• ベストアンサー
  • 困ってます

幅広い知識

こんにちは!! 今大学1年の男なのですが、大学にいるうちに幅広い知識を手に入れたいと思っています。 知識を得るにはやはり本を読むことが一番なのでしょうか? 私は法学部の学生ですが法曹の職に就く気はなく、専門の法律をちゃんと勉強しつつも、大学のうちに幅広い知識を得たいと考えています。 只今春休みなので、長い休みを利用して専門以外の分野を少しづつ勉強しています。授業が始まったら専門の法律をメインに勉強して、長期休暇には専門以外を勉強しようという計画です。ちなみ今は哲学と政治、国際関係の本を読んでいます。 ただ、いろいろな本を読んでいても実際に身についているのか、ただの自己満足にしかなっていないのではないかと思ってしまうのです。 実際哲学の本を読んでいてもさっぱり分からず、読んだのにもかかわらず何の知識にもなっていない気がしてならないのです。 だらだらととりとめのない文章になってきました・・・(^^; 受験期に教わった現代文の講師は、哲学・語学・政治・その他さまざまな知識に精通しており、私の父は工業高校卒であるにも関わらず、政治や経済などいろいろな知識を持っており、大学生の私よりをはるかに上回る知識があるのです。このように幅広い知識を持つ人に憧れ、私もそうなりたいと思うようになったのです。 ただ、学術的な知識だけではつまらないので、自分が好きなサッカーやお笑いに関する知識も自分なりに仕入れています。 自分でも漠然とした考えなのですが、結局の質問としては ・幅広い知識を得るには、やはり本を読むのがいいのか?その際、読む本は専門書じゃなく、新書などの手軽なものでよいのか? ・大学にいるうちに得ておいた方が良い知識はなにか?(英語やスペイン語、歴史などは一般教養でやっています。自分の中では哲学くらい は知っておいた方がいいのかな、と思っています。) などです。自分の好きなように本を読んで知識を得ればよいではないかとも思うのですが、なぜかモヤモヤしてこの場で質問させていただきました。 質問以外でも、この本だけは読んだ方が良い、広く浅いよりも狭く深い知識の方が必要じゃないのかなど、アドバイスなり批判なり本当に何でもいいのでご回答いただければ嬉しいです。 よろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1591
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

・幅広い知識を学ぶことについて思ったこと。 “分野外の知識をもったからといって、それについて何か知った気にはならない”といった謙虚な気持ちで臨むならよいと思っています。いいかえると、それは自分のなかの教養にとどめておいて、何かに積極的に活用できる知識だと思うのは、ある意味でおごりだと思います。また、いろいろなことについて博学な人がいたとしても、その専門分野の人からしてみれば、たいしたことのない知識だったり、一般的でない知識だったりすることが多々あります。というより、学問の細分化が進んでいる現代では、その分野について包括的な知識をもつには、専門家になるしかありません。 そのように謙虚な気持ちで臨むなら、教養のためにどんな本を読もうとその人の自由なので、いろいろな本を読むことをお勧めします。 ・広く浅くか、狭く深くか。 将来広く浅い知識が必要となる職業に就かないかぎり、広く浅い知識は、何かの役にたてるのが難しいと思います。上で述べたように、つねに謙虚な気持ちでいられるなら、広く浅くでよいとは思いますが、得た知識を何かに活用したいと思うのであれば、それなりに深い知識を得る必要があるだろうと考えます。でないと、他人にその分野についての誤った知識やイメージを伝えてしまうことになります。 また、学ぶ当人にとっても、それなりに深く学ぶのがよいだろうと思います。哲学でもそうですが、どの分野でも、本当におもしろいのは入門書でなくて専門書なので、ある分野のこのトピックと決め、それなりに深く勉強するのがよいのではないでしょうか。たとえば、(生物学ではなくて)哲学の、(現象学ではなくて)分析哲学について、1990年代までの成果を把握したい、というように。 ・本。 本以外にもふさわしいことはたくさんあると思いますが、本もよいと思います。どの種の本を読むかは、上で述べたことと関係ありますが、どこまで知りたいかにかかってきます。教養と知っているだけで十分だと考えるなら、新書でよいと思います。それ以後にまでつなげたいなら、新書のあとに、その分野での教科書的な本(一般教養の講義で教科書として指定されていたりするもの)を読んだり、場合によっては専門書を読むとよいのではないでしょうか。新書などの手軽な本の場合、その本で披露されている考え方が、その分野にとって一般的かどうか素人では判別できないので、そのように読み進めていく必要があるだろうと考えます。新書はもともと玉石混淆だし、用途によっては読まないほうがよい本もあるので、それなりの知識を得たい場合に濫読することは、いちがいにはお勧めできないだろうと思います。 ・本以外。 大学生なのだから、もっと積極的に一般教養課程の講義をとればよいのではないでしょうか。それこそ、文系理系関係なく、教養水準の知識と、それなりに最新の知識が得られるだろうと思います。1990年代や2000年代の知見は、入門書や教養水準の本には載っていないので、わざわざ聞きにいく価値はあります。 ・得るべき知識。 得るべきかどうかはわかりませんが、学んで確実に役にたつのは語学です。それ以外については、知りたいと思うものを選んだらよいと思います。たとえば、自分の専門分野のトピックについて、ほかの分野ではどうアプローチされているのかをみたいというのもアリだと思います。また、逆に、まったく関係ない物理学や生物学などを学んでみたいというのもアリだと思います。 この際に哲学を選びたくなる気持ちはわからないでもないです。が、哲学は哲学で専門家が研究しているものなので、ほかの分野と天秤にかけて「哲学くらい」といってしまえるようなものではないと思います。哲学にかぎらず、専門家が幅をきかせているということは、その分野での考え方の習慣のようなものがあるので、それを押さえれば反対に読みやすくなるのだろうと考えます。よく出てくる考え方なら「これはよくあるパターンだ」と感じることもあるし、反対にはじめてみる考え方なら「そう論理を組みたてることで自分の立場を補強するのか」とおもしろく感じることもあり、そのように頭のなかで整理されて読解できるのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 読むべき本

