• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

RedHat Enterprise Linuxのサポート

RedHat Enterprise Linuxの導入を考えているのですが、サポートの評判がどうなのか分かりません。 自分では、CentOS業務経験1年くらいです。そんなにLinuxの深い知識までありません。 仕事でサーバーの構築・管理をしないといけないのですが、問題が発生した場合にサポートがないとかなり不安です。 サポートといっても、どれくらいやってもらえるのでしょうか。 例えば、いきなりプロバイダがOP25B対策して、25番ポートが使えなくなり、メールサーバーの587番に対応させないといけなくなった場合。ネットで調べていろいろと試したが上手くいかないという場合、対応してもらえるのでしょうか。 公式サイトを見ても、詳しく載っていませんでした。 実際にサポートを受けられた方の意見が非常に聞きたいです。 ぜひよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数168
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • pakuti
  • ベストアンサー率50% (317/631)

その手の内容で聞いた事は無いですがサポートの応答は速い方だと思います。 質問の例にあるようなものは、Redhatのドキュメントを探れば出てきそうですけどね 大抵の事は、Redhatが用意しているドキュメントで解決可能でしょう。 Redhatのサポートとは若干異なりますが、ハードウェアのサポートを受けるにあたっても Redhatでの不具合であれば、対応も早いですし バグ情報も速めに出ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど参考になります。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • RedHat Linux Enterprise ES(ver3)のパッケージを最新化したい

    現在、RedHat Linux Enterprise ES(ver3)のインストールが完了した状態です。 インストール時に入れたパッケージを全て最新化したいのですが、これは手動でrpmを全てダウンロードし、インストールしていく必要があるのでしょうか。 CentOSみたく、yumコマンドで一括アップデートする事はできないのでしょうか。

  • Red Hat Enterprise Linux

    よろしくお願いします。 Red Hat Enterprise Linuxのライセンスについて調べています。 WindowsOSと同様、ライセンスがあるのかと思ったのですが、 「サブスクリプション」という名称で提供されているようです。 このサブスクリプションの契約中は、 RedHat社からパッチやサポートの提供が受けられます。 このサブスクリプションですが、契約が終了した場合、 特にパッチやサポートの提供が不要の場合は、 更新はしなくて良いものなのでしょうか?。 更新が必要な場合は、ライセンス(ソフトウェア利用許諾契約)と あまり変わらないような気がするのですが・・。

  • redhat enterprise linux client 5.1 モバイル環境 構築

    LinuxノートPCをWEBに接続したい場合、山岳地帯などでは携帯電話から接続するなどしなければ接続することはできないと思っており、Linux対応版が見つからず困っています。 Linuxから実際に接続されている方がおりましたら、インストール方法などご教示いただけると幸いです。 HW/DELL Precision M4400 OS/redhat enterprise linux client 5.1 以上、宜しく御願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

悪い、と聞いたことはありません。 大事なのはサポート受ける側もそれなりの知識を有していることが重要なことです。言いたいことが伝わらない、言われていることが理解できなければサポートしようがありません。 なので、サポートを受けれるから安心、ではなくてサポートと会話できるだけの知識と技術を身につけることは必要と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどですね。勉強します。。。 ありがとうございました。。

関連するQ&A

  • sendmailで別ポートへ。

    Redhat7.2とsendmailの組み合わせでメールサーバを構築する際に、25番ポート宛てのsmtpを別のポート(8025など)へ強制的に飛ばしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?? sendmailの設定でどうにかなるものでしょうか?

