• 締切済み
  • 困ってます

エネルギー保存の法則と回転力

いろんなサイトを読んだのですが、回転力、遠心力など総合して、エネルギー保存の法則についてなかなか理解できないので教えてください。 ■エネルギー保存の法則において、動力の起点となる中心が動作する力と、その動力から起こりうる力はどのようなものがあり、どのように働いているのでしょうか? ■それらの力は最終的に  中心の力(起点となる動力)= 中心の力以外のいくつかの力 となるのですよね? ■特に、遠心力(向心力)と動力の関係がわかりにくく、遠心力は動力の妨げになるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1612
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

>その圧力はエネルギーとなり、エネルギー保存の法則によりモーターからのエネルギーの一部となるのでしょうか? なるほど、確かにそういうことになりそうですね。 ただし、システムとして継続的に取り出せるエネルギーにはなりえない気もします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうですか。 やはり遠心力から生まれる(見せかけの?)外向きの力→圧力 を利用してエネルギーを取り出せないようですね。 どうも遠心力というのは理解するのが非常に難しいですね。 貴重なアドバイスをして下さり、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 円運動 回転円筒の中の小球の遠心力

    解説では回転する棒から見たときの遠心力が小球を外へ動かしているとして、遠心力のした仕事から出る時の速度を求めていました。僕の理解だと、遠心力というのは見かけの力で円運動における向心力と釣り合わせるための力なので、遠心力で小球が外に動くのはおかしいと思いました。また、これを実験室系でみたときに、なんの力が働いて小球は外に出るのかもわかりません。

  • 遠心力はなぜ向心力の反対向きなのか

    題名の通りですが、円運動において、いままで生きてきた経験的には物理の教科書を見て、遠心力が向心力の反対向きは一応わかります。水の入ったバケツを廻したときの経験などで。しかし理屈的になぜなのかと考えるとよくわからなくなりました。直線的に加速して動く例(加速する電車の中に糸でぶら下げた球に加わる力など)ならイメージできますが、円運動ではいまいちピンときません。以下、自分なりによく考えて出した結論ですが合ってますでしょうか? vベクトルからv’ベクトルに速度が変化した時、Δvはv’ベクトル-vベクトルです(A)。向心力を求めるときはΔt秒間のとき向心力の加速度ベクトルはΔvベクトル÷Δtで求めます。この時、向心力の加速度ベクトルとΔvベクトルはΔtがゼロの近づくほど正確になり、円運動の中心に向かう方向です。 ここからが推測ですが、 vベクトルは向心力(m×aベクトル)によって速度を変えられてv’ベクトルになるが、本当はvベクトルは慣性の法則によりその等速直線運動を続けたいとしている。よってΔt秒間でv’ベクトルをvベクトルにしようとする-Δvベクトルが加わる。-Δvベクトルなのは上記のAと逆で、vベクトル-v’ベクトルだから向心力とは逆方向という意味です。というわけで遠心力の加速度は-Δvベクトル÷Δt=-aベクトル、遠心力は-m×aベクトルだから、「-」が付いている通り向心力とは真逆の方向。 遠心力の方向の考え方として合っているか、違ってたらどのように考えたらよいのでしょうか。物理の本質にくわしい方、どうかよろしくお願いします。

  • 遠心力の意義

    高校物理の円運動の問題は普通遠心力をつかって解くように解説されていますが、なぜ向心力で運動方程式をたてず、遠心力などというものを持ち出して解かなくてはいけないのでしょうか? 混乱してしまいます

  • 回答No.3

>つまり、モーターの力(トルク?)=物体を円運動させる力+ロスでつり合っていて、エネルギー保存の法則から言えば、遠心力は余剰なエネルギーになるのでしょうか? 力またはトルクとエネルギーの関係を理解されないととんでもない誤解に陥ります。 エネルギー=仕事をする能力をできる仕事量ではかる 仕事=力×距離(正確には力と変位の内積の積分) 回転運動の場合、距離=半径×角度(弧度法による)ですから、 仕事=力×半径×角度=トルク×角度 となります。力とエネルギーは関係はあるものの全く異なる物理量ですから、力があるからエネルギーがあるという短絡は危険です。 いわゆる「回転力」および「抵抗力」はこの場合回転方向すなわち円の接線方向の力に関する表現です。回転力=抵抗力(モータートルク=摩擦・抵抗・負荷によるトルク)のつりあいが成り立っていれば、モーターの出力が負荷に対する仕事と摩擦・抵抗によるロスにふりわけられたということになるでしょう。 一方、遠心力は「ともに回転する立場」で見たときに半径外向きに受けるように見える「みかけの力」です。回転半径が変われば、遠心力が仕事をしたと見ることも可能ですが、そうでなければ遠心力は移動方向に垂直ですから仕事をしません。また、遠心力が仕事をしたように見えるのは「ともに回転する立場」から見てのことであり、外から見たら向心力が小さくなったために、物体がまっすぐ運動しようとして中心から離れたという慣性の表れに過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

遠心力は「みかけの力」ということはわかりました しかし、遠心力にて圧力をかけられる状態があった場合 その圧力はエネルギーとなり、エネルギー保存の法則によりモーターからのエネルギーの一部となるのでしょうか?

