• ベストアンサー
  • 困ってます

カトリックかプロテスタントの思想が入った映画は?

キリスト教(カトリックかプロテスタント)のキャラクターや、神への信仰や聖書の引用などがセリフに出てくる洋画はどのようなものがありますか? 悪魔信仰とか、特殊な宗教団体の作った映画ではなく、カトリックかプロテスタントのどちらかのうちで、たとえば「最高の人生の見つけ方」や、「チェンジリング」「グラントリノ」のような、くどすぎない程度の、信仰が物語の進行中に見え隠れする(セリフに「神」の名や、聖書からの引用などが出てくるとか)映画を希望しています。 (全体の8割りがたがそういったセリフが出てくるものでも、1割未満でも、とにかく出ているものならなんでもいいです。) 人生の苦悩をテーマにした物語の中に、そういったセリフが入るものだとなおうれしいです。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数717
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6063)

「ブルースブラザーズ」 生まれ育ったカトリック孤児院が財政難で廃止の危機。 そこで神の啓示を受けたチンピラミュージシャンがバンド再結成で資金稼ぎを目論見み、「我々は神のみ使いである」をきめ台詞に大迷惑な騒動を起こします。 http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=1019

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。参考にさせていただきますね。ヒューマンドラマなタッチの作品をどちらかというと希望しております。

関連するQ&A

  • プロテスタントについて、いくつか質問です。

    プロテスタントについて、いくつか質問がございます。 すべてではなくても、一部だけの回答でも構いませんので、よろしくお願いいたします。 1)アメリカはプロテスタントが多いそうで、あのキング牧師もプロテスタントですが、アメリカの歴史上で名を残している人々はほぼ皆プロテスタントと考えてよいのでしょうか?(具体的に、人物名を教えていただけるとなお参考になります。) 2)アメリカ映画「最高の人生の見つけ方」で、モーガンフリーマンが演じる末期がん患者のセリフで「私の牧師が・・・」というくだりがあります。そのとき「my pastor・・・」という言い方をしていたのですが、プロテスタントでは、pastorという言い方が一般的なのでしょうか? ”牧師”の和英辞書によれば、他にも a parson , a minister , aclergyman , a chaplain という言い方が書かれていましたが、これはどう解釈すればよいのでしょうか? 3) プロテスタントの信者の自宅の部屋はどのようになっているのでしょうか? 目にみえるところに、ろうそく、十字架、目に見えるところに聖書・・・などがあるのでしょうか? ろうそくはカトリックのならわしなのか・・・とも思うのですが、どうなのでしょうか? 4)プロテスタントとして聖書を持つ場合は、古本などで購入しても問題はないのでしょうか? 聖書を購入するときの注意点がありましたら、教えてください。 以上、お分かりの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。。。

  • カトリックからプロテスタントの教会に通い始めたことについての疑問

    カトリック教会で洗礼を受けたクリスチャンです。 2年以上通っていますが、教会の雰囲気や信者さんと、自分の 求めるものが今ひとつ合わないと感じています。友達が全く出来ないのです。 また自分の学びたいという情熱に対する受け皿のようなものが今の教会になく、 欲求不満になり、他のプロテスタント教会を何回かたずねたりもしました。 現在クリスチャンの友人の紹介であるプロテスタント教会に通うことにしました。 移行するかどうかはまだわかりませんし決めてもいません。 ここで疑問なのですが、私は今までカトリックのロザリオの祈りをしていましたが、 その教会の聖務日課も始めました。 聖務日課だけしていようと思ったのですが、ロザリオも習慣になっていたので やらないと物足りない気持ちになります。 1.どちらもやっても構わないのでしょうか。 神さまは同じ神様ですからカトリックもプロテスタントも無いと言われますが、 このように双方にまたがった形で信仰していていいものでしょうか。 それともどちらかに決めて祈った方がよいのでしょうか。 2.また、教会維持費などもどちらかの教会に決めない限りは両方に 納める必要があるでしょうか。 ちなみに今通っている教会は自分の求める雰囲気には合っていると思います。 ありのままの自分らしくいられ、落ち着きますし聖書のコースもあります。 3.これは自分の信仰の見聞を広めているだけで、移行するということは ないのでしょうか、それとも変わっていこうとしているのでしょうか。 洗礼を受けた教会は神さまの導きとして大切との牧師さんの話もありました。 洗礼を受け通い慣れた元の教会に落ち着くのでしょうか。 いずれにしても神さまの導き通りにするしかないとは思いますが、 自分ではどうすればいいのかわからず困っています。 できればみなさんのご意見もお聞かせください。

