• ベストアンサー
  • 困ってます

プロの写真家のカメラの設定

プロの写真家のカメラの設定 映画、戦場カメラマンや、ロンドンでの暴動の映像を見ていて疑問が湧きました。 映画では戦場でシャッターを 切り続けるシーンがあったのですが、露出の設定を変えていなかったように思います。 スタジオで撮影したり、最初から構図からライティングから全て決めてから撮影できるような写真でなく、街角スナップや、もっと言えば戦場カメラマンや、テレビ番組や映画のスチールカメラマン、災害の報道カメラマンは、基本的にどのモードで、どのような設定にして写真を撮っているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1447
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • bardfish
  • ベストアンサー率28% (4538/15989)

フルマニュアル一眼でも経験豊富なら目で見た状況から露出を決めることができます。 昔のマニュアル一眼レフカメラだとシャッター速度や絞りを決める操作部分はピントリングとほぼ同じ所にあったりするので、露出設定を変更している風に見えなかったりします。とくに、今のフルオート一眼レフしか知らない人にとっては・・・ 露出補正機能なんて無いカメラでしたからね・・・ 現場の一瞬が勝負のカメラマンは現場に出る前にカメラについての基本性能を体に覚えさせていたりします。 ある報道カメラマンは、備品であるデジタル一眼レフが更新された時(新機種に入れ替え)、設定を色々変えて1万回以上シャッターを切って設定を決めるそうです。 当然、安い入門機だとテストだけでシャッターユニットの寿命を迎える勢い(笑) そういう感じで、道具を自分の体の一部として使えるよう努力している結果です。 だから、プロカメラマンがどういう設定を使用しているか聞いたとしても真似できるようなもんでもありません。 ある意味職人技ですからね。職人技には理論が通じないケースもありますから・・・ それと、映画やテレビ番組では事前準備に類するところはほぼ全てカットします。そういう目的のドキュメンタリーならその限りではありません。 ついでに、フィルムなら現像とプリントの時にある程度露出をいじることもできます。現像の時の薬液に浸す時間で増感したり、プリント時に覆い焼きなどのテクニックで今で言うHDRに似たようなことも可能。 カメラの撮影モードとか設定が全てではないということです。 撮影から最終出力までの一連の作業まで考えるのが「プロ」なのかもしれません。 そこまで考えることが出来れば「初心者」から卒業できるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 カメラのテストで1万回ですか!! すごいですね。 確かに渡辺陽一を見ていても、他のカメラマンを見ていても、体の一部のように操っていますよね。 心構えのようなものがわかった点で、ベストアンサーに選ばせて頂きました。

関連するQ&A

  • デジタル一眼レフ初心者です。プロの写真家は

    1. プロの写真家は、シャッタースピードと絞り値を両方マニュアルで設定するものなのでしょうか?私は両方オートで撮影し、たまに絞り優先で撮影するくらいが精一杯ですが、プロともなると両方自分で決めるのが当たり前なのでしょうか?もちろん状況によると思いますが、連写で撮るスポーツ写真や、一瞬の表情を逃さない人物写真など、スピード感を求められるものではないものと仮定した場合です。 2. プロの写真家ともなると、ファインダーを覗けばどれくらいのシャッタースピードと絞り値でシャッターを切ればよいかが分かり、1回のシャッターである程度きれいな写真が取れるものなのでしょうか?(シャッタースピードと絞り値をきめうちして1枚だけ撮影してもある程度キレイに撮影できる) 3. 私は初心者で独学中なのですが、練習のために以下の様なことをしています。 ●ファインダーを覗いて、どんなシャッタースピードと絞り値で撮影すればよいか自分で考える。 ●つぎにそれで撮影してみて、思ったような光で撮れているかをチェック。 ●まず撮れいないので、それをもとにどのくらいに設定すればよいかを微調整して考えなおし、シャッターを押す。これを繰り返す。 周りに聞ける人がいないので、勝手に自分でこんな感じで試しているのですが、こんな練習法はどうでしょうか? 素人まるだしで何もわかっていないのでとんちんかんな質問だとは思いますが、写真に詳しい人やプロの方、何卒よろしくお願いいたします。

  • 写真を納品してくれない写真家 誰がおかしい?

