-PR-
解決済み

結局、どのK6が良い?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.57305
  • 閲覧数33
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

いまだメインでsocket7を使っております。
とはいえ最近限界を感じてきました。
そこで、ゲタをはかせて無印Pentiumから解放してやろうと思っています。
で、ここからが問題なのですが、使おうと思っているゲタは、PL-K6-III
という物なのですが、これは6倍までしか対応してないんです。
すなわち、400MHzまでということなのですが、結局、
K6-2 400・K6-III 400・K6-2+を400で使う
のうち、どれがいいんでしょうか?
というか、IIIとか2+って異常に高いんですが、
それに見合うだけの性能差があるんでしょうか?
ちなみに主な使用目的はEQ,UOとかです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 こんにちは。

 K6-2、K6-3の両方を使った事がありますが、
K6-3の方がダンゼン速いです。体感できます。
K6-3シリーズがお勧めです。
 しかし、今はSocket370を使っているので
最新情報はよく知りません。
お礼コメント
akanesasu

お礼率 100% (2/2)

なるほど・・・
セカンドキャッシュというのは体感できるほどに
効果のあるものなのですか・・・
へたにクロック上げるよりいいかもしれませんね。
とりあえずK6-IIIを使って延命します。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-31 00:56:20
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 38% (124/325)

最高でも400MHzと言うことは、FSB66MHzと言うことですね? K6-2+、K6-III+は共にFSB100MHz対応で、Athlonと同様に2次キャッシュをオンダイで搭載していますので、パフォーマンスは高いと思います。 しかし、これからの事も考えると、最早Socket7に未来は無い・・・(酷な言い方ですが) Athlon、Dulonのコストパフォーマンスを考えると、何時までもSocket7で ...続きを読む
最高でも400MHzと言うことは、FSB66MHzと言うことですね?
K6-2+、K6-III+は共にFSB100MHz対応で、Athlonと同様に2次キャッシュをオンダイで搭載していますので、パフォーマンスは高いと思います。
しかし、これからの事も考えると、最早Socket7に未来は無い・・・(酷な言い方ですが)
Athlon、Dulonのコストパフォーマンスを考えると、何時までもSocket7でもないだろう、と言う気もします。
(メインで使うのでなければ、それなりに使い道はあると思いますが。)
それに、今はSocket7でシステムを組むと、Athlonよりも割高になります。
(コストパフォーマンスという意味で。)
ここは一つ、安めのDulon(Athlonとの価格差はあまり無いので、余裕があればAthlonで。)でシステムを再構築した方が後々拡張もし易いと思いますよ。
(私も昨年の10月頃までK6-III 450MHzを使っていましたが、今はAthlon1GHzです。)
価格動向は下記URLで。
お礼コメント
akanesasu

お礼率 100% (2/2)

>未来は無い・・・
ええ、重々承知です(笑)
どうせ、あと1年ほどで、親にあげるものなので、ラストの
パワーアップなものですから。
僕も、Dulonの価格とベンチマークをみて、
ガックリくることが、よく、あります(笑)。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-31 00:50:43


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