• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

純文学?

純文学ってなんですか?漠然としたことしか分かりません。芥川龍之介は純文学作家なんですよね?「鼻」とか「羅生門」とか。あと、今年の芥川賞候補の小説を読んだんですけど、純文学って目的がないって言うんでしょうか?何をいいたいのか良く分からないところがあります。めでたしめでたしとか解決もあまりないし。 一体純文学ってなんなんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数771
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

一応純文学は、純粋な創作動機により書かれた文学とされています。 これに対して、読者を楽しませることを目的とした作品が、大衆文学ということになります。 その両方の特徴を併せ持ったものが、中間文学ということです。 芥川龍之介はこの分け方では純文学作家で、彼を記念して菊池寛により、芥川賞が制定されています。 ただ、私としては、こういうわけ方って何か意味があるのかなあ?なんて思います。 芥川賞と直木賞を作ったとき、便宜的にわけたのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどなるほど・・。 真剣にkyuukeityuさんの意見を拝見させていただきました。そう考えると純文学もいいものですね。 さっそく読みたくなりました。 それにあの賞の矛盾さにも納得できました。 回答ありがとうございました!!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • trozky
  • ベストアンサー率9% (32/341)

芥川龍之介の「侏儒の言葉 文芸的なあまりに文芸的な」という最近出た岩波文庫が参考になるかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございました!!さっそくその本を探してみたいと思います。

関連するQ&A

  • 純文学の面白さがわかりません

    純文学の面白さが理解できません、 「どこが面白いのですか?」などと野暮な事を聞くつもりはありません、 ただ、多くの人々に知られている 「夏目漱石」「川端康成」「芥川龍之介」etc... そういった物を理解できないのはつまらないのです、 昔と今ではセンスが違うのかもしれませんが、 できることなら面白く読んでみたいものです。 同じような経験のある方、もしくはこういった文学作品を読みなれている方、アドバイスをいただけたら幸いです。

  • 純文学とは何なのですか?

    文藝といえば、綿矢りささんや青山七恵さんなどの芥川賞作家を 輩出した純文学系の雑誌です(直木賞作家・角田光代さんの作品を よく掲載しているのが解せませんが)し、また、柳美里さんといえ ば『家族シネマ』で芥川賞を受賞された純文学の作家さんだと認識 しています。 ですが、文藝2007年夏号に収録されている柳美里さんの作品『JR 五反田駅東口』にはラストに(T_T)という絵文字がでかでかと 書かれています。 以前、『野ブタ。をプロデュース』が芥川賞候補になったとき 選者は『(笑)』という表現をあげつらって、まだこういう表現は 純文学では許容できない、とおっしゃっていました。(笑)という 表現は許容できないのに、絵文字は許容できるのでしょうか? それとも柳美里さんはベテランだから、何をやっても許されてい るだけなのでしょうか?

  • 文学に触れてみたのですが

    文学なるものに触れてみようと思い、芥川龍之介の「羅生門」というのと、太宰治の「人間失格」というのを読んでみました。 ところが、何が面白いのか、なぜ彼らが文豪と言われているのか、どーして超人扱いされているのか、さっぱり分かりませんでした。文学の入り口に羅生門や人間失格というチョイスは間違っていたのでしょうか? 文学って何なんですか? 古い作家だから面白くないのか、最近の作家の本だと面白いのでしょうか? 最近の人で誰か面白い作家はいますか?  これならドラゴンボールを読んだ方がずっと面白いと思いました。

  • 純文学の対義語は?

    よく「この本は純文学だ」という表現がありますが、 その対義語はなにになるのでしょうか?大衆文学でしょうか? 芥川賞=純文学、直木賞=大衆文学という概念抜きで気になっています。 教えてください。

  • 小説家(純文学)の印税生活の実態を教えて下さい。確かな筋で知ったことで

    小説家(純文学)の印税生活の実態を教えて下さい。確かな筋で知ったことですが、小説で食っていける人は例え芥川賞をとっても、10人のうち一人が精一杯だそうです。その他の「作家」の人たちの年収なんて、200万円なんてざらだそうで、ほとんどの「作家」の人たちは他に職業を別に持って何とかやっていると聞きました。自分は純文学の造詣は深い方に入ると思いますが、年収200万円のために芥川賞は目指せないと思いました。もう小説はやめようと思っています。何せいい事は芥川賞を例え取っても、待っていないと本能的に思うからです。自分はマンガの原作に行こうと思っています。マンガならもし当てれば巨万の富を手にできるからです。さらにマンガなら認められないという事も起こらないと思います。面白ければ人は必ず認めるだろうからです。芥川賞を取ってフリーターより年収が低いなんて、最低な職業だと思いました。

