• 締切済み
  • すぐに回答を!

社会・・・

律令制度のもとで、6歳以上のすべての人々に、口分田をあたえ、その人が死ぬと返させる法令を定められた。これをなんというか? 743年にだされ、新たに開墾した田の永久私有を認めた法令はなにか? 誰か教えてください! 直でお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数66
  • ありがとう数39

みんなの回答

  • 回答No.2

補足になりますが、 はじめに定められたのが「班田収授(の)法」で、 それから、口分田が足りなくなり723年に 「三世一身法」が出されました。 これは、その土地の権利を三代まで認めるというものです。 しかし、それでも口分田が足りなくなったと言うことで、743年に「墾田永年私財法」がだされました。 そして、この土地がのちの荘園になった と、いうことです。 これでどうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 墾田と口分田の違いは(墾田永年私財法)?

    自分で開墾した田でも、班田収授法で朝廷から貸し与えられている口分田と同じく、租庸調の税は払わなければならなかったのでしょうか?  だとすると、墾田の「私有」のメリットって何なんでしょう?  完全な私有地だったら、全て自分のものになって天皇に税を納めなくても良いというのなら、うれしいと思いますが。 天皇にとっては、墾田でも口分田でも税を得ることが出来るのなら、あまり変わりないような気がするのですが。

  • 班田収授法について

    歴史が得意な方に質問です。 律令制度に基づいて6年ごとにつくられる戸籍に基づき、6歳以上のすべての人に口分田が与えられ、死ぬと返す班田収授法がある。 という文がありました。 「基づき」ということは、やっぱり 「6年ごと」と「6歳以上」には関係があるのですか? 6年ごとに戸籍を作るのだから、6歳以上でないといけないのはなぜですか?

  • 墾田永年私財法について

    墾田永年私財法とは・・・開墾した土地は、永久私有を認めるもの。 何故、班田収授法ではだめだったのか・・・?教科書には班田収授法では、 その後の人口増加や、災害などの口分田の減少のため、とかいてありました。 では、どうして墾田永年私財法で解決できたのか。 何故、班田収授法ではだめだったのか。 この質問に答えてくれる方、大歓迎です!

  • 回答No.1
noname#4643
noname#4643

「班田収授の法」と「墾田永年私財法」では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当にありがとうございました。 とても助かりました!

関連するQ&A

  • 墾田永年私財法を出した理由についてのことですが、

    墾田永年私財法を出した理由についてのことですが、 ?「人口が増え、口分田が不足したため」と教科書に書いていたのですが、何故人口が増えたから口分田が不足したのですか。人口が多いほど、人々に多くの口分田を与えることができると思うし、口分田が不足したら、新しく開墾すればいくらでもできると思うのですが・・・。 ?「人口が増え、口分田が不足したため」墾田永年私財法を出したのはいいけど、それで口分田の不足は補えるのでしょうか。 ?墾田永年私財法を出してしまったら、もう口分田じゃなくなってしまうと思うのですが。 分かりにくい説明ですいません。宜しくお願いします。

  • 奈良~平安時代 『租』について

    律令制度の始まりに伴い、古代日本では6年ごとに戸籍が作られ、6歳以上の人間には口分田が与えられました。 そして、誰しもが納めなければならない税である、租があります。。 国衙の財源(今でいうと県の財源と同じ)になるということらしいのですが、租というのは米を納めるんですよね。 ・ほぼ全ての人が米を作るとなると、米が余ってしまいませんか? ・私の認識ですと、この時代には貨幣があまり流通していないですし、  基本的に大勢の農民は自給自足だと思っていますが、間違いないでしょうか? ・貨幣が流通していないということは、一部の弓や剣を作ったりしている人々の報酬はお米なのでしょうか? ご回答お待ちしております。よろしくお願いします。

  • 戦争中の人々の生活について教えて下さい。

    今学校で太平洋戦争中の人々の生活についての宿題を出されているのですが、なかなか書けません誰か分かる人は教えて下さい。お願いします

  • 介護福祉士試験に向けてお勧めの問題集は?

    来年1月に介護福祉士試験を受験したいと思っています。 私は障害のある人にヘルパーを派遣する事業所の職員をしており、支援費制度についてはある程度の知識があります。しかし介護保険やその他の法令等についてはまったく知りません。 どんな勉強法、どんな問題集が有効でしょうか?お勧めのものを教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 職業を永久免許制を数年に一度試験を受けて直す制度について

    職業を永久免許制を数年に一度試験を受けて取り直す制度について、詳しいご意見を頂きたいです。最近お医者さん・看護婦・医師会・警察・政府官僚・銀行‥達は人々のプライパシ‐を握っています、一旦職位についたら、仕組みによって毎月会費を納めていれば一生フリーパスで居られる見たいです。大学の教授でも最低限にコンピュータを使えない人もいます、また一部の先生は既に時代遅れている内容を堂々として講義しています。 僕が考えるのには、数年に一度「職業道徳・最低限お仕事のマナー・実技テスト‥」を判断メドとして皆一律試験を受けて直す制度を取り入れるっと社会ももっと活性化して、いつも同じ人だけ権利・地位を牛耳るのでは無く、腐敗防止にも繋がるのではっと考えてます。専門的なお仕事だからこそ自分自身は何年に一度見直す機会を持つ事によってもっと新しい目標や反省に繋がるのでは無いでしょうか?どしどしご意見を頂きたいです。

  • 前(心理学?)

