• 締切
  • 困ってます

不可分債権の債権譲渡

  • 質問No.51574
  • 閲覧数332
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 66% (2/3)

A,BがCに対して不可分債権(100万円)を持っています。
A,BはCの同意があれば第3者であるDに
不可分債権を譲渡することは可能でしょうか?

もし、それが可能であれば、D=Aであってもよいか? 
すなわち
AとBの不可分債権をA単独に譲渡することは可能でしょうか?
(当然Bの債権が100万円のうち、いくら分かは不明です。)

ご回答よろしくお願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

譲渡はCの同意さえ要りません。民法466条により、AとBは合意さえあれば、債権がその性質上許されないものでない限り(扶養請求権とか、当事者で禁止している場合)、Cの意思に関係なく譲渡できます。しかし、Cが誤って、元の所有者に払ったり、元の所有者の債権者が差押したときに、不測の損害が生じますから、466条で債務者への通知が、467条で確定日付ある証書でないと、債権者などの第三者には対抗できません。具体的な方法としては、内容証明で、債務者CへBがAに譲渡した旨の文章をで送りつけることです。当然CとしてもBに対しての抗弁はそのまま主張できます。下のURLには、解説と文例があります。
補足コメント
sisisin

お礼率 66% (2/3)

shoyosi様、明快なご回答ありがとうございます。
参考URLも拝見致しました。
確認ですが、
債権譲渡の通知をする際、
債権者:A,B
譲受人:B
債権総額:100万円
という内容でCに通知すれば問題ないということですよね?
投稿日時:2001/03/15 13:50
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