf1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございます。 ・・・が、予備知識ゼロで理解不能です。よろしければどのような部品と配線が必要なのか、教えていただけないでしょうか。

関連するQ&A

  • フェライトコアの利点を教えて下さい。

    フェライトコアは高周波でのノイズ対策として使われるものですが、普通のローパスフィルタとはどう違うのでしょうか? 単に高周波をカットしたいのであればRC或いはLCのローパスをフィルタを使えば、より急峻で且つ既知のカットオフ周波数のフィルタを作製可能ですが、どういうときにフェライトコアが役に立つのでしょうか?

  • スピーカーの自作

    スピーカーの自作ってどうなんでしょうか? 木材をカットしてもらって、市販のユニットを買って・・・・。 スピーカーを買うのと費用的に変わらないような気がするんですが、やはり手作りと言う愛着で自作するんでしょうか?

  • 【ローパスフィルターにかけたようなドラムの音、これは何なのか】

    【ローパスフィルターにかけたようなドラムの音、これは何なのか】 音楽を聴いていると時々出会う音です。 ドラムやパーカッションの高周波数がカットされたような音で、 主に細かい音符でツクツクタカタカやってる感じで使われていることが多いようです。 そこで試しに手元のソフトウェア音源にフィルターをかけて鳴らしてみましたが、 想像していたような音には全然なりませんでした。 何らかのエフェクト処理で出している音であることは間違いないと思っているのですが、 どうしたらあの音が出るのか、あの音に名称はあるのか、全く分かりません。 もしお分かりの方がいらっしゃいましたら、 あの音はどのように作られている音なのか、どうすれば作れるのか、 どのような楽器やリズムに使われることが多いのかなども含めてお教え頂けると幸いです。 もちろん、わずかな手がかりだけでも大歓迎です。 今挙げられる実例は以下です。 ・ASIAN KUNG-FU GENERATION「夏の日、残像」(『君繋ファイブエム』所収): 冒頭、2:40-2:50、末尾 ・http://www.nicovideo.jp/watch/sm9275538: 19:52-、(冒頭も?) ・『ARC THE LAD GENERATION オリジナルサウンドトラック』、24「水の神殿」: 冒頭 微妙な例ばかりで申し訳ありません。 これらは全て同じ手法だと思うのですが、違いましたらそうお教えください。 よろしくお願い致します。

  • またスピーカーが壊れた

    1年半ほど前に交換したフロントドアスピーカーが壊れました。 セパレートなのですが左側がツィーターだけなっていて ウーファーが鳴っていない状態です。 実はこのスピーカーに交換したのは、その前の物が同じように壊れたからです。 スピーカー交換→ヘッドユニット交換2回→今のスピーカーに交換 →ヘッドユニット交換、で今に至ります。 同じところが壊れたのは何か問題があってのことでしょうか? それとも偶然?カーオーディオの寿命はこんなもんでしょうか? 今のスピーカーは型落ちで安くなっていたものですが ディスプレイ品ではありません。

  • 自作のボディソニックに関して(振動ユニット)

    VM812(http://www.kamaden.com/vm.html)という単品で売られている振動ユニットを 使用した自作のボディソニックを作ろうとしていますが、 いかんせん知識不足のため分からないことだけです。 5.1ch用アンプのサブウーファー出力を分配して別のアンプの入力に接続し、 そこにスピーカーケーブルを介して振動ユニットを接続しようとしています。 一応これで振動ユニットは動作すると思うのですが よくわからない部分が何点かあります。 まず第一にV812の再生周波数範囲が20Hz~250Hzという部分です。 おそらくふつうのアンプでは250Hz以上の音も出そうとすると思うので 振動ユニットに対して負担がかかりますよね? これを20Hz~100Hzもしくは可変で変更出来る様にしたいのですが、 どういった方法が考えられますか? また、ウーファー用のアンプというものがありますか? (再生周波数の調整が出来たら最高です) 調べたところローパスフィルタという言葉をよく耳にしますが、 どういった物なのかどうやって使うのかわかりません。 なにかいいサイトがあれば教えて頂きたいとおもいます。 よろしくお願いします。

  • マーティン・ローガンを上手く鳴らすAVセンター

    静電フィルム・バイポーラー型のピュア・オーディオ用ではなく、 AVスピーカーの類いのマーティン・ローガンです。 3Way6ユニットのスピーカー(1ペア)なのですが、 スコーカー×3とツィーターは静電フィルムではありませんが リボン系のパッシブ・ユニットです。 http://www.hk.martinlogan.com/speaker_intro/fresco.html 手持ちのアンプ3種(KRELL、SANSUI、MUSICAL-FIDELTY)で スピーカーのキャラクターをチェックしましたが、 背面への回り込みが大きいせいか音場が深いのと、 リボン系ユニットがAV用途というにはかなりセンシティヴです。 5.1chのAVシステムはこれから構築するので, まずはAVセンターの新規購入を考えています。 フロント・スピーカー2本はこのマーティン・ローガンを充て、 サラウンド用にVIFA小口径ユニットで自作したスピーカーを予定しています。 マーティン・ローガンの深い音場を活かしつつ リボン系ユニットを上手に鳴らすアイテムをご紹介下さい。 ちなみに予算は40万円位を予定しています。 宜しくお願い致します。

  • 4Ωのユニットを6~8Ω以上にするには?