  • プロテスタントとキリストの母マリア

    聖書には、キリストの母マリアについての記述は少ないのですが、 1.ルカ伝によれは、マリアは天使ガブリエルから「恵まれた方おめでとう」と言われている。 2.神であるイエスキリストを生んだ母である。キリストは、聖霊を父、マリアを母として   生まれている。 これらを考えると、普通のただの女性ではないと思いますが、 プロテスタントの人はマリアをどう思っているのでしょうか。教えてください。 因みに私は、個人的にキリスト教を信仰し、毎日聖書を読んでいます。

その他の回答 (10)

  • 回答No.11

「エクソシスト」がカトリックの神父の悩みを良く描いてますね。 2や3も有ったと思いますが、カトリックに関しては、1が中身が濃いです。 因みに、原作の本は分厚くて、まるで教科書です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

素晴らしき哉、人生! これ見て泣いてしまった~意味のない人生はない。如何様にもなるんだ。私の心の支えの1本です。すごく~古い映画 マザーテレサはネット環境にあるなら見れますよ~ 無料で見る事の出来るサイトあるよね~ おお~これも無料だ~~久しぶりに見よう~~っと

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

思想が入っているかは微妙な線ですが、聖書の一文や記述などがふくまれているもので以外なのが、インディージョーンズシリーズですね。 魔宮の伝説は出てきたか不明ですが、失われたアーク、最後の聖戦は出てきてますね。 一番新しいのもクライマックスが聖書をもじっているのかなと思わせる内容でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あの映画にも、そういった思想が入っていたのですね! 参考にします^^

  • 回答No.8

マザーテレサ http://www.tk-telefilm.co.jp/teresa2.html サウンド・オブ・ミュージック マリア http://maryandjoseph.jp/index.html 素晴らしき哉、人生! http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5710/wonderful-life.html 名作ですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。マザーテレサ、伝記映画があるとはしりませんでした! サウンドオブミュージックや、素晴らしき哉、人生!は有名なタイトルなので、これを機会に観たいとおもいました^^

  • 回答No.7
  • zingaro
  • ベストアンサー率23% (177/760)

「アグネス」 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=599 「テレーズ」 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11176/index.html カンヌ映画祭の国際カトリック映画事務局賞というのもあります。直接宗教に関係しているものだけではありませんが、ご参考まで。 http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%98%A0%E7%94%BB%E4%BA%8B%E5%8B%99%E5%B1%80%E8%B3%9E-%E5%8F%97%E8%B3%9E%E4%BD%9C%E5%93%81/lm/27MS4RO9RGLY0

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!どちらも知らないタイトルでしたので、URLもとても参考になりました^^ カンヌにそういったものがあるんですね。興味を持ちました!

  • 回答No.6
noname#87722
noname#87722

 現代版でよければ、他の回答者の書き込みに賛成です。私達の親世代なら「禁じられた遊び」とかじゃないですか。カトリック系の修道院内のシーンと“主の祈り”  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!禁じられた遊びはこどものころに観たのですが、そういったシーンが記憶になかったので、いまあらためて観たくなりました!