  • RedHat Enterprise Linxu ES 3と、RedHatNetworkの料金について

    RedHat Enterprise Linxu ES 3 (x86)と、 RedHatNetworkの料金についてお聞きしたい事があります。 RedHat Enterprise Linxu ES 3 (x86)を購入しようと考えているのですが、 こちらに、 http://www.10art-ni.co.jp/product/rhel/pricelist-rh.html Red Hat Enterprise Linux ES (v.3 Standard for Intel x86) 3 Intel x86 出荷中 \99,800 (税込\104,790) とあり、\104,790円とあるのですが、 こちらの表をみると、 http://www.10art-ni.co.jp/product/rhel/pricelist.html 1年毎に、\104,790円かかるような記述があります。 もし、1年毎に\104,790円かかるのであれば、 RHEL ES 3 のサポート期間は、 http://www.10art-ni.co.jp/service/rhel/support/technical.html Errata 提供終了(予定)日: 2010 年 10 月 31 日 とありますので、 今年の4月1日に購入した場合、 1年毎に料金\104,790円を支払い、 サーポート終了までの5年間、 合計\523,950円 を支払わないといけないのでしょうか? それとも、最初の\104,790円のみで大丈夫なのでしょうか? 自分は、 サポート終了までup2dateでソフトのメンテナンスができれば よいと思っていますので、 初期費用として、\104,790円を支払い、 RedHatNetworkの利用料を1年1万円前後 をRHNの管理画面からカードで支払えば大丈夫(と聞いております) だと思っているのですが、 この認識は間違っているのでしょうか? また、 RedHatNetworkの料金についてなのですが、 知人からの1年1万円前後という情報しかわかっておらず、 本当にかかる料金がわかりません。 実際にかかる料金はいくらになるのでしょうか? よろしく御願い致します。

  • RedHatLinux9でメールサーバーのメールを転送したい

    RedHatLinux9でメールサーバーを構築しました。メールが来た時に、そのサーバーにつながっているLANのPCの他に、自宅のPCにもメールを送りたいのですが、その場合はどのようにしたら良いでしょうか?サーバーにつながっているLANのPCの電源は切っいることもあるので、OutolookExpressのルール設定は使えないものとします。

  • CSHが使えない REDHAT

    先日REDHATLINUXを購入した。バージョンは5のENTERPRISE版である。早速自作のCSHをファイルを実行しようとしたがコマンドが無いと言われる。あれれ、おかしいな、/bin/cshが存在しないぞ・・・・・・。 REDHATはCSHをサポートしないのでしょうか?それともINSTALLする時のPACKAGE選択に問題があったのでしょうか?

  • Outband Port 25 Blockingについて

    お世話になります。 最近プロバイダが導入している「Outband Port 25 Blocking」ですが、私はてっきりそのプロバイダのメールサーバ-を使う時のメールソフトの設定(デフォルトの25番ポートをプロバイダ指定のポートに変更)に関係するだけだと思っていたのですが、そうではなくそのプロバイダを使っているクライアントから発せられる25番ポートへの通信をすべてブロックするということなのでしょうか? 例えば「「Outband Port 25 Blocking」」を導入しているプロバイダに接続している自宅のPCからtelnetコマンドで会社のメールサーバーの25番ポートに接続してSMTPコマンドで通信することができない。ということは自宅に自前のメールサーバーを立てても単純には外部にメールを送れないということ?(送信先がスパム対策などで送信元を逆引き等で調べたりしないとして)。

  • OP25Bの現状と今後

    いつもお世話になっております。 半年ほど前のことですが、弊社が契約していたプロバイダーでOP25Bが実施されました。 それまでは 社内では25番ポートアカウント(既定に設定) モバイルカードでは587番ポートアカウント の2種をOEに設定して使い分けていました。 プロバイダがOP25Bに対応したことにより、現在は社内においてはどちらでも送信できるようになっています。 ただ、二つを使い分けるのは面倒ですので587の方を既定に設定して25は解除しようと思うのですが、現在もしくは今後、25番でないと送信できないという環境はなくなっていくという方向性だということでよいのでしょうか? 実際皆様の会社ではどのように設定しているのかも参考にさせていただければと思います。

