-PR-
解決済み

旅行約款の意味がわかりません。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6308428
  • 閲覧数163
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 42% (632/1491)

いつもお世話になっております。
今度、旅行をするのに

大阪→東京で往復飛行機代+1泊宿泊(ホテル)代
で一人21000円というものです。

このツアーに申し込む際に、「旅行約款」で以下のように書かれていました。

*****************************
所定の旅行申込書(以下「申込書」という)に所定事項を記入の上、次に定める申込金を添えてお申込みいただきます。申込金は、旅行代金又は取消料若しくは違約金のそれぞれ一部又は全部として取り扱います。通信契約の場合はこの限りではありません。

旅行代金(お1人様)        申込金
30,000円未満            6,000円
30,000円以上60,000円未満    12,000円
60,000円以上100,000円未満    20,000円
100,000円以上150,000円未満    30,000円
150,000円以上           旅行代金の20%以上
*****************************


これは、どういうことなのでしょうか?

二人でこのツアーに申し込もうと思うのですが、
(21,000円×2人分)+申込金12,000円
ということになるのでしょうか?

「申込金は、旅行代金又は取消料若しくは違約金のそれぞれ一部又は全部として取り扱います。」

という文の意味がわかりません。
わかる方、教えていただけないでしょうか。

宜しくお願いいたします。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 20% (41/200)

申し込み金は、旅行代金の1部として扱われます。
収受する理由は、キャンセルをしたばあいの取り消し料金の為です。
この場合は、申し込み金は1人\6000 です。
申し込み金がイヤなら、申し込み段階で全額支払う必要があります。
どの会社(旅行代理店)でも旅行申し込み金は、収受しています。

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 44% (706/1571)

旅行代金は二人で42000円ですが、そのうち申込金12000円は申し込み時に、残り30000円は後日、一般的に旅行が近づいて規定キャンセル料が申込金の金額を上回るようになる前に支払いを請求されます。なお、旅行が直近の場合は申込時に旅行代金全額を支払う必要がある場合もあります。
客都合でキャンセルした場合は、支払い済みの旅行代金(申込金)からキャンセル料を差し引き、残金があれば返却されます。キャンセル時に追い金を請求することを避けるようになっていると思います。


  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 22% (135/593)

ツアーの旅行代金は二人分で42,000円です。
申込金は旅行代金の一部を手付金として前以て納めると言う事です。
そして、ツアー出発日前までの指定された期間内に残り18,000円を収める必要があります。

万が一、申込者の事情により、申込がキャンセルされた場合、
出発日までの日数に応じて、申込金の一部或いは全額をキャンセル料として頂くという意味です。

旅行会社もバスの手配や、旅館の手配に手数が掛かっていますし、
一方的にキャンセルされると、バス会社や、旅館にキャンセル料を払わなければならないからです。

もちろん、台風とか、ツアー成立の最低人数が揃わなかった場合等の、
申込者の責任ではない事情でツアーがキャンセルになった場合は全額返金されます。
  • 回答No.2

旅行代金は21000円です。

※次に定める申込金を添えてお申込みいただきます。頭金です。

とありますから、旅行代金3万円未満は申込金が6000円です。
二人ですから12000円となりますね。


※「申込金は、旅行代金又は取消料若しくは違約金のそれぞれ一部又は全部として取り扱います。」

は、旅行が成約すれば、旅行代金残額15000円(二人で30000円)
お支払いください。

もし、キャンセル料の発生する状態(例えば当日キャンセルとか)であれば、
そのお金は違約金もしくは取消料として、そのまま返金できません。

という意味です。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (135/593)

訂正します。


そして、ツアー出発日前までの指定された期間内に残り18,000円を収める必要があります。
                 ↓
そして、ツアー出発日前までの指定された期間内に残り20,000円を収める必要があります。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 22% (135/593)

たびたび済みません。
後日納める必要があるのは、30,000円です。

つまらない間違いをしました。
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 62% (1578/2526)

ご質問の場合、申込金は旅行代金の一部として扱われると言うことですので、ご旅行に必要な代金の一部として申込金を支払うことで申し込みができるわけです。
申込金が旅行代金とは別に必要となるわけではありません。

このほか、申し込み後に申し込みを取り消す時などに発生する手数料あるいは違約金の支払いにつては申込金をその一部にあてます(手数料などと申込金が同額の場合は全額)と言うことですね。

申込金は
旅行をする場合には旅行代金
または
申し込みの取消(=旅行をこっちから取りやめる)を行う場合には、必要となる手数料などの費用
として
申込金の方が多い場合は一部(差額は返却されます)
申込金の方が少ないあるいはちょうど同じ場合は全部
をあてます。申込金が少ない場合は差額を徴収(お客サイドからいうと支払い)となります。

感覚としては、「21,000円の旅行に2人分で申し込みをしますが、まずは12,000円をおしはらいしますので、よろしくお願いします。残りの3万円は○日までにお支払いしますね。」と言った感じでしょう。

約款に定められた予約金を支払った時点で、通常は旅行の参加が確約され、旅行会社の指定日までに残額を振り込むことになります。普通は残額支払いの指定日までなら取消手数料は申込金の金額以下であることがほとんどです。

なお、旅行によっては何人以上集まったら出発しますという意味の最低催行人数が決められていて、その人数が申し込み締め切りまでに集まらなかった場合、旅行企画自体が中止となり、既に支払った旅行代金は原則返却されます。この点については約款のご質問に書かれている以外の場所に書いてあるはずです。トラブル防止のため、「最低催行人数」と、その人数がそろわなかった場合については申し込み前に旅行会社にもきちんと確認しておくとよろしいでしょう。特に、はじめて利用する旅行会社の場合は、確認を強くおすすめします。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