    これから自作スピーカーを色々作ってみようと考えているのですが、 手元にあるユニットが、カーオーディオ用の4Ωのユニットです。 しかしアンプが6Ω以上しか対応していないので、何とか手を加えて 対応できるように工作できないかと考えております。 4Ωのユニット2台を直列に繋げると8Ωになることは知っていますが、 使用したいユニットは1台だけなのでこれに何らかの電子工作を加えて 6~8Ωのユニットとして使用する事は可能でしょうか? その場合、具体的な電子部品(コンデンサや抵抗?)を使って、 どれ位の数値のものをどこにどのように繋げる方法が考えられるのか? ご教授願います。

  • カーオーディオのハイパスローパスの設定

    スイフトにアルパインのスピーカーとウーファー、ツイーターをつけました。 以前ここで質問した際に、ハイパスとローパスの設定をして、ドアスピーカーの低音を消して、音量を上げたときにぼこぼこする感じを消すと言うようなことを教わり、実践しようと思うのですがいまいちよくわかりません。デッキの設定とウーファー側にも周波数のつまみがありますし。。。 大体でイイのですがどの周波数をカットするとか手順とかなどどんなことでもいいのでアドバイスいただけないでしょうか?本来なら自分で調べてやるべきなのでしょうが自分自身も検索してみたのですが余りよいサイトにめぐり合えずに困っております。 現状では音量を上げるとやはりドアスピーカーがぼこぼこ歪んでいるような感じです。

  • フロントスピーカ取付の方法は?

    車のフロントスピーカが老朽化しているため、新品に交換します。可能ならDIYで済ませたいと思います。 スピーカ交換方法の質問は多く出ているようですが、車に不案内な私には適切なQ&Aがみつけられませんでした。 【経過と問題点】 ○車は平成7年型カローラII、EL-53。 ○ドアについているフロントスピーカを調べてみた。 ○グリルは手で外すことができた。ネジ3本を外すと、スピーカユニットがドアから外れた。ケーブルのコネクタは、リリースのツメを押すと外れた。これでスピーカが車体から離れた。 ○容易にスピーカが外れるとわかったため、DIYでスピーカを交換したいと考えた。 ○スピーカは富士通テン製の10センチ径であった。 ○スピーカユニットは取付台座と一体構造をなしており、台座のみの流用は不可と思われた。 ○取付台座は3本のネジでドアに固定されていた。 ○二等辺三角形の頂点を打つようにネジが配置されていた。 ○三角形の底辺は約13cm、長辺は約12cmであった。 ○10センチ径のスピーカをパソコンで探してみた。パイオニアTS-F10や富士通テンSGS-1000などがみつかった。 ○アルパインには車種適合表がみつかった。SRT-1254が加工必要で取付可とあった。 ○TS-F10やSGS-1000は円の中心を通る線上にひとつずつ、つまりふたつネジ穴がある。SRT-1254はそれに加えてふたつ、つまり4つネジ穴がある。いずれもEL-53車体のネジ穴に合わないもよう。 【質問】 ○これらのようなスピーカを私の車につける方法を教えてください。別の問題解決方法があるなら、それも歓迎です。

  • ハイカットフィルター調節能なしのサブウーファー

    ハイカットフィルター調節機能のついたサブウーファーは ハイカットフィルター可変を最低にして他のスピーカーとの帯域が被らないようにしてみることができます。アクティブウーファーにはハイカットフィルター調節機能のついていないものもありますが、その場合、アンプ(avアンプ)側の調整となると思うのですが、イコライザーでの調節でよろしいのでしょうか?またLFEの設定はAVアンプではLFEバスフィルターは80Hz~120Hz までの設定ができます。私の場合はどちらかというと映画が中心でメリハリと澄んだ音質が好きです。この場合最低の80Hzでよろしいのでしょうか? AVアンプ   TX-SA608  Front KEF Q15(クロスオーバー周波数 3.3kHz)周波数特性 50Hz~20kHz Center TANNOY Mercury mc(クロスオーバー周波数 2.5kHz) 周波数特性 70Hz~20kHz Surround ケンウッド LS-K711(クロスオーバー周波数 2.5kHz)50Hz~45kHz Subwoofer DENON DSW-300SG     20Hz~150Hz の構成です。 部屋は視聴は18畳のうち10畳ほどの範囲です。スピーカー類はそれぞれ壁から 30cmほど空けてます。Subwooferは木製のテーブルの上に大理石板を置き、その上にインシュレーター をかましております。自動スピーカー設定ではこもって聞こえて駄目でした。 何卒お詳しい方お教え下さい。