• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アクセルを踏むと息継ぎを起こします…

こんにちは。UNKOです。 最近アイドリングがばらつき、且つ走行中にアクセルを踏むと息継ぎを起こし、燃料の関係なのか「ポンッポンッポンッ」と失速→加速→失速のような感じになります。(はねてる?感じ)症状も頻繁になってきたので困っております。アドバイスお願い致します。 車:EVERY 昭和61年式 DA71V 点火時期調整済み・ディスビのキャップ+ローター交換 しかし、症状変わらず…

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数18340
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#2748
noname#2748

オイル上がりやオイル下がりの場合、燃焼室内にエンジンオイルが入り込むため多量の白煙(2ストロークエンジンのような)が出るはすです。これがない状態であればオイル上がり(下がり)の可能性はないでしょう。またオイル上がりとはピストンとシリンダーの間のからオイルが燃焼室内に入る現象を指し、これはシリンダーやピストンの磨耗・オイルリングの不良によって起こる症状です。オイル下がりとはバルブステム(軸の部分)のシールの不良などによって、シリンダーヘッド内の潤滑油がバルブステムを伝って燃焼室内(吸気バルブ側の不良)や、排気ポート内(排気バルブ側の不良)に入り込む状態のことです。いずれの場合も高温の燃焼ガスにエンジンオイルが触れるためオイルが蒸発し多量の白煙をを発生し、オイルが燃えたとき独特の匂いもありますのですぐに区別がつきまし、これらの状態でキャブレターへの吹き返しが出ることあまり考えられません。また、オイル下がりで失火するする場合は吸気バルブ側からのオイル下がりないしはオイル上がりで、点火プラグがオイルまみれになり失火する場合がほとんどです。このような状況であれば点火プラグをはずして点検すれば、電極がオイルまみれになっているのですぐに判断できます。 キャブレターへのダクトをはずしたときに出てきたオイルというのはブローバイガス還元装置からのオイルでしょう。ブローバイガス還元装置とはシリンダーとピストンの間から吹き抜けた(金属同士の接触で気密を保っているので完全な密閉はできません)未燃焼および燃焼ガスを吸気管に戻し、再度吸入させることで燃焼温度下げ(NOxの低減につながります)ことおよび未燃焼のガスは再度燃焼させる(HCの低減につながります)ための装置です。この装置はシリンダーヘッド部やクランクケース部からPVCバルブやフィルターを通してインテークダクトやエアクリーナーに接続されています。シリンダーヘッドやクランクケース内にはエンジンオイルの飛沫が大量に発生しているため、この一部が吸気側に回ってくるものでしょう。ダクト内部の底面にオイルがたまっている程度であればそれほど問題ないでしょう。 この文章を書いていて思いついたのですが、PVCバルブの不良でも空燃比の以上を起こす可能性がありますし、他の点でもいくつか考えられる点がありますので追記します。 ディストリビューターキャップおよびローターの交換をした際にディストリビューターのアドバンサーに接続されているバキュームホース(6ミリ程度のゴムホースです)が外れていないか? それ以外にも作業にあたったときにバキュームホース類のはずれや噛み込みはないかなども点検してみてください。 最後にまさかとは思いますが、プラグコードの挿し間違えはないですよね。プラグコードの挿し間違えがあると点火時期がでたらめになるためキャブへの吹き返しや息つきも起こります。ただこの場合アイドリングのばらつきというより単気筒エンジンのような状況になり、まともに走ることはできないでしょうけれど・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返事ありがとうございます。丁寧な説明なので、いろいろと知らない事が理解出来ましたm(__)mプラグをはずしたところ、オイルは付着していませんでした。またsailorさんの示すオイル上がり+下がりの症状がほぼありません。なんとなくですが、エアクリーナーのダクトに溜まっていたオイルが結構な量だったので、逆流してキャブレターに進入したのかもしれません。キャブに指を入れたらベトベトでした(^^;一度キャブをバラして洗浄したいと思います。いろいろとありがとうございましたm(__)m

関連するQ&A

  • エンジンの失火?エンジンが息継ぎします。

    V-twin magnaに乗っているのですが、ちょっと前から時々、走行中に息継ぎをし出します。 アイドリングは安定しているのですが、少し回すと息継ぎしだして全然回りません。 症状は時々出まして、普段の街乗り程度では大丈夫なのですが、少し距離を走るとこの症状が出る時があります。(2~30キロ) 一度この症状が出てしまうと、しばらく寝かさないと回復しません。 (一晩寝かせても回復しない時もあります) プラグがかぶっている程度の話ではない様な感じです。 もう古いバイクなので、色々なところでガタが出てきていると思うのですが、どなたかこの様な症状になった方いらっしゃいませんでしょうか? どうしたらいいか、アドバイスいただけたら幸いです。 ちなみにバイクはV-twin magna、5万キロ走行、平成5年車です。 ちょっと自分の周りに相談してみたら、プラグコードの劣化とかエンジンの磨耗による劣化とかいう話が出たのですが・・・。 でも、時々出るって言うのはどういうことなのでしょうか? プラグコードやエンジンの劣化なら、常にそうなるものじゃないのでしょうか??

