• 締切済み
  • すぐに回答を!

コードのメジャーマイナーの求め方

最近音楽理論を学び始めたものです。 調号やキーはわかったのですがそれによってでてきたコードのメジャーかマイナーかを求めたいです。 調号なしの場合、キーはCとAmで、 C D E F G A B I II III IV V VI VII となるのはわかります。 ここからコードのメジャーかマイナーかその他?の見分け方を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5

ダイアトニック・スケールの各音をルートとして、スケール・ノートを三度堆積させて出来るダイアトニック・コードの、コード・クォリティがどうなるか、と言うことであれば、 ・コード・クォリティの定義 に照らして、各コードのコード・ノートのインターバルがどうなっているかを調べることになります。が、ひとまず実用上、化学の周期表よろしく暗記してしまうのが手っ取り早いです。 > C D E F G A B > I II III IV V VI VII これは、ダイアトニック・スケールのルートをナッシュビル・ナンバー・システムで表記したってことなんでしょうが…… 多くの人から「慣習に反する」と批判されるのを恐れずに言えば、階名を使った方が分かりやすいと思います。 階名は、音名が何であれ、スケールの同一性を区別するのに便利ですから。メジャー・スケールは、トニックの音名が何であれドレミファソラシ、ナチュラル・マイナー・スケールはラシドレミファソです。ハーモニック・マイナーやメロディック・マイナーといった変種を無視すれば、各スケール・ノートから構成さるコードのルートが「階名で何か?」によって、コード・クォリティも決定します。ポピュラーでは4声を使うので、とりあえずそれを丸暗記すれば良いと思います。ついでに、各階名からダイアトニック・スケールを並べ替えたモードも暗記してしまうと良いでしょう。 ド: M7 : ドミソシ → イオニアン レ: m7 : レファラド → ドリアン ミ: m7 : ミソシレ → フリジアン ファ: M7 : ファラドミ → リディアン ソ: 7 : ソシレファ → ミクソリディアン ラ: m7 : ラドミソ → エオリアン シ: m7(b5) : シレファラ → ロクリアン コード・クォリティの暗記のポイントは、 ・ルートがドとファ→M7 ・ルートがソ→7 ・ルートがシ→m7(b5) ・残り→m7 です。 モードの暗記は、ドレミファソラシの各音から並べ替えるモードの頭文字を並べて、「イドフリミエロ」と丸暗記するのが良いかと(何かの本の受け売り)。 マイナーの変種について。 ハーモニック・マイナーは、トニックの音名が何であれ、階名で言えばソが半音上がります。メロディック・マイナーは更にファが半音上がります。この変化によって、コード・クォリティがどう変化するか? を考えると良いでしょう。 たとえば、ソがルートだと、元々はドミナント・セブンス。ハーモニック・マイナーでルートのソがソ#に変化したなら、M3だったシとの距離(インターバル)が半音縮まってm3となり、同様にP5のレはb5、m7だったファはdim7(=M6)になるので、コード・クオリティは7からdim7になる、という具合です。(この辺の話は、コード・クォリティの定義が分かっていれば理解できます。) 基本はメジャー・スケールの各音をルートとしたコード・クォリティと、その音から並べ替えたモードですから、これらを階名で暗記すれば良いかと思います。後はキーに合わせて各階名に当てはめる音名を随時入れ替えれば良いわけです。 ナッシュビル・ナンバー・システムを使ったローマ数字表記は、機能和声論に基づくケーデンス分析に使われるもので(「ツー・ファイブ」とか、聞いたことありませんか?)、トニックをIとして、メジャー・スケールを基準に番号付けします。なので、たとえばナチュラル・マイナーに番号を振ると、階名で言うド、ファ、ソは、ラをIとして、それぞれbIII, bVI, bVIIとなります。コード・クォリティは階名と照らすとよいので、bIIIM7, bVIM7, bVII7。まぁ、個人的にはケーデンスの分析ってまともにやったことがないので、ナッシュビル・ナンバー・システムを使ったことがほとんどありません。馴染むと移調が簡単になるらしいんですけど、この辺りはもっと詳しい方が説明して頂ければ。 ──と、いうわけで、当方は個人的に階名を使った方が便利・分かりやすいと思ってますが、一般の人は階名を使わないので(使っても固定ドという音名代わりなので)、飽くまで参考程度に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

