• 締切済み
  • 困ってます

星新一さんか阿刀田高さんの作品だと思うのですが

昔読んだ本(話)を探しています。 「夜空に不思議な流星を観た女の子が、その星のことを尋ねようと天文台に電話する。翌日、天文台職員なる者がやってきて、彼女の記憶を消去してしまう」という感じのストーリーでした。 星新一さんだと思ってたのですが…阿刀田さんかも?自信ありません。もし作品名・書名をご存知でしたら、教えていただけませんか?よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数129
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.1
  • snowize
  • ベストアンサー率27% (68/245)

両氏の作品はコンプしているのですが、記憶にありません。 星がUFOだったというオチならば両氏としては安直すぎますし、何かもうひとひねりあるのではないでしょうか? 両氏の作品なら必ず記憶のどこかにありますので、曖昧でもいいので情報を列挙してくれるとありがたいです。 まあいずれにせよ、作風的に阿刀田氏ではない気はしますけれども。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

レスありがとうございます。ゾクッとするショートショートで、私が昔よく読んでいた作家となると・・・おそらく星さんか阿刀田さんだと思うのですが。 一本の作品というより、本当のショートショートが散りばめられたオムニバスといった感じだったような・・・阿刀田さんの「ブラックユーモア入門」みたいな形式のものだったかもしれません。本当に曖昧な記憶で申し訳ありません。

関連するQ&A

  • 星新一さん

    星新一さんのおすすめの作品はなんですか?

  • 星新一さんの作品で

    星新一さんの作品で 「鏡の中の犬」という作品があるのですが、 収録されている本のタイトルがわかりません。 ご存知の方がいましたら教えてください。 お願いします。

  • 星新一さんの作品

    新潮社刊の星新一さんの本を集めています。 角川刊の星さんの作品は、新潮社からは出版されていないのでしょうか。 「50音順に作品をほぼ並べた」というページを見たのですが、全部の作品が載っているのではないようです。 角川は、同じ内容でも作品タイトルを変えて出版することがあるように思うので、読まなければ内容が違うのかわかりません。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 星新一さんの作品で・・・

    星新一さんのショートショートで、探している作品があるのですが、 題名等を忘れてしまい困っています。 内容は、近未来の世界(彼の作品ってほとんどそうですが)で、 ふれてはならないタブー、言ってはいけない言葉というのがあり、 本などのすべての記録からもその言葉は抹消されていて・・・ というものです。禁句は「戦争」だったと思います。 作品のタイトル、収録されている本(できれば新潮文庫)を ご存知でしたら、教えてください。

  • 星新一さんの作品タイトル

    星新一さんの作品でタイトルがわからないので教えてください。 世界中の紙がバクテリア(?)ですべて無くなり、人類が紙に代わる物質を考えるという話です。 宜しくお願いします。

  • 星新一さんのショートショート

    星新一さんのショートショートで「我は神なり」がオチになっている作品が掲載されている書籍名を教えてください。

  • 星新一さんのある作品の題名を教えてください

    星新一さんのショートショート作品の中に「その日一日だけあらゆる法律を停止する」という内容の作品があるそうです。 『みんな自分の家にこもって外の敵と戦ううちにその日が終わり、 「ああ 法律って本当にありがたいもんなんだなぁ・・・あってよかったなぁ」 とそして最後に一言言う』 という説明を読み、探していますがわかる方いらっしゃいますでしょうか? よろしくお願いします。

  • 星新一さんによる小説改稿について

    星新一さんは、自分の小説が腐らないように、いつも遣っている言葉をチェックして現代の言葉に合うように書き換えていたというエピソードを聞きました。知りたいのはそういった小説の作品名です。「電話のダイヤル」というような一昔前の電話の描写を「携帯電話」に直した作品があるということを聞いたのですが、それは何というタイトルの作品でしょうか?お分かりの方いらっしゃればお教えください。よろしくお願いいたします。

  • 星新一さんの作品のタイトルがわかりません。

    星新一さんの作品についての質問です。 小学生のときの教科書に星新一さんの作品が掲載されて読んだのですが、そのときの作品がまた読みたいのです。しかしなんという作品か分からず困っております。 内容はわりとはっきり覚えており、宇宙人が人間が人類として発達するまえの地球に降り立ち、宇宙人は、じゃあ未来、人間が進化して自分でものを考えられるようになったらそのための助けとしての薬の作り方や、幸せになれる法律みたいなものの作り方を地球に埋めて去っていくのです。しかしのちに、人間が進化して文明を築いたあと、その土地は人間のせいで砂漠になってしまい、あまつさえそこで戦争をして爆弾を落とし、その宇宙人のプレゼントを壊してしまうのです。 このような内容だったのですが、できれば収録されている本のタイトルも教えていただけないでしょうか。宜しくお願いいたします。

  • 星新一氏の小説に「その可能性は多い」…?

    先日、星新一氏の本(ショート・ショート作品)を読んでいたのですが、 その中に、「ああ。その可能性は多い。」といったセリフを見ました。 「可能性」における「多い・少ない」という表現は無い筈ですが、 星新一氏の書いたものなのですから、間違っていない様な気もします。 それか、校正者の犯したミス・誤謬かも知れません。 皆さん、どう思われますか?