• ベストアンサー

テトラミドって躁転の可能性低いんですか?

パキシル、アモキサンで躁転したことがあります。 今はリーマス800、エビリファイ3.セロクエル25飲んでます。 やる気が出ないと訴えたところテトラミドを薦められました。 しかし4カンケイでも双極性の人のだせば躁転の危険性があるのではないですか? 過去にパキシル、アモキサンで躁転してますし。 それともテトラミドは上の2つより躁転しにくいのでしょうか? それと双極性に抗鬱剤は使わないのがセオリーとも聞きます。 短期的に少量使うつもりだったのでしょうか。 どう思いますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#101475
noname#101475
回答No.4

精神科医です。(精神保健指定医、医学博士) 双極性障害に抗うつ剤を処方するのは原則として行いません。 ご周知のように薬物躁転するからです。 特に、SSRIは躁転を起こす可能性が高く、気分変動も大きくします。3環形抗うつ剤(アモキサンなど)も作用としては薬物躁転させる恐れがありますし、中途半端な処方は遷延性うつを誘発します。 さて、本題のテトラミド(ミアンセリン塩酸塩)ですがノルアドレナリンに主に作用します。臨床経験では、双極性障害2型でうつの酷い場合には30mg程度処方することがあります。 しかし、慎重投与です。また、テトラミドやデジレルは4環形の抗うつ剤で睡眠障害の対策補強としても有効です。 テトラミドが躁転させないという保障はありません。 また、抗うつ剤を双極性障害に処方しないのは、躁転だけでなく、躁鬱混合状態を生み出したり、ラピットサイクルを作る恐れがあります。 抗うつ剤を中止したら、気分状態が安定したケースも多々あります。 他の回答者の方も述べていますが、双極性障害の基本はリーマスやデパケンRを主剤として処方します。 血中濃度を適正にしておけば大きな躁転やうつ転になることが防止できます。 短期的にテトラミドを処方するかどうかは、そのときの状況で判断します。双極性障害1型のタイプの型には適していませんが、少量の処方は経験があります。 同じ双極性障害であっても、当然ながら個人差がありますので一律にものを言うことはできませんが、双極性障害に抗うつ剤は必ずしも禁忌ではありません。 私の場合は、安定剤を十分量処方して、鬱がある場合には抗不安薬ワイパックスやベンゾジアゼピン系のランドセンを使用します。 これでも、改善がない場合はテトラミド、デジレルを処方します。 ただし、ラピットサイクルや混合型の患者さんには処方しません。 何かあったら質問してください。

satosu1980
質問者

お礼

ご回答ありがとうございました。 とても分かりやすかったです。 必ずしも禁忌ではないんですね。場合によってはといった感じでしょうか。 十分な気分安定薬にも関わらずうつが酷い場合はという事でしたが幸い私は一日5時間は働けています。自営業の手伝いですが。 ちなみに2型です。 テトラミド試すか迷っています。就寝前10mgとかならなんでみよいかと思ってはいますが。 やはり基本は抗鬱剤は使わない方向でいきたいです。 真摯なご回答ありがとうございました とてもためになりました。 又何かあったら質問させていただきます。

satosu1980
質問者

補足

回答を頂いた双極性2型の者です。今毎日5時間くらいは家業の手伝いはできていますがやる気、集中力が無いといった感じです。 処方はリーマス800エビリファイ3セロクエル25 すべて一日量と睡眠薬です。 テトラミド処方希望は贅沢、リスキーでしょうか? 混合状態を引き起こしても困りますし、毎日仕事にタッチできているということはよく言われる80点生活を満たしているのかもと思い服用を躊躇しています。ご意見聞かせてください。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (5)

