• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ構図に対して興味を持たないのですか?

先日、東京で開かれたフォトイメージングエキスポを観てきました。あるブースで「構図を知れば写真が面白くなる」というセミナーをやっていたので、立ち止まり観ていました。 ディスプレイに様々な写真が表れて、講師が構図中心に開設していきました。僕は構図の話が大好きです。というよりもマニュアルに書いてあることが大好きです。 「他人と同じことをしたくない」「他人と違うことをやりたい」という人が世の中にいますが、僕には全く理解できませんし、そんな生き方をしたくはありません。 むしろ、廻りにいる優秀な人の行動をコピーして自分の能力を高めたいと考えています(学ぶと言う言葉は真似るからきているそうです)。だからマニュアルも大好きです。 「個性的だね」と言われるよりも「基本を抑えているね」「よく勉強しているね」と言われたい。 さて僕が多く撮影しているのはポートレートです。マニュアルも沢山読みました。書いてあることは大体決まっていて、機材の説明、ライティング、ポージング、カメラアングル、それから構図です。 僕はこれらを守ってマニュアル通りに撮影することを心がけています。 ところがある時知り合いのカメラマンに言われました。 「そんなに構図の話をしたがるのは貴方だけだよ」 言われてみれば、ポートレート撮影をしているカメラマンは大勢知っているけど、構図の話はほとんどしないし、構図重視で撮影しているカメラマンもほとんど知らない。 それで質問させてください。 1.マニュアルに書いてあることなのに、何故カメラマン達は構図に興味を持たないのでしょうか? 2.カメラマン達が興味を持たないことなのに、構図について必ずマニュアルに書いてあるのは何故なのか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数26
  • 閲覧数4031
  • ありがとう数44

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.25

私は写真はほとんど撮りませんが,思うことがあったので回答いたします. 「質問者さんのポートレート」と「大勢のアマチュアカメラマンのポートレート」は違う物だと思います. 大勢のアマチュアカメラマンのポートレートは“ポートレート風スナップ”であり,だからこそ綺麗な構図に拘ろうとしていないのだと思います.みんながみんな,今回はスナップ,今回はポートレート,と切り替えて撮っているわけではなく,多くの人はやはり撮影会等でさえ記録写真であったりスナップに近くなるんだろと思います. それは人それぞれの写真への取り組み方なので,ポートレートを撮る時はスナップみたいにするな,とは誰もいえませんし,スナップとポートレートを完全に区別する必要もないと思います.(必要なないと思いますが,区別された写真はやはりそれぞれ美しいと思いますけどね) なので興味がないわけではなく,その知識等を完全に実行しようと思ってないのだと思います. マニュアルは,人がスナップとは完全に区別されたポートレートを撮ろうと思ったときのために,基本を学ぶために書かれてるのだと思います.ただ大勢の人の撮る写真は,ポートレート風スナップなのではないかと思ってます. 写真は観るのが専門ですので,的外れな答えかもしれません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これは大変参考になる回答です。これで今までの疑問が解けました。 写真コンテストでは「ポートレート部門」と「スナップ部門」は明確に別れていることが多いです。 そして写真の撮り方は明らかに違います。 実は僕が初めてコンテストで入賞したのはスナップでした。 高校生の時のサッカー部の試合で、先輩と彼女が寄り添って歩いている雰囲気が素敵だから撮影して、先輩の許可を取ってCAPAに投稿したのが入選したのです。 (先輩は良い思い出になると喜んでくれました) スナップにはスナップの良さがあるとは思いますが、ポートレートとは別物だと考えています。 ポートレートのマニュアルを読んでも、カメラマンの意図を反映させようとしています。 例えるならば映画の世界ですね。監督の指示に従って俳優は当然演技をする。 ポートレートならカメラマンが監督の役割でモデルに指示を出します。 以前参加したことがあるプロカメラマンが講師を務める撮影会(ポートレート講座)で、講師がモデルに色々と指示を出していたのが印象的でした。 だけど世間一般ではポートレートとスナップは区別されていないのかもしれません。 人物を撮っていればポートレートだと思われているのかもしれませんね。 これで13番の回答に対する疑問も解けました。 >電話で家族の無事を知ったアラブ系の男性の笑顔は私が今まで見たどんなポートレートよりもすばらしい物でしたよ。 なんでこの人は、ポートレートの話をしているときに、いきなりスナップの話を持ち込んできたのか?と凄く面食らったのです。 他の回答にしても、「スナップの楽しみ方」と考えれば、理解できないことはありません。 (ただし1番の回答は明らかに誤り、基本を知らなければ応用も生まれない) これですっきりしました。

関連するQ&A

  • 構図に興味をもってもらうにはどうしたらよいか?

