• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

走行中、車のブレーキがかからなくなった

走行中、車のブレーキがかからなくなった 下り坂をブレーキを踏んだり府また勝ったりしながら走行していたところ、 車のブレーキが急にかからなくなりました。正確には「ブレーキを踏み込むことが できなく」なりました。普通は踏み込むとブレーキがかかりますが、そのときは ブレーキが硬く、踏み込むことができなくなったのです。 そのときは走行中ではありましたが、車のエンジンをきり、自然停車させました。 ちなみに乗っていた車はカローラアクシオです。 これは何か不具合があったのでしょうか?それとも仕様でしょうか? ご回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数14
  • 閲覧数7704
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

未熟な運転が招いたペーパーロック現象(ブレーキの異常加熱)でしょう。 セカンドかローにギアを落として走行すれば生じなかったトラブルだと思います。 >そのときは走行中ではありましたが、車のエンジンをきり、自然停車させました。  最悪に近い対処方法です。エンジンを切るとブレーキブースターの機能が停止しますので  両足で思いっきり踏んでも大してブレーキが利かないと思います。 傾斜のキツイ下り坂にある「緊急避難所」に突っ込む状況を招かない 運転技術を身に付けて下さい。 カローラアクシオは、ブレーキ性能の高い車ではありませんから 運転技術で事故を回避してください。 ブレーキパットも長持ちしますよ。 私は、減速時にシフトダウンしていますからフロントでも7~8万kmは持ちます。 普通の市販車は、100km/hからフルブレーキ~(フル加速して)100km/hからフルブレーキを 5回繰り返すとペーパーロック現象が出始めると思います。 キャディラックは2回目で症状が出るそうですが、 本国では年配者がゆるゆる走るクルマなので問題が無いとされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (13)

  • 回答No.14
  • tomajuu
  • ベストアンサー率38% (304/782)

締め切り後に失礼いたします。 No.10です。 No.8さんも指摘しておられますが、「ベーパーロック」を起こせば、ペダルは「スポンジを踏んだかのように」フワフワした感じになります。 これは、「たび重なる、または激しすぎるブレーキング」により、ブレーキ液が 沸騰する現象です。 沸騰=気泡の発生です。   気泡が生じれば、足元(ペダル)で油圧を発生させても それは気泡に吸収されてしまい、先(ブレーキ本体)に伝わらなくなります。 ゆえに、ペダル踏んでも「フワフワ」した感触となります。 ですので、質問者さんの場合、「硬くて踏めない感じ」であれば、この「ベーパーロック」は決してありえません。 トヨタ、レンタカー屋さん、質問・抗議する場合は、充分ご注意下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
  • datf
  • ベストアンサー率17% (15/86)

すいません、間違えました。 >ブレーキの発する負圧を利用して、ブレーキをかける力をアシストしている ブレーキではなくて、エンジンの発する負圧です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさまご回答ありがとうございます。 下り坂をブレーキを使って走行中、 「ブレーキを踏み込めないほどブレーキが硬くなったのでブレーキをかけることができなかった」 が正しい表現です。 ちなみに車はレンタカーでした。 一度トヨタ自動車に問い合わせ、原因を聞いてみて レンタカー店に報告しようと思います。

  • 回答No.12
  • datf
  • ベストアンサー率17% (15/86)

ブレーキの踏みすぎです。 乗用車は、ブレーキの発する負圧を利用して、ブレーキをかける力をアシストしているのですが、ブレーキペダルを踏み続けたままで離さないでいると、負圧の供給がされずにアシストが効きません。 >下り坂をブレーキを踏んだり府また勝ったりしながら走行していたところ、 とありますが、ブレーキペダルから足を離さずに引きずったまま走っていたのではないでしょうか? また、エンジンを切ってしまったら、その負圧を利用しているアシストは効きませんから、走行中はエンジンを切ってはいけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11
noname#119419
noname#119419

アクシオとフィールダーは基本設計が同じなので、同じ欠陥を抱えている可能性があります。倍力装置かブレーキアシストの異常ではないでしょうか? http://mobile.okwave.jp/qa/q5329403.html?sid=c542f253b85a688be3f36ef03949eaaa540f145e

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
  • tomajuu
  • ベストアンサー率38% (304/782)