    なるべくわかりやくす書きたいのですが、乱筆ごめんなさい。 写真家に写真撮影を依頼したのですが、納得した納品とは言えず困っています。 弊社から写真家に依頼した内容としては、観光地PR用の素材として写真を撮影してほしいというものです。 特定の用途限定ではなく、パンフレットにもwebサイトにもいろいろと使いたいのです。 撮影した写真を全て買い取りたい、という言い方でも同意です。 著作権に関しては今回の件があって少し勉強したのみですが、撮影していただいた写真家の創作した権利を否定するつもりはありません。ここで言う権利というのは著作権の中でも使用する権利についてです。 以下、経緯を説明します。 とある場所(海外)に取材に行きました。 目先の目的はパンフレット製作ですが、その後はwebサイトやその他宣伝材料にもする、総合的な取材です。 メンバーは弊社側のスタッフと、カメラマンと、ライターです。 なお、弊社側スタッフはこの手のクリエイティブ関連の経験がほとんど無く、 写真に関しては写真家を連れて行けば大丈夫、という認識しかありませんでした。 同行メンバーに編集者やディレクターという肩書きの人はいません。 行程は約10日間です。費用は全て依頼人である弊社持ち。 残念ながら、距離や時間も考えて、もう一回行ける場所ではありません。 なお、後悔はしておりますが、事前に綿密な契約書というのものは作っておりませんでした。 現地の観光スポット等を巡って、おそらく数千枚は撮影をしてもらいました。 (後に出してもらった写真のデータ番号を見ると、5000枚はシャッターを切っているようです) 帰国後、同行したライターや、パンフレットの製作をしてくれるデザイナー(現地には行っていない)も交えて打ち合せを行いました。 第一段階としては写真の補正などは行わなくてよいので、とりあえず全ての写真を見せてほしいという話になりました。デザイナーの言葉を借りれば「打ち合せとセレクションが目的なのでサムネールで良いので全部見せてほしい」です。 後日、写真家からDVDが届きました。 DVDに収まっていたデータの一覧表(コンタクトシート?)はデザイナーが作って出力してくれました。 一覧表の写真は800枚くらいです。 各写真のデータは(デザイナー曰く)だいたいA6サイズくらいで補正とトリミングなどがされていました。 枚数からも一目瞭然ですがとにかく全ての写真ではありません。 困ったことに「この木の写真」だとか「この建物なんだけどトリミングしていない、引いた状態の写真」など、撮ってもらったはずのカットがいくつも抜けています。 そこで写真家に全部見せて欲しいと再度リクエストしたのですが 「全部渡すなんて写真家の世界ではありえない」また「これ以外のカットは何日目のどの場所で何を撮影したカットなのか指定されれば出す」ということを言われます。 こちらとしてはその指示を出す為に小さくても良いので全部を出していただき、必要なものだけを補正なり修正なりして納品してもらうつもりだったのです。 「クライアントなんだから、どこでどのカットを撮ったか把握していないほうがおかしい、その指示を出せないならクライアント失格」という言い方もされます。 また「写真の権利は写真家側にあるので、どのページでどのような使い方をされるのか、気に入らない使い方なら提供しない」ということまで言い出しています。 皆様のお知恵を拝借したいのは、整理したいのです。誰のどこがおかしいのでしょうか。 ●弊社として事前に綿密な契約書を作っていなかった。←これは絶対的な反省点ですが、以下に関してはそれぞれどうなのでしょうか。 【1】撮った写真全て(試し撮りやあきらかな失敗写真は除外)を買い取る、納品してもらう、というのは無理な話なのか? 【2】全部納品が現実的で無いとしても、セレクション目的で全部を一度見せてくれ、というのは、写真家に求めてはいけないのか?(写真家に依頼するためのマナー的な意味も含め) 【3】現地同行取材の際、依頼人が全ての撮影カットを把握、メモなどしておくべきだったのか? 【4】写真は写真家が権利を持っていて、どのように使うのか写真家の求めるように使わないといけないのか?(そうするとデザイナーの存在意義が薄くなる気もしますが…) 【5】デザイナーは全部の写真を見せてくれと求めるのがおかしくて、提供された写真のみで製作するべきなのか? 【6】結局、撮ってもらったはずなのに「何日目のどこの写真」という記憶があやふやな写真が納品されていないのですが、このような状態でも写真家との商業的な取引は成立と言えるのか。(実際は出発前に前払いで払ってしまっていますので、返金など求められるのか) 「法律的なルール」と「写真家業界内のルール」、そのあたりも踏まえてご意見いただければと思います。 プロの写真家の方からもご回答いただけると非常に嬉しいです。 どうぞよろしくお願いします。

