解決済み

工学系の研究室の選択について。。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5372969
  • 閲覧数104
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

私大工学部の3回生です。
卒業後は就職せずに大学院に進もうと考えています。修士卒で就職したいです。

そうなると、4回生で配属の研究室で3年間頑張ることになるので、とても慎重に検討しています。
2択(A研究室・B研究室)まで絞ってはきていますが、なかなか決定できません。
研究内容、就職先以外の面でアドバイスお願いします。

A…
・教授のことをよく知っていて、信用できる。
・ほとんど大学院に上がるので、院生いっぱい。
・B4から既に忙しいが、研究室の雰囲気は明るくて良い。
・忙しいためか就活が遅れる。

b…
・東大を定年退職された先生で、新しい大学でも熱心。
・B4は夏まで遊んでいてもいい。春から卒研頑張人は一応いる。
・成績優秀者が集まる。他大院試や就活で大学に来ない人が多い。
・院生少ない。
・良い意味で自由。就活への切り替えも容易。

もう研究内容、就職先ではほとんど変わりありません。
相違点は体質です。

それぞれのメリット・デメリットなど理系の先輩方、アドバイスお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5

ベストアンサー率 32% (48/147)

日が開きましたので
もうご覧になっていないかもしれませんが再度お邪魔します。

>Bはその点は自由です。院生は毎年8人ぐらいだと思います。
それだけいるなら大丈夫でしょう。
私が想定していたのは、毎年数人以下という場合でしたので。

そうですね、今までの補足等の情報も含めますと
私ならBに鞍替えします。
人数がそれなり、研究内容により興味がある、雰囲気も割と自由なら
こちらの方がよいでしょう。
拘束してガンガンノルマを課すというのは、研究がはまればいいんですが、結果が出ずに行き詰ってる時はきついでしょう。個人的にはあまり好みではありません。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 32% (48/147)

>Bでも、積極的に教授や院生に教えを乞いに行けば…とも考えています。

こちらの説明が不足しておりましたので、追加です。
少なくとも教授は、知識に関しては信頼できる一方で、実際に手を動かして実験等をすることはできないんじゃないかなと思います。これは高齢のためです。それに、東大でも実際の実験作業は部下や学生に任せていたはずで、そうなると最近の実験技術については自分で体験していないということもあります。ですので、論文等に載ってない細かいコツを学生に伝授できないのです。

一方、院生が少なく内部進学率が低いと起こりうる問題についてですが
例えばBの研究室に今M2はいるけどM1はおらず、4回生でも内部に残る人がいない場合を考えてみましょう、この場合は『今は』院生がいますが、質問者様が研究室に配属になる来年には先輩が0になります。
また、研究室では皆が全く同じ手法を用いて研究を行うわけではありません。
研究テーマの方向性次第では先輩と違うタイプの実験をしなくてはならず、必要な技術が多少違ってくる可能性があります。こんな場合Aのように人が多いところなら大体誰かがカバーできるのですが、人が少ないと技術の保持者がいないという事態になる可能性が当然高くなります。
人数が少なく内部進学率が悪い部屋ではこういうことが起こり得ます。
つまり積極的に教えてもらいに行こうとしても、教えられる人材がいないかもしれないのです。

もちろん、実際のB研究室では上述したような問題はなく、少ない人数ながらも安定した運営がなされてるかもしれません。
お礼コメント
noname#115546

補足ありがとうございます。
…そうなると忌々しき事態ですね。
上には書いていませんでしたが、Aは忙しさのあまり胃潰瘍を起こす方もいたらしく、充実と拘束とが隣り合わせの研究室なのです。
Bはその点は自由です。院生は毎年8人ぐらいだと思います。
投稿日時 - 2009-10-17 23:52:35
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (48/147)

3年間同じ研究室にとどまるつもりならAでしょうね。
Bだと先輩が少ないということで、満足な実験指導を受けられない可能性が考えられます。
教授は大まかな実験方針は示せますが、実際の手技については指導できないでしょう。
お礼コメント
noname#115546

Bでも、積極的に教授や院生に教えを乞いに行けば…とも考えています。
でも、体制がしっかりしているAの方が好ましいのでしょうか?

研究内容はBの方が好きですが、雰囲気や体制はAが好みなのです…
投稿日時 - 2009-10-17 14:26:06
  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (5664/11798)

こんばんは。理系のおっさんです。

研究室の比較を読ませていただきましたが、
たぶん、どちらの研究室でも就職には困らないと思います。

最も大事なファクターを挙げます。
それは、

ど ち ら の 研 究 室 を 好 き に な れ る か ?

ということです。

研究室も就職先も、最後の最後は、やはり自分の好き嫌いで選びましょう。

私自身は、学生時代にそうしなかったので少し後悔、
就職のときは、そうしたので大成功、
でした。

ご参考に。
お礼コメント
noname#115546

>研究室も就職先も、最後の最後は、やはり自分の好き嫌いで選びましょう

結局はそれですね。色々、考える材料が増え過ぎますが、そのことを頭において考えてみます。
投稿日時 - 2009-10-17 14:23:16
  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (404/887)

3年間の研究活動のためには、Aの方が良いでしょう。
就職が結果的に同じようなものなら、
就職活動が遅れることはたいしたデメリットでないということでしょう。

Bは夏まで遊んでいていいということであれば、
他大学院試や就職活動に時間を割けるということですから、
そちらを目指す人向きといえるでしょう。
Bで院生として残ると、やる気のない学部生にうんざりさせられるかもしれません。
お礼コメント
noname#115546

うんざりするのは嫌ですね。
研究熱心な学部生もいますが、全員ではありませんよね。
回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2009-10-17 14:20:54
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