• 締切済み
  • 暇なときにでも

登山道の道標設置について

登山道の道標設置について 昨年6月に毎日放送の「憤懣本舗」で六甲山の道標に関して放送されてました↓ http://www.mbs.jp/voice/special/200906/15_20897.shtml 岩や木に無秩序に矢印や目印は要らないというか目障りだし、山頂にやたらとある個人や山岳会設置の山名標示と同じく景観を害する物だと思います。 ですが、登山会の方が好意で設置された道標は他の登山者には大変助かる物です。好意で設置された道標を勝手に撤去している輩は何が気に入らないんでしょうか? 道迷いを未然に防ぐ有益な物ですし、個人設置、山岳会などの団体設置に関わらず、自己満足で設置した山頂の山名標示とは意味合いが違うと思います。 勝手に道標を撤去している輩にとっては、山岳会が好意で設置した道標も山頂に無数に設置してある山名標示と同義で、景観を害する物なんでしょうか? 個人的には地図とコンパスを使えば事足りるので、別に道標が無くてもいいとは思いますが、道標がある方が現在地を確認し易いので、他の登山者も助かると思います。 ひょっとして、登山者が多くなるのが嫌で、道標を撤去しているんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数724
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3
  • jhonxx
  • ベストアンサー率45% (50/111)

 欧米では、(1)道標が整備された登山道と、(2)道標が一切ない登山道があります。  (1)は、初心者が登ることを想定しています。ただし、道標の管理は、管理者が行っており、個人で勝手に道標を設置できません。  (2)は、自然であることが前提の登山道です。このような登山道には避難小屋もありません(テント泊)。  日本でもこのような登山道の種別が必要だろうと思います。  (1)は、個人が勝手に道標を設置すれば、間違った道標の設置、道標が乱立し、ゴミが増えます。登頂の度に山頂にネームプレートを固定する人、登山道のあいたるところに赤紐を結ぶ人がいますが、時々、冬に間違った赤紐を信用して、ひどい目に遭うことがあります。管理者がきちんと道標を設置すれば、個人の趣味の道標、ネームプレート、赤紐などはゴミでしかありません。道標は自然景観とマッチした形態が必要であり、山頂に「○○山登頂記念」のプレートが乱立するのは、見苦しい。時々、木に赤ペンキでマーキングする登山者がいますが、自然破壊です。必要な道標は管理者が責任をもって正しいものを設置すべきでしょう。  (2)の登山道は、かつては日本に多数ありましたが、現在ではほとんどありません。日本でも、少しは自然のままのコースを残すべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 山頂にあるプレートなどが目障りではありませんか?

    どこの山頂にも必ず「○○山の会○年△月×日登頂」などのプレートが複数枚付けられています。これは景観を台なしにしていると思うのでニッパなど持参して撤去してやろうと思うこの頃です。 テープなどの道標は非常にありがたいと思いますが、一個人がこのプレートなどを撤去することは何かに違反しますか? それとも考え方がおかしいですか?

  • 御嶽山噴火を踏まえた登山業界での対応

    御嶽山の噴火を契機として、たとえば気象庁では全国の火山監視体制を強化すると言っていますし、大学でも火山研究に力を入れるという方針が出されました。 各地では火山防災協議会の設置を急ぐことになりましたし、山によってはシェルターの設置、登山届の提出義務化などの方針も打ち出されています(もっとも、登山届もおもに自治体や内閣府などが呼びかけていると聞きますが)。 それでは、登山と言うレジャー、スポーツの観点から、御嶽山の噴火を受けてどのような対応策が打ち出されているでしょうか。 環境省(自然環境局)なのか文科省(スポーツ局)なのか知りませんが、これらの役所がなにか動いていますか? あるいは、山岳会、山岳ガイド協会などが、噴火に備えるためのガイドラインの策定に着手したり、具体的に装備品や情報収集強化を呼びかけたりといったことはされているのでしょうか。 それ以外にも、登山者側の業界、団体からの対応を知りたいです。よろしくお願いいたします。

  • 登山道を歩いている時 何を考えていますか?

    最近(ここ数年) バリエーションハイキングに凝っています。 GPSなども持たず(元々持っていない) 読図で行きます。 歩いている時は、 常にコース確認や、方向、と歩く距離などを測りながら歩きます。 (果たしてこのコースで正しいのか? 何か見落としはないか?と常に周りを見ながら登ります) 他のことなど考える余裕はありません。 場合によっては、帰ってきて体力の疲れよりも、精神的疲れの方が上回ります。 その分 達成感は得られます。 先日、久々に 一般の登山道を1日歩きました。 習性?なのか地図でコース確認(道標もあるのでまず必要ないのですが、、、)程度はしましたが、道に疑いも、また他の方向へ行く心配も無いので、考えていたのは、「帰りにどこの風呂に入ろうか?」「ついでに おいしい何か食べて帰ろうかな?」 「明日の仕事はどうしよう?」とか 余計なことばかり考えていました。 (以前、一般のy登山道では結構そうだったような気もします) そこで、質問ですが、一般の登山道(天候も良く、道もはっきりしているところ)で頭の中はどうしていますか? 「まっしろ」ということはないと思うのですが、、。 やはり、余計なことを考えて(帰りのことが余計かどうかは別として、今やっている登山以外のことと言う意味です)いますか? いつもソロなので聞く人もいないので、(こっそり)教えてください。 なお、必ずパーティで行って、会話しっぱなし、という人は回答結構です。 できればソロの人でお願いします。

