• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

高出産費用と低所得者

アメリカでは出産費用が高いのに、低所得者の出生率が高いと聞き、不思議に思いました。 低所得者は出産費用が割安になったりすることがあるのでしょうか??(アメリカ人の場合です)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1364
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

出産の際には総合病院に入院しますが、病院側に財政補助を申請することができ、収入によって25%,50%,75%,100%というように補助が出ます。低所得の家庭の子供にはMedicaidというのがあり、それで出産にかかった子供の費用や出産後の病院・医院での診察もMedicaidが使われて、無料の診察になります。 かくいう私も今は保険がありますが、最初の出産時に主人が大学院にいて低収入とみなされたので、上記の援助を受けました。産前、産後の診療は婦人科のクリニックでありますが、それも低所得者用のクリニックがありました。当時だけかどうかわかりませんが、私がまだアメリカに5年いなかったので、私自身のMedicaidの申請ができなかった記憶があります。 WICプログラムも他の方が書いておられましたが、WICプログラムは低所得の産前産後の女性、乳幼児、子供を対象とした特別栄養補助プログラムで、私が行っていたクリニックに、WICプログラムのスタッフが決まった曜日に来ていたのですが、予約を取って、食べ物のリストが載っている印刷してある紙を何枚かもらっていました。市内の決まったスーパーでその紙に書いてある指定の銘柄の食品がもらえるのですが、主に、牛乳、卵、チーズ、コーンフレーク(シリアル)、ピーナッツバター、冷凍100%ジュースで、産後はツナ缶や乾燥豆、ニンジンなどがあったり、乳児には補助として、粉ミルクもあります。 1ヶ月に30ドル分ぐらいの食品の支給がありました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#231624
noname#231624

医療保険に加入していると安いですよ。 妊娠、出産も対象です。 保険にもよりますが、私の場合、産科医に行くたびに co-payment を $10.00、出産費用としては、一入院につき co-payment $300.00 でした。 この "一入院" には手術も含まれるので、万が一、帝王切開になっても余分に支払いを求められることはないです。 なので、合計、$400.00 ちょっと (5 万円くらい?) でした。 低所得者用 (?) の医療保険もあるし、"妊娠、出産" の予定のある人は、妊娠する前に加入していると思います。 妊娠後に加入した場合、出産費用がカバーされないことが多いので。。。 > 低所得者は出産費用が割安になったりすることがあるのでしょうか?? これは聞いたことがないので分からないですが、育児には "WIC プログラム" というのがあり、低所得者は月にいくらか貰えるようですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • mamigori
  • ベストアンサー率44% (1140/2586)

アメリカ人に限らず、正式なビザを持って居住している人であれば、 申請すれば、メディケアが受けられます。 私が住んでいる地域では、キッズプログラムと言われ、 収入の証明書等を提出して、許可が下りれば、健診も分娩も入院費も無料、 子どもの医療費も無料になるそうです。 近所には、全米で5本の指に入るMBAがあり、多くの日本人が在籍しています。 この方達、日本からの企業派遣で、大きな立派な家に住み、外食・娯楽し放題の、羨ましい生活をしていますが、 「学生」だし、アメリカでの収入がないため、皆さん申請され、無料で出産されていきます。 ちょっとどうかと思いますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「低所得者I」の判定基準「80万円以下の年金収入」とは?

    いくつかの自治体のHPサイトには 「低所得者I」とは世帯主および世帯員全員が住民税非課税で、 その世帯の総所得の合計が、その世帯の各所得が必要経費・控除 (年金の所得は控除額を80万円)を差し引いたときに0円となる方 ※遺族年金・障害年金等を除く...とあります。 (以下、わかりやすくする為に「後期高齢者で単身世帯」の条件で質問です) Q1:80万円以下の年金収入のみの人が「低所得者I」に該当しますか? Q:2それとも「所得税」を算出する120万円の控除後、80万円以下の   年金所得(収入ではない)がある人が該当しますか?   この場合は、非課税世帯になりませんよね? Q3:Q1が正解なら、81万円以上の人は「低所得者II」となるのですか?   また、いくらの年金収入まで「低所得者II」に該当するのですか? 下記ブログを見つけましたが・・・ http://sakiyuki.blog.ocn.ne.jp/papamitu/2008/06/22_0110.html :「80万円以下の年金収入」という表現は誤解であり、 :正確には「所得ゼロ」という意味である。 Q4:これが正しければ、120万円の年金収入以下の人が  「低所得者I」に該当するのではないでしょうか?  

  • アメリカでの低所得者向けサービス

    アメリカ在住で研究者(ポスドク)として働いています。 妻、娘(7歳)、息子と4人で住んでいます。 今のところ1年半ほど滞在しており、さらに2年間は滞在予定です。 最近息子が生まれ4人家族となったことで、どうもうちの家族は「低所得者」となったようです。 「低所得者」層に入ってしまったことは微妙な感じですが、貯金を取り崩して生活しているのは事実です。 アメリカではいろいろと「低所得者向けのサービス」があるようなので、利用しようかと考えています。 今のところ、WIC、スクールランチの割引といったサービスに申し込もうと考えています。 それ以外に何か低所得者向けサービスがありましたら、教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 高額療養費の”低所得者”について(該当しないのかな?)

