• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

マジック・ザ・ギャザリングについて

マジック・ザ・ギャザリングについて 何も効果のないクリーチャーが攻撃して、それを致死を持っているクリーチャーがブロックした時に、インスタントなどの効果で「ブロックに参加しているクリーチャーを破壊する」という効果が発動したら、そのブロックしている致死を持っているクリーチャーだけが破壊されるのでしょうか?それとも、防御側クリーチャーは致死を持っているので、2体とも墓地へ行くということなのでしょうか? また、クリーチャーが持つ起動型能力(タップしたら~、マナを払ったら~)は相手のターンでも発動できるのでしょうか? さらに、魅惑するセイレーンの「タップしたら、いずれかの対戦相手がコントロールするクリーチャー一体を対象とする。このターン、それは可能ならばあなたを攻撃する」という効果は、自分のターンでも使うことができますか? 詳しい方おられましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数130
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • dakap
  • ベストアンサー率86% (20/23)

>>接死 接死はその能力を持つクリーチャーがダメージを与えなければ機能しません。 ブロッククリーチャーを指定しただけではまだダメージの応酬が行なわれておらず、 ダメージを与える事が出来ませんから、ブロッククリーチャー側だけが破壊されます。 >>魅惑するセイレーン 能力の条件は「対戦相手のコントロールするクリーチャー1体」だけで 他にタイミング等の制約はありませんから誰のターンであろうと使用する事が可能です。 ただし、ターンプレイヤーのターンに対戦相手はクリーチャーに夜攻撃をする事が出来ませんから、 「可能なら」が満たせず能力の効果は無視されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

dakapさん。 回答していただき、ありがとうございます。 特に接死クリーチャーのことで悩んでいたので正確なことが分かったのでよかったです。 魅惑するセイレーンの効果は相手のターンにしか発動できないのですね。 あやふやだったところが解決できたので、すっきりしました。 本当に助かりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • マジック・ザ・ギャザリングについて

    マジック・ザ・ギャザリングについて 1.トランプルを持つ3/2のクリーチャーが攻撃し、1/1のクリーチャー2体にブロックされた場合、攻撃側のトランプルを持つ3/2のクリーチャーも破壊されますか? 2.『茨の精霊』が3/3のクリーチャーと4/4のクリーチャーにブロックされた場合でも、『茨の精霊』が持つスーパートランプルの能力は発動し、防御側プレイヤーに7点ダメージを与えることができますか?それとも攻撃側・防御側ともに破壊され、能力は発動されないのでしょうか? 3.『カラストリアの貴人』の能力は、自身が墓地に置かれた場合でも適用されるのでしょうか?またクリーチャーで、「クリーチャーを1体生け贄に捧げる」という条件がある能力は、自身を生け贄に捧げることでも能力を起動できるのでしょうか? 初歩的なことで恐縮なのですが、詳しい方おられましたらご回答よろしくお願いいたします。

  • MTG(マジック・ザ・ギャザリング)のカードについて

    MTG(マジック・ザ・ギャザリング)のカードについて 『新たな精力』というカードで、タップしたりアンタップしたりするのは、相手のターンであってもよいのでしょうか?例えば、相手のクリーチャーが攻撃しようとしたときに、先にそのクリーチャーをタップすることはできますか? また『真理の領域』というカードについてですが、これはクリーチャーではなく自分に直接与えられるダメージを軽減するというものなのでしょうか?また、もし相手が3/3の飛行を持つクリーチャー3体で攻撃してきたら、それぞれを2点軽減して、自分には1点+1点+1点=3点のダメージしか与えられないということなのでしょうか? さらに、『リフレッシュ』と『活力の覆い』というカードは、このターン倒されたクリーチャーではなく、前から墓地にいたクリーチャーを再生することができるのでしょうか? 詳しい方おられましたら、よろしくお願いいたします。

  • マジック・ザ・ギャザリングのルール・・・

    基本的なことなのですが・・・クリーチャーを召喚したときに召喚酔いにかかります。これはターン終了時まで攻撃にもタップもできないと書いてあったのですが・・・自分のターンが終わった次の相手のターンのときはタップはできるのでしょうか??  あともうひとつ、 クリチャーの能力で「このターン対象のクリチャーかプレイヤーへのダメージを4点軽減する」とあるとします。またこのクリチャーは1/2です。このとき、相手の3/3のクリーチャーをブロックして自分をタップして軽減とかってできますか? クリチャーをブロックして生け贄はできるじゃないですか??だからタップもできるのかなとおもったのですがどうでしょう?分かる方お願いします。