ハ長調なら順に C Dm Em F G Am Bm-5 単にスケール上の音だけを使って3度間隔で3つ音を重ねたのならこうなります。 キーが何であろうとスケールの種類が同じなら同じ間隔で音が並びます。ト長調なら G Am Bm C D Em F#m-5 コードのルート音が変わってもコードの種類の並びは同じです。ここで出てきた3種類のコードの音の間隔(音程)は下から メジャー:長3度・短3度(例 C=ドミソ) マイナー:短3度・長3度(例 D=レファラ) m-5:短3度・短3度(例 Bm-5=シレファ。めったに使わない。A音を加えて Bm7-5 としてイ短調への一時的な転調の橋渡しとして Bm7-5 - E(7) を作るのに使うことが多い) これはメジャースケール(長音階)というものが下から 全音・全音・半音・全音・全音・全音(・半音) この間隔で並んでいるからであり、この並びの上に3和音を作ると上述のようなコードの並びになるからです。 イ短調の場合は少し複雑でスケールが3種類あります。 旋律的短音階:A B C D E F# G# A (メロディが下降するときは A G F) 和声的短音階:A B C D E F G# A 自然短音階:A B C D E F G A (これらの音がどんな間隔で並んでいるか確かめてみてください) たとえば和声的短音階でコードを重ねていくと Am Bm-5 C+5 Dm E F G#m-5 Am このうち-や+がついたものはほとんど使われず、Bm-5 はA音を追加して Bm7-5 としたり Dm6 として、C+5 は同じ構成音でルートを変えて E+5 として E(7) の代わりに、G#m-5 も音を加えて E7 や G#dim7 として使われるのが普通です。 では旋律的短音階ではファがファ#になっているので Dm ではなく D を使うのかと言えばそんなことはなく、むしろ旋律的短音階を使うような曲で D を使うと雰囲気を壊しかねません。 自然短音階の曲では E(7) の代わりに Em(7) を使わなければいけないことはなく、メロディが「ソ」の音ではなく「ミ」や「シ」を出しているなら E(7) を使っても一向に構いません。 スケールがどんな間隔で並んでいるかを理解し、実際にスケール上の音に和音を重ねて「鳴らして」みるとすぐに分かるようになります。 またそうやって作ったコード群(ダイアトニック)にはよく使うもの(主要三和音 I IV V(7) と メジャーの II III VI)とめったに使わないものがあることも重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#78412
noname#78412

No.2です。間違えました。 ×主要三和音(ルート、三度、五度) ○コードの中心となる三つの音(ルート、三度、五度) です。 ちなみに主要三和音とは、キー音をルートとするI(トニック)、その四度上をルートとするIV(サブドミナント)、五度上をルートとするV(ドミナント)のことでした。 http://www.geocities.jp/otowaza/k_waon/theory.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#78412
noname#78412

>キーはCとAmで、 >C D E F G A B >I II III IV V VI VII >となるのはわかります。 これはコードではなくてスケールです。CDEFGABはCメジャーのスケール(イオニアンスケール)であり、ABCDEFGならAマイナースケール(エオリアンスケール)です。コードとスケールは密接に関連していますが、別の概念です。 コードのメジャー/マイナーは、ごく単純に言うと主要三和音(ルート、三度、五度)のうち三度の音が長三度ならメジャー、短三度ならマイナーです。 http://www.aki-f.com/kouza/riron/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

この質問には、まず、いくつか不完全な点があります。 (1)C D E F G A B  は、なにを意味するのか? ということです。 ・「コード」を意味するのか? ・「コード進行」を意味するのか? ・「コード」でなく、「単音(ルート)」なのか? ・「ダイアトニック・コード」とは、違う答えを求めているのか? など。。。質問の意味がわかりません。 -------------------------------------------- (2)メジャーかマイナーかを求めたいです。 とありますが、「音楽」の場合、 「メロ」にコードをつける目的で、質問されているとした場合、 「調性」は★解釈という、「本人」の好みで行うので、 考え方。選択によって違います。 ----------------------------------------------- ちなみに、コードのメジャーマイナーの求め方。。。は なんの目的で質問されてるのでしょうか? その辺、もう少し、具体的に質問していただけると回答しやすいのですが? 「メロ先・作曲」で、コードをつけたい? ということでしょうか? 目的は?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • サブドミナントマイナーの代理

    こんばんわ。 サブ・ドミナントマイナーの代理が分かりません。 Key=Cmの時にマイナーダイアトニックコードが存在するとの事ですが、これはダイアトニックコードと同じようなものと考えて良いのですか? サブドミナントマイナーの代理ではロック系にはIII♭、VI♭、VII♭があり、メロウ系ではIIm7、II♭M7がある。 これはメジャーKeyでのサブドミナントマイナーIVmを置き換えることが出来ると考えて良いのですか?