  • エンジンの不調について

    最近エンジンが不調になってきました。 症状として低速トルクが細く発進時にエンストしやすいことや、加速中にエンジンがきれいに吹け上がらないことです。 アイドリングが不安定(回転数が上下する)だったため、 デスビのコンタクトポイントを交換した所多少良くはなったのですが、トルクの細さやきれいに吹け上がらない症状は変わりません。 自分としてはイグニッション系の不具合だと思っていますが、ただ単にいろんな所を交換して直すのではなく、原因を特定して先につなげたいと思っています。 エンジン BMC製 948cc A型 (ミニと同じ形式です) デストリュビューター コンタクトポイント式 キャブレター SU 1・1/4 点火時期のズレ・デスビキャップ・ローターの痛みや、イグニッションコイルの故障による不調の症状もわかる方がいたらアドバイスを頂けるとありがたいです。

  • 点火時期?

    1962年式のベンリイC92に乗ってます 走行約8000キロ 普通にトップギアでドコドコ走っててアクセルを軽く開けると いきなりブォーンっとなりエンジンの回転が上がるが それに合わせスピードがあまりでないのは点火時期がズレてるんですかね? まるで一速で引っぱってる感じです アイドリング時や 止まった状態で吹かしても急にブォーンとはなりません どなたか原因わかりますか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

夏場はどうでしたか?湿度の高い日はひどかったですか? そういったときに起きていればプラグとプラグコードの 交換をしてみるのがいいと思います。 その前にキャブをキャブクリーナーで清掃してください。 初めは自分で出来る部分からやっていくのがベターです。 あと、プラグコードの順番だけは間違えないで下さい。 エンジンがかからなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返事遅れましてすみませんでした。最近、急に症状がでて、日に日に悪化している状態でした。そしてキャブを見ると、キャブからエンジンオイルがドロッと出てきました…。これはオイル上がりか下がりですよね?結構驚きました(^^;