ブレーキの倍力装置が働かなくなったから・・・に尽きます。 クルマのブレーキは、ペダル踏力をダイレクトに制動力として働かせてるのではありません。 途中に「ブースター」とか「マスターバック」と呼ばれる、 「アシスト装置」を使ってます。 このアシスト装置は、エンジンが発生する「バキューム・負圧」によって作動されてます。 エンジンを止めれば、その負圧も発生せず、ブースタにも供給されなくなって、 ブレーキはダイレクトな踏み込みによってのみ働かされます。 このブースタが効かなくなった状態は、まるで 「ブレーキペダルが板のように硬くなった」ような感じで、本当に踏み込みがしづらくなります。 でも、アシストが効かないだけであり、チカラいっぱい踏めば、それなりにブレーキは作用してます。 (作用はしてても、アシスト無しなので、大きな力はありません。) エンジンかかっていても、何度も短時間内にペダルを踏み続けると、 バキュームの供給が追いつかずに、やはり、ペダルが硬くなったようになります。 長い下り坂で、エンジン切って走ってたのかどうか、文面ではハッキリしませんが、 たいへん危険な行為です。燃費と命の値段をハカリにかけるまでもありません。 ご質問のような状態になったのは、故障でも仕様でもありません。 装置としての、当然の帰結だというだけです。 ------------------------------------------------------------------------ このブースターの簡易点検。 (1) エンジン切った状態で、ブレーキペダルを何回も踏む。   (だんだん踏み込める量が少なくなるのが判ります。) (2) ペダルを踏み込んだまま エンジンをかける。   (エンジンによって負圧が発生し、ブースタが作動する。) (3) 踏んでたペダルが、さらに沈み込む。   これが認識できれば、ブースタは働いてると言える。     ・・・このようにアシストを抜いてたペダルが、 エンジンかけたことによって発生した負圧でブースタが働き、 踏み込むのを助ける力が生まれます。 (クルマによっては、このブースタを作動させるのが「負圧」ではなく、「油圧」によるものもあります。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • 1143
  • ベストアンサー率10% (373/3454)

エンジンを切ればブレーキをアシストする負圧が発生せず、ブレーキペダルが重くなるのは当然です。 エンジンを切ったついでに、ハンドルもロックしてそのまま崖下へ落ちた馬鹿の話を聞いたことが有ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • sailor
  • ベストアンサー率46% (1953/4185)

最も考えられる現象としてはベーパーロック現象ですが、この場合はブレーキが踏み込めなくなる(踏んでもペダルが動かなくなる)ことはありません。ベーパーロックの場合はペダルは踏み込めるが、ゴムボールを踏むような感じでフワフワしていて踏み応えがなくブレーキの効きも非常に悪くなります。もし踏んでもペダルが奥に入っていかない(何かつっかえ棒でもある感じ)なのであれば、ベーパーロックではありません。これに該当する場合はブレーキシステムに重大なトラブルを抱えている可能性がありますので、その車の運用を即座に中止して専門家の診断を受けてください。ブレーキの故障は即事故につながるので決して運転してはいけません。整備工場への走行もしてはいけません。 今回のトラブルは無事に回避できたようですが、このような場合の対処法は以下のようにします。 (1) AT車ならシフトセレクターをLレンジにする。MTの場合はその時の速度にもよりますができるだけ低いギアにシフトして半クラッチを使用しながらできるだけ強いエンジンブレーキをかける。この時MTはエンジンキーをオフにした方が強いブレーキがかかる。 (2) 速度が20キロ程度まで落ちたらサイドブレーキを使用して停止する。サイドブレーキが足踏み式の場合リリースレバーを引いたまま操作します。 MTの場合はエンジンスイッチをオフにしてもかまいませんが、ATではオフにしてはいけません。ATではエンジンの回転が作り出す油圧と電気でシフトをミッションをコントロールしているのでエンジンの停止 は制御不能に直結する可能性があります。 おまけですが、ブレーキの倍力装置の説明で排気ガスを使用との説明が他の方からの回答にありますが、これは誤りです。この装置の動力源はエンジンが空気を吸い気む時に吸気管内部に生じる負圧(大気圧よりひくい圧力・真空)です。この装置を一般にマスターバック(商品名です)と言いますが、このバックは真空を表すバキュームから来ています。日本語では真空倍力装置と言います。排気ガスを使ったブレーキ強化装置もありますが、これはトラックなどディーゼルエンジン車で排気パイプの途中に弁を設け、排気ガスの流れをせき止めることでエンジンブレーキを強化するものです。一般には排気ブレーキと呼ばれトラックなどの貨物車では一般的です。 最後にもし今回の原因がベーパーロックであるならば、運転の方法に問題があると考えられます。もう一度車の使用説明書や教習所の教科書を読み返してください。相当、車にうるさい方でも基本や論理ができていない方はたくさん見受けられます。機械というものは誤った操作をすれば故障もするし事故も起こすものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

