• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

東條英機の手記について

東條英機元首相は、ポツダム宣言受諾の御聖断(8月9日)が下った後に、以下のような手記を書き残しています。 *****以下引用***** ▽8月13日 戦いは常に最後の一瞬において決定するの常則は不変なるにかかわらず、その最後の一瞬においてなお帝国として持てる力を十二分に発揮することをなさず敵の宣伝政略の前に屈し、この結末を見るに至る。 もろくも敵の脅威に脅え、簡単に手を挙ぐるがごとき国政指導者及国民の無気魂なりとは夢想だもせざりしところ、これに基礎を置きて戦争指導に当りたる不明は開戦当時の責任者として深くその責を感じるところ、上御一人に対し、また国民に対し、申訳なき限り。願くは今後の国民諸君、降服によりて来るべき更に大なる苦難を忍びに忍び他日の光栄ある帝国建設に努められんことを伏して願て止まず。 *****引用おわり***** 気になるのは、思っていたよりも国民が無気魂だったから戦争に負けた、としている点です。三百万余の国民の命が失われたにもかかわらず、それを悼む言葉が一切無く、反省するどころか責任を国民に転嫁しています。 みなさんは、この東條の手記についてどう思われましたか? また、こんな東條を擁護しようとする一部のネットウヨについてどう思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数574
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#107814

「ネットウヨ」のことはよくわかりませんが、この手記は読んでみて、ああ、「武士」の人だったんだなあという印象でした。よくも悪くもまさに日本男児、という感じ。「武士」だったらこういう結論(感想)になるだろうな、と思いました。 ただ、「他人」にばかりその精神を適用して、自分を省みないところは、どうなんだろうと思いますが。 モノより心、「精神力」というものを重視するのが日本の伝統だと思いますし、その精神には無味乾燥な合理主義にはない素晴らしいところも多いと思います。戦後日本の復興が成し遂げられたのも、もちろん運もあるものの、この精神あってこそかと思っています。 が。 精神力「だけ」に重きをおきすぎると、えてして視野狭窄になります。 今だに、武士道精神の名残なのか、現実が見えずに(見たくないから見ずに)精神論だけになっちゃっている男性は、昨今の会社でもよく見かけます。 精神力さえあればなせぬことはない、みたいな。 (まわりは「おいおい、物理的にムリだろう、ちょっと冷静になってくれ」、と思っている) 話がそれますが、女性って、そこまで精神論とか一発逆転的発送に傾かないと思うんですよね。 夢がないともいえますが、冷静に現状を把握してムリのない道を選ぶし、部下の負担の程度も考えてくれる。 会社などでも、トップのほうに力を持った優秀で冷静なもの申せる女性(あるいは、女性的な思考回路を持った男性)がいると、安心なんですよね… 当時の日本にも、そういうポジションの人がいてくれるとよかったですよね…といっても、独裁状態じゃ意見するのもムリだったのかな。 ネットウヨ?はどうなんでしょうね。 なんかうすぼんやりした今の世の中で、自分が憧れられる正義?みたいなはっきりしたものを求めているのかもしれませんね。 戦争をやっていた時代は不自由だったけど、いろいろハッキリしていたから、そういう何か「ビシっとした感じ」に憧れてしまうのかもしれません。まるきり想像ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 東條英機

    東條英機元首相の肖像がお札に用いられることはないのでしょうか。 凄い政治家だと友達は言ってますが。

  • 東條英機をすばらしいって?

    東條英機を英雄だとか、素晴らしいといっている人を見かけました。自分は歴史についてしらべてはいますが、全然勉強不足なもので、東條英機は日米の戦争をやろうと進めていた人 という認識でしかありません。そしてあまりいいイメージはないです。調べましたが、彼が何をしたなどという事がずらずらっと書いてあり、結局のところがいまいいち分かりません。彼はそんなにすばらしい人なのですか?またそうじゃないという人はなぜですか? 

  • 天皇に戦争責任がないというのは無理がある?

    嫌韓、ネットウヨは昭和天皇に戦争責任がないと言っているが、 それは、少し無理があるのではないだろうか? 東條らが天皇の命令に背いて、勝手に戦争を始めたわけではない。 天皇の裁可があったからこそ、戦争を始めたのではないのか。 まあ、開戦の責任はまだいい。 自業自得とはいえ、やむにやまれぬ事情が日本にもあったので 開戦に踏み切ったのだろうから。 問題は戦争が始まって、大勢の国民が死に、日本が焼け野原に なるまで、なぜ戦争を終わらせようとしなかったのか。 天皇は近衛文麿の降伏の助言を無視した経緯もある。と、 いうことは周知のとおりである。 つまり積極的に戦争を終わらせようともしなかった責任が あるのではないのか? 天皇は東京大空襲の後に都内を巡回しているが、その大惨事を 見て何を思ったのだろうか? みなさん どーおもいます?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • dell_OK
  • ベストアンサー率10% (487/4549)