  • 映画製作におけるスチール写真について

    映画の撮影現場での、スチール写真の撮影に関してですが、外部から専門の方を雇って撮っているものですか? また、それは派閥があって、フリーのカメラマンだからといって、誰でもその仕事が取れるワケではないのでしょうか? それとも、映画製作のスタッフの中に、スチールの得意な人が居れば、それで事足りるものでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • hokyu
  • ベストアンサー率24% (257/1030)

>やはりある程度勘でマニュアル設定できるようになるべきなのでしょうか? ん~、別に~。 とりあえず露光補正の概念だけ理解出来てればコト足りるんじゃね? >そうなるためにはどうしたらよいのでしょうか? 強いてなるべき必要も無いケド、己の趣味としてマスターしたいなら基準露光時間を頭に叩き込んであとはひたすら実践あるのみ。 それ以外の都合の良い方法があったらむしろ俺が教えて欲しいぞ(笑) 参考までに基準露光時間の例↓ http://www.cmehappy.jp/articles/exposure.html ま、基本的には誰でも出来るぜ?その気さえあればね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 多分私が言いたかったのが基準露光時間でした。 勉強します!!

  • 回答No.6
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7913/21107)

>私は写真を始めてから1年4ヶ月ほどたつのですが、未だに大体の露出の感覚がわかりません。 ですから「プロ」カメラマンだったんですよ。大昔は本当に「職人」でしたからね。昔のCanonの傑作CM、「YOU天才ね、クニへおかえりになったら」っていうような徒弟制度的な雰囲気は、結構最近まで残っていたんですよ。 >やはりある程度勘でマニュアル設定できるようになるべきなのでしょうか? とりあえず、私のように40年くらいやっていると、プロじゃなくても大体の露出は分かるようになりますよ。1/3絞り周囲が暗くなったりすれば、何となくわかりますし。もっとも先輩の中には「露出計より正確な露出が分かる人」が居たりしますからね。念のため空シャッターを切ってヒストグラムをチェックしている私なんぞマダマダです。 >フィルムカメラは露出計に頼り、デジイチは絞りかSS優先でやってます。 別にそれでいいんじゃないですか? 問題は「測光範囲を考えて如何に露出補正をするか」ですから。自分のカメラの癖をチェックして、こういう構図でこういう撮り方をする場合、自動露出から何段補正ってのが分かっていれば、露出計を使った手動撮影とまったく同じことができてるわけですものね。 >そうなるためにはどうしたらよいのでしょうか? そのためにも写真を撮ることですが、この露出でやった時にこういう状況だったという、撮影後の確認作業の方がずっと大切です。そういうデータの積み重ねが、露出を読む訓練になりますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!! なるほど。他のカメラと使い比べたことがあまりないので、クセを意識したことがないのですが、これからはこの写真はよく撮れた(撮れなかった)、だけでなく、数値で見てわかるように意識します