    ポートレートを撮影していているカメラマンが、構図に興味を持ってもらうにはどうしたらよいかを教えてください。 ・せっかくハウススタジオや風光明媚な会場を用意しても、モデルの顔のアップばかり撮影するカメラマンが大勢います。 ・角だしや目切り、鼻飛び(鼻だけ露出オーバーで飛んでしまう)の写真をまったく気にしないカメラマンが大勢います。 ・何も考えずにモデルに撮らされているカメラマンが大勢います。 どうやったら構図に興味をもってもらえるか、アイデアを教えてください。

  • ポートレート撮影で何を重視していますか?

    ポートレート撮影には色々な要素があります。 例えば 構図、表情、ライティング、ポージング、他にも季節感を伝えることも大切な要素かもしれません。 さてポートレート撮影をしている人に質問です。 あなたがポートレートで重視している要素は何ですか? (特に構図がどれくらい重視されているかを知りたいと考えて質問しました)

  • 水着ポートレートは撮りたくないという心理を教えてください

    漫画雑誌や総合誌には女性のグラビアがたくさん載っています。 水着姿のグラビアが多いので、需要が多いのだとわかります。 また水着ポートレートの撮影会もたくさんあります。 ところがポートレート撮影は好きだけど、水着姿は撮らないというカメラマンが時々います。 私服や着物や浴衣のポートレートを撮影しても水着は撮らないというカメラマンの心理を教えてください。 補足 ・私は、表情や構図やライティングと同等に、体の線を綺麗に出すことを重視しているので水着ポートレートは大好きです。 ・また丸みを帯びた女性の体は、ポートレートを撮影していない男性にも魅力的に見えるのではないでしょうか?

その他の回答 (25)

  • 回答No.5

プロカメラマンは口にしませんが構図には十分気を使って撮影しています! 写真集など見ても基本マニアルに人物撮影時のカットラインのおおよそその位置でカットして撮影してあるでしょう? 風景撮影のカメラマンならもっと気を使って構図決めています! あるプロカメラマン(有名ではない)人と話したことありますが以前も書いた事あります! そのカメラマンいわく、構図という漢字よく見てください構図の木ヘンがカメラを覗く人、構図の漢字の右側か三脚にセットされたカメラ、構図の図がファインダーの中の画像(作品)図と言う漢字周りの囲まれた四角が写真の枠、右上から川が流れて橋が架かり図の点々が木の枝をイメージすると典型的な紅葉撮影などの川と橋と紅葉の木の枝という形に見えてきます! 図の漢字こそが奥行き感も出て構図の基本形!ここから応用して色々な形にすれば?といってました! プロカメラマンは頭の中に目の前の被写体をこう撮るときれい、美しいと言うのが即時に判断できます! おそらくアマチア写真家以上に神経張り詰めて構図決めて撮影してると思います! プロに失敗は御法度ですから!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。説明不足でした。プロカメラマンが構図に気を遣うのは当たり前です。 僕が質問をしたのはアマチュアカメラマンの話です。 写真撮影に関するマニュアル本はたくさんでている。 カメラ雑誌にも、構図に関する記事はたくさん載っている。 でも何故、多くのアマチュアカメラマン達は、表情や個性の話をしても、構図についての話をしないのか?という疑問です。 多くの場合、「被写体の表情が良くて、個性的に撮れてる万歳!え、構図って何?」という感じなのです。

