• 締切済み
  • すぐに回答を!

映画(?)のタイトルがわかりません!!

今から12年前、高校のホームルームで見た映画(?)のタイトルがわかりません。 ストーリーは、以下のようなものです。 ・第二次世界大戦あたりの時代、ヨーロッパのある国の王子とその家来が、敵国に嫁いだ姉の元に密書を持っていく。 ・途中、さまざまなトラブルがあるが、密書は無事姉の元に届く。 ・帰り道、敵国から追われて命を狙われる。列車の中で危うくつかまりそうになるが、ぎりぎりで中立国スイスに滑り込み、命が助かる。 というものです。 もしかしたら、映画ではなく外国のテレビドラマだったのかもしれません。どなたかご存知の方、ぜひご回答をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数14
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

若き日のインディ・ジョーンズが主人公のテレビドラマ「ヤング・インディ・ジョーンズ」(日本での放映は1993年)の中の「革命前夜のスパイ」というエピソードによく似ているので、これかもしれませんね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA http://www.indiana.jp/chapter/ch13.html

参考URL:
http://www.indiana.jp/chapter/ch13.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これです。まさにこれです!! 友人や職場の同僚に聞いたのですが、誰も知らず、半分あきらめかけていたのです。 長い間の疑問がようやく解決しました。 早速レンタルビデオ屋に走ります!! 本当にどうもありがとうございました~☆

関連するQ&A

  • 中立国なのに攻められたベルギーとスイスの違い

    中立国で、よくわからないところがあるんですが、 どうしてベルギーは第二次大戦時に中立国だったにも関わらず攻められてしまったんですか? また、同じ中立国であり、ベルギーと同じくドイツ・フランス両方に接しているスイスが攻められなかったのは何故ですか?

  • 犯罪映画でよく出てくる言葉(銀行や地名)

    『ケイマン諸島の銀行口座』『ボラボラ島』『アルパカーキ』等、 90年代以降の映画で出てくるのですが、どういった意味合いで登場するのでしょうか? 『スイスの口座』や『マカオの銀行』は70~80年代の映画には結構登場したと思うのですが、時代の流れとともに変化をしている様に思います。 スイスは中立国なので意味合いとしては分かるのですが、どなたか解説して貰えないでしょうか?

  • この戦争映画のタイトルは?

    多分、アメリカ映画で、1970年頃の映画じゃないか? と思います。(1970年代にテレビで見ました。) 舞台は第二次世界大戦のアフリカ戦線 ドイツ軍の戦車1台とアメリカ軍の戦闘機2機が砂漠で 出会い、戦闘になるが、やがて戦いの虚しさに気付く。 というようなストーリーです。 登場人物は以下の6人だけだったと思います。 アメリカ兵A パイロット(正義感はあるが、単純) アメリカ兵B パイロット(祖国より、命が大事) ドイツ将校 (何故か砂漠にいた鬼のような軍人) ドイツ兵A 戦車兵(ややリーダー的) ドイツ兵B 戦車兵(普通の人) ドイツ兵C 戦車兵(気が弱い) 戦争映画の形式ですが、人間ドラマのような展開でした。 以上、この映画のタイトル、御存じの方、 よろしくお願いします。

  • 第二次大戦について

    突然ですが、第二次世界大戦について詳しく知りたいんです。大戦中はもちろん、大戦前後の日本及び世界の状況や、それらに関係する人物や社会情勢など・・・。そういった事が解るようなサイトや本などがあれば教えて頂きたいです。 また、第二次大戦を元に作られた映画などもあれば教えてください。よろしくお願いいたします。

  • ヨーロッパ映画 タイトル教えてください

    こんにちは。先日スイスへ家族旅行した際、泊まったホテルのテレビで姉が深夜映画を観たのですが、言葉は分からなくても大変面白かったそうなのです。その話を聞き私もぜひそのビデオをレンタルしたいのですが、タイトルが分かりません。下記にポイント(理解違いもあると思いますが、、)をまとめます。 ・裕福な芸術系共働き夫婦(子供なし)家庭Aと一般的で子供もいる家庭B。この2つの家庭の物語 ・家庭Aの妻が芸術系で賞をとり、受賞旅行に不倫相手である家庭Bの夫と出かける。 ・テレビで偶然授賞式をみたB妻は自分の夫がA妻の横にいるのを見つけ、不倫を知る。 ・B妻は怒ってA夫を探し、脅す形で連れ出し、子供も一緒にB夫の所(多分ドイツorスイスからイタリア)へむかう。 ・道のりは山越えなど大変なものとなり、皆ボロボロ ・途中、レストランで飲食したがお金がなく、A夫は皿洗い、B妻はピアノ演奏で支払いの肩代わりにする。 ・大変な思いで目的地に到着。その頃にはA夫とB妻の距離が近くなっている。B子供もA夫に慣れてくる。 ・湖のボートでA妻B夫など全員が顔をあわせる。 ・しかし最後A夫もB妻も元の相手には戻らず苦労の旅を共にした相手を思う、、、ハッピーエンド 以上です。長々となりましたが、宜しくお願いいたします。

  • 枢軸国になるのではないでしょうか?