  • 回答No.2
noname#2748
noname#2748

キャブレター仕様車であるということを前提に記載します。 点火時期が正常でそのような状況を起こすのは大抵の場合混合気が薄すぎる場合です。ポンポンという音は混合気が薄すぎて正常な燃焼が行われず、非常に緩慢な燃焼となり、吸気バルブが開いた時点まで燃焼が続いてしまうため、吸気管内部の混合気に引火してキャブレター側に吹き返す時に出る音です。このような状態では吸気管内部やキャブレター内部が燃焼ガス(排気ガスと成分はほぼ同じ)で満たされてしまうため、新気の吸入が困難になりエンジンはパワーを失います。その後吸気管内の燃焼ガスが真気に入れ替わると再度燃焼が可能になりエンジンが息を吹き返すということが繰り返し起こっているのです。 おそらくキャブレター内部のジェット類の詰まりが原因だと思われますので、キャブレターのオーバーホールお勧めします。ご自身でなさるのであれば市販のキャブレタークリーナー(エンジンコンディショナーではない)などを使用してみてはいかがでしょうか、本来はキャブレターの分解清掃のときに使う方がよいのですが、簡易的な方法で割と効果がある方法を書いておきます。 燃料系統を扱う作業ですので、以下の点に留意して作業を行ってください。 1)周囲に火気がないこと、および静電気の発生しやすい着衣を着ていないことを確認してください。 2)正確に作業を行っても少量の燃料がもれますので、十分な量のウエスなどを用意しておくこと。 3)万一発火した際に備えて消火器などを用意しておくこと 先ず、ガソリンタンクのキャップを緩めて(作業終了まで緩めたままにしておくこと)ください。これはタンク内部のガソリンの蒸気を抜くためです。この操作を行わないと、タンク内のガソリンの蒸気圧でガソリンがタンクから押し出され、多量の燃料が漏れ出す可能性があります。キャブレターから燃料ホースをはずしホースに手ごろなボルトなどを使用して栓(このときホースバンドをしっかり付けて外れないようにしてください)をします。周囲に漏れたガソリンなどがある場合は完全に乾く(車のドアはすべて開けておくこと)のを待ってから、この状態でエンジンを始動し、アイドリング状態でエンジンが止まるまで放置します。エンジンが止まったらキーをオフにし10分程度放置し、キャブレターの燃料ホースがつながっていたパイプから、ゆっくりとキャブレタークリーナーを注入し、キャブレターのフローとチャンバーをクリーナーで満たします。その後燃料ホースを元に戻し、キャブレターとエアクリーナーをつないでいるホースをはずし、キャブレター入り口からアクセル全部踏み込んだ状態のままで、キャブレタークリーナーを吹き込み内部の汚れを洗い流します。次にエンジンを始動(ちょっと掛かりにくい場合もあるが、無理に長時間セルモーターを回さず、10秒程度まわしてしばらく休むを繰り返すこと)して、少し回転をあげた状態(2000回転前後で無理のない範囲でアクセルを煽ってやる)キャブレター入り口よりクリーナーを吹き込み内部の汚れを洗い流しエアクリーナーまでのホースを元に戻し、すべての接続状態が元通りであるか、ホースバンド類の取り付けは確実であるか、作業中にはずしたバンドやクリップはしっかり復元したかの確認を行って完了です。これで大抵は直ると思いますが、症状の改善が見られないときはキャブレターを分解してのオーバーホールおよび調整が必要でしょう。 上記の作業は必ずエンジンや吸気系統が冷えた状態で行うことが重要です。温まった状態ではクリーナーが揮発してしまい汚れを洗い流せませんので注意が必要です。 くれぐれもガソリンというきわめて引火しやすい燃料系統を扱う作業なので、作業に不明な点があったり自信が持てないときはご自身で行わず、業者に任せてください。 インジェクション仕様の場合は補足として再度投稿していただければ、お答えできるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返事送れましてすみませんでした。ご丁寧にありがとうございます。yr1さんのお礼欄に書いた通り、キャブレターからエンジンオイルがドバッと出てきました。オイル上がりor下がりなのでしょうか?そうなるとエンジンのO/Hですよね…。

  • 回答No.1
  • yr1
  • ベストアンサー率22% (189/822)

プラグとプラグコードを交換してください。さらにキャブレタークリーナーでキャブを掃除してください。これで直らなければカーボンの堆積によりバルブなどの交換修理が必要になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返事送れまして申し訳御座いません。エアクリーナーをはずしてキャブにクリーナーを吹きかけようとしたら、キャブから結構な量のエンジンオイルが出てきました…。これはオイル上がりor下がりなのでしょうか?

関連するQ&A

  • ジムニー(JA71C)の失速(息継ぎ)について

    JA71Cのジムニーに乗っていいます。アスファルトの舗装されたフラットの道では安定して走行できるのですが、 数年前から走行中の冬道(雪で凸凹)の路面で、ときどきエンジン警告灯が点灯し失速した状態(急にエンストしたような・・・息継ぎのような状態)になります。路面の段差(凸凹)がなくなると、普通に走行でき警告灯も消えます。一時的、燃料が途切れし止まりそうになる感じです。 多少段差では大丈夫なんですが、小刻みな段差(圧雪で出来たガタガタ路面)に良く起きるようになりました。 エンジンが温まっていない時に、出現する頻度が多いです。 この様な症状の場合、どこに問題があるでしょうか?同じような症状があった方や詳しい方のご意見を頂ければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • Dio AF27 プラグキャップ交換

    先日走行中にいきなり失速し、アイドリングがバラつき、パンパンと音がするようになりました。原因は走行中にプラグキャップが外れたようで念の為プラグも交換しました。とりあえず直ったようですが、プラグキャップの中の金具が変形し、プラグをさしてもスカスカの状態です。プラグキャップを交換しようと思いますが近くにバイク店がなく、ネットで購入しようと思いました。L字型のキャップがホースより外れたのでL字型の部品を探しています。せっかくなので中古ではなく新品と思いましたが、よくわかりません。純正でなくても良いので分かる方、教えて下さい。車種はホンダDio AF27です。宜しくお願いします。

  • 走行中に突然回転数が落ちる、原因はサーモ?