  • 回答No.4

1.そのような事はないと思います、基本を修めてそこからの応用    になると各人の感性や好みの範疇になるので、その点に付いて    意見をし合わないので、興味がないのではと勘違いをしている    のでは。 2.表現の方法として重要だから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アマチュアカメラマンの話ですが、 >基本を修めて・・・・ それでは下記事例の構図の作り方を説明できますか? やはり具体例を載せないとわかりにくかったようですね。 でも、さすがにアマチュアカメラマンのブログやサイトを載せるわけにはいかないので、撮影会のサイトを載せておきます。 マニュアルに書いてあることをもう少し詳しく観ていきましょう。 どのマニュアルにも書いてあるのが、「角だしや首切り、目切りをやめましょう。背景から順に構図を作っていきましょう」 それから、次のようにも書いてあります。「日の丸構図はやめましょう」 それでは下記サイトをご覧ください。 http://www.mittel-tokyo.jp/ 上から9番目の森由梨香については完全に角だしですね。32番目の佐藤瑛見子さんについても同様です。 1番目の白澤まゆかさん、10番目の百瀬ちえさん、11番目の五十子明恵さん、その他多数は完全な日の丸構図になっています。 またマニュアルには、「全身を撮影するときは下からあおるように撮影しましょう。上から全身を撮影すると頭でっかちで足が短い写真になります。逆に顔のアップを撮影するときは、目より少し上から撮影しましょう。下から顔のアップを撮影すると鼻の穴が目立ってしまいます」とも書かれています。 「フレームに足を乗っけていたり、フレームに体を預けてもいけません」とも書かれています。 それでは下記サイトをご覧ください。プロカメラマンの作品だそうです。 http://www.burnam.co.jp/s-cross/classicsakuhinrei.htm 上から5番目の左端の全身写真は明らかに目より上から下向きに撮影していますよね? 上から3番目左側の全身写真は、フレームの上に載っていますよね? 1番下、これは目切りの典型例ですよね? 昔、まだインターネットがなかった頃は、雑誌や写真集に掲載されたプロの写真くらいしか見ることがなかったのです安心して見れました。 しかし今のように素人がサイトやブログで写真をどんどん発表しているのを見ると、非常に不思議に思えてくるのです。 なんでマニュアルに書いてある構図通りに撮らないのだろう?(マニュアルに近づけようと努力しないのだろう?)

  • 回答No.3
noname#114356

報道カメラマンをしています。当然仕事の一環でポートレート撮影をしますが、質問者さんの視点は面白いですね…。構図優先にお考えなのですね。 自分自身が撮影する場合、構図は意識しません。というか、意識せずとも「絵になる構図」で撮るのが当たり前なのですね。それより大事にしているのは被写体の個性をどう出すか、魅力的な表情をどう映し込むか、ですね。表現の一環としてライティングに配慮するのは当然ですし、多忙な相手であれば短い撮影時間に全てを撮りきらねばなりません。また、出来上がった写真をノートリミングで媒体に使用することはあまりなく、カメラマン本人や編集者、ディレクターによってトリミングされます。最終的な出来上がりを考えると、撮影時にあまりきっちり構図を決めすぎると、後で困ることが予想されます。 カメラマンは構図に興味を持たないのではないのです。プロなら説得力ある構図で撮るのが普通のことで、あえて話題にするほどのことでもない、ということではないでしょうか。しかしもちろん初心者には構図の勉強が必要です。それでマニュアルには記載されているのではないでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。説明不足でした。プロカメラマンではなくてアマチュアカメラマンの話です。

  • 回答No.2
  • balding
  • ベストアンサー率50% (19/38)

1の答え カメラマンで飯が食えている人は構図に興味を持っていないのではなく、熟知して当たり前のことだから話題にしない。 むしろマニュアルに載っていない、見たこともないような刺激的な新しい構図やライティングに出会ったときには話題になると思います。 2の答え 最初の一歩ということもあるけれど、センスや発想、コミュニティ能力や表現力等と違って説明しやすいし、なんとなく専門的な雰囲気ばりばりなで、これから勉強しようというアマチュアカメラマンにはウケがイイのでとりあえず載せている。 カメラマンやデザイナー、いわゆるクリエイターという職は、色々な制約もありますが、その中で写真やデザインで「表現すること」が仕事なわけです。 基本を抑え、よく勉強しているのは当たり前。 歩けない人は走れません。 patorasheさんが何を望んでおられるのか解りませんので気を悪くしたらすみません。 ボクは「個性があって当たり前」だと思っているので「個性的だね」なんて言いません。 それと「基本を抑えているね」「よく勉強しているね」と言うとしたら・・・ それ以外に何もない人(趣味なら良いけど仕事には向いてない人)をがっかりさせないように何か言わなければいけないときでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。説明不足でした。プロのカメラマンの話ではなくて、アマチュアカメラマンについての話でした。