  • 代理コードの考え方

    ナチュラルマイナーダイアトニックコードのみで考えると、基本は メジャーダイアトニックコードと同じ I=VI、III IV=II、VI V=VII、III という考えでよいのでしょうか?

  • マイナーのダイアトニックコードの覚え方

    マイナーのダイアトニックコードをどのように覚えていいかわかりません。 ある2つの音楽理論のサイトに載せられているハーモニックダイアトニックコードを見てみると、 CHmスケールの場合、   ※H=ハーモニック 「ImM7、IIm7(b5)、III♭M7(#5)、IVm7、V7、VI♭M7、VIIdim7」 AHmスケールの場合、 「ImM7、IIm7(b5)、IIIM7(#5)、IVm7、V7、VIM7、VII#dim7」 サイトによって「IIIにb」「IVにb」「VIIに#」が付いてたり、ついてなかったりしてますがこの場合どういう風に覚えればいいのでしょうか。 私の見解では、CHmの3度はEb。AHmの3度はC。なので単純に主音に#、bが付いてる/いないから違うだけなのかなあと思っています。

  • キーとコード進行

    オリジナルを作る機会が多くなってきました。 今まで大まかな事をバンドメンバーに任せていたため、知識が余りありません。 今疑問に思っていることがあるので、教えてください。 キーってのはどういう意味なんですか? よくキーをAにするとか聞くのですが、Aから始まりAで終わるというわけではないんですよね? コード進行について少し勉強したところ、ルートからI・II・III・IV・V・VI・VIIと書いてあります。 トニックがI・III・VIでサブドミナントがIIとIVでドミナントがVとVIIとなっています。 これはキーが違えばそれぞれ、IIやIVに用いるコードが違うということでしょうか? 例えばキーがCだとGがドミナントだけれど、キーがEだとGはトニックになるという意味でしょうか? また、適当に単音リフを作っているのですが、リフからコード進行に持っていくのには、どのような発想でコード進行を考えれば良いですか?ちなみにリフを作るときもキーとかを意識していません。 皆さんはどういった手順で曲を作っていますか? 参考にしたいのでアドバイスください。

  • ダイアトニック・コードのシンボルの正しい読み方

    ダイアトニック・コードを解説する際、以下のような ローマ数字のシンボルが使われますね? メジャー IM7 II-7 III-7 IVM7 V7 VI-7 VII -7 (5) マイナー I-7 II-7 (5)   bIIIM7 IV-7 V-7 bVIM7 bVII7 これらは、何と読めば良いのでしょうか? 例えば、 bIIIM7では「フラット三度メイジャーセブンス」と呼ぶ人、「三度フラットメイジャーセブンス」と呼ぶ人等、人によってばらばらです。 自分は留学を視野に入れてるので、出来れば英語での正しい読み方を知りたいのですが、御存知の方いらっしゃいましたら、教えて頂けますでしょうか。

  • ハーモニックマイナー、メロディックマイナー

    音楽理論(?)についてです。 ハーモニックマイナーのダイアトニックコードとメロディックマイナーのダイアトニックコードは、 例えば、Amキーの時に、曲中のメロディーにF#、G#などが出てこない場合は使われることはあまりないのでしょうか? メロディにF#、G#が出てこないでF、Gが出てきた場合はあまりハーモニックマイナーやメロディックマイナーのダイアトニックコードは使われないのだろうなとは思いますが、F#、G#、F、Gがいずれも出てこない場合はどうなのでしょうか? そもそもそういう場合はマイナーキーではありませんか?

  • マイナー13thコードについて

    「教育/音楽」に投稿しましたが、コードに関する質問はこちらのカテゴリのほうがいいようなので、移動してきました。よろしくお願いします。 全てのコードの構成音は、スケールから割り出すことができると授業で習いました。しかし、マイナー13thコードについては、どうしてもその方法ではうまくいかず、混乱しています。どこでつまずいているのか、ご教示いただければ幸いです。 例)A min 13 の場合 Aマイナーのスケールを書くと考えると、調号はCメジャーと同じくナシ・・・となりますから、Aから順番に音を重ねて行って、A, C, E, G, B, D, F(いずれも#も♭もナシ)となるはずですし、習った時のノートにもそう書いてあります。 ところが、 http://www.teoria.com/exercises/cxc.htm 上記のサイトで練習問題を解いていたところ、どうしてもマイナー13thの問題が出た時だけ間違えていることに気付きました。そこで、さまざまな本を調べてみたところ、マイナー13thは、ルートと13thの間がメジャー13度となるはずで、したがって、A min 13の場合、FはF#とならなければいけないらしい(?)、ということが分かってきました。 習った時のノートの記載には間違いがないはずですが、 - なぜこのような食い違いが生じたのでしょうか? - どちらが正しいのでしょうか? - あるいはどちらでもいい(?)のでしょうか? - Fに#も♭も付かない冒頭のコードは、名前を付けるとすればいったい何になるのでしょうか? - 習った時のコード表記は、A min 13のような形でしたが、上記のサイトでは、A min 7 (9,11,13)のような表記になっています。これらは同じものを指していますか?