  • 回答No.2
noname#100814
noname#100814

 質問者さんは動力という言葉をどのような意味でお使いですか?  動力は物理学用語ではないようです。  機械用語辞典によると、動力とは単位時間に対する仕事の割合だそうで、 おなじみのキロワットなどが動力の単位の一例です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

正確な用語を分かっておらず失礼しました。 今回動力という言葉はモーター出力をイメージして使っておりました。 ((モータの出力P(W)とトルクT(N・m)、回転速度N(rpm)の関係は、P=0.1047×N×T )) ご指摘ありがとうございます。

  • 回答No.1

前2つは何を求められているのかはっきりしません。 おそらく「回転力」といわれるものが「力のモーメント」または「トルク」という量で考えるべきだということが理解されればよいのではないでしょうか?初歩的には,トルク=力×うでの長さです。 2番目は全く意味不明です。 3番目ですが,遠心力は向心力とは意味が異なりますので注意が必要です。回転半径が変わらない円運動であるならば,遠心力は回転による運動方向に垂直ですから仕事をしませんので,動力の妨げになることはありません。もちろん,軸の摩擦などに関係することになれば間接的には影響することになるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速回答を頂きありがとうございます なるほど、力のモーメントの理解が必要だったようです。 ありがとうございました。 私が疑問に思ったのは半径 r 、速度 v で回転運動する質量 m の物体を回転の中心に取り付けたモーターで動作させた時、エネルギー保存の法則から言って、モーターの力(トルク?)はその物体が円に沿って進む力とロスされる力(空気抵抗等)に分散されると思っています。 つまり、モーターの力(トルク?)=物体を円運動させる力+ロスでつり合っていて、エネルギー保存の法則から言えば、遠心力は余剰なエネルギーになるのでしょうか? それともモーターの力(トルク?)=物体を円運動させる力+ロス+遠心力なのでしょうか?

関連するQ&A

  • ばねでつながれた物体の粗い面上の等速円運動について

    ばねでつながれた物体の粗い面上の等速円運動について質問です。 添付した問題の(2)で、解答では最大摩擦力が円の中心に向いていて、遠心力による力の釣り合いの式が立てられていました。 ばねによって物体が円の中心に引っ張られていることを考えると、最大摩擦力が円の外側に向いても良さそうにみえますが、なぜ、円の中心に向いているのでしょうか? 遠心力がばねの弾性力より大きいからですか? その場合は、何故ですか? また、解答は遠心力で考えてましたが、向心力による運動方程式で考えてもいいでしょうか? また、その場合、物体がすべりはじめる段階では物体と円盤がともに同じ速度で運動していることが、向心力で考えてもいい根拠ですか? どの質問でもいいので回答して頂けると幸いです。 お願いします。

  • 遠心力は慣性力?

    慣性力は加速度運動している観測者から物体の運動方程式を立てるのに必要な力であると認識しています。遠心力も慣性力という記述がありました。回転する円形のテーブルの上でテーブル上の別の位置の物体の運動を記述するには遠心力が必要ですよね? 円運動する物体は向心力が働いて円運動するのでした ここで疑問なのですが慣性力は加速方向と逆向きに働くように見える力ですよね しかし先ほどの状況だと加速度の向きと逆に慣性力として遠心力が働いていると考えるのに無理があるようにおもえます どう考えたらいいのでしょう わかりずらくてすいません

  • コリオリの力

    (糸で結んだ物体mが角速度ω、半径rで円運動を行っている)回転系から見ると、物体には遠心力が働いている。  次に、慣性系で物体が静止している場合を考える。この物体を回転座標系にいる観測者が見ると、静止している物体は逆向きに半径r、速さv=rωの円運動をしている事になる。回転系から見た時、先に述べた遠心力に打ち勝ち、かつ、この円運動を保つ為には向心力が必要だからmrω^2の2倍の力が内向きに働いているはずである。 なぜmrω^2の2倍なのかが理解できません。遠心力に打ち勝つには同じだけ(mrω^2)あれば釣り合うのでは?解説お願いします。