    今大学1年で政治、国際関係史、哲学などを勉強しているんですけど大学生のうちに読んでおいたほうがいい本を是非紹介してください! 普段から特別読書をしているわけでわないの、できれば読みやすい本がいいです。あと知識、情報が多い本だとうれしです。よろしくお願いします!

  • 専門的知識の習得について

    大学に進学することを前提にして考えて下さい。専門高校等でやるカリキュラムは大学でしたいと思っています。 専門的知識を高校で習う(専門高校等)→大学でもその分野を勉強するのと一般的な高校で5教科?中心に勉強して大学に行くのではどちらが良いと思いますか? 私は後者かな?と思います。大学では一般教養があるので通常の勉強が疎かになるのはマズイと考えたからです。専門的知識は後からも吸収すればokですし。

  • 専門学校では専門知識以外に何か学びますか?

    専門学校においては専門知識以外に一般教養的なことや、 その他の専門以外のことについて勉強したりするのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • t-h1970
  • ベストアンサー率39% (27/69)

こんばんわ 質問者さんは勘違いをなさってるように思います。 知識を得ることを目的にしてはいけないような気がします。 これを目的にすると雑学王だとか、合コンで哲学ネタを延々喋る人だとか そういったタイプになります。 お父様も知識のある人を目指したわけでなく、必要であったり興味があったりしたから自然と知識が蓄えられたんではないかな。 例えば質問者さんは大学1年生、20歳になれば選挙権が与えられます。 自分はどこに投票しようか… 自民党が与党らしいが期待できない。 共産党は消費税を無くすと言ってるし子育て支援を増やすとも言ってるのに何故議席が増えないんだろうか。 とここからスタートしてポイントをリストアップします。 なぜ20歳から選挙権が与えられるのか なぜ自民党が与党なのか 共産党とはどういったものなのか 消費税は何故必要なのか 海外と比べてどうか 海外と比べて子育て支援は少ないのだろうか これに関する本を読めばいいんです。 たいてい新書系には小難しい学術書が参考図書として挙がってますから より興味が沸けばそれを当たる感じがいいですね。 お笑いにしても なぜ現在のお笑い界は吉本興業が大勢を占めているのか? と聞かれて答えられますか? サッカーも何故11人でやるのか答えられるでしょうか。 結局のところ質問者さんが記載されてるように 「自分の好きなように本を読んで知識を得ればよいではないか」 始まりはこれで十分のように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ashunar
  • ベストアンサー率23% (57/241)