  • 回答No.2

登山道の道標を勝手に撤去したり、ペンキで人を迷わせてり、まったく心が屈折した卑怯者の仕業と思います。 確かに色々な登山会がつけた道しるべもうざったい時もありますが、総括的にはお役立するものと思います。助かってます。 でも都や村がつけた道標でも信じてはいけないのもありました。疲れていたのでエスケープルートと思って下山したら、道が無かったという経験をしました。地図持っていたので、崩落した道からルートを探し出して、2時間ぐらい迷っただけで生還しました。 後で都のレンジャーにクレーム言ったら、後日調査してくれて、「申告通りに道が無くなってました。道標に注意書き付けました。」とのこと。村の意向で通行止めにはできないといわれました。 何がいいたいというと、なんだかんだといっても死んではおしまいで、道標やペンキぐらいにだまされず、自己責任で生還せねばならんなということでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

同感です。 道標を鵜呑みにするのは危険ですよね。参考情報には成り得ますので、地図・コンパスと併用してこそ意味を為す物だと思います。 しかし、好意で設置された道標を撤去する者の意図が不明ですね。中には目障りな物もあるでしょうが、親切心で設置された物を、荷物を増やしてまでも、わざわざ撤去するなんて・・・。 地図・コンパスを持参せずに山に入る初心者への警告の意味でもあるんでしょうかね?

  • 回答No.1
  • ribisi
  • ベストアンサー率28% (247/864)

その標識に込められた好意というものを推し量ることはできません。しかし、その道標が多くの人にとって有益だと判断できるのであれば、誰も進んで撤去はしないのではないでしょうか。 この判断には個人差がありますので、これ以上はなんともいいようがありません。議論を戦わせても実りは少ないように思いますが、あえて正論に沿った意見を言うとするなら、「その道標の内容が正しいと明確に主張できますか?仮にそこに書かれていたことを鵜呑みにして行動した者がいたとして、どの程度道義的な責任が取れますか?」みたいな世知辛い話になってくる可能性もあります。 お役所仕事で作られた道標は、責任の所在がはっきりしているという点でとりあえず信頼に値するとして(それでも登山というのは基本的に自己責任ではあるのですが)、その山岳会の業績をどのくらい評価するのか、という客観性が乏しいという理由で、それならばそうした道標はあるよりもないほうがよいのではないか、と個人的には思います。 まぁそうしたこともひっくるめて、登山経験者は総合的にリスクを査定しているので、さほど深刻な問題にはならないと思いますが。数年前に北鎌尾根につけられたペンキマークみたいな事例は別ですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

酔狂な質問でしたが、ご回答ありがとうございます。 個人的には別に道標は無くてもいいと思っているので、設置されようが撤去されようがどうでもいいんですが、設置された物をわざわざ撤去する者の気持ちが理解し兼ねるので質問してみました。 道標の信頼性ですが、確かに鵜呑みはできませんよね。でもそれは登山地図に記載されたルートも同じですけど。 わざわざ設置された道標を撤去している者が、他の登山者がルートを鵜呑みにして遭難するのを憂慮して親切心で撤去しているとは思われませんが・・・。

関連するQ&A

  • 登山道で見かける「ありがとうございます」って何?

    関西の低山(他は知りませんが)でハイキングをしてますと白い札に「ありがとうございます」って書いて山道に挿してあります。あれは何で、どういう意味があるのでしょうか?前から気になって歩いてました。

  • 登山道とは?

    登山道とは? 踏跡登山(名前あるのか知りません。場合によってはヤブ漕ぎ登山です)をここ数年し始めています。 時々、こちらのカテで「山には所有者がいるので、勝手に入ってはいけない」という回答を見ます。 当然の答えだとは思うのですが、では「登山道」というのはどのような規定(根拠)があるのでしょうか? どこからが「登山道」なのでしょうか?(どこから許可が必要?) ガイドブックに載っていれば「登山道」? ただ、詳細(特化した)ガイドブックだと相当踏跡(廃道に近い)の道も載っています。 どこかに登山道として「登録」する制度でもあるのでしょうか? 今まで、どこでも「勝手に」歩き回っています。 (「登山道」と言われている道~踏跡~道なし まで) また許可を取って歩いている方、いらっしゃいましたら、どのように取っているかを教えてください。 (火山活動 や湿原内などで「立ち入り禁止」などが出ている場所ではなく、一般のエリアでの話です)

  • 富士山登山者が、自分のウンコ持ち帰らないのはナゼ?