noname#101475
noname#101475
回答No.6

補足質問に回答いたします。 最終的には主治医の診察を必ず仰いでください。あくまでも助言にしかなりません。 テトラミド10mg/dayというのは、少量処方ですがあなたの双極性の症状を良く勘案しなければなりません。まず、目的がうつ病相の改善を目指しているのか、あるいは抗うつ剤で一時的な快楽を要求しているのかを判別しなければならないのです。 抗うつ剤を気分昂揚のための一時的手段として用いるという目的が見え隠れするようであれば処方はいたしません。もっとも、抗うつ剤には神経興奮剤や麻薬のような覚醒効果はありませんが、患者さんの中には安易にうつからの脱出を希望して抗うつ剤を欲しがる方が実は多いのです。これは、薬物依存の傾向があるということで、医師としては警戒します。特に、双極性障害の方の場合は、非常に感情や気分変動がナイーブなために、些細なことで躁転したり、うつ転したりしがちです。 うつ病相になっていて、日常生活に著しく支障が出ている場合には抗うつ剤を慎重投与します。 ここで、慎重投与とは ・うつ病相であること ・躁転する可能性の少ない薬剤と処方量を考えること ・本人の意思がどのようなものか ・ワイパックスやランドセンで置き換えできないかどうか ・中途半端な処方量では、遷延性うつを悪化させる恐れがあるので個々の患者さんの容態を識別すること ・処方すると決めたら、診察期間を頻繁にして(週1回から10日くらいで様子をみる) といったことです。 テトラミド10mgの処方は、テトラミド自体が賦活性効果が一般的に小さいことから双極性障害の方でも、比較的安全な抗うつ剤ということはいえます。しかしながら、あなたが期待しているほどの抗うつ効果はないと思います。mg数の判断は、本当に患者さんを実際に診察してみないと分かりません。 症例を出しますと、女性の双極性2型の患者さんでテトラミド30mgを就寝前に処方しているケースがあります。 今は、気分安定剤十分量にして安定期に入っていますが、それでもテトラミドの増量を訴えてきます。 ここが頭の痛いところでして、テトラミドを60mgまで増量しても恐らく症状は変化しないと思います。 むしろ、先般申し上げたようにラピットサイクル(急速交代型)や混合を起こす恐れがあるので、私としてはうつ病相が顕著でなくなれば(気分の波がおさまれば)テトラミドは漸減、中止したいところです。 ただ、この患者さんは睡眠障害を起こしていますので、以前はベゲタミンやレボトミンといったメジャーの抗精神病薬を就寝前に処方していましたが、眠気や呂律が回らないなどの錐体外路症状を起こし、直ちに中止しました。 その代替として、睡眠障害に効果のあるテトラミドを処方した経緯もあるのです。私の基本方針としては、多剤多量処方を避けています。 さて、話は変わりますがセロクエルやエビリファイも処方されているようです。躁転の予防として処方されていると思いますが、処方量は合っているのでしょうか。セロクエルは、200mgくらい処方すると抗うつ効果も期待できます。非定型抗精神病薬の中で、特筆できる点だと思います。ただし、血糖値を上げる副作用があるので糖尿病や血糖値の高い患者さんは内科的な観察が必要です。 主治医の先生に相談するとすれば、セロクエルをもう少し増量する方向で考えてみてはと思います。 ただ、エビリファイの存在が気になります。多剤にするとわけが分からなくなります。また、セロクエルも多量処方すると睡眠効果が期待できます。 話がそれました。テトラミドですが山勘(掲示板の書き込みから)では、10mg処方は躁転などの危険性の確率は低いと思います。 2型の患者さんは、大うつになることが多いので、抗うつ剤を要求するお気持ちは痛いほど分かります。 ただし、10mgであなたの希望する抗うつ効果が得られるかというと疑問です。判断は、長く診察、経過をご存知の主治医の先生の判断を仰いでください。繰り返しますが、テトラミドは賦活性効果はあまり、期待できません。 混合やラピットサイクルになっているのであれば、禁忌だとお考えください。この判断は主治医にしかできません。 顔色や行動記録、動作、行動特性などを考慮しないと安易に処方することはできません。 また、蛇足になりますが仮にテトラミドを主治医の先生が処方されても常にあなたは、抗うつ剤を服薬しているのだという“自意識”を持つように心がけることです。病職をもつということです。 テトラミドに似た作用をするものにデジレルもあります。 これも医者の好みによるのですが、同様のものです。 さて、話を纏めますと、何度も申し上げるようにここでは医療行為はできませんから、私の意見は参考にとどめて、主治医に必ずよく相談することです。 また、ストレートに申し上げるとテトラミドで快楽を得ようというような動機であれば服薬すべきではありません(お気持ちはわかります。うつは辛いですからそのように思うのは誰でもあることです。ただし、安易にそうした要求に薬剤を処方していくと、何かあるたびに違う薬剤を試してみたいとか欲しい、増量したい、変薬したい・・といった薬物依存症に陥ることがあるのです。これを警戒しています) テトラミドは、躁転は起こしにくい薬です。10mg程度ではほぼ安全でしょう。しかし、思ったような賦活性効果や抗うつ効果は期待できないと思います。ただし、これも人によっては1型の方に多いのですが一晩であっという間に躁転して医療保護入院したケースもあります。薬剤はテトラミドではないのですが、慎重投与が必要です。 抗精神病薬の整理をしたほうが良いかも知れません。エビリファイとセロクエルの同時処方は少し疑問です。主治医の先生の意図されることがあるとは思いますが、主治医に質問してみても良いでしょう。 多剤処方にすると副作用を含めて、作用がどの薬剤から来ているのかが判別できなくなってしまうからです。 最後に、精神科医の方々の中には、双極性の患者さんでも3環形の抗うつ剤を処方するケースも実際にあります。うつ病相が極めて重篤か、躁転の可能性が低いと判断されたものだと思います。 しかしながら、私のスタンスとしては双極性障害には抗うつ剤は原則として処方しません。うつは本人が辛い症状です。しかし、躁は周囲、社会に社会的、経済的損失を被ります。 躁転して、大変な損失をもたらせた事例はたくさんあるし、あなたならば文面もしっかりしているしご理解できると思います。 テトラミド10mgでも、躁転しない保障は全くありません。 となると、医者は抗精神病薬で気分調整を図ることがあります。 非定型のエビリファイやセロクエルの処方で抗うつ効果を期待されて処方しているのだと思います。 できれば、テトラミドは使いたくないところですが、主治医の先生にはテトラミドをご相談されてください。 鬱陶しいうつの状態から抜け出されるのであればそれにこしたことはありません。