知識も重要ですが、知識を活用する訓練もお勧めします。 たとえば、地図だけでネットを利用せずに自分の力だけで 旅行するとか、イベントを企画して実行するとか。 知識はあっても、行動できなければ意味がありません。 人の使い方、頼み方、お金の使い方など一見すれば遊びですが、 大学生でしかできない無駄です。 そう言った知識ではなく、経験から来る考えや知恵は 教えてもらって身につくものではなく、失敗したりすることで 身につくものだと思います。 そうすれば他人の質問にも、ネットからの転用ではなく、独特の 視点や解決方法などアドバイスとかできるようになります。 あと、自分自身のタイプを見極められることを進めます。 たとえばリーダーシップを取るタイプか、一人で何でもこなす 職人肌なのか。それによって就きたい職業(企業ではない)なども 絞れてくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 広い知識を得るには、自分よりも経験を積んでいる人と交流して、色々話を聞く事も大切です。そういった付き合いが出来て、それで得た知識への手がかりを本を読むことなどによって深めていく事ができれば理想ですね。暗記勉強のように簡単ではありませんが、単なる活字にしか見えなかった本が、生きた知識の宝庫に見えてくる瞬間が出てくるはずです。  ちなみに、哲学を学ぶのは哲学書を暗記してポイントを覚える事はそんなに難しくはありませんが、それだと試験対策や知ったかぶりをするときのネタにしかならないので、自ら哲学を生むくらいの意気込みで取り組まれるといいと思います。まあ、これが幅広い知識を持つ人の人生哲学になるんでしょうが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

幅広い知識を持っていると、思わぬところで役に立つことがあるので、 ぜひ学生のうちに読んでください。 知識を得るのは、ニュースでも特集番組でも本でもいいと思います。 専門とは違うものでも、興味があったら目を向けてみましょう。 特に、今文系なら、理系の本を見てみましょう。 文系でも分かるように図が多かったり分かりやすく書いてある本があるはずです。 また、知識そのものだけでなく、その分野でも考え方というものも知っておくと、 自分の専門について考えるときも思考の幅が広がると思います。 物事を分解して考えるとか、組み合わせを変えて見てみるとか色々あると思います。 まずは図書館で本を眺めて、楽しそうだと思ったら借りてもいいですし、 その分野の分かりやすそうな本を探しに行ってもいいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 国際関係に関する本

    大学で国際関係を勉強しています。最近、国際関係を学んでいて自分の知識があまりにも足りないと思うようになり、いろいろと本を探しています。皆さんのお勧めの国際関係を学ぶ上でこれは読んでおいたほうがいいというような本の題名と出版社を教えてください。開発経済学や国際金融、開発協力などでもかまいません。初心者向けや専門向けなどは問いません。どうぞよろしくお願いします

  • パソコンに関する知識をどうやって増やしていったら良いでしょうか?

    パソコンに関する知識をどうやって増やしていったら良いでしょうか? 自分で、本とか読んで勉強する場合はどんな本を読んでいけば良いでしょうか? SEとか、プログラマーを目指してはいませんが、パソコンに関する知識が、かなり不足しているという事を感じています。しかし、何をどうやって勉強していけば良いのか迷っています。 専門的な仕事に就かない人でも、これは知っておいた方が良いという知識が手に入る勉強の仕方を教えてください。できれば、書籍で勉強したいです。オススメの本の題を教えてください。

  • 公務員、神奈川県平塚市の試験情報教えてください・・・

    昨年か、その前でも結構ですが、公務員の神奈川県平塚市職員試験を受けた方に質問です。 一般事務A・B・Cとあり一般教養試験のみで専門試験はないみたいなんですが、一般教養は数的処理や政治経済などの他の自治体でやっているいわゆる一般教養試験ですか? それとも、専門知識がいる一般教養ですか? 勉強方法をどうしようか迷っています・・・(平塚市しか受ける気がないので・・・)

  • 無知な私が政治や経済の知識をつけたい

    最近不景気といいますが、お恥ずかしながら、私は政治や経済のことが全くわかりません。 ニュースなども全く見ませんでした。 このままではいけないと思い、 最近は少しずつニュースを見るようにしています。 何か本でも買って勉強しようと思っているのですが、どういう本を買えばよいでしょうか。 あまり難しい本だと、途中で挫折してしまうので、なるべく無知な私にも分かりやすい本がいいのですが、 ふだんからパソコンをよく使うので、新聞はまだとらずに、パソコンを使って政治、経済を勉強しようと思っています。 でも、本当に知識がなさ過ぎて、何から勉強したらいいか分かりません。 よい勉強方法があったら是非教えてください。 よろしくお願いします。

