• 締切済み
  • 困ってます

行政書士資格について

現在、高校を卒業してすぐ都道府県教育委員会に採用され、勤務して通算20年になります。(採用は都道府県教育委員会で勤務先は県立高校です。) 都道府県教育委員会での勤務は、行政書士法第2条(六)にある「国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間」にあたるのでしょうか。行政事務という言葉が気になります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数140
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#145046
noname#145046

行政処分を行政庁(例えば役所のトップ)の代理で業務として行なったものが行政事務として実務上は認識されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 行政事務公務員の行政書士資格について

    行政書士資格について、行政書士法2条6号で、「国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間・・・が通算して20年以上(・・・高等学校を卒業した者その他・・・17年以上)」とあります。 私は、大学を卒業し、市役所の一般事務職として平成3年4月に採用され、現在勤続15年目です。私は、高校を卒業しているので、あと丸2年以上勤務し、通算で17年以上勤務(平成20年3月末で満了)すれば、行政書士資格が得られるのでしょうか? また、私は、一般事務職として教育、建設、福祉部門の一般事務をしてきましたが、「行政事務」は、特定の業務に携わっていなければならないのでしょうか?

  • 行政書士資格

    行政書士資格について、行政書士法2条にその規定があり、その中の6に「国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間・・・が通算して20年以上(学校教育法(昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者その他同法第56条に規定する者にあつては17年以上)になる者」とあります。 私は、高校、大学を卒業してから一般職の地方公務員となり、現在、14年目です。あと、3年以上勤めれば、行政書士資格が得られるのでしょうか?

  • 行政書士法第2条第6号について

    行政書士法第2条第6項の 国又は…行政事務に従事した期間…通算して20年… このときの「行政事務」ってどんな事務なのでしょう。 公務員なら20年経てば行政書士になれるのですか? 試験に合格したならわかるのですが… おしえてください

  • 回答No.1

同号の「行政事務」とは, 1 文書の立案作製、審査等に関連する事務であること。(文書の立案作製とは必ずしも自ら作製することを要せず、広く事務執行上の企画等をも含む。) 2 ある程度その者の責任において事務を処理していること。 を満たす場合にあたります。 (昭和26年9月13日地自行発第277号)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 消防から行政書士に

    初めて質問させていただきます 行政書士となる資格に   国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人(独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第2項に規定する特定独立行政法人をいう。)、特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成15年法律第118号) 第2条第2項に規定する特定地方独立行政法人をいう。)又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上(学校教育法 (昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者その他同法第56条に規定する者にあっては17年以上)になる者 とあるのですが市の消防職員(給料表は行政職)として20年以上勤務していれば行政書士の資格は取れるのでしょうか?

  • 行政書士の資格取得について!

    行政書士の資格取得について! 行政書士となるための資格の1つに20年(高等学校を卒業した者は17年)以上公務員(又は特定独立行政法人、特定地方独立行政法人、日本郵政公社の役員又は職員)として「行政事務」に相当する事務に従事した者とあります。私17年間と3ヵ月間地方公務員(一般行政事務)としての勤務実績があり、その他の必要書類等も取り寄せて、これで資格取得ができるものと確信して、県の行政書士会に資格取得の申請をしました。 事務所もすでに準備しています。ところが県の行政書士会から事務所の実地検査に来た際、17年の勤務実績があるが、そのうちの3年間は「主事補」(現在はこの職位、職名はありません)であったため、これが職歴に算入されない日行連の資格審査会の内規があるので、資格取得は極めて難しい状況である旨の説明を受けました。行政書士法によると上記のとおり高等学校を卒業した者で、行政事務に17年間以上の職歴があれば、行政書士の資格を得ることができると規定があるだけで、それを信じてすでに入会金の支払いも終えています。 この「主事補」であった期間を職歴に算入しないという日行連資格審査委員会の内規と行政書士法の規定とは整合性が取れていないのではないかと考えていますが、どなたかこのあたりの事情に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけないでしょうか?