satosu1980
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 セロクエルの処方量はいつも増量希望してますが叶いません。 なぜかは分かりません。 私は非定型でうつを持ち上げたいと思っているのですが。 エビリファイはジスキネジアがでたので止めたいです。 テトラミドは私としても苦肉の策です。 できれば飲みたくありませんがセロクエル増量が叶わないなら抗鬱剤もやむなしといったところです。 何mg飲むかは医師に任せます。

satosu1980
質問者

補足

すいません。又質問です。 テトラミドとルジオミールの作用の仕方の違いは何でしょうか? ルジオミールのほうがアッパー系と見ました。 という事は躁転のリスクが高いということですかね? テトラミド日中眠いような気がします。 まだ飲み初めだからかもしれませんが。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#101475
noname#101475
回答No.5

重要なことを補足しておかなければなりません。 必ず治療は、ネットではなく(参考意見にして)主治医と相談をして受けてください。ネットでは治療、医療行為はできません。 よろしくお願いします。

satosu1980
質問者

お礼

ありがとうございます。 主治医に相談します。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • W0dst0cK
  • ベストアンサー率39% (23/58)
回答No.3

No.2です。 寝る前に少量処方ということは睡眠の質をあげるための処方だと思われます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • W0dst0cK
  • ベストアンサー率39% (23/58)
回答No.2

双極性障害の患者に抗鬱剤は出さない方がいいとする意見は確かにあります。 ただ、現時点では可能性があるとされているだけなので大多数の意見とまではいかないそうです。 そして、その意見を持った医師によると投薬で躁転の可能性があるとされているのはSSRIなどの新しい抗鬱薬です。 そう考えるとテトラミドは古いタイプの抗鬱剤なので処方したのではないでしょうか? 個人的にはこう感じました。

satosu1980
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 そうですか。自分はパキシル、アモキサンで躁転しました。 テトラミドは躁転しにくい薬物みたいですね。少量で寝るまえだけ処方とか。 リーマス増量でやる気てなかったらためしてみます

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#234035
noname#234035
回答No.1

リーマスが効いているので大丈夫です。

satosu1980
質問者

お礼

なるほど。ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 抗うつ薬で躁転することはありますか?

     うつ病で、長い間、治療を続けていたところ、突然、躁状態になりました。 すぐに抗うつ薬のパキシルの投与が中止され、気分安定薬のリーマスを服用し続けたところ、躁状態は消失しました。 しばらくしてウツ状態が現れ、リーマスに加えて抗うつ薬のテトラミドが処方されました。 また、しばらくして躁状態になり、抗うつ薬のテトラミドが半減され、リーマスが増量されました。現在は、ウツ状態です。  このような、症状が続いていますが、抗うつ薬で躁状態になることがあるのでしょうか?