  • 純文学のよさがよくわかりません。

    純文学というものがあると思うのですが、例えば宮本輝氏の「蛍川」などを読みました。 途中いろいろあって、ラストの場面などは美しく有名だそうで、芥川賞受賞作品だそうですが、正直この作品がどういいのかよくわからないのです。特に良かったとは感じられません。 この作品はさほどの長編ではないとはいえ、純文学全般に言えますが、長々と活字を最後まで読んできて、読むだけの価値があった、感動したという作品はあまりないのですが。 純文学というは「次どうなるんだろう」という、「話のおもしろさ」というより、心情・情感や人生の真実が描写されているというところに価値があるということでしょか。読む人に感性がないとダメなのでしょうか。 純文学と大衆(エンターテイメント)小説の違いを知りたいです。 百田尚樹氏の小説などは、娯楽小説の部類なのでしょうか。 また、純文学というのは日本の文学作品に固有の言い方なのでしょうか。 トルストイや、ドストエフスキーなどの海外の世界文学では、あまりこうした言い方はなされていないように思えますが、「戦争と平和」や「罪と罰」なども純文学なのでしょうか。 それから、「文学」という言い方と、「小説」という言い方はどうは違うのか教えて頂きたいです。 前者のほうが、後者に比べると高尚というか、そういうことなのでしょうか。

  • 純文学と小説の違い

    こんにちは。 最近の純文学と小説・大衆文学との違いが少ない気がするのですが、 それは、私にその違いをわかる能力がないからでしょうか? 例えば、芥川賞は純文学の新人作者に与えられる賞ですが、 (最近のノミネートされた作品も含め)それぞれ違いはありますが、 芸術的な文学か?と考えながら読んでいくと、 たまに違うような気がしています。 何となく芸術作品と言うよりは、大衆的な作品にも近いような・・・ (多くの人に読まれている(=売れた)大衆小説との大きな違いが見えない) 上の様に思うのは、私の芸術をわかる能力がないからでしょうか? 純文学と小説・大衆文学の 大きな違いはどのようなことでしょうか? 芸術ある文学は、どう言った点が優れ、どの様に芸術が表現されているものなのでしょうか? それとも、最近は純文学も大衆文学もそれ程差がないのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • エロ小説でも犯罪小説でも純文学?

    質問1 芥川賞の「共食い」と「苦役列車」のことなんですが。。。 まだ読んでいないのですが(これから読むつもり)、共食いの方はなんか近親相姦みたいな内容で、 苦役列車の方は「酒乱の父が犯罪ばかり繰り返している」、というような内容、と聞きました。 こういうのも純文学、っていうんでしょうか? エロ小説、犯罪小説でよければ私でも書けそうなんですが・・・ 純文学っていうからにはエロとか犯罪とかはNGのような気がしますが。 そういう内容でもいいんですか? 質問2 それから芥川賞を取るには、文学雑誌に発表された作品が対象、と聞きましたが、そもそもその文学雑誌に発表するにはどうすればいいのでしょうか? 募集とかしてるんでしょうか? 郵便で送ればいいのかな?  それとも漫画雑誌の「作品持ち込み」みたいに自分で編集部を訪ねて編集者に目の前で読んでもらう、というスタイルでしょうか?

  • 「蹴りたい背中」は純文学ですか?

    題名の通りなのですが、綿矢りささんの「蹴りたい背中」は純文学という枠組みに入るでしょうか? また文芸誌に載っていたり、芥川賞を受賞した作品は純文学作品と考えて良いのでしょうか? ついでに、2014年以降に発表された純文学作品でおすすめの作品があれば教えていただきたいです。

  • 「村上春樹」って?

    「村上春樹」の小説には全く無知です。文学は純文学で夏目漱石・芥川龍之介・川端康成・三島由紀夫あたりで止まっています。 現代作家で特に「村上春樹」の名はよく聞きますが、最初「角川春樹」と勘違いしていました。「村上春樹」の小説の位置づけと申しますか、文学史ではどのような位置にあるのでしょうか?まず、彼は純文学の小説家ですか? 自分で調べろと言われそうですが、そこまでのエネルギーがありませんので、お教え願いませんでしょうか?