  • マジック・ザ・ギャザリングのカードの効果について

    マジック・ザ・ギャザリングのカードの効果について 1.相手クリーチャーの攻撃を、絆魂を持つクリーチャーでブロックした時でも絆魂の効果は発動しますか? 2.「火の玉」のカードの説明がいまいちよくわかりません。例えば、3体のクリーチャーそれぞれに3点のダメージを与えようとした場合、後半の説明を除けば、単純にマナコストは(6)(赤)でいいと思うのですが、後半の「火の玉を唱えるためのコストは、2つ目以降の対象1つにつき(1)多くなる。」というのがあるので、結局(8)(赤)のマナコストが必要になるということなのでしょうか? 詳しい方おられましたら、回答よろしくお願いいたします。

  • マジック・ザ・ギャザリング(肥沃な大地・ジュワー島の隠れ家)

    マジック・ザ・ギャザリング(肥沃な大地・ジュワー島の隠れ家) マジック・ザ・ギャザリングの中の『肥沃な大地』というカードの能力のことですが、エンチャントされている土地がタップされるたび、好きな色のマナを一つ加えるとは、そのターンだけマナが一つ加えられるということで、ターンが終われば消えるということなのでしょうか? それとも、加えられたマナは残り、その後もそのエンチャントされている土地をタップするたびに、1つずつ追加されていくという意味なのでしょうか? また、『ジュワー島の隠れ家』という土地カードは、タップしたら、マナプールに青マナか黒マナを加えるとありますが、これはどちらの意味なのでしょうか? ご存知の方おられましたら、回答よろしくお願いいたします。

  • マジック・ザ・ギャザリングの特殊土地について

    マジック・ザ・ギャザリングの特殊土地について 『ぐらつく峰』というカードで、「ぐらつく峰が戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+2/+0の修整を受ける。」という効果は、このカードを出した後で場に出したクリーチャーでもその効果を受けることができますか?それとも前のターンに出したクリーチャーでなければ、この効果は受けることができないのでしょうか? 詳しい方おられましたら回答よろしくお願いいたします。

  • マジック・ザ・ギャザリングの接死について

    マジック・ザ・ギャザリングの接死について M11から接死についてルール変更があったと思うのですが、分からないことがありましたので質問させていただきます。 接死持ち3/5のクリーチャーで攻撃して、2/2,3/3,4/4のクリーチャーが防御側にいたとします。 攻撃側が、2/2→3/3→4/4の順番で、それぞれに1点ずつダメージを順番に与えていくと、防御側の3体のクリーチャーは破壊されると思うのですが、攻撃側のクリーチャー1体も破壊されますか? また接死持ちのクリーチャーで攻撃した時、攻撃側は防御するクリーチャーを指定することができますか? 詳しい方おられましたら、回答よろしくお願いいたします。

  • MTG ギャザ 攻撃ブロックについて

    このクリーチャーを生贄にして発動する起動効果を持った1/1クリーチャーで4/4バニラクリーチャーの攻撃をブロックした時、この起動効果を発動しました。 この時、相手の攻撃はどうなりますか?

  • デュエルマスターズのクリーチャー効果について

    デュエルマスターズのクリーチャールールについて質問です。  光属性デッキを使っているのですが、まだデュエルマスターズをはじめて間もないので、クリーチャーの効果がいまいち理解できません。 Q.1 『光器パーフェクト・マドンナ』の効果で『このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのパワーが0より大きければ、離れるかわりに留まる。』とありますが、これはどういった意味でしょう??  例えば、相手がマドンナより強いクリーチャーでアタックしてきました。 このカードでブロックした場合、バトル突入→負け=パワー0になるので墓地行きと解釈していいのですか? Q.2 『光牙忍ハヤブサマル』の効果で『ニンジャストライク4-相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが4枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなかった場合、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを自分の山札の一番下に置く。このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次の自分のターンのはじめまで、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体は「ブロッカー」を得る』とありますが、これはどういった意味でしょうか?  例えば、マナが4溜まった状態で、自分のバトルゾーンに10000くらいのクリーチャーがいます。相手が5000くらいのクリーチャーでシールドブレイク宣言、そのときハヤブサマルの効果発動して手札から召還。こちらの10000のクリーチャーにブロッカー効果を付与し、相手のクリーチャーの攻撃をブロックして返り討ち。っという流れで間違いないでしょうか?  それとも遊戯王と一緒で、攻撃宣言時にフィールド上のモンスターの数が変われば攻撃をやめることができるのでしょうか?? 詳しい方ご回答よろしくお願い致します。

  • デュエルマスターズについて

    デュエルマスターズのアバスノナリスとスレイヤーについて質問があります。 ノナリスの効果「相手クリーチャーは可能であればこのクリーチャーを攻撃する」という効果は 例えば相手がノナリスを攻撃して破壊されるのでブロックしたいときにブロックしても良いのですか? 友達が言っていたのですが自分のクリーチャーがスレイヤーだとします。そしてそのクリーチャーで相手のクリーチャーを攻撃して勝っても自分のクリーチャーを破壊しなければならないのでしょうか? 教えてください。

専門家に質問してみよう