• 締切済み
  • 暇なときにでも

炭素-フッ素結合について。

ふとした疑問です。 炭素-フッ素結合は安定で切れにくいと学んだのですが、 電気陰性度をみるとフッ素は 4.0で一番電子をひきつける 元素になるはずですよね。 しかし、ハロゲン系を比較した場合 なぜC-ClよりC-F結合のが強いのでしょうか? 私の考えでは 軌道が遠くなると(原子番号が大きくなる) 結合が弱まる。 と解釈しているのですが。 C-F結合において電子の偏りはどう説明すればよいのかわかりません。 偏っているのでとても切れやすいように思うのですが、なぜ安定なのでしょうか? まとまりのない文章で申し訳ないですm__m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数2398
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

>共有結合性が高いということは電気陰性度は切れやすさをあらわしていないということですかね? なぜ、電気陰性度が切れやすさを表しているという考えになるかわかりません とりあえず >軌道が遠くなると(原子番号が大きくなる)結合が弱まる。 これは概ね正しいです。しかしそうすると実は原子半径がヘリウムの次に小さいのはフッ素になります。 酸素http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E7%B4%A0 フッ素http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E7%B4%A0 これは単純に説明すると、陽子の数が多いために電子を引き寄せる力が強いためです(最外殻電子はすべて2s,2pなので) >C-F結合において電子の偏りはどう説明すればよいのかわかりません。 Fに偏っています >偏っているのでとても切れやすいように Cの共有電子対をF側に強く引っ張っているわけです、結合が強そうな気がしませんか? ちょっと言い方が雑ですが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>偏っているのでとても切れやすい …のではないんですね。 C-F結合は共有結合性が非常に高く、原子間距離が短いため安定です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ・電気陰性度がもっとも高い値をもつ ・共有結合性が高い これがしっくりこないのです^^; 共有結合性が高いということは電気陰性度は 切れやすさをあらわしていないということですかね?

関連するQ&A

  • フッ素分子の結合解離エネルギーについて

    フッ素分子の結合解離エネルギーについて フッ素分子、これの一価の陽イオン、陰イオンについてフッ素原子がp軌道に電子を5つ持っていることから考えるとこれらの結合解離エネルギーはどのようになるかという問題が出されたのですが、どのように児考えたらいいのかわかりません。僕は、反結合性軌道に入る電子の数が少ないものほど小さいと思ったので、エネルギーが大きい順は、陽イオン、フッ素分子、陰イオンだと思ったのですが、あっているのでしょうか?

  • この中間体の軌道混成を教えてください

    この中間体のCl原子と炭素原子はそれぞれどんな混成軌道をとってますか? また電子はどのようにその軌道に分布してますか Clはsp3混成ではないかと仮定してみましたが そうなれば炭素との結合軌道は必ずどっちが二個の電子を含むことになる はたして二個の電子を含む軌道は一個の電子を含む炭素の軌道とcovalent bondを構成できるのか...なんかもう思考がめちゃくちゃ混乱してしまった 初心者なのでバカな質問かもしれませんが どうか教えてください.

  • 炭素-ホウ素間の多重結合

    化学の勉強中に疑問に思ったので質問させていただきます. IV族元素の炭素は, その隣に位置する窒素原子と二重結合や三重結合を形成しますよね? では, 何故反対側にあるホウ素原子では, 炭素-ホウ素間で多重結合を形成しないのでしょうか?