    富士山登山者が、自分のウンコ持ち帰らないのはナゼですか? 富士山の公衆トイレ、高額維持費に困った 世界文化遺産に登録された富士山で、公衆トイレの高額な維持管理費に関係者が頭を悩ませている。 山頂などに6か所ある公衆トイレの維持管理費は年間計約7640万円に上り、このうち年間5000万円以上を、設置した国や静岡、山梨両県などが負担している。富士山では公衆トイレや山小屋を問わず、利用者には1回100~300円の「協力金」の支払いを呼びかけているが、維持管理費をまかなうにはほど遠い。このため、富士山で今年試験徴収が実施された入山料(利用者負担)の一部を維持管理費に充てるよう求める声も上がっている。 自分のウンコ始末料ぐらい、自分で払えよ~~って、感じですが。

  • 登山道の状況を教えてください

    5月18日近辺で乾徳山に登ろうと思っています。 徳和の登山口から入って往復です。 登山道の状況(雪・凍結)が知りたいのですが、 最近登られた方がいらっしゃいましたら、状況を教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 登山道入り口は「0合目」か?「1合目」か?

    みなさん、いつもご丁寧な回答をありがとうございます。  登山道で、10合目は頂上と習いました。それでは、登山口は何合目でしょうか。  0?1?  教えてください。お願いします。

  • 比叡山の登山道

    比叡山の登山道についてお伺いします。 滋賀県側の坂本から延暦寺の横川までハイキングする場合、坂本→本坂→東塔→西塔→玉体杉→横川のコースが一般的のようですが、東塔や西塔を経由せずに坂本から横川まで最短直結しているコースはありますか? 地図でそれらしい道を見たことはありますが、表示が簡易すぎて登山口の詳細がわかりません。 どなたか御存知の方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

  • 平尾台への登山道

    ローカルな質問ですみませんが、福岡近辺在住の方、教えてください。 子供のころ(20年くらい前)、京都郡の椿市付近から山道を通って千仏鍾乳洞の近くに出る登山道があったと思うのですが、入り口がどこにあったかわからなくなってしまいました。 いまでも残っているかどうか、ご存知の方はいませんでしょうか。

  • 登山道での挨拶

    自分は登山が好きで日帰りや山小屋一泊の登山を楽しんでいます。(家が東京なので関東甲信の山中心) 登山道ですれ違った人と挨拶することが多いですが、 「おはようございます」と「こんにちは」の境界線は何時でしょうか?午前10~11時ごろはいつも迷ってしまいます。。

  • 階段上の登山道で疲れる

    半年ほど前から登山を真面目に?やりだした27の男です。 タイトルの通りなのですが、 登山道でも普通の坂道やガレ場など、様々なタイプの道がありますが、 木(丸太の様なもの)で階段状に加工された道で疲れやすいです。 気づくとオーバーペースで心臓バクバク、汗ダラダラ、となっていたりします。 自分でいうのもなんですが、フルマラソンの練習を毎週しているので 最低限のスタミナはあると思われます。 登山道でも普通の坂道であれば問題なく、意識して歩幅を狭くして落ち着いたペースで登れます。 思うに、階段状の道は階段のステップ長が決まっているために、 自分のストライドを自分でコントロールしづらいところにあるのではないかと思っています。 (普通の坂道は、自分が歩きやすい歩幅で歩きやすい) 階段状だと、1歩で1段登れる場合はポンポンポンと登りたくなり、 つい歩幅が広くなり、リズムも早くなるのが原因か…?と推測してます。 みなさまは、階段状の登山道を登る際、どうしてますか? 例えば、左足で一つ上の段に足をかけたとして、 次に右足を置くのは必ず左足と同じ段ですか? 少し足を延ばして右足を(左足がある段の)次の段に置けるときは、そっちに置きますか? アドバイス頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 登山道の標識

    金時山という山に登りました コースは金時神社バス停から矢倉沢分岐経由です そこで気になったのが「道標」です 途中ポイントごとにはなく、合流点にのみ「金時山まであと20分」とあります そこまで、仲間たちも必死でついてきて「もう少しだから頑張って!」と励ましながら歩いてきて「あと20分」の表示には全員が心を折ってました。 この手の表示は個人差がある「時間」ではなく、「距離表示」がありがたいのです。 イメージがつかめますね。 「あと0.4キロ」とかですとたとえばトラック一周とか、町の距離感に置き換えてなんとか頑張れるものなんです。 これを設置された方々に対して感謝の念と敬意を表しつつも、 時間表示、みなさんどう思われるかお聞きしてみたいと思い投稿しました