  • 回答No.1
noname#81629

1. 基本だからです。 2. 基本だからです。 世の中、基本だけでは回っていません。 ”応用”を覚えましょう、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり具体例を載せないとわかりにくかったようですね。 でも、さすがにアマチュアカメラマンのブログやサイトを載せるわけにはいかないので、撮影会のサイトを載せておきます。 マニュアルに書いてあることをもう少し詳しく観ていきましょう。 どのマニュアルにも書いてあるのが、「角だしや首切り、目切りをやめましょう。背景から順に構図を作っていきましょう」 それから、次のようにも書いてあります。「日の丸構図はやめましょう」 それでは下記サイトをご覧ください。 http://www.mittel-tokyo.jp/ 上から9番目の森由梨香については完全に角だしですね。32番目の佐藤瑛見子さんについても同様です。 1番目の白澤まゆかさん、10番目の百瀬ちえさん、11番目の五十子明恵さん、その他多数は完全な日の丸構図になっています。 またマニュアルには、「全身を撮影するときは下からあおるように撮影しましょう。上から全身を撮影すると頭でっかちで足が短い写真になります。逆に顔のアップを撮影するときは、目より少し上から撮影しましょう。下から顔のアップを撮影すると鼻の穴が目立ってしまいます」とも書かれています。 「フレームに足を乗っけていたり、フレームに体を預けてもいけません」とも書かれています。 それでは下記サイトをご覧ください。プロカメラマンの作品だそうです。 http://www.burnam.co.jp/s-cross/classicsakuhinrei.htm 上から5番目の左端の全身写真は明らかに目より上から下向きに撮影していますよね? 上から3番目左側の全身写真は、フレームの上に載っていますよね? 1番下、これは目切りの典型例ですよね? 昔、まだインターネットがなかった頃は、雑誌や写真集に掲載されたプロの写真くらいしか見ることがなかったのです安心して見れました。 しかし今のように素人がサイトやブログで写真をどんどん発表しているのを見ると、非常に不思議に思えてくるのです。 なんでマニュアルに書いてある構図通りに撮らないのだろう?(マニュアルに近づけようと努力しないのだろう?)

関連するQ&A

  • プロの写真家のカメラの設定

    プロの写真家のカメラの設定 映画、戦場カメラマンや、ロンドンでの暴動の映像を見ていて疑問が湧きました。 映画では戦場でシャッターを 切り続けるシーンがあったのですが、露出の設定を変えていなかったように思います。 スタジオで撮影したり、最初から構図からライティングから全て決めてから撮影できるような写真でなく、街角スナップや、もっと言えば戦場カメラマンや、テレビ番組や映画のスチールカメラマン、災害の報道カメラマンは、基本的にどのモードで、どのような設定にして写真を撮っているのでしょうか?

  • 元カノの真似をする女性の心理について教えてください

    私は一ヶ月程前に付き合っていた彼氏と別れました。原因は彼の浮気です。 五年程付き合っていましたが結局結果は捨てられたという形です。 彼は現在浮気相手だった女性とお付き合いをしています。 私は早くスッキリしたかったので別れたあと彼の連絡先等全て消して二人とは極力関わらないようにしていました。 ところが、最近友人から彼女が私の真似をしているという話を聞きました。 情けないですが気になってしまって一度、某SNSの彼女のアカウントを見てみたところ音楽の好みが私と全く同じになっていました。それまで彼女が私の好きなバンドを好きだという話を聞いたことがなかったので驚きました。 それから、私と彼女の唯一の共通点にカメラが趣味というものがあります。 私は撮影することも、ポートレートのモデルをすることもありその写真をSNSにあげていました。 すると、今までモデルなんて一度もやったことのない彼女がポートレートのモデルを始め、私と全く同じポージングで撮った写真をあげていました。 彼に捨てられたのは私の方なので私が彼女の真似をするのならまだわかるのですが、彼女が私の真似をするのは何故なのでしょうか。 私に勝ったのだから自分らしくいればいいのになと思ってしまいます。

  • 街中で写真を撮らしてと声をかけられたらどう思いますか?