  • 潮汐力と公転の遠心力について

    No.2039のご質問と回答ですが、まったく納得がいかないので、改めてお教え下さい。 No.2039のリンク先の説明で納得しかかったのですが、何か引っかかるものがありました。 太陽の周りを回る惑星を外から見たとき、惑星がそのまままっすぐに進もうとするのに対して太陽の引力が向心力として働き、内向きの加速度となって円運動をする訳です。遠心力はどこにも出てきません。 それに対し、惑星上から見たときには、惑星は万有引力によって太陽と引き合おうとする力と円運動によって生じる遠心力とが釣り合って太陽との距離を保つということになります。すなわち、遠心力は回転座標系で初めて見えてくるわけです。地球と月との場合も同様です。遠心力を考えるには、地球と月を結ぶ座標で考えなければいけないと思うのです。 地球と月の場合には、原点として地球と月の共通重心をとり、地球の中心に延びる線を基準座標に取りますと、この座標は外から見て同じくひと月に1づつくるくると回っていることになります。このような回転座標系を取らないと引力と遠心力を釣り合わせることはできないはずです。そうすると、原点から外向きに遠心力が働くことになり、地点によらず遠心力は一定である、という答えにはなりません。 回転系を考えているのに、No.2039のリンク先のような並進する座標が回転運動する座標系を考える意味がわかりません。 つまり、 ・遠心力の定義を考えると、座標として地球と月を結ぶ線を考えるべきである。この座標から見ると、月の反対側で遠心力が大きくなる。(少なくともこのような座標を取ってはいけない理由がわかりません。) ・リンク先で説明されている力が働いていることはわかるが、その力は遠心力ではなく別の呼び方をすべきである。 と思うのです。 特にNo.2039で議論されておられた方、上の間違いをご指摘下さい。

  • 等速円運動2

    円運動に関する質問です。 ( 関連 http://okwave.jp/qa/q6509078.html ) 回転する円盤上に物体が乗っており、十分に大きな摩擦のため円盤上を滑らずに円運動しているとします。観測者が円運動する物体に対して運動方程式を立てるとき、向心力はどんな力になるでしょう?遠心力に対する摩擦となるのでしょうか?

  • 物理の質問です

    ひもの先にある質量の小物体があります。 そのヒモを小物体からすこしはなれたところをもち、まわします。 すると小物体が中にうきます(かなりはやくです) おかしくないですか? 向心力は回転の中心に向かってかかっている力です。 なのにどうして物体はうくのでしょうか? また、水平になるとずっと浮き続けるのは向心力と重力以外の力を受けているからなのでしょうか?

  • 円運動

    円運動している物体には向心力が働いていますよね? 回転する円形のテーブルの中心に人が立てっているとするとその人にはどのように向心力が働くのでしょう? 中心にいるのに向心力って考えられなくて・・・

  • ケプラーの第三法則について

    ケプラーの第三法則について 地球に働く向心力=太陽と地球間の万有引力でしょうか? 地球に働く遠心力=太陽と地球間の万有引力でしょうか? 自分は、下のほうがあってると思うんですが。 ベクトルの計算をすると、遠心力+万有引力=0にならないとおかしいと思ったからです。

  • 等速円運動;束縛条件

    質量mの自動車が水平面で、半径rの円周(すり鉢状)上を速さvで走行している。 すり鉢状は角度θだけ傾けている。 tanθ を g,r,v を用いて表せ。 (図を参照願います。) 私は円運動を考える際は、変に遠心力を用いないようにしています。 (つまり、不用意に運動物体に乗らないようにしています。) そこで本問の束縛条件を考えるのですが、向心力、遠心力によってtanθの値が変わってしまいます。 ぜひ下図を参照してください。 向心力(静止系):tanθ=mg/{m*(v^2/r)}  (これは間違い) 遠心力(非慣性系)(自動車に乗っています):tanθ={m*(v^2/r)}/mg (これが正解) しばらく考えてみてもなにが間違っているかに気づくことができませんでした。 ご指摘お願いします。

  • 円運動の速度rωを時間微分するって?

    回転半径rの円運動の速度がrω(ω;角速度)というのは理解できるのですが、これをさらに微分すると、rω2乗となるのが理解できません。どなたかこの微分の仕方か、または、rω2乗が角加速度となることを教えてください。向心力が物体の質量に角加速度を乗じて求められ、同時に慣性力が遠心力であることは理解できてているつもりでいますが、角加速度がどうしてrω2乗であらわされるのかが腑に落ちません。どなたか、教えてください。