    走行中に突然回転数が落ちる症状が出ました 1:ギアチェンジの直後などに突然回転数が落ち失速、アクセルを吹かして持ち直す 2:対向トラックの風圧を受けた直後に回転数がガクンと落ち失速 バイク屋に見てもらいましたが原因は不明とのことでした、 吸気・供給系には問題がなかったそうです。 その後は何事も無かったかのように調子よく回っていますが、原因がはっきりしないのでちょっと不安です。 以前も似たような症状があったのですが、その時はキャブのキャップが割れており、それが原因かも知れないということでした。 が、最近また似たような症状が発生しました どちらも朝方の寒い時間帯に発生したのでサーモが原因かな と思っているのですが、はたしてサーモの故障でしょうか?

  • ミニ1000 キャブレターの戻り具合

    89年製ローバーミニ1000に乗っています。 キャブはノーマルのSUシングルなのですが、最近特に朝のエンジン始動時にアイドリングが落ち着かず、非常にばらついています。 チョークを一杯に引いてエンジンをかけてもそれほど回転数が上がらず、しばらくして半分戻すとエンストします。 10分ほど暖気してもあまり変化なく、アイドリングは落ち着きません。 チョークを戻して、回転を保ちながら走り出していくと、時々急にゴボゴボっと失速する時があり、エンジンの振動もかなりばらつきます。 症状は15分くらい走行しても治らず、吹け上がりも重く、プラグがかぶっているような感じです。現に1ヶ月前にプラグ(1番のみ)がかぶっていたので交換しました。今はそこまでかぶってないようです。 また、何度か5,000回転くらい回して走行すると症状は治まってくるのですが、症状が消えた後のアイドリングが1,400回転位と高いです。 友人に見てもらったところ点火系に異常は無いようですが、キャブの戻りが悪く、しっかりと戻っていないようです。また、アイドリング時にアクセルペダルをチョンっと踏むとアイドリングが900回転まで下がって安定します。 長くなって申し訳ありませんが、このまま走行していても大丈夫でしょうか?また原因と対処法があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • L70S オーバーヒートが直らない

    私は自動車整備を仕事にしてる者ですがオーバーヒートがどうしても直せずに困っています。お力を貸してください。 車は 昭和61年式 ミラ L70S A/T 走行11万km 症状は 低速走行でも高速走行でもヒート気味になりクーラーを入れると完全にヒートする。アイドリングではヒートしないが2500回転ぐらいを保っているとヒートする。 今までした作業は サーモスタット交換 ラジエター交換 ウォーターポンプ交換 ヒーター、インテークマニホールド、キャブレターに送るウォーターホースを止めてみたりラジエターを二層に改造したがが変わらず。 ラジエターファンは勢い良く回っているようです。クーラーコンデンサーに目詰まりはありません。 点火時期、コンプレッション、バルブタイミングは問題無く調子も良い。ヘドガスケットはOKです。 という具合で次の手が思いつきません。よろしくお願いします。

  • マツダ ファミリアSワゴン タイミングベルトを自分で交換しましたが・・・。

    おはようございます。 このたび愛車のファミリア(BJFW)が10万キロを超えたので、タイミングベルトを自分で変えてみました。 テンショナーやウオーターポンプも一緒に新品にしたんですが、 どうもエンジンの調子が悪いです。 タイミングはあわせました。 アクセルを少し急に踏み込むと息継ぎする感じで回転数がリニアに上がりません。 あがり始めてからはスムーズですが、アイドリング状態からのアクセル操作に難有りのようです。 またオートマをDレンジに入れたままブレーキを踏んで、エアコンが回り始めると、 回転数が下がり、エンジンが止まりそうになるときもあります。 もう半月くらいこの調子です。 この車は点火時期の調整の仕方も分からないし・・・。ディストリビューターでもない? ほかにタイミングベルトを交換したときに調整しなければいけないところってあるんでしょうか?? 自分は一応整備士の資格はもってますがへぼイです。 補足がいるようでしたらがんばって答えるので、どうか力添えをお願いします!^^

  • 走行時のエンジンの咳き込み

    平成13年のインプレッサワゴン ターボ(現在85000km)に乗っています。 数ヶ月前からなんですが、走行時2000~3000回転辺りでエンジンが息継ぎをしているようで、乗っていて小刻みに揺れているのが分かります。 その間をキープして走っているとずっと咳き込んでいて乗りづらいのですが、 警告灯や自己診断機能を使って調べても何もでないのでディーラーに行っても分かってもらえなそうで躊躇しています。 アイドリング時も2秒に1回くらい一瞬エンジンの振動が大きくなります。 プラグの寿命かと思って、イリジウムのプラグをつけた所、 症状は余計酷くなったので点火系を疑っているのですが、原因は何か分かりますか? 吸気排気系は弄っていません。

