締切済み

社会・・・

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6684
  • 閲覧数52
  • ありがとう数39
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 20% (1/5)

律令制度のもとで、6歳以上のすべての人々に、口分田をあたえ、その人が死ぬと返させる法令を定められた。これをなんというか?

743年にだされ、新たに開墾した田の永久私有を認めた法令はなにか?
誰か教えてください!
直でお願いします!
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

「班田収授の法」と「墾田永年私財法」では。
お礼コメント
manachann

お礼率 20% (1/5)

本当にありがとうございました。
とても助かりました!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/2)

補足になりますが、
はじめに定められたのが「班田収授(の)法」で、
それから、口分田が足りなくなり723年に
「三世一身法」が出されました。
これは、その土地の権利を三代まで認めるというものです。
しかし、それでも口分田が足りなくなったと言うことで、743年に「墾田永年私財法」がだされました。
そして、この土地がのちの荘園になった
と、いうことです。

これでどうでしょうか?
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