-PR-
締切済み

強制終了。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.6409
  • 閲覧数41
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 75% (73/97)

インターネットでも、HP作成ソフトでも、強制終了が起きてしまいます。
『ページのモジュール違反です」とメッセージが出るのですが、これはいったいどういう意味なんでしょう?

強制終了のメッセージが出たときは、仕方なく閉じてしまいますが、これを回避する方法は何かないでしょうか?

あと、マウスの動きが遅くなってしまうときがあります。
掃除は良くしています。マウスパッドもきれいです。
だけど、時々動きが遅くなってしまうのはなぜでしょうか?ハードが動いているからなのかな・・・。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 23% (22/95)

僕が思うのには、メモリー不足と思います。
多分64メガのメモリーだと思いますが、128メガにすると、ほとんどフリーズも起こらないし、マウスの動きも快適になりました。 依然僕もやたらにフリーズするので困った時がありました。アウトルックの起動中でも葉書作成でも何でもでかい小さいに関係なく固まってました。
128以上に上げたら快適になりました。
64のRAMを足して128にするか、128を足して190メガにするかの方法でマシンをカスタムメイドしてください。
お礼コメント
tomoa

お礼率 75% (73/97)

最近、いろんな物をダウンロードをしたりしているからかもしれませんね。(^^;

会社では128Mなので、快適です。
ん~、今後のためにもメモリを増やしたほうがいいみたいですね。

回答をありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 41% (44/107)

私もpowerexさんの意見と同様にメモリ不足だと思います。
マウスの動きが遅くなるのは、ディスクスワップ(※1)が起きているせいでしょう。
メモリの増設が一番簡単な方法ですが、その前にPCをチェックしてみましょう。

●ハードディスクの「プロパティ」―「ツール」から、
 ・エラーのチェック
 ・最適化
 を行ないましょう(週に1回は)。
●常駐しているプログラムで余計なものが無いかチェックしましょう。

あと、Vector等から入手できる「メモリ管理ソフト」や「窓の手」などでPCをシェイプアップしましょう。

※1 OSは、メモリが足らなくなると、ハードディスクをメモリ替わりに使用することがあります。
お礼コメント
tomoa

お礼率 75% (73/97)

最適化は1度やりました。
あれって、週1回やったほうがいいんですか?

今までメモリなんかに関心がなかったので、考えたこともなかったです。(笑)
もっとパソコンを見てあげないとだめですね。

回答をありがとうございました。

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 21% (4/19)

結局メモリだと思うのですが、それ以前に常駐ソフトが悪さをしていないでしょうか?
また、必要以上に常駐ソフトは多くないですか?
メモリを増やせば、解決すると思いますが、常駐ソフトが悪さ(もしくは、相性の悪いソフトが起動されている等)しているようであれば、メモリを増設しても同じ事ですので、とりあえずは、ウィルスソフトなど、一旦解除して様子を見てはどうでしょうか?
お礼コメント
tomoa

お礼率 75% (73/97)

多分、いらないソフトがあると思います。
その整理をすれば、多少は良くなりますよねぇ・・・。

やっぱり最適化はしょっちゅうした方がいいみたいですね。(^^;

回答をありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