  • 回答No.5

「俺たちは天使じゃない」ショーン・ペン、ロバート・デ・ニーロ主演 脱獄囚が修道院に逃げ込んで、修道士のフリをします。かなり前の映画なので細かい点は忘れてしまいましたが、ジワーッと感動できる話でした。デミ・ムーアも出てましたよ。 「奇蹟の詩」エド・ハリス主演 カトリックの神父が、ある女性を聖人と認定すべきかどうか調査するお話です。キリスト教と信仰について、シリアスに扱った作品ですが、私は好きです。キリスト教になじみがない人には難しいかもしれません。 「司祭」ライナス・ローチ主演 カトリックの神父でありながら同性愛者という主人公を軸に、近親相姦や聖職者の姦淫などを取り上げている。暗く、つらい話ですが、ラストには希望も感じられます。 「天使にラブソングを…」ウーピー・ゴールドバーグ主演 有名なので、たぶんご存じでしょう。 昔の映画では、「汚れなき悪戯」はいい映画です。 修道院に捨てられた赤ん坊が修道士に育てられ、いたずら好きな少年になり、やがて…。聖書の言葉は出てきたかどうか分かりませんが、少年が可愛らしいです。ラストは賛否両論かも。 以上、思いつくままに挙げてみました。 お探しの条件とは合わないかもしれません。クリスチャンでない人には難しい内容のものが多いので。私が見て好きな作品ですので、ご参考までに。 プロテスタント系の映画は、ちょっと思いつきませんね。キリスト像やマリア像、聖衣を着た神父、という方が映像にしやすいからでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!とても沢山ご存知なんですね。エドハリスが好きなので、興味が出ました。「汚れなき~」は、そのストーリーの流れに興味がひかれます。確かに、映像的にはカトリックのほうがわかりやすいところがありますね。プロテスタントの牧師が出る作品では、牧師は人民のために立つヒーロー的な面があるかなぁと思いました。(チェンジリングの牧師とか。あ・・・ポセイドンアドベンチャーの神父はカトリックですが、ヒーロー的でしたね)

  • 回答No.4

メリルストリープ主演の 「ダウト~あるカトリック学校で~」 あるカトリックの学校でのサスペンスのようなストーリーですが、 キリスト教の教えが、芯になっていました。 メリルストリープが迫真の演技で、 とっても見応えのある映画でした。

参考URL:
http://www.movies.co.jp/doubt/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます!メリルは大好きなので、興味がますます出ました。最近の映画ですよね?マンマミーアのはっちゃけぶりと対照的なキャラで、さすが名女優という貫禄でした^^

  • 回答No.3
  • whyso
  • ベストアンサー率53% (60/112)

ロバート・デ・ニーロ主演「ミッション」 イエズス会宣教師の南米での布教活動の映画です。 布教活動の壮絶さ信仰への苦悩等が表現された地味ですが 良い映画だと思います。 ショーン・コネリー主演「薔薇の名前」 宗教がらみのサスペンスで各宗派のせめぎ合いがおもしろいと 思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。どちらも実力男優主演なんですね。イエズス会の話は学校の歴史で出てきて興味があったので、見てみるのが楽しみです!

  • 回答No.2

「炎のランナー」はいかがでしょうか。 オリンピックに出場するイギリスの青年たちのお話ですが、主人公の一人が宣教師で、信仰と競技の狭間で悩んだりするシーンがありました。 第54回アカデミー賞 作品賞受賞作品ですので、レンタル屋さんでも見つけやすいと思います。

参考URL:
http://lounge.cafe.coocan.jp/movie/2007/03/01-073937.php

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。「炎のランナー」、タイトルだけ知っていました!スポ根ものだと思っていたのですが・・・、主人公のひとりが宣教師だとは知りませんでした。それは奥がふかそうですね!評価も高い作品ですので、ぜひ見たいと思います!

関連するQ&A

  • 日本にある宗教でピューリタンはいますか?