  • RedHat Linuxのライセンス更新

    RedHat Linux Enterpriseを購入し、8月に契約切れになりました。 今無防備な状態で運用しているので 4月に新規で買い直しの予定です。 10台中3台は3月初旬に停止し、7台は継続してつかいます。 そこで更新に際しご質問です ・6か月分のライセンス料は発生するでしょうか  →その間サポートを受けたり、パッチをインストールは発生していません 「使う」だけでもライセンス料金が発生するという内容が見当たらなかったので質問させていただきました。  以上です。お付き合いくださると幸いです。

  • メーカー製サーバのREDHAT9やFedora Coreの対応状況

    宜しくお願いします。 IBMの数年前のサーバにREDHAT9やFedora Coreを使用してwebサーバを構築しようと考えております。 IBMサーバの対応OSを確認したところRedHatEnterprise Linuxについての対応状況は記載されていたのですが上記の「REDHAT9やFedora Core」については記載がありませんでした。 ある個人サイトでは「REDHAT9やFedora Coreはドライバが適応しない」との記述を見かけました。 メーカーページに対応OSとして記載されていない以上、使用できないと判断した方がよろしいのでしょうか

  • RedHat Linux のインストールについて

    Linuxははじめてです。 RedHat Linuxの9をインストールしています。 サーバーではなく、ワークステーションです。 アップグレードではなくて、新規にインストールします。 マシンはWin98の少し古いマシンです。 HDDを増設してあり、Cドライブ(マスター)にWindows、Dドライブ(スレーブ)をLinuxにするつもりです。 Dドライブは、FDISKで領域を全て削除しました。 LANに接続しています。回線はフレッツADSL1.5Mです。(実効速度は1.1MBくらい) LANボードはPCI接続の3com製のもので、Linuxに対応しています。 FTPからダウンロードするつもりで、専門書をみながらインストール作業をしています。 ですが、何度かやり直しても、「パッケージのインストール」という画面で動かなくなります。 画面には棒グラフが出ていて、12%とか15%で止まってしまい、3時間くらいほったらかしにしても進んでいません。 ルーターのデータポートが消えたままなので、データのやり取りもないと思われます。 ダウンロード先は ftp.redhat.com です。 redhat社のHPにかかれてあるミラーサイトも試してみましたが、接続不能や見つからないといったエラーがでます。 質問ですが、 Linuxのインストール(ダウンロード)にはどれくらい時間がかかるものなのでしょうか? 本には、具体的な時間がかかれていません。「機種によっては時間がかかる」と書かれています。 そして、ミラーサイトでもちゃんとダウンロードできるのですか?

  • RedHat Enterprise Linux にVNCを導入。しかし、WindowsからViewer起動せず。

    RedHat Enterprise Linux 5にVNCの設定をして、Windowsマシンから VNC viewerを起動しても、うまくLinuxの画面が表示されません。 server closed connection unexpectedlyというエラーが出ます。 Linux側で、xinetdを導入し、netstat -aコマンドを実行するとvncはLISTENでした。 /etc/xinetd.d/(設定ファイル)と/etc/servicesはうまく対応させたつもりです。 /etc/hosts.allowでも、vncは許可しました。 ファイアウォールについても、ポートの開放(5900台)はLinux側で行いました。 /etc/gdm/custom.confについても、 [daemon] RemoteGreeter=/usr/libexec/gdmgreeter KillInitClients=false [security] DisallowTCP=false AllowRemoteRoot=true [xdmcp] MaxSessions=128 Enable=true [gui] [greeter] TitleBar=true IncludeAll=false ConfigAvailable=true と設定しています。設定後、念のためリブートしてはいます。 /var/log/messagesをみると、 Dec 8 19:53:23 (Linuxマシン名) xinetd[2984]: START: vnc pid=4042 from=(WindowsのIP) Dec 8 19:53:23 (Linuxマシン名) xinetd[2984]: EXIT: vnc status=1 pid=4042 duration=0(sec) となっており、即行でexitになっています。 他に設定漏れなどは考えられますでしょうか?