力いっぱい踏めばブレーキがかかったかもしれません。 少ない力でブレーキを踏めるようにアシストしているのがマスターバックで、その動きが悪かったのではないかと思います。 出来るだけ早く点検・整備してもらってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

ただのペーパーロックだろ?って思いましたが、 よく読むと、ブレーキペダルを踏んでも効かなかったのでなく、 ブレーキペダルが動かないので踏めなかったんですよね? だとすると、故障の可能性大です。 考えられるのは、マスターバックというブレーキ踏力を アシストする装置の故障じゃないですかね。 マスターバックが効かないとペダルが異常に重くなります。 あとはブレーキペダル自体の可動部分の故障でしょう。 タイラップ等が外れて垂れたケーブルが挟まってしまったとか 可能性としては幾つか考えられますから、きっちり点検してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#213833
noname#213833

>そのときは走行中ではありましたが、車のエンジンをきり 絶対やってはダメです、 エンジンを切るとマスターバックが働かなくなるので ブレーキは効きません。パワステも重くなります。 ギアを落としてエンジンブレーキをうまく使うとブレーキはそんなに 使わなくても減速は出来るはずです。 下りでAT車の場合、ニュートラルでずっと降りてくると オートマが壊れますよ。 なんでも不具合のせいにしてはダメです、 乗り方次第で車は長持ちします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • AT車での走行中にチェンジをRに入れてしまいました

    AT車で30kmほどの速度での走行中に誤ってチェンジをRに入れてしまいました その直後にキュキュッという急ブレーキのような音がした後 アクセルを踏んでも車は進まず、ブレーキは常に沈み込んでいる様な状態になってしまいました その後、なんとか近くの路肩に停車してエンジンを掛け直すなどしたところ、アクセルとブレーキが正常に動くようになりました しかし、それ以前と比べてアクセルの遊び具合に若干違和感があります 若干遊びが増えて、踏んでもスカスカとする部分が増えたような気がします 平地走行には問題無いのですが、坂道での走行時に「ここまで力がなかったかなぁ」と思うぐらい坂道での走行に力がありません やはりこれはどこか故障などがあるのでしょうか?実際にこのようなことをすると、どうなってしまうのか教えて頂けないでしょうか

  • 走行中にエンジンを切っても大丈夫?

    こんにちは。 最近ガソリンの値段が高くて参ってしまいますよね。僕は少しでもガソリン節約の為に、長い時間停車する場合は、アイドリングストップをしています。 さらに効率のよいアイドリングストップをする為に今では走行中でも赤信号を見つけると(100~200m手前くらいでしょうか)すぐにニュートラルに入れてエンジンを切り、惰性走行し、前の車に接近すると停車しています。 このような事を行っても車が痛んだり、何かが磨り減ったりしないでしょうか? エンジンを切ったまま走っていると、心なしかハンドルが少し重くなります。嫌な予感がするのですが… 車に詳しい方、どうか回答よろしくお願いします。

  • 走行中に・・・(×_×)

    こんにちは。是非教えていただきたくメールしています。走行中に水温計が下がります。アイドリングはちゃんとしています。下がった状態はエンジンを始動したときと同じくらいにまで下がります。走行中に見てみると下がっていて、いつのまにかまた上がり、また下がっている、といった具合です。幸いなことに上がり過ぎることはないのですが、エンジンがかかりにくいことが多々あります。これも水温計と何か関係があってかかりにくいのでしょうか?

  • 走行中にいきなりD→Pへギアチェンジした場合どうなりますか??