    もしかしたら主人が、手術&入院をする可能性が出てきました。 その際の費用は主人の実家が貸してくれるので心配はないのですが、 高額療養費という制度があることを知り、只今情報収集中です。 高額療養費について大体のことは分かりましたが、 所得に応じて高額療養費として認められる条件が変わってきますよね? そこで質問なんですが”低所得者”とはどういったふうに判断されるのでしょう? 判断基準が知りたいです。 主人は現在無職。 昨年の平成14年は1月~4月&9月の計5ヶ月ほどしか定職に就いていません。 平成14年5月に1度だけ「市民税・府民税の特別徴収税額の通知書」という物が 送られてきました。(6月分¥3500、7月以降¥0) 今年の確定申告の際に平成14年総所得¥1.256.609と書きました。

  • アメリカの出産率が高いのは何故か?

    先進国で唯一、出産率が2人以上なのはアメリカだけなようですが、何故アメリカは出産率が高いのでしょうか?またアメリカのキャリアを積んでる女性の出生率はどうなのでしょうか? 実際、夫のビジネス相手であるアメリカ人の家庭は子供が8人とか5人とかいる家庭も聞いています。また日本では子沢山というとヤンキー(ちょっと言葉が悪いですが)とか特に子供好きなイメージが私にはあり、知的な家庭は子供の人数が少ない(1人か2人、多くても3人)イメージです。特に母親がキャリアをもってバリバリ働いてると、子供を産むタイミングを損なうイメージです。 でも、夫のビジネス相手はヤンキーではもちろんなくホワイトカラーのビジネスマン家庭なのに多産です。アメリカは自己責任社会、日本より自分達の老後は自分でなんとかしなきゃならないのに何故もこんなに出生率が高いのか・・・。私としてはとても不思議です。 夫はアメリカの宗教によっては避妊をしては駄目なところがあるから、そういう多産な家庭があるんだろうと言ってました。実際のところはどうなのでしょうか? 人口の増加は国力に影響する大事な数字だと私は思ってます。何故、先進国で唯一アメリカだけが出生率が増えているのか?どうかわかる方がいたらお教えください。

  • アベノミクスで好景気なのに、なぜ低所得者がより低所

    アベノミクス効果で好景気なのに低所得者の所得が更に減って更に貧しい生活になっているのはなぜですか?先日もその影響から生活保護者への給付を1割もカットしたそうです。 アベノミクス効果で好景気なのに低所得者がより低所得になっていっているのはなぜですか?

  • 低所得者が住んでると思えません。

    低所得者が住んでると思えません。 我が家は中規模都市に住んでますが、周りが低所得者だと思えません。 最近の賃貸アパートや住宅はどこもみすぼらしいところはありません。 そこで思ったのですが、低所得者の方でも住むところの家賃はなるべく値切らないのでしょうか? 自分の子供の頃は、結構古ぼけたアパートなどに若い家族が住んでいましたが、今は見かけません。 あと、貯蓄ゼロ世帯が3割とは借金を抱えているということですか?収入があっても借金返済ばかりに気をとられ貯蓄できないという事ですか?

  • アメリカの低所得者向け医療制度について

    アメリカの低所得者向け医療制度(メディケイド)についてわからないことがあります。メディケイドは、一定の条件を満たせば、医療費を公費で負担してくれる制度ということです。 一方で、中間所得層の中には毎月の医療保険料が支払えなくて、大病を煩った際に無保険なので実費で払うことで破産する人もいると聞いたことがあります。仕事をしてある一定程度の所得を得ているにもかかわらず、破産することがあるのです。 そう考えると、アメリカではわざと低所得になった方が医療も受けれていいような気がするのですが、どうなんでしょうか? ちゃんと仕事をしていても、高い保険料を払えないなら、低所得になった方が得なことがあるというのは不条理な感じもしますが。 どなたか教えて頂けますでしょうか?

  • 高額医療、低所得者の定義

    先月、3日間入院し、医療費を5万円弱支払いました。 高額医療費制度があると知り、調べてみましたが 低所得者(市区町村民税の非課税者等)の1ヶ月の自己負担限度額は 35,400円とのことですが、 この「低所得者」の定義がいまいちよくわかりません。 私は入院をしていたときは、月収が数万円ほどしかなかったのですが、 この「低所得者(市区町村民税の非課税者等)」ということは、 現時点で在住の市区町村からの住民税の請求が来ている場合は 当てはまらないのでしょうか。

  • 【至急】低所得者の保険金

    友達の友達からの相談でよく話がわからなかった部分があるので質問です。 紙に書いてあった内容は以下になります。 祖母は低所得者で老人ホームに入ってます。 低所得者だから安くはいってる。 事故で息子が死んだので任意保険と自賠責保険どっちを選ぶか保険屋に いわれ、任意保険が高いからそっちでいいと言われた。 今年、自賠責保険からその人の口座に入金される。 その収入が所得になり低所得者じゃなくなるのではないか? そうすると老人ホームにいられないどうしよう。 という質問でした。 いくつか矛盾はあるのですが その亡くなった男性はホームレスだったそうです。 ということは相手の保険からってことですよね。 私も素人なので正確なことがわかるまで、まだ回答はしていません。 もう少し情報を要求するべきと思いますが、詳しい方ご回答お願いします。 私は所得にならないので低所得者のままだと思っております。

  • 国民健康保険で低所得者扱いになるには?

    市役所に手続きにいってきたんですが、いろいろ質問です。 市役所で、所得が96万何千円以下の人は、低所得者扱いになる、などの話を聞いたんですが、この場合は年金や保険、医療費などの控除を受けられますか? たとえば110万円稼いでいたとしても、年金などのインフラで20万円使って、実質90万円の所得だったら低所得者扱いになりますかね?