    キリスト教でカトリックからプロテスタントに分かれたように、日本にある宗教で、組織よりも神への信仰、信仰そのものを大切にしようという感じで分派した宗教とかってありますか?

  • ご存知の方がいれば是非とも教えて欲しいものです!

    僕はカトリックです。信仰生活は8年目です。住みは大阪府柏原市です。所属教会は藤井寺です。最近ふと感じていますが、カトリックではプロテスタントの様にウィークデーに「聖書を読む会」の類いの講座は開いていないのかな?と思いました。確かに聖書は本当に素晴らしい本です。しかし、「誰も教えてくれない聖書は読み方(ケン・スミス著、山形浩生訳、晶文社)」の様なトンデモナイ本を産んでもいます。カトリックの聖書の読み方って一体何なの???と感じています。因みに、現在の僕の頭の中は福音(又は原理)主義者になっちゃってます。(勿論カトリック側での読み方です)聖書を読む類いの講座をご存知の方がいれば是非とも僕に教えて下さい。曜日、時間、場所(例えば〇〇教会等)も教えて戴けると大変助かります。

  • モルモン教会信者さんたち、教えて!

    ジョセフスミスは、30人以上もの妻がいました。 さて、ジョセフによると、神は 旧約聖書の時代の預言たちに一夫多妻を命じた、 そしてジョセフにも同じように一夫多妻をしなければならない、と言ったそうです。  しかし、プロテスタントやカトリックは、旧約聖書の中の一夫多妻は神が命じたのではなく、人間が勝手にやったこと と理解しています。  そこでモルモン信者の方に質問です。旧約聖書のどこに、神が一夫多妻を命じた とありますか?  教義と聖約ではなく、旧約聖書又は新約聖書からお願いします。

  • 教会に行きたい

    キリスト教に興味があり、また、信仰する心を得たいと思い、教会を探しています。 近所の教会はプロテスタント、数駅は離れた所は大きなカトリック。 どちらにいくべきか悩んでいます。 個人的にはやはり、偶像崇拝が許されているカトリックなのかな、と。雰囲気目好みでありますが、こういった理由で、赴くのは不順でしょうか? 今までなんとなく生きてきました。ただ、何にも祈らずです。自己肯定感が低いから、自分より劣っている人を見つけたり、自分が小さく思えて、悲しくなっていた時に、キリスト教を調べたら、神はそんな私でも認めてくださる、と知りました。 話がずれましたが、どちらの教会にもおもむいてみて、自分に合う場所をさがすものでしょうか?プロテスタントとカトリックを梯子しても大丈夫でしょうか?

  • 聖書 ヨハネII9~11の解釈

    日本聖書刊行会の新改訳聖書 ヨハネII9~11の解釈について教えて下さい。できれば純粋なプロテスタントを信仰している方にアドバイス頂きたいです。 この御言葉は、一度背信した者を決して受け入れてはいけないという意味なのでしょうか?それは家族であってもそうなのでしょうか?この世でいう家族よりも神の家族が優先するのでしょうか?