  • 炭素分子の電子配置について

    炭素原子や他のニ原子分子の場合はわかるのですが炭素分子の電子配置がどうなっているのかがわかりません。 例えば、エチレンのように水素などの種の違う元素との共有結合と同じ考え方でよいのでしょうか? ネットや専門書を探したのですが、よくわかりませんでした。わかりやすく教えていただければうれしいです。

  • 共有結合について

    共有結合についてです。 理科Aの教科書に 「希ガス以外の非金属元素の原子どうしが結合するときは、それぞれの原子が価電子をいくつかずつ出し合って共有し合い、希ガスと同じ安定な電子配置になる。」と記載してあったのですが、 金属原子の場合はどうやって結合するのでしょうか。

  • 第二周期の求核性について

    こんにちは、私は現在、大学4回生で、所属している研究室では生物系の研究をしており、大学院では、有機化学系の研究を行う予定のものです。どなたか以下の質問の内容について、ご教授願います。 ハロゲンの求核性は非プロトン性溶媒中で、ヨウ素よりもフッ素の方がより最外殻の軌道が小さく、電子密度が高いため、求核性の強さはF->Cl->Br->I-となると思います。一方、プロトン性溶媒中で、電子密度が高いと、プロトン性溶媒の水素原子と相互作用し、水素結合を形成することで、求電子剤と相互作用しにくくなり、求核性が低下する。よって求核性の強さはF-<Cl-<Br-<I-となると思います。これをハロゲンではなく、第二周期の炭素、窒素、酸素、フッ素に置換すると、非プロトン性溶媒中で、フッ素と比較して、窒素は電子密度が高い。よって求核性の強さはCH3->NH2->OH->F-となると思います。一方、プロトン性溶媒中では、電子密度が高いと、プロトン性溶媒の水素原子と相互作用し、水素結合を形成することで、求電子剤と相互作用しにくくなり、求核性が低下し、求核性の強さはCH3-<NH2-<OH-<F-のようになるのでしょうか。 電気陰性度は窒素よりもフッ素の方が高いため、溶媒和をより多く行い、プロトン性溶媒中では、NH2->F-となるのかと疑問があり、よくわからないため、質問させて頂きました。

  • 化学結合について

    化学については,高校で勉強して以来の,全くの素人です 唐突な質問ですが, ・同じ原子間で“分子”を構成する場合,“必ず”共有結合になりますか? それは,電気陰性度が結合している原子間で差が無いため,共有している電子がどちらかに偏る事が無いからですか? ・炭素がイオン結合するという話はあまり聞いた事がありませんが,それは不対電子が4つ(つまり原子価が4)だから,他の原子価が1や2の元素に比べて,イオンになりにくいからですか? もし間違っていたら正して頂けると助かります.どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくおねがいいたします.

  • 化学の質問です

    一、高級アルコールというのがあるようですが、第○級アルコールというのは水酸基が結合している炭素原子に結合しているほかの炭素原子によって分類という説明が教科書にかかれていたのですが、○に入るのは三までだと僕は思いました。 なぜなら、炭素からは水酸基を除き、単結合しかしていないと考えるとあと最大で3つの炭素としか反応できないからだと思ったからです。 二、NH4Clや(NH4)2CO3の結合についてです。 非金属元素の原子+非金属元素の原子の結合は共有結合のようです。 しかし、NH4は非金属元素の原子のみで構成されています。 Cl-や、CO32-も非金属元素の原子から構成されています。 なのにどうして塩化アンモニウムはイオン結合なのでしょうか。 僕が予想したのは、NH4+が配位結合が絡んでいる気がします。 元素と原子の違いってなんなんですか?

  • それぞれの起動に電子が 一 杯 となったときに元素

    原子には 電子が存在し、電子にはK殻、L殻、M殻など軌道があり、それぞれの起動に電子が 一 杯 となったときに元素は安定し、原子 と原子の結合の役 目を果たす電子の数によって原子の化学的性質が周期的に変わり、安定する。 以上の内容ですが、 それぞれの起動に電子が 一 杯 となったときに元素は安定し→ 起動に電子がいっぱいになるとは、どういう現象でしょうか? 外国人です。 宜しくお願い致します。

  • フッ素(F)について

    フッ素(F)は周期表の中でハロゲンに属していますよね それは塩素や臭素、ヨウ素などと価電子の数が同じであり化学的性質がにてるからとあるのですが、それだけでフッ素はハロゲンに属するといいきれるのでしょうか? (他にも酸化力が強い=電子化を奪う力が強いという性質がハロゲンにはありますよね)