質問者様が気にされた点の文章は、「何かについて、この原因が、国政指導者及国民の無気魂のせいだとは、つゆほども思わなかった」と言う風に読めました。 まったくもってそうとは思っていなかった、としているのだと思います。 この人には、そのような意図はなかったけれども、どこからか、「国政指導者及国民の無気魂」と言う言葉を思いつかされたのは、考えれば考えるほどにそうではないのかと言う自らの疑念。 「せざりしところ」の部分が、他のところもだけど、意味がよくわからなかったので、誤解しているかも知れません。 私にはみょうちくりんに聞こえる昔の言葉づかいのようで、ちんぷんかんぷんな手記だなと思いました。 夏の暑い日で、脳みそが煮えていたのかも知れないとも思いました。 「ネットウヨ」が何なのかも調べていないので定かではありませんが、私が東條と言う人なら、ちょっとうれしいかも。 私が「ネットウヨ」と言う存在なら、擁護したいんだからいいでしょ、と思う。 どちらでもないとして、どうとも思わないかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

  • 回答No.2
noname#81264

>戦いは常に最後の一瞬において決定するの常則。 この一文が、恐ろしいと思います。(質問者様とは、違うとこに食いついちゃいました。) ただ、この考えが、あの戦争の悲劇を大きくしたのだと思います。 ミッドウエーで惨敗した時点で、コールド負けみたいなものなのに、意味もなくダラダラと戦争を続けました。もう、10日早く終戦していたら、広島も長崎もなかったのに。 大体、戦争の犠牲者は、勝敗の帰趨が明らかになってからの方が多いと思います。 ただ、東條に関しては、罪を犯し、裁きを受け、罰を受けたと考えていますので、さらに、死者に鞭打つような意見は持っていません。 東條擁護の方々については、私とは考えが違いますが、言論の自由の範囲内と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

  • 回答No.1

国政指導者とも書かれている事から、東條英機氏本人も含まれている事が分かります。 即ち、必ずしも他人の所為にしたものとは思われません。 平たく言えば「自分を含めたみんなの力が足りなかった」という事です。 また、東條英機氏は国際軍事法廷裁判において以下の様な宣誓供述を残しています。 「敗戦の責任については当時の総理大臣たりし私(=東條英機)の責任であります。 この意味における責任は、私はこれを受諾するのみならず真心より 進んでこれを負荷せんことを希望するものであります」 (東條英機宣誓供述書 156より)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 東条英機?or東條英機?

    東条大将について文献を調べているのですが、 タイトルにもあるように苗字には、両方の漢字が使われています。 正式な方は一体どちらなのでしょうか? また、現代に至りどちらを使用すべきなのでしょうか? 回答、意見、のある方、お待ちしております。

  • もし東條英機がいなければ誰が開戦時の中心になったか

    もし東条英機が存在しなかったとしたら、いずれにせよ日米開戦になったと思いますが誰が中心でどのような展開がありえたと思われますか? 杉山元や、梅津美治郎などでしょうか。統制派ということでも武藤章は地位的にも能力的にも無理でしょうし。 例えば東條英機を首相選出するときに、重臣会議のメンバーが、他の候補も挙げていたと思います(誰が挙がっていたか忘れましたが)。 歴史にifは無いといいますが、ifを検討することこそ、状況の力関係などの正確な分析を進めることになるとおもうのですが。

  • 杉原千畝と東條英機

    杉原千畝(外務省)が6千人のユダヤ難民を救ったエピソードはTVで何度も紹介されるのに、東條英機(関東軍参謀長)が同じくユダヤ難民2万人を救った逸話は絶対に出てこないのは何故でしょうか。一般に知られたらまずい何かがあるのでしょうか。

  • 大政翼賛会を知らない若者は多いのか

    8月15日のNHKの「アジアの中の日本」と言う番組の中で、「東條内閣を選んだのは当時の国民ではないのか。戦争責任は東條内閣にあるのでなく当時の国民全員の責任だ。」という意味の発言した若者がいた。 その青年は当時も政治家が民主的に選ばれたものと理解してる様だった。 「当時の国民全員の責任」について反論はしないが、 大政翼賛会を知らなくても、一部の軍閥関係者によって独裁政治が行われ、国民を強制的に戦争へかりたてた位は知ってるかと思ってたので、全く想定外の発言に二の句が告げなかった。 私は終戦時16才だったので、現在の歴史教育の姿を全く知らないのでびっくりしている。 東條英樹が英雄視されてもおかしく無いと言うことか。 ご感想をお聞かせください。