  • 三位一体論の十分な聖書的根拠

    私はプロテスタント系求道者です。 三位一体論について観念的な理解はしています。 聖書的にもその萌芽が見られますが… 「主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、 あなたがた一同と共にあるように。」(IIコリント13:13)、 「キリストは、神の身分でありながら、 神と等しい者であることに固執しようと思わず、 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。 人間の姿で現れ、 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。 このため、神はキリストを高く上げ、 あらゆる何まさる名をお与えになりました。」 (フィリピ 2:6-9) しかし、「三位一体」という言葉はなく、 ニカイア信条の中で父と子は「同質」(ギリシャ語:ホモウーシオス) であるという、聖書にない言葉が使われた、ことはご存知かと思います。 プロテスタントが標榜している「聖書のみ」の立場からは、とても苦しく、 三位一体を認めない宗派の信者が訪ねてきたとき、この点を突かれ、 私は答えに窮しました。 その宗教団体の教義では、「イエスは神ではなく『神の子』である」と。 私が次のように自説を展開しました。 「それでは、イエス・キリストは、神でもなく人間でもなく、 御使いのような中途半端な存在になる。 そのどんな業も、全て父に帰せられて、 イエスは父の補完的存在に成り下がってしまう。 キリスト教を標榜する限り、 イエス・キリストを神と同等に信仰しなければ、 旧約すなわちユダヤ教へ回帰してしまう。」 しかし、「聖書にそう書いていないですから。 私たちはそう(イエスは『神の子』であると)信じていますから。」 と開き直られました。 そんな宗教団体は、明らかにおかしい論理も展開しているので、 無視するのが賢明だと思いますが、何か釈然としません。 説明が長くなりましたが、 聖書を根拠にして三位一体論を展開できませんか? 私は、口語訳、新共同訳、Greek New Testament、BHS、LXXを持っていて、 時間が掛かりますがギリシャ語もヘブライ語も読めます。 しかし、神学校を上がったわけでもないので、神学には全く明るくないです。 お勧めの神学書があれば、ご紹介して頂きたいのですが。

  • 「異端」は必ず避けるべきか、また、どの程度避けるべきか?

    エホバ、モルモン、統一教会以外のキリスト教徒(新旧教問わず)の方にお聞きします。 大概の場合、「異端」と呼ばれるエホバ、モルモン、統一教会、あるいは仏教、神道etc.は必ず避けるべきですか? 僕はプロテスタント(バプテスト)です。 教会に向かう途中、エホバの「めざめよ!」を配っている人と擦れ違いました。 僕はそれを受け取ったり、たとえ読んだりしても、信仰的に(あくまで信仰的に。そりゃ、教会で堂々と読んでいたら問題だと思います)問題は無いと思っていました。 なので、何気なしに受け取って、後で読んだっていいだろうと思ってポケットに突っ込んでおきました。それを、同じ信徒の方が見付けられて、厳しく言い咎められました。 受け取ってもいけないし、当然読んでもいけない、彼らは異端なのであり、霊的な影響を受けてしまう、だいたいそんな事をおっしゃって、受け取った僕を責めました。 その言葉に全く納得いかない訳ではないのですが、どの程度、自分が通う教会とは異なる宗教、教え(バプテストと長老派の違い、などは除く)を避けるべきだと思うか、皆さんのご意見をお尋ねしたく質問しました。 書き加えれば、僕は、友人に誘われるだの何だのの理由で神社に行ったり、あるいは仏式のお葬式で焼香をしたりするのは、問題がないと思っています。 なぜなら、「私のほかに神があってはならない」という言葉に従っている自負があるので、聖書の語る神だけが神であると信じているからです。 だから、たとえ行為としてはそぐわないとしても、そこに心が伴っていなければ、異端礼拝にはならないと思うのです。 この考えに賛同できる方も、「目ざめよ!」を受け取るべきではなかたっと思う方も、どうぞ、書き記していただきたく思います。 また、もし可能でしたらでよいので、適切な聖書の箇所を引用して教示いただけたら嬉しく思います。 よろしくお願いします。

  • キリスト教の矛盾とか科学的誤りを指摘してください

    お願い・前提 訳についての誤りなど表面的な部分や写本がたくさんでてきていて、どれが正しい訳かわからない箇所の批判もやめてください。 キリスト教信者に関することではなく聖書に関することのみでお願いします。 また、具体的にどこが矛盾しているか、引用、もしくは聖書箇所などを上げて指摘してもらいたいです。 自称霊能者が言うような過去キリストはは金星人だったといったような証明しがたい否定もやめてください。 新旧新改訳聖書を基準としています。基本的にプロテスタント視点での聖書であり、カトリック的な外典や慣例は除きます。