  • 回答No.5
  • demio
  • ベストアンサー率13% (199/1472)

ネガカラーフィルムであれば相当いいかげんでもある程度は綺麗に写りますよ 400を100のままの設定で撮っても変わりなく写りますからね すべてマニュアルのカメラでも一度設定しておけば同じ場面ならそう換えるひつようもないだろうし、ピントも絞り目盛りでどのていどピントが合うか目盛りがあるので、手動ピントでも微調整だけですみます プロがネガカラーを使っているかどうかは解りませんが、フィルムの紙箱にかいてある目安の設定で写ります 逆に言うと3分の一補正とかはまったく意味がありません、私は逆光補正とかは2段補正してましたね、ネガカラーでサービスサイズだと紙焼きで自動で補正してしまうので少しぐらいの補正だと元にもどしているような感じです 絞り優先でもSS優先でも絞りとシャッター速度は何になるかは確認しますし、意図に合わないとおもったら撮影の前に設定と変えるでしょう  デジタルカメラはフィルムカメラよりも簡単だと思っている人が多いようですが、ネガカラーフィルムのほうが失敗は少ないです、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!! 400と100で現像や印刷次第でそんなにも同じように写せるんですね。 知りませんでした。 確かに、補正して撮ったハズの写真が印刷からあがってくると普通になってたりしたこともありました。

  • 回答No.3
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7913/21107)

とりあえず、東京オリンピック以前のプロカメだ、という前提でお話しすると・・・ですね。 その時期のカメラには、AFや自動露出はおろか、露出計も内蔵されていませんでした。ファインダー内に表示されるのは映る範囲だけで、レンジファインダーだとそれもあまり正確ではない、というのが普通でした。 ですので、カメラマンは 1.露出計で露出を測定して 2.距離計や目測でだいたいの距離を決め 3.シャッター速度・絞り・距離を決めておいて 4.想定した撮影位置まで移動して 5.念のためファインダーを覗いて中心をチェック 6.シャッター切る という動きをしていました。要は「撮影位置に行くまでに、露出などの設定は"想定した撮影位置ですべて適正になるうように"すべて事前に設定しておく」んです。実際、当時報道写真家が多く使っていた「スピードグラフィック」というカメラは、そういう使い方を想定していたカメラだったんですけどね。 http://www.cosmonet.org/camera/spgr.htm まあ、今のカメラは露出やピントが自動で決まるので、報道カメラマンは結構カメラまかせだったりするらしいんですけどね。昔はそうだった、ということで。当然、最近のAF/AE全盛になるまでのプロカメは、そういう先輩の「雰囲気」を引きずっていた面はありますから・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 カメラマンてすごいんですね。 私は写真を始めてから1年4ヶ月ほどたつのですが、未だに大体の露出の感覚がわかりません。 フィルムカメラは露出計に頼り、デジイチは絞りかSS優先でやってます。 やはりある程度勘でマニュアル設定できるようになるべきなのでしょうか? そうなるためにはどうしたらよいのでしょうか?

  • 回答No.2
noname#211632

一応プロのはしくれです。 撮影対象と状況により設定は替えます。 とにかく、写る事が重要な場面ではプログラムAEを使う事もあります。 ただし、フルオートや中級機以下に搭載されているような絵文字モードは使いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 やはりいずれにせよフルマニュアルかAvかTvかPでやってらっしゃるってことですね。