  • テトラミドとルジオミール

    テトラミドとルジオミールはどう違うのでしょうか? 私は双極2型障害でリーマス800セロクエル25エビリファイ3で治療をしています。 最近、鬱が酷いので主治医に相談したらテトラミドを薦められました。 が、色々調べた結果、ルジオミールとの違いがあまり分かりませんでした。 再度質問します。 テトラミドとルジオミールはどう違うのですか? お医者様、実際服用された患者様、医療関係者様など、是非教えてください。

  • 躁鬱2型とテトラミド

    回答を頂いた双極性2型の者です。今毎日5時間くらいは家業の手伝いはできていますがやる気、集中力が無いといった感じです。 処方はリーマス800エビリファイ3セロクエル25 すべて一日量と睡眠薬です。 テトラミド処方希望は贅沢、リスキーでしょうか? 混合状態を引き起こしても困りますし、毎日仕事にタッチできているということはよく言われる80点生活を満たしているのかもと思い服用を躊躇しています。ご意見聞かせてください。

  • うつ病と統合失調症と躁鬱病に詳しい方お願いします。

     長く抑うつ神経症(気分変調症)を患っている知り合いがいます。その人との付き合いは長く、病相もずっとみてまいりました。  その経過の中で、躁転したことがありました。お尋ねしたいことのひとつは、抗うつ剤と躁転との関係が示唆されるような指摘などはあるかどうかということです。抗うつ剤はパキシルです。躁転後、直ちに、パキシルの服用は中止され、リチウムをずっと服用しなければならなくなりました。  そして、もうひとつ、お尋ねしたいことは、うつ病の治療から統合失調症への治療へと治療方針が変わったことです。  うつ状態が統合失調症の陰性症状とみなされ、エビリファイとセロクエルを処方され、その副作用でパーキンスン病様を呈しています。そして、眠くて仕方がないと私に訴えます。  うつ病と統合失調症の境界はどこにあるのでしょうか。

  • 双極性障害について、教えて下さい。

    うつ病から、双極性障害2型に診断名が変わり、現在、リーマス700mg、アモキサン100mgを1日に服用しています。しかし、リーマスを処方されるようになってから、気分がストーンと落ちたようになり、外にも出られなくなり、うつ状態が悪化してしまっています。アモキサンだけなら、せめて、外出ぐらいできたものの、リーマスのせいで、うつになってしまった感じです。もともと、うつ病の薬の多量処方で、軽躁状態になり、双極性障害2型と診断されましたが、薬剤性躁転を、双極性障害と言うのでしょうか。リーマスによる気分低下を、アモキサンで持ち上げている感じで、リーマスが無くなれば、気分もよくなるような気がしますが、どうでしょうか?

  • 抗うつ剤は性欲を減退させますか?

    質問タイトルそのままです… うつ病と診断され、抗うつ剤を服用するようになってから、 めっきり性欲がなくなってしまいました。 抗うつ剤の副作用でしょうか? 現在、服用している薬は、 ・セロクエル ・エビリファイ ・ワイパックス ・アモキサン ・ロヒプノール ・ドラール 以上です。

  • セロクエルとアモキサンについて質問です

    はじめまして双極性障害を患っているものです。 前に通っていた病院では1年で20kgも体重が増え、自分なりになんとか1年かけて10kgは減量しましたが何か月も鬱状態がひどく、先月病院を変えました。 現在服用中の薬は1日のトータルがエビリファイ12mg、セロクエル150mg、アモキサン70mg、アンプリット50mg 他ハルシオンなどの眠剤です。精神状態もかなりおちついています。 でも新しく薬を飲み始めてから、それまで徐々に減りつつあった体重が日増しにといっていいほど増えてきました。今のところ食事制限して1ヶ月で3kg~4kg増しでおさまっていますが、セロクエルもアモキサンも太る薬なようですが両方切ってしまうと多分また鬱状態になってしまうと思われます。もちろんドクターにも聞きますが、どちらかを切ろうかと思ってます。 アモキサンは抗うつ薬として知っていますがセロクエルの効果があまりわかりませんが体重は増えやすいようです。 どちらかを切るとしたらどっちのほうが体重増加しやすいのかと思いまして アドバイスあったらお願いします。

  • 主治医の診断に納得がいきません。病院を変えるべき?