  • 読書で知識を増やすには

    本を読み、書いてあることのほとんどを覚えられたらいいですよね。私は小説や哲学本に限らず専門的な内容が書かれている本を読むのですが、実際のところ今までに読んだ本の内容はあまり覚えていません。興味がある分野はなんとなく記憶していても、興味のないことは覚えられていません。本に書いてあることをとてもよく覚えている方は多勢いると思います。どうして何十回も読まずに記憶できるのでしょうか。語彙や知識量が関係しているのなら、まずは基本的な日本語を学び直そうと思います。覚えるということは感覚で理解しなければならないところもあると思いますが知識を増やすために何をすべきか教えてください。

  • 論文の参考文献に「新書」はダメ??

    私は文系の大学4年で卒業研究をしています。 現在は知識を蓄えるために新書を読んでいるのですが、新書はアカデミズムよりもジャーナリズムの面が強く、学術論文とは一線を画すると聞いたことがあります。 実際にciniiにある論文の参考文献欄に挙げられているのは学術論文・学術本が主流であり、新書を挙げる論文は少ないように思われます。 新書はとても有用だと思うのですが、論文執筆のときは参考文献に挙げるべきでないのでしょうか?

  • パソコンの知識について…

    自分はパソコンの基本的な知識がかなり乏しいのですが、皆さんはパソコンを使い始めた後、どこから基本的な知識を得て、より技術的・専門的な知識を得たのですか? 本を買う・知人から教えてもらう・操作している内に自然に…といった感じが殆どですかね? 自分は本を買って勉強してみようと思ってましたが、パソコンに関する本は色々有り過ぎてどれを買った方が良いのかわからず困ってしまって… これらの疑問にアドバイスなどをして頂ければ有り難いです。

  • 新書などのラインナップを

    今更の質問ですが、教えて下さい。 新書各種、平凡社ライブラリー、新潮選書、講談社学術文庫、ある種の岩波文庫、ある種の中公文庫、ある種のちくま文庫……に多く含まれる、 小説でもノンフィクションでもなく「○○について書いた本」てありますよね? 学者さんが一般向けに書いたような本。そういう本のことを何と呼べばいいのでしょうか。 「どんな本を読むの?」と聞かれた時に迷います。 エッセイ?字義からするとこれで十分なのですが、普通にエッセイといって伝わるイメージは別なもののような気がします…… 一般教養書?まさにこれのことなんだろうと思いますが、でもなんとなくこういういい方もしにくいです。教養っていうのもいいにくいし、一般教養書、であの類が一般的にイメージできるか確信が持てません。 しょうがないので、個人的に「知識本」という言い方をしているのですが、本当はどういうのがもっとも簡単で、伝わりやすい言い方なのでしょう? ずーっと考えているのですが、なかなかこれ!という結論が出ません。 こんな質問ですが、よろしくお願いします。

  • 哲学についての関心・知識を問う小論文を・・・

    哲学についての関心・知識を問う小論文を・・・ ・・・大学の入学試験で書かなければならないのですが、 最低限の哲学の知識を3日くらいで養える本を教えていただけますか?

  • 検察官への道

    こんにちは。将来は検察官を目指している新高校三年の男です。 僕は私立大学の法学部への進学を志望しています。 具体的には早稲田、もしくは慶応大学です。 大学卒業後、法科大学院を経て新司法試験を合格し、司法修習生となり、検察に任官されることを目指しています。 そこでまず、行きたい大学について調べたところ、 早稲田-法学部 慶応-法学部-法律学科 慶応-法学部-政治学科 があることを知りました。 慶応大学の場合、法律学科のほうが政治学科よりも法曹を目指す者にとっては適していると思うのですが、 そこで質問です。 ・政治学科から法曹を目指すのと法律学科から法曹を目指すのはどちらが一般的、効率的でしょうか? ・上にあげた3つの中ではどれが一番、検察官を目指すのに適しているでしょうか? ・僕の通っている高校の指定校推薦枠には 早稲田の法学部 と 慶応の法学部政治学科がありますが、推薦を狙うとするとどちらを志望するのが賢明でしょうか? ・法科大学院は法学部以外でも入れるそうですが、やはり法学部出身の方が知識などの面では有利?でしょうか? 質問が多くて申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いします。