     私は職業でカメラマンをしている傍ら、趣味で素人女性の作品(写真)を撮っています。しかし声かけも、このご時世では難しく怪しまれる事しきり・・・まあ考えてみれば当然なのかもしれません。 そこでもしあなたが知らない中年男性に、写真のモデルなどまったく興味がないのにモデルをしてもいいかと思うにはどのような条件が必要ですか ? ご自由にお答えください。 撮影者の条件としては、撮影した写真は未公開・当方の身分を提示・謝礼(現金)しています。 撮影内容はポートレートのみからヌードまで色々です。

  • ポートレート撮影のルールを教えてください

    私が始めて撮影会に参加したのは1984年5月でした。 そのころのポートレート撮影にはたくさんのルールがありました。 いくつか例を挙げると 1.表情がきつくなるので晴天では順光で撮影してはいけない 2.顔がゆがむので広角レンズでアップを撮影してはいけない 3.鼻の穴が大きく写るので顔のアップを下から撮影してはいけない 4.顔のアップをとるときは写真の上半分に顔を入れなくてはいけない 5.肘や手首など関節で体を切ってはいけない 6.フレームに乗るあるいはフレームにもたれかかるような構図は避けなくてはいけない 7.角だし・首切りにならないように背景処理をしなくてはいけない この程度のルールなら初心者レベルでも意識しながら撮影していたと思います(意識できていただけで実際にできていたかは別) だけど昔は当たり前だったルールが現在では守られていない気がします。 なにしろ、「目にキャッチが入るのでレフ板を当てたくない」というカメラマンまでいるくらいですから。 それでどなたか教えてください。 「ポートレート撮影について、現在ではどのようなルールがあるのですか?」

  • プロカメラマンの撮影ノウハウ・テクニック

    芸術写真や街の景観写真、風景写真などの、 いわゆる商業用写真を撮影しているプロのカメラマンさんは いったいどのようなことに気をつけて写真を撮っているのでしょうか? 構図、色調、撮影後の画像処理なども含めて教えてください。 お願いします。

  • カメラマン志望動機 添削お願いします

    こんにちは。今度雑誌のカメラマンの面接が決まったのですが、志望動機が上手くまとまりません。 添削、ご意見をお願いします。 [23歳、女、結婚式等のイベントカメラマン経験あり] [求人は経験不問/風俗誌] ●志望動機● ・写真は趣味である(特にポートレートが) ・現在現場での経験を積むためイベントカメラマンのアシスタント、及び撮影をしている。 ・人物を撮影することが好きなので志望した ・貴社の一員にさせていただいた暁には全力で仕事に取り組みたい。 また「ポートレート撮影が好きなので友人に被写体を頼んで勉強中」というのも入れたいと思っているのですが、長くてくど過ぎるでしょうか。 添削のほどお願いします!

  • モデルへの声かけについてアドバイスをお願いします。

    今まで写真は身内か風景しか撮影することしかなく、 モデルさんを使ったポートレート撮影をした事がありません。 前々から興味があったので 先日、個人の方が主宰している小規模な物を選んで参加してきました。 (モデル3名、カメラマン5名程度で洋館風のスタジオを借りての撮影会でした。) 初めてということもあり最初は後ろの方で遠慮していたのですが、 他のカメラマン達が気を使ってくれて割と長く撮影させていただけたのですが、 モデルさんに「どういうポーズがいいですか?」とか言われても 何も答えられず恥ずかしい思いをしました。 結局、モデルさんがある程度好きなように動いてくれて、 僕がそれを撮るという感じだったのですが、 出来る事なら次回までにある程度、 ポーズとかの指示を出せるようになりたいです。 そこで皆さんからアドバイスを頂きたいです。 自分はこういう風に撮っているとか、こういう部分に気を使ってるとか。 何でも構わないのでアドバイスをお願いします。