  • セッティングの感覚について

    ものすごく感覚的なご質問になります。 当方昨年S30にL24エンジンをチューニングを施し搭載 しました。主なチューニング内容は以下の通りです。 -軽量ピストン300g -コンロッド製作(キャリロ)500g -上記バランス取り -73°イスキーカム(吸気約73°、排気75°位でした) -圧縮比10.5:1 -キャブはSUφ46初期型ノーマル 季節の替わる毎にセッティングを行いもっともいい所を 探っています。セッティングといってもキャブはSUですので 主に以下の2点のバランス取りを行っています。 ●点火時期 ●燃料の濃さ(su) さて、夏休み中に気温も高いので、少し燃料を従来より絞りました。 プラグの焼け具合もキツネ色で良好。しかし、冬に比べてどうしても パンチが足りない感じなので、欲を出して点火時期をおっかなびっくり 進めて行きます。 さて、ここからが感覚的な話となります。 点火を進めてパワー的もいいな!と思うゾーンに入ると なんと言うか、エンジン回転が『ゴリゴリ』感じます。 悪い感覚ではなく、何というかメカメカしいちょっと硬い感じです。 一方で、何となくこれ以上やると危ないぜ!と言われている ような気もします。 体感的にはノッキングは感じないのですが、既に体験できない ノッキングが発生しているのか??など色々考えが及びます。 もともと排気量の割に作動角の大きいカムのせいか 既に点火時期はベラボーに早く、アイドリング40°⇒ 4000rpmで50°(10°の進角範囲に調整済)です。 皆様にお聞きしたいのは、この『ゴリゴリ感』についてです。 車種、エンジン、チューニング内容によって様々でしょうが エンジンにとって効率の最も良いゾーン(気持ちよくパワーのでるゾーン) で『ゴリゴリ』する事ってあるのでしょうか? 全く以て、感覚的な話なので少々恐縮ですが 興味のある話なので質問させて頂きました。 よろしくお願い致します。

  • 全開加速時に失速する原因は・・・?

    直線でアクセル全開でのフル加速時に突然失速します。 息継ぎというよりは失火しているような感じです。(ガス欠寸前の状況のような感じです) ターボ車ですが、アクセルを細かく少しずつ踏みながらブースト全開にすれば症状は出ません。 アクセルを30%→100%のように一気に踏み込むと症状が出ます。 車種はインプレッサでマフラーのみ交換してます。エアクリ類はノーマルのままです。 オーバーシュートをしている様子もありませんし、街乗り走行では特に異常はありません。 考えられる原因は何でしょうか?

  • EP82スターレットのエンジン不調

     今日スターレットのエンジンをかけたら、2000~3000回転以降でエンジンが急にふけなくなりました。エンジンはノーマルで、ターボ付きのエンジンです。前日までは何も問題なく回ったのに急に不調になりました。しかし、しばらく時間が経ってからエンジンをかけたら問題なく回りました。症状は以下の通りです。 (1)アイドリングでエンジンが息継ぎをして回転がばらつく (2)2000~3000回転でエンジンが息継ぎをする(ハーレーみたいに回転が遅くなってふけなくなる) (3)2000~3000回転のエンジンがふけなくなるエリアを超えて回すと、止まりそうになってアフターファイヤーをする (4)空ぶかしのときは正常に回るのに、実際に走ると症状が出る(たぶん負荷がかかるため) (5)時間が経過してから再度エンジンをかけたら、最初のほうだけ症状が出て、あとは何の問題もでていない  現在は正常に走るのですが、あさって遠出をするのでまた症状がでないかと不安です。しかし、ディーラーに出していたら時間がかかるかもしれません。確かに走っている途中で壊れたらそれどころではないのですが、現在は症状がでないので一過性のものかもしれませんしね。原因は、おそらく吸気系か点火系、コンピューター(センサー)だと思うのですが、たぶんパイピング抜けやタービンブローではないと思います。なにかアドバイスできることがありましたら教えてください。もしかして前日の暴風雨で燃料系に水が混入していたなんてことも考えられるかもしれません。  また、あとで一応ディーラーにもっていきたいのですが、マフラーや車高長をいじっていて、入りずらいのですがインナーサイレンサーをいれれば大丈夫なものなのでしょうか?チューニングカーという時点で入れないディーラーもあるようなので、ちょっと不安です。

専門家に質問してみよう