-PR-
解決済み

スキンケアの中でも保湿は大切とよく言いますが、保湿って本当のところ何な

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5880174
  • 閲覧数55
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 95% (44/46)

スキンケアの中でも保湿は大切とよく言いますが、保湿って本当のところ何なんでしょうか?
化粧水を何回も肌に入れ込み、しみ込ますのが保湿ともありますし、コクのあるクリームでたっぷり蓋をするのが保湿ともあります。
保湿は化粧水の段階?それとも最後のクリームの段階?
それとも基礎化粧品すべてをたっぷり使うのが保湿なのでしょうか?
でも、スキンケアの中でも。。とよく書かれてたりするのを見ると、スキンケアのどれかという気もしますし・・・
一体なにが保湿にあたるのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 55% (33/59)

回答番号:No.1の方の答えが分かりやすいと思います。
私も、水分を補給して、クリームで蓋をして、肌に水分を閉じ込める手順こそが保湿であると思います。
ちょっと、質問からずれますが、乾燥について述べさせてください。

お風呂上りが一番肌が潤っていますが、お風呂を出るとその瞬間からすぐに乾燥が始まります。
(お湯の温度が熱いほど早く乾燥します。プールなんかは、水から上がってもすぐにぱきぱきと乾燥する!というようなことは少ないと思います)
なので、お風呂上りはまず湿気のある浴室内で化粧水をつけることが一番です。
汗ばんでクリームがつけにくい季節でしたら化粧水のみで、外に出て着替えて汗が引いてから、もう一度化粧水を重ね付けしてからクリームをつけるといいです。

お風呂の温度はもちろん、シャワーや、洗顔に使うお湯の温度も熱すぎると肌に必要な油分まで奪い、これも乾燥を招きます。
顔や体だけでなく頭皮だってもちろん乾燥します。

また丁寧な洗顔は角質を取り除き、肌の代謝を良くしますので、メイク落とし・洗顔は必須ですが、洗いすぎ(特に擦りすぎ)は角質を痛めますので乾燥やしわを招きます。
洗い過ぎの観点からW洗顔はだめだとおっしゃる美容関係の方もおられますが、これは好き好きだと思います。
水は皮脂を柔らかくしてくれないイメージがありますので(個人的なイメージです)、ぬるま湯で、丁寧にが基本だと思います。
その後のスキンケアはもちろんですが、肌をプルプルにさせたいのなら、まずはお湯の温度や洗顔方法から見直してみるといいと思います。

質問者様が乾燥に悩んでいるという主旨の質問ではありませんでしたので、役に立つかは分かりませんが・・・。
でも、もしよければ、浴室内での化粧水+クリームを試してみてくださいね。
寒い季節の間に乾燥してしまった肘や踵なんかも早くすべすべに戻りますよ。
そんな緊急対策やスペシャルケアが必要にならないように、毎日の丁寧な保湿を大事にしたいですね^^
お礼コメント
kayuka

お礼率 95% (44/46)

私の肌はまさに乾燥していて・・・艶肌になるには何より保湿とよく見にしますので、保湿に目を向けている次第です(汗 
色々なアイデア、すぐに実践できるものばかりで有り難いです!脱衣所ケアも早速明日から実行です!
基本の水分補給、クリームで蓋は必須で^^
有難うございました。頑張ってみます!
投稿日時 - 2010-05-12 00:59:21

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 47% (81/172)

ズバリ、「保湿成分を肌に塗布し、水分を角質内に取り込ませる」ことが、保湿です。
ですから、保湿成分の含まれていないただの「水」や、ただの「油」を皮膚に塗っても、保湿効果はありません。油を塗ったとて、水分は蒸発していきます。油のしっとり感を「保湿」だと勘違いしている方も多いんですね。
なお、乳液もクリームも、それ自体は「ただの」水と油の混合物です。

最近のスキンケアアイテムには、あまりに安価なアイテムでない限り、いずれも保湿成分が含まれています。ですから、乾燥肌でもない限り、それほど気にする必要はないかと思われます。

ちなみに、保湿成分として代表的なものを挙げておきますね。
●皮膚にたっぷり塗ることにより、水分蒸発を抑える…
→ワセリン(粘度の高い油です)。ただの油には、水分蒸発を防ぐ効果はほとんどありません。
●皮膚に適量塗ることで、それ自身が水分を含み、角質に水分を提供し続ける…
→ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などのNMF
●それ自身が水分をたっぷりと抱え込み、角質に浸透して、中から水分を角質に補給するもの…
セラミドなどの細胞間脂質

したがって、保湿する力を第一に考えるなら、化粧水よりも乳液よりも、「保湿成分が豊富な美容液」なのだ、と言えます。
お礼コメント
kayuka

お礼率 95% (44/46)

美容液ですか。確かに美容液を加えると肌の質が一瞬で変わりますよね。では毎回美容液をしっかり重ねる事が大切ですかね。実践あるのみですね。。。有難うございました。
投稿日時 - 2010-05-11 09:03:54


  • 回答No.1

化粧水は、細胞内の水分を補給してくれますが、水分なので蒸発しやすいです。
それを防ぐために、油分、またはジェル等に含まれる成分でフタをして、補給した水分を逃がさないようにします。

二つを使って、ようやく保湿されます。

ちなみに、肌荒れが気になる時は、ローションパックをオススメします。
肌の内側から、ひんやり感を感じるたら、充分に水分補給されたサインです。
勿論、その後乳液やクリーム、ジェルなど、肌質にあったケアをして、水分を逃さないようにして下さい。
お礼コメント
kayuka

お礼率 95% (44/46)

化粧水→乳液orクリームをしっかり行う事が保湿なんですね。普段のスキンケアをキチンと丁寧にやるって事ですか。わかりました。有難うございました!
投稿日時 - 2010-05-08 15:05:58
  • 回答No.2

大切なのは、水分と油分のバランスです。
油分ばかりでも、水分が足りないと、乾燥が治まらないことがあります。


一緒に何時までも楽しく肌とお付き合いしましょう♪
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