  • 赦しこそ聖書である。その2

    http://okwave.jp/qa/q7053741.html 上記質問の後を継ぎます。 前回は題材が見つかって一人で思索する時間を必要としたので早めに締めました。 回答を検討された方には失礼だったかもしれません。 でも謝りません。 さて。 聖書の物語とは、神に懇願し神の降臨が待望された、一部の部族社会で、神が使わした待望の救世主が現れる。その救世主はいかにもっともらしく振舞ったが、結果的に何一つなさないまま彼に取りすがった人々の眼前で処刑されてします。 このような背骨の元、もう救世主はこないとか、または再臨するとか、見捨てられたこの世界は審判の日を迎え滅亡するとか、そんな事も書かれています。 よって聖書は真摯に神を考察していると言う、彼らの信仰を尊重しても神についての噂話を書いた童話です。 私は特にキリスト教徒では無く、アマテラスさんと愛し合っています。信仰の在り方についてこの故事には考察するのみですが、誰かの願いをかなえようと意図したからこそ処刑されたともとれるイエスさんの生きざまについては、そのようにイエスさんなる人物が歴史上、何らかの形で存在したと認めるだけで、聖書から学ぶ正しい信仰の(聖書なりの)理想を理解できます。 聖書から学ぶその信仰姿勢では、神からの赦しと言うのが重要ではないかと考えたため、その点に関して思索の材料募集です。 私は自分こそは一番であり最高だと思ってますから、ぶしつけにも対話に発展しないで途中で締めるかもしれません。実際に前回もそうしておりますが、できるだけ、それなりの結論を導くまでは、次にもつなげたいと思いますのでよろしくお願いします。 それからサル踊り品評会は余興とわきまえているなら阻む事はありません。

  • カトリックで肉食禁止の日の言い訳の仕方 その2

    これは、同じタイトルの質問http://okwave.jp/qa/q7362287.htmlの続編です。 カトリックでは、今でも年に2回、肉を食べてはいけない日(キリストの亡くなった日の前の40日間である「四旬節」の初日である「灰の水曜日」(2012年は2月22日)と最後の「聖金曜日」(2012年は4月6日))がありますが、私は、親類の法事が「聖金曜日」にぶつかってしまい、肉が食べられないことをどのように言い訳するかという質問です。 ご回答者の多くは、「宗教的理由で食べられないことは立派な理由になるので、はっきりと言った方がよい。」というもので、私も一応納得して、質問をクローズしました。 しかし、本日教会に行き、神父様に相談した所では、「いや、それは社会生活を円滑に送ることを優先した方がよい、肉を食べなかったら、明らかに先方に気付かれるし、社会生活にも支障がある。その日に守れなくても、自分なりに、日を変え、品を変え、ささやかな神の前での「犠牲」を払えばよい」、と言われ、心が軽くなりました。 その後の信徒仲間との対話でも話題にしましたが、やはりカトリックは、そのあたりの考え方が、きわめて融通無碍というか、悪く言うと「いい加減」(笑)という感じで、信徒としての居心地は非常に楽な気がします。 その後No.5で回答した質問「キリスト教に身体的・肉体的修行はありますか?」 http://okwave.jp/qa/q7365596.htmlでも 「No.4さんご回答の末尾にある通り、新訳聖書マタイ伝六章16-18には、さあこれから断食をするぞ!とか祈るぞ!などとこれ見よがしに行うのではなく、誰にも気が付かれないように行うことが推奨されておりますので、やはり「形式」よりも、心の内の「実質」が伴えばよい、との解釈のようです。」 と書きましたが、カトリックはそのあたりの解釈が非常に柔軟だという印象を強く受けます。 長くなるので、詳細は省略しますが、他宗教に対しても、非常に友好的で、対話をしようという意欲が感じられるのはカトリックです。 このあたりの私のコメントを読み、皆様はどのように思われますか? カトリックやキリスト教に対するイメージは、変わりましたか? (なお、キリスト教でも、プロテスタントの方はもう少し厳格なイメージが私自身あります。)