  • 回答No.1
noname#140574

>映画では戦場でシャッターを切り続けるシーンがあったのですが、露出の設定を変えていなかったように思います。 どの時代の設定の映画か分かりませんが、自動露出のない時代のカメラでも、ネガフィルムであればラチチュードが広いため、一度露出を決めてしまえば、シャッターを切り続けるような同じような状況のシーンでいちいち1枚1枚露出を確認などしません。 写ルンですが代表例ですよね。絞りもシャッタースピードも固定ですが、屋外であればきちんと写真になります。 それに映画なんてのは実際と違う作り物の世界ですから、そういう細かい部分は省いたりもします。 自動露出のカメラも、絞り優先やプログラムオートにしておけばいいですし、外部要因に引っ張られず安定した露出を得るためにマニュアル設定のまま撮り続けるケースもあります。 私は素人ですが、そういう状況では絞り優先かマニュアルです。 撮影状況とそのカメラマンの撮影スタイルでも変わってきますので、プロだからこういう設定だ、なんてのはありません。 結果がすべての世界ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 1988年の設定でした。ある程度オートになってる頃なんですかね?私はフィルムカメラは絞り優先とかSS優先の頃のカメラしか持っていないので、90年代のがわかりません。 ありがとうございました。参考になりました

関連するQ&A

  • プロの撮るスナップ写真は一枚いくら???

    結婚式の、スナップの写真(ちゃんとしたスタジオでの撮影!とかではなく、進行中にとっておいてもらうもの)なんですが、プロのカメラマンさんが撮ったものは一枚いくらぐらいなのでしょうか? 焼いた写真ではなく、データでもらうのですが、妥当な金額が知りたいです。 買う側の一般のひとの意見、 カメラマンさんの意見、 どっちも聞きたいです! よろしくお願いします。

  • 写真代はどのくらいかけましたか?

    3月の挙式に向け、準備中です。 スナップ写真をどうするか、検討中です。 式を挙げる写真館でスナップ100枚と、その中から20枚を使ったアルバムをお願いして\73500です。 カット数を増やせないのと、希望の場所、アングルでの撮影ができないとのことで、持ち込み料を払って別のカメラマンさんにもお願いしようと思っています。(約150カット撮影) 持込のカメラマンさんはチャペルの席からしか撮影できませんが、希望のカットや(別料金)メイク時からも撮ってもらえます。 挙式のみで披露宴をしないのですが、写真は撮りすぎでしょうか? 100カットといっても同じ写真が何枚も出てくると思うので、もう少し違うカットも欲しいかなあ、と思います。 挙式しかしない分、写真だけはたくさん撮っておきたいのと、あとでデータにしてミニアルバムを作って両親にプレゼントしたりしたいなあと思っています。 みなさんはスナップにどのくらい予算を使われましたか? また、持込を入れても写真そんなに変わらないよー、とか無駄だよーとかありましたら教えてください☆

  • 自動で撮影できるカメラ?

    撮影した写真はいつもカメラ目線です。カメラマンがとくにいなくても、三脚に置いておけば自動的に数秒おきにシャッターがおりるようなカメラってありますか? お値段はどれくらいでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 写真の色味と透明感について

    地方のナイトタウン雑誌でキャバ嬢やホストの広告用写真(人物を切り抜いて使うもの)やグラビアを撮影しているのですが、姉妹雑誌で撮られている先輩カメラマンの方の写真の方が「青みがあり透明感があってキレイ」だと言われます。 僕の写真は、赤みや黄色みが少しあると言われます・・・。 ライティングやカメラの設定を変えてみたり、RAWデータでいじってみたり色々試してみたのですが、 どうも青く透明感のある感じが出せなくて悩んでいます。 僕と先輩カメラマンの方の機材をカメラの設定の違いなどをまとめてみます。 ■カメラ 僕 Canon 40D+シグマの標準ズームレンズ 先輩カメラマン Nikon D300+純正標準ズームレンズ ■カメラの設定 僕 シャッタースピード 1/125、ISO感度 100、絞り 8~9 先輩カメラマン シャッタースピード 1/60、ISO感度 200、絞り 7.1~9 ■ライティング機材 僕 プロペットのモノブロックストロボ300fを2台にソフトライトボックス 先輩カメラマン コメットのツインクル300w2台にソフトライトボックス (ソフトライトボックスは同じメーカーの物です) ■ライティング方法 クラムシェルライティング(被写体までの距離は1mもありません) ■調光 僕 メイン1/4、フィルイン1/8 露出計でF11ちょい 先輩カメラマン メイン1/16、フィルイン1/32 露出計でF13くらい 単純にカメラなどの撮影機材の違いによるものなのでしょうか? どなたかご教授下さい。よろしくお願いします。