    第二次世界大戦中に、三国同盟に加わった国の中に1941年11月にデンマークが加わっています。 ですが、戦後に連合国とされる国々の中にデンマークが書かれており、国連の原加盟国の中にもデンマークがあり、ウィキペディアの枢軸国の説明の中では「枢軸国の占領下にあったが枢軸国と見なされない国」とされています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%A2%E8%BB%B8%E5%9B%BD 他にもスペインも枢軸国寄りの中立国と言う扱いになっていますが、本来の枢軸国の意味は1936年10月にドイツの A.ヒトラーとイタリアの B.ムッソリーニが両国の共同行動について協定を結び、11月ムッソリーニが演説のなかで、ドイツとイタリアの提携関係をローマ・ベルリン枢軸と呼んで以後ローマ・ベルリン枢軸という言葉が一般的に用いられるようになり「国際関係のうえで親密な友好関係にあり、共同行動をとる国々」と言う意味のはずですよね? 連合国と直接交戦していなくても、デンマークやスペインは三国同盟に加わったり協力関係にあったりしているので、これらの国々も「枢軸国」になるのではないでしょうか?

  • 昔の映画に詳しい方、この映画のタイトルを教えて下さい。

    昔の映画に詳しい方、この映画のタイトルを教えて下さい。 昔見た映画で、主人公のグループがある犯罪を計画するのですが… わざと軽微な犯罪を犯し、刑務所に入った主人公達は、フットボールかなにかの全米中が注目するような試合の最中に脱獄をします。(看守の注意もテレビに夢中で散漫になっているし、刑務所内にいるというアリバイもある) 脱獄をした主人公たちは、日本でいう造幣局に忍び込み、偽札ではなく、本物のお札を印刷して盗み出し隠しておきます。 そして、フットボールの試合終了の前までに刑務所に戻り、釈放後、隠したお札をとりに行きます。ところが… 印刷中に起きたトラブルのせいで、せっかく印刷したお札のインクが消えてしまい、単なる白い紙になってしまっていた…というラストの映画です。 私自身は昭和50年頃見たような記憶なんですが、映画自体はもっと昔ではないかと思います。 もう一度この映画を見てみたいのですが、どうしてもタイトルが思い出せません。 映画、特に昔の映画に詳しい方、また思い当たる方、ご存知の方、教えていただきたくお願いします。

  • 古い映画で、映画のタイトルがわかりません。

    かなり古い映画で、30年ぐらい前に夜中の再放送で見た気がします。都会の裕福な青年がたしかアーミッシュ村に来て一人の女性に恋をして、二人は恋に落ちます。彼は両親に連れ戻されますが、何年かして村に戻ると彼女との間に出来た自分の子供に会います。彼女は亡くなっていますが、その子供は彼女に片思いをしていた男性が育てています。

  • ギリシャ神話と日本神話は、なぜ似ているのでしょうか?

    映画「トロイ」を見ましたが、これは紀元前800年頃の話で、トロイ国は太陽神アポロを崇拝していたようです。なんだか日本と似てますね、日本の天皇の皇祖神アマテラスも太陽神ですから。そして、神話によれば日本の建国は紀元前600年頃だそうですから時代的にもそう違わないわけです。(2800年昔も2600年昔も、現代から見れば、似たようなもんです) 監督のウォルフガング・ペーターゼンも、日本とのアナロジーを感じたのではありますまいか?ギリシャ軍がトロイに攻めてきた時、日本のお寺の鐘みたいなのを、つかせています。ウォルフガング・ペーターゼンはドイツ人なんですよね、だから、ギリシャ「連合軍」が上陸するシーンは第二次世界大戦で連合軍がノルマンディーに上陸するイメージにダブらせたのではないでしょうか?もちろんアメリカ海兵隊が太平洋の島々に上陸するイメージでもあります。いずれにしろ、敗北するトロイ側に監督の心は有るようです。 日本とのアナロジーでは、他にも、トロイ王プリアモスの座る玉座には「菊の紋章」が付いていました。菊の紋章はその放射状のデザインから太陽をイメージする事ができます。従って、太陽神を崇拝するトロイ王プリアモスの玉座に、菊の紋章が付いていても不思議ではありません。いずれにせよ菊の紋章自体は、古代ギリシャやローマの遺跡からも出土する、ありふれたデザインですから、時代考証的にも合っているわけです。 映画では、王子パリスに助けられた、王女プリュセイスが、落城するトロイから逃げるシーンで終わっています。この時、プリュセイスは、アキレスの子を身ごもっていたのでしょう。そして、神々の助けを借りて、はるばる日本まで逃げて来て、「アマテラス」と呼ばれるようになり、その結果、ギリシャ神話と日本神話は似た話になったのではないでしょうか?

  • 映画タイトルがわかりません

    2週間くらい前に映画のCMをみました。 とても面白そうで観に行きたいのですが、タイトルがわからないんです(>_<) その映画は ・洋画 ・なにかの賞を受賞していた ・ある男の人がいて、運が悪いのかドジなのか、すべて失敗するんですけど、「なんとかなるさ~」って感じで、楽しく過ごすって内容だった気がします。 誰かタイトル教えてください。