    はじめまして。 気分障害で精神科に通院している者です。 よろしくお願いします。 4~5年くらい前に今の主治医に出会い、診断は「うつ病」 処方がアモキサン(三環系抗うつ薬)1日200mgが中心で、非常に安定していて 仕事は週3日のアルバイトでしたが、普通にこなせていました。 ところが、去年の9月に診断が「双極性障害II型」に変わってしまいました。 そのように変わった根拠は、主治医によると (1)血のつながりのある親族に気分障害の患者がいる (2)発症年齢が19歳と若い (3)主治医から見て僕がたまに軽躁状態に見える時がある とのことでした。 診断が「双極性障害II型」に変わると、お薬ががらりと変わります。 双極性障害にとって三環系抗うつ薬はよくないので、アモキサンは減薬。 変わりにリーマス(気分安定薬)中心の処方になりました。 ところが、アモキサンが1日50mg以下になった今年2月から、体調が不安定になり うつ状態の日が増え、とうとう仕事に行けず、家で寝てるだけの日も多くなってしまいました。 最初は季節性の鬱の可能性なども考えたのですが、 (4)アモキサンが減っていくにつれてドンドンうつ状態がひどい日が増えて行った事 (5)リーマスに全く反応しないこと (6)医学の書籍に書かれている「軽躁病エピソード」(例えば、高揚した、開放的な気分。自尊心の肥大、睡眠欲求の減少、買いあさり、性的無分別、多弁など)に全く当てはまらない (6)は自分でも当てはまらないと思いますし、第三者の母に聞いてみても当てはまらない、といいます。 つまり、主治医は(1)(2)(3)を根拠に「双極性障害II型」と診断しましたが、 私は(6)を根拠に「うつ病」だと思うのです。 今日、受診しオブラートに包んだ言い方でそれとなく自分の考えを伝えたのですが 主治医は「双極性障害II型」の診断を変えようとはしませんし、 あくまでリーマス中心の処方をし、エビリファイを増量しました。 主治医の前提が「双極性障害II型」なので、「絶対アモキサンは処方できない」と言われました。 質問内容をまとめると 診断が「うつ病」の時はアモキサン中心の処方で体調は安定してました。 診断が「双極性障害II型」に変わり、処方がアモキサンを減らしていき、リーマス中心の処方になってから、ずっと不調でうつ状態が続いていますが、主治医は診断を戻そうとしません。 私は医学書の軽躁病エピソードに書かれている項目に一つも該当しないことから、主治医の診断が間違っているのではないか?と思うのですが、病院を変えた方がいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • エビリファイのみで治療

    現在の診断名は境界性パーソナリティー障害ですが、 3ヶ月毎にうつ症状がくることを主治医に話すと、 今は双極性障害の治療をしているといわれました。 でも、ずっとエビリファイ3mgを朝夕だけです。 先生はきっと効いてるんじゃないかな。と仰ってましたが、信用できません。 双極性の治療していても鬱になるのは避けられないんですか? ODの心配もありたぶんリーマスとかその辺は出してくれないんだと思うんですが、 エビリファイたった3mgだけで双極性治療って可能なんですか? うつ症状のないときは至って落ち着いてるので、軽いとは思いますが。 エビリファイって少量で効くんですか?

  • うつ病患者のリーマス服用について

    現在40代でうつ病歴7年の東京在住男性です。現在仕事をしながら通院しております。朝会社に行くのがとにかく辛くおっくう感にかられます。今アモキサンを100ミリ、デプロメールを50ミリ、パキシルを 20ミリ、テトラミドを30ミリ毎日飲んでいます。なかなか症状が改善されず困っています。 最近この「教えて」のページで「抗うつ薬とリーマスを飲むと効果が増強される」というのを拝見しました。どなたか経験者のかたでアドバイスいただければと思います。効果はどんなものでしょうか?効果が発現するのはどのくらいたってからなのか?医師は頼めばすぐ処方してくれるのでしょうか?・・・などお答えください。

このQ&Aのポイント
  • 古いアカウントのメールアドレスを変更できないため、新しいアカウントで製品登録をする方法はあるか?
  • ソースネクストのアカウントが2つあり、古いアカウントに製品登録がされているが、新しいアカウントにも製品を登録したい。
  • 新しく作ったアカウントに製品登録を紐づける方法はあるか?
回答を見る