  • プロカメラマンの撮影ノウハウ・テクニック

    芸術写真や街の景観写真、風景写真などの、 いわゆる商業用写真を撮影しているプロのカメラマンさんは いったいどのようなことに気をつけて写真を撮っているのでしょうか? 構図、色調、撮影後の画像処理なども含めて教えてください。 お願いします。

  • 渡辺陽一さんの写真について

    「戦場カメラマン」で、TV等に引っ張りだこの方ですね。 この人の撮影された戦場での写真を探してみましたが、後方と思われる写真しか見当たりません。 後方とはいえ、命が危険にさらされる危険度が高いのは承知していますが。 (ミーハーですが) ロバート・キャパ氏 沢田教一氏 一ノ瀬泰造氏 等の様な 緊張感の有る前線での写真と言う物は、クライアント(通信社等)との関係で公開されていないだけなのでしょうか? 見られるサイト等が有れば、どなたか教えて下さい。

  • 本当の戦場カメラマンは誰?

    戦場映画「ワンスアンドフォーエヴァー」に出てくる戦場カメラマンは実在する方のようです。その映画の終わりの方で激戦地の取材陣が激戦の後にたくさんヘリで大群で来ていました。この映画に出てくる従軍カメラマンは激戦に兵士と一緒に参加しているようでした。 激戦が終わってから安全になって取材する人も従軍カメラマンの中に入るのでしょうか?また、日本の本当の意味での従軍カメラマンは誰でしょうか?

  • ウェスティンホテル 五十嵐写真館

    こんにちは。 ウェスティンホテルの五十嵐写真館でアルパム作られたかたがいたら感想教えてください。スナップは全部でどれくらい撮ってもらえるのか、写真集の仕上がり、当日の流れ、カメラマンの対応などお教えください。外注も考えていますがもしホテルの写真館で問題ないならそのほうがいいかなと思っています。また、DVD撮影もされた方がいたら教えてください。よろしくお願いします。

  • プロカメラマンと心霊写真。

    暇つぶしに読んでください。 ネイチャーやポートレイト等を撮っているプロカメラマンが 偶然撮影した「心霊写真」というのを ご存知の方いらっしゃいますか? といいますのも、ソノ手の番組に投稿されるのは一般人の撮影したものばかり。 一回の仕事で(まあ、個人差はあると思いますが)フィルムを何十本と 消費するプロカメラマンの「あっと驚く作品」が無いのはおかしい、 と思うのです。 露出も構図もばっちり、光と影の美しい納屋をバックに 綺麗な足のお姉さん、でもその肩にかかった黒髪の間から そこにはいないはずの誰かの顔が・・・なんてのがあったら・・・ ・・しかもプロの作品で・・ 信じる信じないは別として、被写体の細かいディテールまで きちんと描写できる機材ではっきりと撮ったおばけを 見てみたいと思うだけなんですが・・何でないんだろう? 霊はぼやけている、というのはどこからきた常識なんでしょうか? と言いつつちょっと背筋がひやりとしてきたdagakki1ですが・・ 情報の他に、皆さんのご意見も頂けたら嬉しいです。

  • カメラマンを主人公にした小説

    カメラマンを主人公にした小説というのがあれば読んでみたいなあと思っています。カメラマン(写真家)の方が書いたエッセイやノンフィクションはよくありますが、そうではなくて、あくまで主人公がカメラマン(写真家)という設定のフィクションとしての小説です。思い当たるものがないので、もしご存知の方がいましたら教えて下さい。