  • 社労士の受験資格

    私は県の教育委員会の臨時職員として働いていました。辞令には「行政職○級」と記載されています。 社労士の受験資格の中に国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間とあります。 臨時職員でも受験資格はあるのでしょうか?

  • センター、を名乗る行政書士・司法書士はあやしい?

    やたらと 『 センター 』 を名乗る 行政書士事務所・司法書士事務所は あやしいですか?   ネットで、『○○(=都道府県名)離婚センター 』 というホームページを見つけたので、公共の機関だと思って見ていたら、どうも、ただの行政書士事務所みたいでした。 気になったのでいろいろググっていたら、本当の名前は 『 行政書士××事務所 』 とか『 司法書士△△事務所 』なのに、『○○(=都道府県名)会社設立センター』『○○(=都道府県名)離婚センター』『○○(=都道府県名)建設業許可センター』 とか、いかにも公共機関みたいな名前のホームページを、ひとりでやたらとたくさん 立ち上げているところが他にもいっぱいありました。 なんでこんなまぎらわしいことをしているのでしょうか? もしかして、公共機関をよそおって、素人をだまして ひっかけようとかしているのでしょうか?

  • センター、を名乗る行政書士・司法書士はあやしい?

    やたらと 『 センター 』 を名乗る 行政書士事務所・司法書士事務所は あやしいですか?   ネットで、『○○(=都道府県名)離婚センター 』 というホームページを見つけたので、公共の機関だと思って見ていたら、どうも、ただの行政書士事務所みたいでした。 気になったのでいろいろググっていたら、本当の名前は 『 行政書士××事務所 』 とか『 司法書士△△事務所 』なのに、『○○(=都道府県名)会社設立センター』『○○(=都道府県名)離婚センター』『○○(=都道府県名)建設業許可センター』 とか、いかにも公共機関みたいな名前のホームページを、ひとりでやたらとたくさん 立ち上げているところが他にもいっぱいありました。 なんでこんなまぎらわしいことをしているのでしょうか? もしかして、公共機関をよそおって、素人をだまして ひっかけようとかしているのでしょうか?

  • 各教育委員会教員採用の年齢

    各都道府県の教育委員会教員採用の年齢の一覧を探しています。 すみません、うまく検索できなかったのでご存知の方教えてください。

  • 行政書士登録

    教えてください。昨年、行政書士と宅建の試験に合格したのですが、宅建主任者の登録は業務をしていなくてもできるようですが、行政書士登録はどうやったらできるのでしょうか。「事務所を設けようとする都道府県の行政書士会に・・・」というのがありますが、事務所を設けるというのは開業するということでしょうか? それとも、企業内で業務を行ないたい場合や、行政書士事務所や他の法律事務所に勤務するだけではできないのでしょうか? それとも、宅建主任者のように業務をしなくとも登録できるのでしょうか。教えてください。また、手続きや料金に詳しいHP等ございましたら教えてください。

  • 上級行政機関、下級行政機関

    上級行政機関、下級行政機関というのは、国家機関、都道府県、市町村の内部での関係になるのでしょうか? 例えば、地方公共団体が国の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか? 同様に、市町村が都道府県の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?

  • 司法書士、行政書士試験についいて。

    司法書士や行政書士の資格試験は、ある一定の点数を取ると合格と言うのではなく毎年、合格者数があらかじめ決まっていると聞いたのですが本当なんでしょうか?もしそうだとしたならば都道府県ごとに合格者数にバラつきがあるということでしょうか?もしその辺の事情に詳しい人がいたらご回答お願い致します。

  • 教員免許の他教科免許申請

    教員免許の他教科免許を申請する都道府県は、既に免許状を授与された都道府県ですか? それとも、現在住んでいる都道府県ですか? 科目履修で、単位取得し、申請をと、考えていますが、単位数などは、どこの教育委員会に問合せたら良いのか分からずに、困っています。 ちなみに、免許状を取得したのは、東京都で、現在住んでいるのは神奈川県です。 現在は、教員ではなく、他の仕事についていますが、いずれ教員採用試験を、と考えています。

専門家に質問してみよう