    質問なのですが、オートマの車に乗っているのですが、通常は走行中に停車し駐車するときはブレーキをかけて車が完全に止まってからD→Pへギアチェンジをしますが、完全に止まっていない状態で徐行運転ぐらいのスピードの時にいきなりブレーキもかけずにギアをD→Pへギアチェンジしてしまった場合、車に与える損傷等はどんな感じになるのでしょうか?車に詳しい方いましたら教えてください。

  • 走行中・駐車中 近寄りたくない車

    走行中・駐車中 近寄りたくない車の特徴を教えてください 例えば 走行中 爆音マフラー ローダウン 爆音オーディオ 停車中 駐車へたくそ ハンドル限界まで切りっぱなし など

  • 走行中にエンジンストップ!ボルボV70の2001年式(丸っこくなったヤ

    走行中にエンジンストップ!ボルボV70の2001年式(丸っこくなったヤツの初期)です。 先日走行中にエンジンが止まりブレーキが全く利かなくなり危ういトコでした。 O2センサーが不調で、停車時にアイドリングにバラツキがありましたが走行中にエンジンが止まることはなく、ビックリです。 ブレーキもペダルが重たく利きにくくなるとかではなく、う~ん・・何て言うんだろ。ペダルの裏側に弁当箱が挟まってて、コツッコツっと、それ以上踏み込めない感じで全く利かないのです。 サイドブレーキで難をしのぎましたが。 以下、複数の質問がありますんでよろしくお願い致します。 1.O2センサーの不調が原因でしょうか?それ以外にも何か考えられますか? 2.社用で乗ってるトヨタのプロボックスなんかは、エンジンを切ってもブレーキは利きます。ボルボは全く利かなくなるのがアタリマエなんでしょうか? 3.今回のように、走行中にブレーキが全く利かない場合、「P」とか「R」にギアを入れたら急停車して危ない?ギアが壊れる?ゆっくり減速できて安全?? 3は特にボルボに限らず、緊急時の対策として特に知りたいです。 どなたかご存じの方お教え下さい。 よろしくお願い致します。

  • 車のブレーキが効きにくくなったのですが・・・。

    昨年購入した、デミオなのですが、昨日急にブレーキの効きが悪くなり、かなり踏み込まないと止まらなくなりました。 走行距離は12000キロくらいです。 渋滞路を走る事が多く、ブレーキはかなり使っています。 どんな原因が考えられますか? また、購入した時から、車をおりるとギシギシ音がしていましたが、最近は走行中にキコキコというような音がするようになりました。 この辺も何か関係があるのでしょうか? 1年ちょっとしかたっていない車なので、こんなに早く不具合がでるなんて・・・。と思っています。

  • 走行中のエンジン回転数が急にあがってしまいました。

    車に関してかなり無知なものです。 私はマニュアル車に乗っています。 つい最近10万キロを越えました。 今まで2回起こったことなんですが、 走行中、急にエンジン回転数が上がりました。 ウィーンっとすごい音を立てて、アクセルを踏んでも ギアをチェンジしてもブレーキを踏んでも 何も変わらなくて、一度路肩に止めてもう一度 エンジンをかけたら元に戻っていました。 原因は何が考えられますか??? そして修理するのにどのくらいかかるのでしょうか?

  • 走行中、惰性で走る事について

    走行中、惰性で走る事について 私は車で走っている際、前方が赤だったり、停車中の車があったりすると、 ガソリン節約のためにギアをニュートラルに入れて、惰性で走らせています。 ある日、助手席に乗せた友人から、その方法はエンジンを悪くする原因になると言われました。 この助言は本当でしょうか。また本当なら、その理由を教えて下さい。 ※自信を持って答えられる方にお願いします。多分とか曖昧な答えは要りません。

  • 走行中にSTOP!

    ホンダ トゥデイ 8年式 形式V-JW3 2年前の夏、走行中突然止まってしまい、エンジンをかけると少し走りましたが、再度止まってしまいました。整備士の方に見て頂いたけれども異常が見られなく、数分後正常可動しました。その後、そのような状態になることもなく過ごして来ました。それなのに、今夏またも、同じ状態になって修理に出しましたが、異常はないとのことでした。今朝また、そうなりました。 不思議なことに、停車後エンジンをかけると調子よく走るのです。3年前に事故に合いフロントがぶつかった時があります。できれば、もうすこし、乗りたいのでわかる方がいたら教えて下さい。