  • 代理和音の禁則進行について

    代理和音から本来の和音に行ってはいけないのが禁則進行だと思うのですが、 ―C長調の禁則進行― II(Dm) → IV(F) VI(Am) → I(C) III(Em) → V(G)と元の和音の3度下の他に VI(Am) → IV(F) III(Em) → I(C) VII(Bm-5)→ V(G) のように3度上の和音も原則として禁止されているのでしょうか?  

  • ▽ダイアトニックコード、セカンダリードミナントなど

    ▽「例えば、Cメジャーキーの曲ならば、基本的にCの ダイアトニックコード内の組み合わせによって、 コード進行が作られます。」と、最近、ヤマハ大阪難波店で 買った下の本に書いてありました。つまり、基本的には、 I:Cメジャー(7)、 II:Dm(7)、 III:Em(7)、 IV:Fメジャー(7)、 V:G(7)、 VI:Am(7)、 VII:Bm(7)(♭5) の7つのコードのみで作らなければならないという事のようです。 セブンスをなぜカッコ書きにしてあるのかよく解りませんが、 I:Cメジャー(7)…C、Cmaj7 II:Dm(7)…Dm、Dm7 III:Em(7)…Em、Em7 IV:Fメジャー(7)…Fmaj7 V:G(7)…G、G7 VI:Am(7)…Am、Am7 VII:Bm(7)(♭5)…Bm7♭5 の12コードが、Cのダイアトニックコード、ではなくて、 I:Cメジャー(7)…Cmaj7 II:Dm(7)…Dm7 III:Em(7)…Em7 IV:Fメジャー(7)…Fmaj7 V:G(7)…G7 VI:Am(7)…Am7 VII:Bm(7)(♭5)…Bm7♭5 の7つが、Cのダイアトニックコードという理解で宜しいですか? また、でも「基本的に」ですから、「応用」すれば、 この7つ以外のノンダイアトニックコードが使えるのですよね? 応用で使って良いノンダイアトニックコードである セカンダリードミナントコードについてなんですけども、 ハ長調のドミナントコードはG7だけで、 セカンダリードミナントコードは、A7、B7、C7、D7、E7 の5つだけという認識で宜しいですか? またハ長調のノン・ダイアトニックコードには、 セカンダリードミナントコード以外に何というコードがありますか? 更に高度な作曲に欠かせないノン・ダイアトニックコードを 解り易いく解説した本やURLがあれば紹介して下さい。 皆様、ご回答ぜひ宜しくお願い致します。 ▽Amazon.co.jp: イメージした通りに作曲する方法50 恋愛感情や日常の出来事をどんどん曲にしよう! (CD付き) 梅垣 ルナ 本 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%97%E3%81%9F%E9%80%9A%E3%82%8A%E3%81%AB%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%9550-%E6%81%8B%E6%84%9B%E6%84%9F%E6%83%85%E3%82%84%E6%97%A5%E5%B8%B8%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%9D%A5%E4%BA%8B%E3%82%92%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%93%E6%9B%B2%E3%81%AB%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86-CD%E4%BB%98%E3%81%8D-%E6%A2%85%E5%9E%A3-%E3%83%AB%E3%83%8A/dp/4845620138/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1433247641&sr=8-1&keywords=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%97%E3%81%9F%E9%80%9A%E3%82%8A%E3%81%AB

  • メジャー系。マイナー系。スケール

    JAZZアドリブフレーズでは。 メジャー系。マイナー系。ドミナント系。「スケール」などありますが。 これは、細かなことはいろいろあるようですが、大雑把にいうと ■メジャー系。マイナー系。ドミナント系。「コード」に使える。 ということでいいんですか? だから、 CM7コードでは、「Cドリアン」(マイナー系)なんかは、使えないんですよね? また C調のCM7で、「Cリディアン」も使えるようですが、ということは・・・ ドレミ.#ファ.ソラシド ですよね。 ■「#ファ」も、使える・・・ということでいいんですよね?