    ふっと疑問に思ったので、質問させていただきます。 もし、そこそこ人がいる街並みの中で、誰かが『前!前々!』なんて叫んだら、周りの人々は、一番最初に見る"前"は己の前方なのか、はたまた、その叫んだ人物の"前"を見ようとするのかどちらでしょうか? 時間がある時にでも回答お願いします。

  • 下水道について

    人から、「下水道が整備された場合、その地域の家は??年以内に汲み取りから下水へ切り替えないといけない」という法律があると聞いたのですが、 1.その根拠法令の名前 2.何年以内に下水に切り替えないといけない? 3.空家で、誰も住んでいない状態の場合はどうなる?  (ただし、将来誰かが住む可能性はあるとして) 以上3点、どなたかご存知でしたら、教えてください。 宜しくお願いします。

  • お伺いします。先日会社が合併しました。給与制度については会社と組合間で

    お伺いします。先日会社が合併しました。給与制度については会社と組合間では合意していません。しかし、先月新会社制度での給与が支払われました。組合と会社とでは何ら合意や覚書等の書面の取り交わしはしていないと聞いています。これは法令順守(コンプライアンス)の観点からも問題ではないのでしょうか。月例給の支払いが滞るのが問題なのは承知していますが、支払うにしても合併前の制度での支払いであれば納得がいきますが、新会社制度での言わばみなし支払いはどうなのか、疑問に思いメールしました。ご教授ください。お願いします。また、新会社の制度では年収で200万程度減収になる社員がいます。3年半の調整給の後の移行ですが、こんなのありですか?前会社がその人の能力に理解をし支払っていた給与が、新会社になり制度が変わりその制度に当てはまらないからといって200万もの減給というのは納得がいきませんが、合併とはそういうものなのでしょうか?

  • 12世紀までの日本史

    語句をつないで文章にするという課題を出されて少々困ってます。 1つだけとかでも全然いいのでご協力お願いしますm(__)m (単語の順番はどうでもいいです。) (1)旧石器時代から縄文時代に移る様子をまとめる問題。 細石器、竪穴式住居、どんぐり、投げ槍、弓矢  を用いて (2)4~7世紀の大和政権の動きをまとめる問題。 厩戸王、大王、伽耶、百済の亡命貴族、新羅、壬申の乱、蘇我氏、筑紫君磐井の反乱、「日本」号、倭の五王  を用いて (3)大和政権時代の「大王」「中央豪族」「地方豪族」「人々」の関係が、律令制度に基づく関係にかわったことの意味をまとめる問題。 国司、郡司、公卿、中央豪族、天皇  を用いて (4)7~12世紀の経済の動きをまとめる問題。 国司、墾田永年私財法、荘園、租庸調雑徭、年貢、班田収受、不輸不入の権、浮浪逃亡、名主、有力農民  を用いて (5)9~12世紀の政治の動きをまとめる問題。 尾張国郡司百姓等下文、外戚、山賊、上皇、承平天慶の乱、前九年後三年の役、平清盛、武装、中下級貴族、保元平治の乱  を用いて

  • 国会議員などの公職選挙で、「弱者」の投票権は?

    国会議員などの公職選挙で、「弱者」の投票権は? 最近、海外在住の有権者にも不在者投票制度の拡大などで、投票できる機会が増えています。 ところで、世の中には、決定的な「弱者」がいます。 字の書けない「知恵遅れ」、「視聴覚障害者」、「寝たきりの病人」などなど、まだまだ想像を超える人々がいることだと思います。 こういった人々は、投票所に自力で行けません。行ったとしても字の書けない人もいます。 現在の法律では、この人々には選挙権はないようです。 しかし、人間に差別がないと言うのであれば、これは基本的に人の道に反しているのではないでしょうか。 例え、脳に障害があろうとも、字が書けなくとも、植物人間であっても、政治に対する重大な利害はあります。 例えば、法定代理人とか、選挙管理委員会の許可を得た親権者とか、「本人」の利害を意思表示できる人に代理投票権を与えるべきだと思います。 もちろん、こういった制度は、悪用されたり、抜け道が生じたりすることもあるでしょう。 それで質問です。 質問1.現在、このような社会弱者の投票権はどうなっていますか。 質問2.投票代理人の概念は、現制度では問題がありますか。 質問3.その他、関連の意見がありましたら、何でもお願いします。