  • 一眼レフのポートレートと三脚について。

    いつもお世話になっています! 今回も一眼レフについてご相談させてください! 自分は現在高校生で将来 カメラを仕事にできたらと思っており専門学校もカメラの学校に入るつもりでいます! 今は専門に入った時に少しでも良い写真が撮れるように趣味程度ですが撮影しています! 最近 友達や家族と旅行に行った時に写真を撮っていて、これならコンパクトカメラでも撮れそう!っと思う写真が何枚もありました! もちろん画質等は満足いくものですが、あくまでそれはカメラの性能差で写真の中身としては変わらないような気がしました。 1  そこで、皆さんが「この人の写真は凄い」とか「この人の構図や技術は勉強になる」と思ったポートレートを中心に活動されているカメラマンさんを教えて頂きたいです! 出来れば、その人の写真のどんなところに引かれたのか・どんなところが凄いのかも書いて頂けると嬉しいです! 2  そんなカメラマンの方に少しでも近付けるようになりたいのですが、ポートレートの時の基本や注意点・コツ・光の使い方など詳しい方が居たら教えてください! 自分なりに試してみようと思います! 3  最後なのですが、自分は風景写真も良く撮るため三脚の購入を考えているのですが どのように決めていいか分りません なので、皆さんがお勧めできる三脚を教えていただきたいです!  カメラはCanonの7Dを使っていて望遠レンズ・外付けストロボを付けると1900gになるので、その重さをしっかり支えられるもの探してます! 大きさは気にしないのですが、まだ高校生なので 出来れば1万円以下か1万円に近い値段のものだと助かります! 分りにくい質問なのですが解答を頂けると嬉しいです! よろしくお願いします!

  • マニュアルを無視して、我が道を行くという心理を心理学的に分析して下し

    野球をやったことがない人、或いは何年も野球をやっていない人にキャッチボールをさせると、ボールをわしづかみにして投げます。水泳をしたことがない人は手のひらを開いたまま泳いだりします。これでは上手く投げれないし、上手く泳げません。 そのような人でも時間が経過して経験を積むようになるとマニュアル通り、或いはマニュアルに近い動作が出来るようになります。 プロではなくて、趣味でスポーツをやっているアマチュアでも、どんどんマニュアルに近い動作にかわっていきます。町内会の野球チームに所属しているアマチュアが何気なく野球理論を語り、試合前の食事は…、ベースを蹴る時は右足で…などと言ったり、ジムでウエイトトレーニングを趣味でやっている人が、筋肉は休憩時間に育つからインターバルを1分以上とってなどと普通に喋り実行しています。エアロビクス初めての人でも経験を積むことにより周りの人と同じ動きが出来るようになります。1ヶ月に1度しかゴルフ場に行かないにもかかわらずアマチュアゴルファーでもマニュアルやプロのビデオを観て勉強して真似しようとします。 僕自身も趣味でスポーツを始めるときは、マニュアルを読んだり、インストラクターの指示に従っています。そのため動きや考え方がどんどんマニュアルに近づいてきます。 僕はこれが当たり前だと思っていました。 ところが僕の別の趣味「ポートレート撮影」では全く違うのです。 旅行などでたまにしか写真を撮らない人が何にも考えずシャッターを押して、日の丸構図や角だし(被写体の頭から木や柱が生えている)を撮ってしまうのは十分に判ります。 ところが趣味で何年もポートレート撮影をしている人が初心者とまったく同じ写真を撮ってしまう。 野球や水泳のマニュアル本と同じようにポートレートのマニュアルが発売されているのにも関わらず、マニュアルに近づけようとしない。 マニュアルには「日の丸構図はいけない」「首切りや角だしを避けて背景から順番に構図を作って」と書いてあるのに、何年も趣味で撮影している人がマニュアルでいけないと書いてある撮影を普通に行ってしまう。 これはスポーツでは考えにくいことです。 そしてそのことを指摘すると、「楽しければ良いんだ」「趣味だから百人百通りのやり方でいいんだ」「マニュアル通りの写真を作ることが良い撮影じゃない」「誰にも迷惑を掛けていないだろ」と怒られたりします。 これが私にはよくわかりません。 僕なら、趣味だろうが遊びだろうが、やっぱり上手くなりたいし、他人から褒められたいと思います。 体育会系は理屈で物事を考えるし団体行動が得意 文化系は感性で物事を考えるし団体行動が苦手の一言で片付けてしまうのでは芸がないので、心理学の立場から教えてください。 心理学には色々な理論や学説がありますよね? たくさんのマニュアルが存在するのに無視して、我が道を行くという心理を心理学の立場から分析して欲しいのです。

  • 撮影場所はどうやって探しているのでしょうか?

    昔から写真に興味があり、一歩踏み出して写真を始めようと思います。 全くの初心者ですがポートレートをやってみようと思っています。 ですが撮影場所に困っています。 綺麗な風景で、やっぱりモデル(友人ですが…)が緊張や恥ずかしがったりしない様に人通りが少ない場所を探しています。 普段ポートレートを撮っている方はどうやって探しているのでしょうか? 自分で歩いたり等して探しているのでしょうか? 何か良い探し方等ありましたらお願いします。