  • 東條英機について

    戦時中の総理大臣である東條英機氏はA級戦犯で死刑になりましたがいつ監獄に入れられいつ死刑になってしまったのですか?解答、宜しくお願いいたします。

  • 安倍は東條英機とかA級戦犯を尊敬しているのですか

    安倍がA級戦犯を靖国で神様仏様と崇めるのは、東條英機を始めとするA級戦犯達を尊敬しているからなのでしょうか。

  • 東條英機のゆかりの言葉の意味を教えてください。

    元軍人のイギリス人の老紳士が持っている扇子に書かれている意味を知りたいらしいのですが、 平成生まれの私には意味がさっぱりわかりません。 深緑の背景に筆で 「 極 天 護* 皇 基 」 海軍大臣 東條英機 と書かれています。*護の言を除いた文字(文字化けしてしまう) 反対側には同じく深緑の背景に日の丸が描かれてるので、 戦時中の配給品か何かでしょうか? 自分で調べてみたところ、藤田東湖 作の『正気の歌』 (正式名:『文天祥の正氣歌に和す』)の最後の部分と似ているのですが何か関係があるのでしょうか? (参考:http://www.geocities.jp/kunitama2664/seikinouta.html) ご存じのかた、ご回答していただけると幸いです。

  • 「聖断」は国体維持が目的だった

    「聖断」は国体維持が目的で国民を救うためではなかった 明治大学山田朗教授(日本近代史) (中略) 2度の原爆投下とソ連の対日参戦を経て、ようやく天皇は8月10日と14日の「聖断」で「国民の命を助けたい」と受諾を決定しました。        ■ しかし「『聖断』の目的は国体維持だった」と山田教授は言います。 「『聖断』によるシナリオを描いたのは、木戸幸一内大臣です。彼が『時事収拾対策試案(6月8日)で、このまま推移すれば国体維持という『至上の目的』を達成できない』と書いているように、”国民のためを思い、天皇が戦争をやめさせた”という形を取ることで、天皇の権威を温存させようとした。国民を戦争の被害から即時救うためというのは表向きのものでした」 すでに2月、近衛文麿が戦争終結を上奏(天皇への具申)していますが、天皇は「もう一度戦果を上げてから」と拒否。天皇が終結へと傾斜したのは、5月のドイツ降伏と沖縄戦の行き詰まりを受けてからです。そのあとも国体維持に固執してソ連を仲介にした和平案を模索し、戦争の被害を拡大させました。 (中略)        ■ 「聖断シナリオ」は、天皇の戦争責任を不問に対する効果もありました。 「天皇は陸海軍を指揮する最高統率者=大元師でした。天皇の戦争責任は国家責任の中核です。これをうやむやにすると、日本の戦争責任自体を曖昧にすることになる」 (中略) ソース元が「しんぶん赤旗日曜版8月30日号」の29ページ目からだということは考慮しなければならないのですが、本文のは真実なのでしょうか?

  • 人生の落ちこぼれ負け組が韓国や安倍首相を誹謗する訳

    人生の落ちこぼれの負け組達が盛んに安倍首相や韓国を誹謗していますが、正直に言ってこの人達レベルには安倍首相がどうのとか韓国がどうのなんて関係のない話です。 人生の落ちこぼれ達は、まず、どうやって現状から脱却してはい上がるかだけを毎日毎日考えるべきです。 これをしないという事は、もう既に、自分の人生を放棄しているという事なのでしょうか!? それから先日の事なんですが、昔買った、日本人論研究者の中山治さんという方の"戦略思考ができない日本人"という本を開いた時に、東條英機が首相になるや、東條のもとには国民から「早く戦争をやれ」「英米撃滅」「弱虫東條」などと書かれた手紙が山と来たのである。という一文がありました。 まるで東條英機が首相になった当時と現在はとても似通った状況ではないかと私自身は思ったのですが、東條英機の元に手紙を送りつけた連中も当時の人生の負け組達ではないでしょうか!? この事は、いつの時代にもある一定数は必ず負け組が存在するという事を意味していると思います。 これは日本以外の国でも同様で韓国で反日をやってる連中も人生の負け組で、韓国のエリートであるサムスンの社員が反日などやるわけありませんし、そんなアホらしい事をしている暇などありません。 当然、日本の勝ち組も安倍首相や反韓などを誹謗するようなアホらしい事をしている暇などあるわけがありません。 事情通のみなさんに聞きたいのですが、なぜ、人生の落ちこぼれ、負け組の連中は首相を始めとした政治家や外国を誹謗の対象にしたがるのでしょうか? 自分が負け組になった原因は政治家や外国だと思っているのでしょうか?

  • 東條英機と石原莞爾が一緒に写っている写真は無いでしょうか。

    東條英機と石原莞爾が一緒に写っている写真を探しています。 以前ネット上で隣同士で写っている写真を見かけたことがありますが詳しいことを失念してしまいました。 出来ればネット上に存在しているものを教えてください。

専門家に質問してみよう